まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:台湾

    1: まるっとニュー 2019/07/26(金) 13:06:11.50 ID:CAP_USER
    1986年のヒット映画「トップガン」の新たに公開された続編の予告編で、トム・クルーズ演じる主人公が着ているジャケットから日本と台湾の旗が消えた。続編には製作者の米パラマウント・ピクチャーズと提携する中国のIT大手の騰訊(テンセント)の系列が出資。米CNNは中国に配慮した措置では、と伝えた。

    「トップガン」は米海軍のエリート・パイロット養成学校に所属するパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、戦闘機による迫力のスカイアクションを交えて描いた。ハリウッドの大スターになったトム・クルーズの代表作の一つとされる。トム・クルーズが伝説のパイロット役でカムバックする続編は来年夏に公開予定だ。

    CNNによると、1作目で主人公が着ていたレザージャケットには背中に日の丸と台湾の晴天白旗旗をあしらったパッチが付いていた。ところが続編の「トップガン・マーベリック」予告編では、この部分が同じような色を使った別のシンボルマークに入れ替えられているように見える。

    一部のネットユーザーが違いを発見。SNS上では入れ替えについて「中国をなだめるための措置ではないか」との臆測が飛び交い、パラマウントとテンセントの提携関係を指摘する声が続出した。CNNはパラマウントと実際に出資するテンセント・ピクチャーズにコメントを求めたが、返答はなかったという。

    日の丸が消えた背景について、CNNは「中国と日本の間ではこの数年、東シナ海の島をめぐって緊張が高まっていた」と言及。台湾に関しても「台湾を中国の一部とみなす中国が世界各国の民間企業や航空会社、政府機関に対し、台湾を中国の一部として表記するよう圧力をかけている」と説明した。

    CNNは「米ユナイテッドなどの航空大手やマリオット、アメリカン・エクスプレス、ゴールドマン・サックスなどの大手が(中国の)要求に応じた」と報道。「SNSではパラマウントもこれに追随したとして批判する声が相次いでいる」と紹介した。

    人口13億人超の中国は世界最大の映画市場。テンセント・ピクチャーズはほかにも、「ワンダーウーマン」「ターミネーター・ニュー・フェイト」「キングコング・ 髑髏(どくろ)島の巨神」といった人気映画でもパラマウントと提携している。
    Record china
    2019年7月26日(金) 12時50分
    https://www.recordchina.co.jp/b732422-s0-c70-d0059.html

    引用元: ・【映画】「トップガン」続編から日本と台湾の旗消える、中国に配慮?IT大手が出資[07/26]

    【ハリウッドは元々赤い 【映画】「トップガン」続編から日本と台湾の旗消える、中国に配慮?IT大手が出資[07/26] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/08/21(火) 08:48:30.50 ID:CAP_USER
    「あまりにも勝ちたい」…韓国が憎らしい国
    マネートゥデイ 韓国語

    [イ・ジェウォンのその国、台湾そして反韓感情①] 韓流ブームの中心地台湾には根深い反韓感情…“ありがたみを知らない国”“裏切りの国”イメージ

    (略)

    台湾に反韓感情が広まった理由は何だろうか。複合的原因がむやみに絡まって現れたと見られるが、最も大きい理由は、ありがたみを知らないことに対する一種の裏切りと見える。台湾人と会話してみると『1992年韓国‐台湾断交』に対する話がよく出てくる。1949年、中華民国だった時期に修交し、長期に友好国として過ごした韓国が突然、断交を通知し、その過程が道義的ではなかったということだ。これに対して韓国人の多くは「『一つの中国』(一個中国政策)の原則により、中国の圧迫が激しかった」とか「台湾との断交がドミノのように行われている状況だったため、むしろ信義を長く守った方だ」と受け返す。

