まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:台湾

    1: まるっとニュー 2020/04/24(金) 23:33:10.98 ID:CAP_USER
    no title

    ▲日本コミュニティSNSなどに飛び交う「独島マスク」写真。「竹島(日本が呼ぶ独島の名称)は韓国の領土」と書かれている。国内で生産されたものでなく、日本でフォトショップなどで作ったイメージと見られる。(写真=コミュニティ キャプチャー)

    昨年7月、安倍晋三日本政府の輸出規制後、冷えきった韓日関係が最近、国内で起きたマスク支援論議で一層悪化している。

    これに先立ってチ ン・セギュン国務総理が米国・日本、韓国戦争(朝鮮戦争)参戦国などにマスクを輸出・支援する方案の検討を指示したという報道が出るとすぐに大統領府国民請願掲示板にはマスク支援反対請願が多数上がってきた。日本マスク支援報道による論議は当局が鎮火にのりだして一段落したが、このようなニュースが日本メディアを通じてマクス支援が難しい理由など抜けたまま伝えられ、反韓感情だけ育てた。

    このような中で台湾が日本にマスク200万枚を支援し、反韓感情に燃料を入れて火をつけた。

    no title

    ▲蔡英文、台湾総統が人道的次元で支援したマスク200万枚が日本の成田空港に到着した。(写真=時事通信キャプチャー)

    「有難い台湾」
    韓国で日本マスク支援論議があった21日、偶然にもチャイ・インウォン(蔡英文)台湾総統が人道的次元で支援したマスク200万枚が日本の成田空港に到着した。日本時事通信など現地マスコミの報道によればチャイ・インウォン総統は医療現場などで使われるマスクを送るのに18日、自身のツイッターに「(台湾が支援した)マスクが少しでもCOVID-19と闘う日本の役に立てれば(良いだろう)。共に(コロナ19に対応して)戦えば、一人一人の力の和より大きな力を生み出せる!世の中が助けを必要とする時、傍観していることはできない」という日本語メッセージを残した。

    またチャイ・インウォン総統のマスクを入れたコンテナには「台湾、日本友好」という垂れ幕がかかっており、これを見た日本市民は「有難い台湾」として感謝の意を伝えた。

    マスク品薄事態と安倍総理が全国民に配布しようとしていたいわゆる「アベノマスク」が品質問題で世論の俎上に上がったため、チャイ・インウォン総統が送ったマスクに多くの感謝が送られた。
    チャイ・インウォン総統のマスクは翌日から医療現場、脆弱階層など新種コロナウイルス(コロナ19)で困難を経験している場所に配布された。反面、同日、韓国では日本マスク支援論議を鎮火しようと外交部に続き、大統領府まで「日本に対する保健用マスクを支援する方案は初めから検討していない」と線を引いた。
    (中略:日本メディアの報道。大統領請願など)

    韓国の場合、マスクに余裕が少しできて来る27日から週3枚のマスク購入が可能になったがマスク5部制(購入制限)が続いている。特に5月始業説が出ている中で父兄は不足した子供・青少年用マスク購買に少なからず悩んでいるのが実情だ。請願文のコメントでもマスク需給に困難を訴える文等が多数あった。

    日本よりマスク事情が余裕があるのは事実だが、韓国マスコミの報道を引用しながら、このような実情は伝えず請願だけ取り上げて反日感情とだけ表現したのは残念だ。日本市民が韓国マスコミの報道を見て前後の事情を理解しようと思うのは難しく見える。事実に則した内容伝達が必要と見られる。
    (後略)

    イ・ドンジュン記者

    ソース:世界日報(韓国語)韓国も不足したマスク置いて嫌韓フレーム…日“韓日葛藤の谷深い” [イ・ドンジュンの日本は今]
    http://www.segye.com/newsView/20200424513229

    引用元: ・【コロナ19】 韓国がマスク支援に反対していた時、台湾から支援が届く~日本メディアが反韓感情に火をつける[04/24]

