まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:反発

    1: まるっとニュー 2019/09/04(水) 17:42:30.35 ID:CAP_USER
    ※JTBCの元記事(韓国語) ソース元にニュース動画
    http://news.jtbc.joins.com/article/article.aspx?news_id=NB11875450
    オーストラリアは「平和の少女像」がある国です。ところが最近、ここで「少女像の画像」をめぐり韓日葛藤がふくらみました。オーストラリアの通りに現れた「少女像の画像」が一日で消えてしまったのです。
    https://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201909/20190904-035664269.jpg

    2019年9月3日、韓国・JTBCによると、オーストラリアで「慰安婦像の絵」をめぐり日本と韓国の対立が起きている。

    記事によると、ブリスベン市の道路に設置された交通信号制御機には、カラフルで多種多様なアートが施されている。都市の景観のために市が奨励しているという。

    しかし市に最近、現地に住む韓国人から「旭日旗デザインがある」と抗議があった。旭日旗は5年前に描かれたものだったという。韓国で旭日旗は「日本の軍国主義の象徴」とされタブー視されている。

    これに対し市が修正を許可すると、韓国人らは旭日旗のあった場所に慰安婦像の絵を描いた。ところが、慰安婦像の絵は翌日に白いペンキで塗りつぶされ、交通信号制御機管理者から韓国人らに対し「政治的な絵は認めない」とのメールが届いたという。

    市の関係者は「慰安婦像の絵に対し日本から抗議があった」と話したという。記事は「韓国と違って日本はブリスベン市に領事館がある。2016年にシドニー市に慰安婦像が設立された時も日本は脅迫するなどして設置に反対した」と伝えている。

    これに韓国のネットユーザーからは

    「なぜ日本の言うことをすぐに聞くのか」
    「旭日旗が認められて慰安婦像が認められない理由が分からない」

    など市の対応に不満の声が上がっている。 また

    「慰安婦像の絵を消しても日本の恥ずべき歴史は消えない」
    「日本は何をそんなに恐れているのか」

    と指摘する声も。 その他

    「韓国国民が日本製品不買運動を続けなければならない理由だよ」
    「世界中に慰安婦像を設置し続けて日本のこういう面を知らせなければならない」と主張する声や、
    「外国にいても抗議する同胞が誇らしいね」

    と現地の韓国人への称賛の声も上がっている。


    2019年9月4日(水) 17時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b742116-s0-c30-d0058.html

    引用元: ・【豪州】 韓国人が旭日旗の上に描いた慰安婦像の絵、豪州の市が塗りつぶす=韓国ネットから反発の声 [09/04]

    【 関係ない人々に迷惑かけんなよ【豪州】 韓国人が旭日旗の上に描いた慰安婦像の絵、豪州の市が塗りつぶす=韓国ネットから反発の声 [09/04] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/20(火) 09:37:42.25 ID:CAP_USER
    輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

     ソウルでタクシーに乗ったら、運転手さんが「お客さん、どこから来たの?」と聞いてきました。日本だと答えると、いきなり「韓国人は日本人を好きだって分かってますよね」と言われて面食らいました。「政治家が悪いんだよ。安倍(晋三首相)も、文在寅(ムン・ジェイン、大統領)もどっちもダメだ」と続きます。

     他の運転手さんからは「数日前に日本人客を乗せたら、少しおびえてる感じだった。親切に対応したら安心してくれたみたいだけど」とも聞きました。現在の日韓関係悪化は指導者2人に責任を押し付けて済むようなものではないのですが、運転手さんたちの話は率直な庶民感情の表れなのでしょう。

     13日からソウルに来ています。いろいろな人に会ったり、慰安婦の日(14日)や光復節(15日)に合わ…

    https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20190819/pol/00m/010/003000c

    引用元: ・【韓国】「韓国人は日本人を好きだって分かってますよね」 反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に[8/20]

    【慌てて反日隠しキャンペーン【韓国】「韓国人は日本人を好きだって分かってますよね」 反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に[8/20] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/03(土) 23:05:41.44 ID:CAP_USER
    ドラえもん上映延期 日本人入店拒む店も


    日本政府が対韓輸出規制強化の「第2弾」を決めたことに、韓国では3日、ソウルの日本大使館近くで抗議デモが行われるなど、反発が広がった。
    ドラえもんのアニメ映画は事実上の無期限延期になり、日本人の入店を拒む飲食店も現れた。