    莫大な外貨準備高を基に他国と友好的な外交関係を維持していた台湾だったが、以前まで共産主義国とだけ交流してきた中国が、1978年、経済現代化を旗印に改革開放政策を始めて国際社会に出てきて、急激に無力化した。多くの国は「中国か台湾か」を選択しなければならなかったし、大多数の国は修交と通商を通じて“規模の経済”を実現できる中国を選んだ。韓国もこのような流れにより台湾と断交して“非公式最高関係”に切り替えた。

    http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2018080911101164489&type=1

    引用元: ・【韓国】台湾の反韓感情の理由は?「経済・文化的に台湾をリードする韓国への劣等感」「韓国の裏切りへの怒り」

    【【韓国】台湾の反韓感情の理由は?「経済・文化的に台湾をリードする韓国への劣等感」「韓国の裏切りへの怒り」 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/06/03(日) 23:09:17.46 ID:CAP_USER
     蔡英文が総統に就任して以来、関係がギクシャクしている台湾と中国。
    中国は、台湾が外交関係を持っていた国と次々に国交を結び、圧力を強めている。

     そうした緊張関係の影響か、最近では民間人同士の衝突も少なくない。
    先日は、オーストラリアに留学中の中国人が、
    台湾人への殺害予告をして大学を退学処分になったニュースを紹介したが、
    今度は親台派の英国人が中国人のリンチを受ける事件が起きた。

     台湾の英字紙「Taiwan News」(5月27日付)によると、
    台湾在住歴14年のポール・ファレルさんは20歳の時に台湾人女性と結婚し、中華民国国籍を取得。
    現在は南部の高雄市で英国式のバーを経営している。

     そんなポールさんは2017年10月、酔った勢いで額に「台湾」の文字、
    顎に中華民国の国旗の入れ墨を入れたことで話題になった。
    しかし、そのあふれんばかりの台湾愛があだとなったようだ。


    中国人と口論になり、ボコボコに。顎の入れ墨は消した?
     カンボジアに旅行中だった先月27日、ポールさんはシアヌークビルのバーで酒を飲んでいたが、
    額の「台湾」を見つけた10人ほどの中国人の集団が「中国は台湾だ」と話しかけてきた。
    ポールさんはすぐに「台湾は台湾」と反論。
    台湾は中国の一部ではなく、あくまでも台湾だと主張したわけだ。彼らはポールさんに、
    台湾が中国の一部であることを認めるよう迫ったが、ポールさんは認めない。
    カッとなった彼らは、寄ってたかってポールさんを袋叩きに。
    ポールさんは全身を負傷し、歯が2本折れた。たまらずに「台湾は中国」と認めざるを得なかった。

    報道を受け、台湾のネット上では「共産党の犬は、ファシストみたいなものだ」「中国の畜生が暴力を振るうことには、なんの意外性もない」「中国がよく口にする法治主義は葬り去られ、人民は暴力で問題を解決する」などと、辛辣な意見が多く見られた。

     ポールさんは今後、外を歩く際は帽子を必ず着用するとし、入れ墨を消したいと話すとともに、
    台湾人が海外に行く時は安全に注意するよう呼びかけた。

     中台両岸から多くの観光客が訪れる日本で、こうした衝突が起こらなければいいのだが……。

    画像:額に「台湾」の文字、顎に中華民国の国旗の入れ墨を入れ、話題となったポール・ファレルさん
    http://www.cyzo.com/wp-content/uploads/2018/06/irezumi01-400x265.jpg
    http://www.cyzo.com/wp-content/uploads/2018/06/irezumi02-356x400.jpg
    http://www.cyzo.com/wp-content/uploads/2018/06/irezumi03-300x400.jpg

    http://www.cyzo.com/2018/06/post_164296_entry.html

    引用元: ・【悲報】額に「台湾」入れ墨のお騒がせ英国人、中国人集団からフルボッコ!前歯を2本折られたあげく「台湾は中国」と認めさせられる

    【【悲報】額に「台湾」入れ墨のお騒がせ英国人、中国人集団からフルボッコ!前歯を2本折られたあげく「台湾は中国」と認めさせられる 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/12/01(金) 13:09:52.68 ID:CAP_USER
    台湾で教え子にセクハラして身上を公開された韓国人教授「本当にくやしい」