    【本当にバカだな~ 【コロナ19】 韓国がマスク支援に反対していた時、台湾から支援が届く~日本メディアが反韓感情に火をつける[04/24]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/04/21(火) 19:30:19.67 ID:CAP_USER
     【台北時事】中国本土で「禁書」とされる書籍を扱い、2015年に中国当局に拘束された香港の銅鑼湾書店元店長の林栄基氏が21日、滞在先の台北で、何者かによってペンキをかけられる被害を受けた。林氏は25日に、台北市内で同名の書店を開業する計画。事件はこれを妨害する目的で起こされたとみて、警察は現場から逃走した男2人の行方を追っている。
     林氏によると、21日午前9時(日本時間同10時)ごろ、一人で書店近くのコーヒーショップにいたところ、見知らぬ男に赤いペンキを突然、全身にかけられた。林氏にけがはなく、取材に対し「中国共産党による嫌がらせだろう」との見方を示した。書店は計画通り25日に開業するという。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020042101029&g=int
    時事ドットコム 2020年04月21日18時54分

    引用元: ・【台湾】香港「禁書」書店元店長にペンキ 滞在先の台北で 営業妨害目的か[4/21]

    【全世界に嫌がらせする人たちだからね 【台湾】香港「禁書」書店元店長にペンキ 滞在先の台北で 営業妨害目的か[4/21]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/04/04(土) 21:19:09.64 ID:CAP_USER
    http://japan.cna.com.tw/news/asoc/202004040005.aspx

    (高雄中央社)新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために設けられた14日間の在宅検疫措置に違反し、30万台湾元(約110万円)過料を科された韓国人の夫婦が、未払いのまま出境しようと試み、空港で足止めされたことが4日までに分かった。

    2人は2月25日、高雄国際空港から入境。高雄市内のホテルに宿泊していたが、在宅検疫中は外に出ることが認められないにも関わらず、決まりを無視して外出し各人15万台湾元(約54万円)の過料が科された。

    過料の支払いに関する業務を請け負う法務部(法務省)行政執行署高雄分署が連絡を試みたところ、検疫期間を終えた2人はすでに部屋を引き払っており、携帯電話の電源も切って行方が分からなくなっていた。2人が過料を支払わない可能性があると危惧した同署の判断によって2人の出境を制限する措置がとられ、内政部(内務省)移民署が2日、台湾桃園国際空港で台湾を離れようとしている2人を発見した。この時2人の所持品は現金1400元(約5000円)と6ウォン(約1円)、台湾で購入した土産物、衣類のみで、このうちの1000元(約3600円)が支払いの一部に充てられたという。

    全額の支払いが完了するまで帰国は許されない見通し。

    引用元: ・【台湾】在宅検疫の規則に反した韓国人夫婦、過料未払いで出境試み失敗[04/04]

    【最低な奴【台湾】在宅検疫の規則に反した韓国人夫婦、過料未払いで出境試み失敗[04/04]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/23(月) 18:09:47.67 ID:CAP_USER
    ※機械翻訳

    [記者リン・クイイ(日本/東京22日)]朝日新聞の上級記者が台湾の国家門の封鎖の少し前に台湾を訪問しました。入国後、規則に従ってホテルで14日間の「自宅検疫」が行われました。 朝日関連Facebookファンスペシャルは、台湾での隔離体験を連載するために「隔離日記」を立ち上げたが、この行動は台湾に住む日本人を怒らせた。 台湾の伝染病予防資源の無駄遣いをわいせつと書く女性記者は、「日本人の恥」です。

    今月中旬に海外移民の件数が急増しました。パンデミックを避けるため、17日、原則として19日から非台湾人観光客の入国が禁止されることが発表されました。ニュースの後、朝日女性記者は18日タイから急いで行きました。 バンコクは緊急事態で台湾に飛び、19日、Facebookの朝日新聞アジア太平洋ファンページに「隔離日記」が公開されました。

    女性記者は当初台湾訪問の主な目的について詳しく説明していなかったため、「隔離日記」はすぐに台湾に住む日本人から批判を集めました。 一部の日本のネットユーザーは、現時点で台湾に来ることを選択することは台湾にトラブルを引き起こすだけだと述べた。また、他の国の流行防止ソースを使用して検疫の経験に関する記事を発表し、人々が新聞全体の基準に疑問を投げかけたと述べた。 女性記者は、国民を保護するために流行を防ぐために台湾がどれだけ費やしたかを理解していないようで、この行動は日本人である彼女を恥じています。

    (略)