    韓国メディアによると、日本のアニメ映画「ドラえもん のび太の月面探査記」の公開が事実上、無期限延期になった。
    映画館側が社会の空気を考慮した結果という。

    韓国南部の釜山では「日本人 立ち入り禁止」の貼り紙を掲げる飲食店が登場した。
    女性店員は朝日新聞の取材に、1週間余り前から貼り出したとし、「韓国政府の立場を応援するのは当然。国民が団結しないと」と語った。

    大手ネットニュースは、与党・共に民主党の代表が、日本の第2弾の規制強化決定直後に「和食の店で酒を飲んで会食していた」と報道。
    野党からの批判を受けた共に民主党は「日本の酒ではなく国内産の清酒だ」と反論した。
    https://www.asahi.com/articles/ASM833PHYM83UHBI011.html

    引用元: ・【ホワイト国除外】 韓国人反発、日本人の入店を拒む飲食店も

    【完全なヘイト行為じゃん【ホワイト国除外】 韓国人反発、日本人の入店を拒む飲食店も 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/03/29(金) 11:09:53.30 ID:CAP_USER
    ■始興市にオープン予定のジャパンタウン、無効化求める請願に10万人が同意
    ■日本の飲食店、反日感情を懸念し出店渋るケースも
    ■運営者は名称変更を検討


    京畿道始興市内の「ペゴッ新都市」にある住宅・商業複合施設を26日に訪れた。商業施設には3月初めに、大阪を拠点とするラーメン店がオープンする予定だったが、店舗スペースはがらんとしたままだった。

    日本の飲食店を誘致した不動産会社のキム・ジョンミン代表は「日本人の投資者たちが、(韓国の)反日感情を理由に投資を渋っているため、説得に時間がかかり、オープンが来月になった」と説明した。キム代表は「ジャパンタウンという名称がここまで大きな波紋を呼ぶとは思わなかった」と話した。

    キム代表は昨年下半期から、この商業施設の部分に大阪の飲食店の誘致を進めてきた。昨年完成したビルの1-2階部分の分譲が不発だったため、日本の外食業界に目を向けたのだ。キム代表は日本で10年暮らした経験があるという。「大阪の飲食店の前で多数の韓国人観光客が列をなしていたため、そこからヒントを得た」とキム代表は話した。

    キム代表は小規模の飲食店やフランチャイズを代行・管理する日本企業と共に、ジャパンタウンに出店する飲食店を募集し始めた。目標は30-50店舗だ。日本の飲食店が集まる街という意味から「ジャパンタウン」として宣伝した。キム代表は「商圏の活性化にもつながるし、地域でも歓迎されるものと確信していた」と話した。

    しかし、「ジャパンタウン」という名称が予想外に物議を醸した。先月19日、韓国大統領府(青瓦台)ウェブサイトの国民請願掲示板に「ジャパンタウンを無効化してほしい」との投稿が寄せられた。投稿者は「(旧日本軍)慰安婦や海上哨戒機事件、独島(日本名:竹島)など、日本に関連していまだに消えない痛みと問題が多い。カネをもうけるためにここまでしなければならないのか」と書き込んだ。

    この書き込みはインターネットのコミュニティーサイトやブログなどで拡散された。すると「三一独立運動100周年にジャパンタウンとは何事か」「親日派清算ができない国にふさわしい」などのコメントが相次いだ。1か月もしないうちに請願には10万人が同意した。騒動が拡大すると、始興市庁は「市はジャパンタウンの造成に関与していない」と釈明した。

    こうしたムードはキム代表のプロジェクトに影響を及ぼしている。キム代表によると、これまで日本の飲食店4店が出店を決め、2月にはインテリアの装飾を終えて3月初めにオープンする予定だったが、韓国国内の世論や三一節(独立運動記念日)の前後という時期を考慮し、オープンを4月に先送りした。翌月には日本から飲食店28店のオーナーが来韓し、契約するかどうかを決めることになっている。

    しかし一部の日本人オーナーは「出店しても、店に反日ステッカーが貼られるのではないか」と懸念しているという。京畿道議会が最近、道内の学校の備品のうち植民地時代に強制徴用などに関わった日本企業の製品に「戦犯企業」というステッカーの貼付を義務付けるという条例案を推進しており、このニュースが日本にも伝わっているのだ。