    台湾の有名大学に赴任した韓国人教授A氏がセクハラ疑惑に巻き込まれた。彼の教え子は「3ヶ月間嫌がらせを受けた」と主張した。

    さらに陳亭妃・台湾民進党立法委員(国会議員)が、6月初めに記者会見を開いて当局の調査を促した。当時、彼は「A教授が教え子7~8人をセクハラした」とA教授を告発するフェイスブックを根拠として提示した。

    同じ時期、台湾の韓国専門家として知られている朱立熙もフェイスブックにA氏の写真と名前を公開した。朱立熙はA教授を「韓国で教え子たちにセクハラ・暴行をした後、韓国の講壇にはもう立つことができず、台湾に渡ってきた」と説明した。しかし、朱立熙が言及した教授はA教授ではなく、ソウル大学区(旧)、数学教授のカン某教授の話という反論が出ている。何が起こっているのだろうか。

    A教授は中央日報に悔しさを訴えた。今年赴任したA教授は妻と2人の子供と共に台湾に渡ってきた。 A教授は「学部在学中の女子学生Bさんが助手をしたいと申請して初めて知った」、「Bさんは私の妻に別途韓国語まで習ったほど親しかったが、私をセクハラ犯と決めつけるとは分からなかった」と述べた。

    A教授は「Bさんだけでなく他の学生も私の妻に韓国語を学び、学期が終わる頃、家に集まって韓国料理を食べたりもした」、「私の家族とも親しい学生にセクハラをするということが、常識的に可能な話なのか」と述べた。

    A教授によると彼がセクハラ疑惑に巻き込まれた時期は5月24日の夜だった。その時「Bさんと研究室で話をしたことはあるが、セクハラやわいせつをしたことは全くない」というのがA教授の主張だ。翌日にもA教授の妻が主催した学生パーティーに学生Bさんも参加したという。

    しかし、しばらくして一部の男子生徒がフェイスブックに「A教授が複数の教え子にセクハラをした」という文を載せた。さらに国会議員が「調査が必要だ」と記者会見を開いた、朱立熙によりA氏の身上がインターネット上に公開された。台湾の検察はA氏を起訴した。

    A氏は「研究室の前に設置されたCCTV、Bさんと交わしたライン(メッセンジャー)の会話を証拠資料として提出しようとした」、「しかし、この事件を初めて調査した学校男女平等委員会は、私が提出した資料を判断に反映していなかった」と主張した。学校側が検察に提出した意見書に、本人の主張を裏付ける資料が添付されていなかったことがその理由だ。

    A氏は「私の顔と名前を公開した朱立熙は嫌韓発言で韓国内で物議になった人物だ」、「韓国人に悪い偏見を持っている人々が歪曲された世論を起こし、私が無実の罪で処罰される危機に直面している」と主張した。実際、朱立熙は今年2月、日本の東洋経済オンライン寄稿で「韓国は光復後、民族の自尊心を回復するために歴史を操作してきた」、「しかし、むしろ「日本が歴史を操作している」と(韓国が)批判している」という内容の寄稿文を掲載した。

    A氏は「台湾の検察は私も知らない男子学生のフェイスブックではなく、CCTVなどに基づいて適切に調査だけでもしたら良いだろう 」とし、「していないことを証明するのはとても難しい」と悔しさを訴えた。

    ソース:中央日報 2017.11.30 11:54(韓国語)
    http://news.joins.com/article/22163140
    関連
    慰安婦問題は韓国の理性なき民族主義を煽る~台湾人から見た近隣国の大きな「誤り」は何か
    http://toyokeizai.net/articles/-/157274
    http://toyokeizai.net/articles/-/157274?page=2
    http://toyokeizai.net/articles/-/157274?page=3
    http://toyokeizai.net/articles/-/157274?page=4
    http://toyokeizai.net/articles/-/157274?page=5

