まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:却下

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/04/18(火) 11:37:21.03 ID:CAP_USER
    2017年4月17日、韓国・YTNによると、豪州の日本人団体が「シドニーにある教会に設置された慰安婦を象徴する少女像は人種的な憎悪と分裂を助長する」と主張し、豪州人権委員会に提出した陳情書が棄却されていたことが分かった。

    豪州人権委員会は先週、民間団体「豪州・日本コミュニティーネットワーク」が提出した少女像の撤去を求める陳情を受け入れなかったと明らかにした。人権委員会は民間団体の陳情内容について「人権委員会で扱う事案ではない」と判断したという。

    シドニーの少女像は昨年8月に韓国人が多く集まる地域にある教会の庭に設置された。これに対し、民間団体は「子どもを含む日本人を人種差別やいじめから守らなければならない」と主張し、人種差別禁止法の条項を根拠に少女像の撤去に関する陳情書を人権委員会に提出していた。

    米国でも3月、連邦最高裁判所がカリフォルニア州グレンデールに設置された少女像の撤去を要求した日系団体の訴訟を却下した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「日本人はまだ迷信を信じているの?なぜそんなにも少女像を恐れる?」「うそは真実に勝てないということ」などと指摘する声や、「慰安婦合意を積極的に推進した韓国の親日政府。遠い国に住む私たちと関係のない人たちもこうして共感してくれているというのに!」と韓国政府を批判する声が寄せられている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=175550&ph=0

    引用元: ・【慰安婦像】米国に続き豪州でも、日本人団体の「慰安婦像撤去」要求が却下に=韓国ネット「なぜ慰安婦像を恐れる?」[04/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【なぜ無関係な国に建てる】豪州人権委員会、日本人団体の「慰安婦像撤去」要求を却下】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/03/28(火) 06:32:42.07 ID:CAP_USER
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170328/k10010927071000.html
    慰安婦像撤去求めた裁判 米連邦最高裁が却下
    3月28日 6時20分

    アメリカ・ロサンゼルス近郊の公園に設置された、慰安婦問題を象徴する像の撤去を求めて地元の日本人などが上訴していた裁判で、アメリカの連邦最高裁判所は27日、この訴えを却下しました。
    この裁判は、アメリカ・ロサンゼルス近郊のグレンデール市の公園に設置された、慰安婦問題を象徴する銅像について、地元の日本人などが2014年、市に撤去するよう求める訴えを起こしたものです。

    原告は、銅像の設置は外交問題に市が特定の態度を表明することになり、連邦政府だけに認められる外交権限の侵害にあたると主張しましたが、地元の裁判所は、外交権限の侵害にはあたらないなどとして1審、2審とも訴えを退け、原告側は、連邦最高裁判所に上訴していました。

    この裁判をめぐっては、日本政府も先月、「像の設置はアメリカ政府も支持する日韓合意の精神に反する」などとして、上訴を認めて審理を行うよう求める意見書を連邦最高裁判所に提出していましたが、連邦最高裁は27日、原告側の上訴を却下しました。

    裁判所の決定について、原告側代表の目良浩一さんは「理由が示されていないので詳しくは不明だが決定は非常に残念だ。一方で、日本政府から支援してもらったことには感謝したい。今後、裁判以外で何ができるのか検討していきたい」と話しています。

    引用元: ・【国際】慰安婦像撤去求めた裁判 米連邦最高裁が却下[03/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どうみても人種差別】グレンデール市の慰安婦像撤去裁判 米連邦最高裁が却下】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2017/01/12(木) 21:01:52.07 ID:CAP_USER
    (画像)
    no title


     釜山市在住のキム・ゴンヒさん(29)は3日、中国に留学中にきょうだいに会いに行くため、中国のビザを申請したが却下された。
    眼鏡をかけた写真を提出してはならないという理由だった。キムさんは「前に何度も眼鏡をかけた写真でOKだったのに、なぜ突然
    却下されたのか理解できない」と話した。ソウル汝矣島でビザ申請代行センターを運営するキム・デウォンさんは「最近中国のビザを
    申請した人の約40%が写真のせいで不適格判定を受けている。これだけまとまった数のビザ発給が拒否される例は以前にはなかった」
    と指摘した。