    キム代表は「大阪に行って『全ての韓国人が(日本を)嫌っているわけではない』と説得を続けている」と話した。

    この商業施設には最大で156の店舗が入居できるが、昨年9月に入居を開始したものの現段階で入居は25店舗にとどまっている。そのうち11店は不動産仲介業者だ。平日の昼でも人通りはなかった。ある不動産仲介業者のスタッフは「交通の便がもっと良いところの商業施設でも何年も空室があるというのに、7月にはすぐ隣に1700室規模の商業施設が完成する」と不安を口にした。

    周辺住民や商業施設の入居者は日本の飲食店が入ることに概ね賛成している。商業施設1階のカフェのオーナー、ラ・ウィジュさん(29)は「お客さんは多くても1日に20組程度」だとして「ジャパンタウンができればもっと活性化するはず」と期待感を示した。

    キム代表は「毎年150万人以上の韓国人が旅行で日本を訪れ、韓国内にも多くの日本料理店があるのに、韓国国民の感情がここまでとは思わなかった。ジャパンタウンという名称は変更する予定だ」と話した。


    朝鮮日報日本語版 2019/03/28 22:42
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/28/2019032880181.html

    引用元: ・【韓国】「日本はダメ」 反発強くオープンできないジャパンタウン 日本人の投資者たちが韓国の反日感情を理由に投資を渋る [03/29]

    【韓国人100人中68人は反日【韓国】「日本はダメ」 反発強くオープンできないジャパンタウン 日本人の投資者たちが韓国の反日感情を理由に投資を渋る [03/29] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/11/11(日) 21:07:44.63 ID:CAP_USER
    2018年11月8日、韓国・アジア経済によると、最近の韓国で深刻な問題となった高濃度PM2.5汚染について、中国や北朝鮮など国外要因よりも自動車や発電所など国内要因の影響が大きいとする分析結果が発表された。 

    ソウル市保健環境研究院が同日発表した分析結果によると、ソウルのPM2.5濃度は、今月3~4日に北東アジアの広い地域を覆った高気圧の影響で朝鮮半島周辺の大気が停滞したことで、1日平均値が1立方メートル当たり28~44マイクログラムに上昇した。5日には北西の風によって中国北東部の大気汚染物質が韓国首都圏に流入し、6日には北朝鮮からさらに汚染物質が流れてきた。これにより6日のPM2.5濃度は、最高1立方メートル当たり103マイクログラムを記録した。ただ7日には低気圧が通過して雨が降り、西風が東風に変わったため、PM2.5濃度は下がりつつあるという。 

    また同期間、PM2.5の主成分である硝酸塩(NO系列)と硫酸塩(SO系列)はそれぞれ3.4倍、3.3倍増加したが、相対的に国内要因である硝酸塩の濃度の方がより大きかった。硝酸塩の濃度は通常、1立方メートル当たり10.8マイクログラムほどだが、同期間は36.3マイクログラムまで検出された。一方、国外要因の硫酸塩は、通常の2.7マイクログラムから9.0マイクログラムまでの増加にとどまったという。硝酸塩は国内の自動車や発電所から発生する大気汚染物質。硫酸塩は国外から流入してくる大気汚染物質と考えられている。 

    これに、韓国のネットユーザーからは「信じられない」「夏の間はPM2.5がほぼなかったが、その時は車に乗る人がいなくて発電所も閉鎖されていたということ?意味が分からない」「衛星を見ても原因は中国。何を隠そうとしている?」「国内要因より中国要因が大きいことは小学生でも分かる。そして国内要因が大きくなりつつあるのは、文政府が原発をなくし、森林を伐採して太陽光パネルを設置し、北朝鮮の石炭を使って火力発電所を造ったから」「これは文政府によるメディア操作。韓国はまるで中国の属国だ」など反論する声が多く上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b627918-s0-c30-d0058.html
    Record China 2018年11月11日6時40分

    引用元: ・【Record China】深刻な大気汚染、原因は中国ではなく韓国にあった?=韓国ネットが猛反発[11/11]

    【何でも他人のせいにする【Record China】深刻な大気汚染、原因は中国ではなく韓国にあった?=韓国ネットが猛反発[11/11] 】の続きを読む

    このページのトップヘ