    朱 立熙
    Rick Chu

    台湾・知韓文化協会 執行長

    1954年生まれ。台湾・国立政治大学韓国語学科卒。米スタンフォード大学東亜研究所修士。77年「中国時報」写真記者を皮切りに、「聯合報」記者・ソウル特派員、「Taipei Times」編集長、中華電視副社長等を歴任。

    特に「聯合報」ソウル特派員在職(85~88年)に前後して、韓国民主化(87年)の関連報道、「中国民航機韓国着陸事件」「中国軍機韓国不時着事件」「ズ・ダン号事件」等、台湾や韓国、中国、日本が関係した大事件について、数々のスクープを連発。

    台湾を代表する韓国・北朝鮮専門家。国立政治大学や台湾師範大学等で教鞭を執る。著書に「韓国史」「漢江変」「再見阿里郎」「韓国心、台湾情」「国家暴力と過去清算」(いずれも中文)等多数。
    http://toyokeizai.net/list/author/%E6%9C%B1_%E7%AB%8B%E7%99

    引用元: ・【韓台】台湾で教え子にセクハラして身上を公開された韓国人教授「本当にくやしい」[12/01]

    【【必ず居直るよね】台湾で教え子にセクハラして身上を公開された韓国人教授「本当にくやしい」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/20(金) 06:30:40.37 ID:CAP_USER
    戦時中の朝鮮半島出身者を『徴用工』として強制的に連行、労働させられたとして、戦後の日本企業に謝罪や補償を求めてきた問題で、韓国の文在寅大統領は就任100日の記者会見で「個人の請求権は消えていない」とする考え方を支持した。

    「韓国では従軍慰安婦少女像が至る所に設置され、いまでは反日の象徴として海を渡り海外にも設置されています。それとまったく同じ趣旨で設置されつつあるのが『徴用工像』です」(韓国ウオッチャー)

    文大統領の発言は、1965年の日韓基本条約と請求権協定で、韓国に対する補償が「完全かつ最終的に解決された」ことを無視するに等しく、日本としては容認できるものではない。

    一方、2013年5月9日のこと。約250人の『台湾高座会』を名乗る団体が、神奈川県座間、大和両市に来日した。

    太平洋戦争中、8400人以上の15歳前後の少年たちが台湾から日本にやってきて、学びながら現在の大和市内にあった『高座海軍工廠(海軍直属の軍需工場)』で軍用機製造に携わったのだが、その少年たちが80代になって再び来日したのだ。

    「日本へ行けるのは誇りでした」

    当時の同工廠は座間と大和など数村にまたがる30万坪の用地に行員1万人を擁し、最新鋭の局地戦闘機『雷電』を生産していた。このうち8400人が台湾出身の少年工だったのである。

    「2013年に彼らの初来日から70年を迎えるに当たっての記念式典が開催され、その行事に参加するための来日でした。

    同年4月に日本政府から旭日小綬章を受賞した台湾高座会会長の李雪峰さんは『わたしのクラスでは、受験者が三十数人も出て、そのうち合格したのはわずか3人でしたから競争率は10倍以上でした。日本へ行けるのは誇りでした』と、250人全員が日本にいまだに感謝の念を抱いていてくれたのです。韓国の旧徴用工やその遺族とは真逆な人々です」(台湾ウオッチャー)

    韓国も事情は同じだったが、当時の心情を吐露すれば“つまはじき”にされることもあるのだろう。しかし、台湾と韓国の日本に対する感情は雲泥の差で、国が違えばこれだけ感情の差があるのだ。

    https://myjitsu.jp/archives/31262

    引用元: ・【台韓】韓国と台湾の「戦時中労働者」が抱く感情の違い

    【【他人を見下して金せびりたい】「韓国では反日の象徴、台湾では誇り」韓国と台湾の「戦時中労働者」が抱く感情の違い 】の続きを読む

    このページのトップヘ