     このように中国は今年からビザ申請時の写真の条件を強化し、ビザ発給を拒否される例が相次いでいる。中国大使館によると、
    黒縁や色付きレンズで顔が隠れている写真、帽子やスカーフを着用している写真などは使用できないという。眼鏡の影が顔に
    かかっていたり、レンズが反射して顔の一部が見えなかったりするケースも不可だ。

     一部には韓半島(朝鮮半島)への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復ではないかとの見方もある。これについて、
    中国大使館は「今年1月1日から全世界の在外公館で同時に適用した規則であり、現在の韓中関係とは全く関係ない」と否定した。
    他国でも中国ビザの申請時に同じ基準に従わなければならないとの説明だ。実際にオーストラリア、カナダ、タイなどの中国大使館の
    ウェブサイトにはビザ申請用写真の条件強化に関する案内が掲載されている。在韓中国大使館も先月15日、同様の告知を
    ウェブサイトに掲載した。

     しかし、条件強化が周知されていないため、混乱を生んでいる。また、中国側の説明とは異なり、金色や銀色のフレームの眼鏡でも
    申請が却下されるケースがあるとの不満の声も出ている。中国ビザの発給を代行する旅行会社関係者は「眼鏡だけでなく、
    他の理由でビザ申請を取り下げさせるケースも出ている。中国ビザの申請時にはこれまでよりも注意を払うべきだ」とアドバイスした。

    キム・ジヨン記者 , チュ・ヒヨン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2017/01/12 09:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/12/2017011200698.html

    引用元: ・【話題】眼鏡をかけた韓国人、中国ビザ申請却下相次ぐ 中国大使館「現在の韓中関係とは全く関係ない」[1/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【面白い事考えるな】眼鏡をかけた韓国人、中国ビザ申請却下相次ぐ 中国大使館「現在の韓中関係とは全く関係ない」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 01:07:16.46 ID:CAP_USER.net
     日本と韓国が国交正常化の際に結んだ請求権協定が韓国の憲法に違反するか問われた裁判で、
    韓国の憲法裁判所は23日、違憲か合憲かの判断はせず、訴えそのものを却下した。

     1965年に結ばれた日韓請求権協定は、補償などの請求権に関する問題が完全かつ最終的に
    解決されたことを確認したもので、これが個人の財産権を保障した憲法に違反するとの訴えがなされていた。

     一方で裁判所は、「協定が合憲と判断したわけではない」とも述べている。(12/24 00:15)

    http://www.ytv.co.jp/press/mainnews/TI20195483.html

    引用元: ・【韓国】韓国憲法裁「訴えは却下するが、協定を合憲と判断した訳ではない」

    【じゃあ違憲ってことだろ【韓国】韓国憲法裁「訴えは却下するが、協定を合憲と判断した訳ではない」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 19:01:27.81 ID:CAP_USER.net
    【ロサンゼルス=中村将】

    韓国の元慰安婦の女性2人が日本政府や産経新聞社などの日本企業を相手取って米サンフランシスコの連邦地裁に起こした訴訟で、
    同連邦地裁は24日(現地時間)、産経新聞社に関する提訴につき原告の訴えを却下すると書面で決定した。

    担当判事は、同連邦地裁に産経新聞社に対する裁判管轄権は認められないと判示した。

    元慰安婦は今年7月、昭和天皇や天皇陛下、岸信介元首相、安倍晋三首相のほか、
    戦時中に旧日本軍と関係があったとされる日本企業や慰安婦問題について報道している産経新聞社を相手取って
    慰安婦1人当たり2000万ドル(約24億円)の損害賠償を求めて提訴した。


    2015.11.25 18:12
    http://www.sankei.com/world/news/151125/wor1511250050-n1.html

    引用元: ・【米国】韓国元慰安婦の訴えを却下 米サンフランシスコ連邦地裁[11/25]

    【何度目だよこれwwww【米国】韓国元慰安婦の訴えを却下 米サンフランシスコ連邦地裁[11/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