    20日の検疫日誌には、入国時に温度検査と申告書記入のプロセスが導入されていたが、入国の時間は約3時間で、バンコクから台湾にかかった時間とほぼ同じで、女性記者がホテルを予約しなかったため、 多くの場合、レストランを探します。女性記者は、彼女が台湾を訪れたとき、彼女はほとんどの場合レストランに滞在し、自宅で検疫ホテルを受け取っていないと主張します。 台湾の22の郡と都市で、防疫ホテルと連絡先の電話情報があります。

    女性記者はまた、「金門に防疫ホテルはありますか」と尋ねた。 CDCの関係者は、公共交通機関の規制により、離島への移動をあきらめる必要があると述べました。女性記者も台南に行きたいと思っていましたが、旅が遠すぎて高速鉄道に乗ることができませんでした。 「Kieron」も完全に予約され、CDCの役人によって紹介された後、最終的に適切なレストランを見つけました。

    投稿は台湾人からあまりにも多くの批判を引き起こしたため、女性記者は2日目の検疫日記でも、4月に重要かつ貴重なインタビューが終了したことを説明しました。台湾に入国できないのではないかと心配していたため、私は早くから台湾でインタビューを受けました。 彼女が台湾に来たのは「検疫日記」を書くためではなかった。

    朝日女性記者は、2004年から05年に中国上海に、2005-07年および2010-13年に北京に駐在し、現在は朝日新聞の編集メンバーです(台湾通信社の執筆メンバーに似ています)。彼女は2017年6月からバンコクに駐在しています。 アジア総局は、朝日新聞の上級記者であり、有名な中国通です。

    中国武漢で肺炎が発生した後、女性記者は、1月の「意味を想像するだけで伝染病が拡大する」など、朝日新聞の「複数の出来事」コラムで中国の隠れた流行に関する多くのコメントを発表しました。 中国の医師Zhong Nanshanの事件は、2月に「隠された情報、量が増加しない限り嘘は続く」という見出しで提起され、中国のホイッスラーDr. Li Wenliangと市民ジャーナリストChen Qiushiによって送られた警告は中国によって抑制されたと報告している 事実。 朝日新聞での女性記者のコメントは、親中国人であり、奇妙で非常にまれであると考えられています。

    (中略)

    さらに興味深いのは、朝日関連のファンを批判したネットユーザーのほとんどが台湾に住んでいた日本人だったということです。彼らは台湾の流行予防策を支持し、女性記者の行動が台湾にトラブルを引き起こし、その力を発揮することを恐れていました 台湾の態度を支持する。

    https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3108732
    自由時報 2020-03-22 17:45:18

    https://i.imgur.com/ddWLkoM.jpg
    フェイスブックに台湾隔離日記を発行し、台湾に住む日本人を怒らせ、台湾の流行防止資源を浪費しているとして彼女を非難し、時代遅れの記事を発表した。

    吉岡桂子 Yoshioka Keiko 
    @Yoshioka_keiko
    https://mobile.twitter.com/Yoshioka_keiko?p=s

    ※関連記事
    台湾駆け込み朝日編集委員の「隔離日記」が大炎上
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59835
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【台湾・自由時報】日本の朝日新聞記者が台湾を訪れて「隔離日記」を書き、日本人を怒らせる:台湾を困らせないで[3/22]

    【痛快バカヒ、またやってる 【台湾・自由時報】日本の朝日新聞記者が台湾を訪れて「隔離日記」を書き、日本人を怒らせる:台湾を困らせないで[3/22]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/12/06(金) 22:01:23.45 ID:CAP_USER
    (台北中央社)国立大学の女子学生にセクハラをしたとして有罪判決を受け、台湾高等法院(高裁)で係争中の韓国籍の男が海外逃亡していたことが分かった。男は指名手配される見通し。同院が5日、明らかにした。

    被告は政治大学(台北市)韓国語学科の元教員。2017年3月から5月にかけて、職務上の地位を利用して複数の女子大生の太ももや臀部などを触った容疑で、同年10月にセクシャルハラスメント防止法違反で起訴された。昨年末の一審判決では、懲役1年2カ月、または罰金42万台湾元(約150万円)を言い渡された。事件発覚後に大学から懲戒解雇されている。

    高裁の説明では、一審では被告の出国を今年4月7日まで制限していたが、二審は、2年以下の軽罪であるなどの理由から、その期限を延期していなかった。被告は5月には出廷したが、10月の呼び出しには応じなかったという。その後の調査を経て、男がすでに台湾を離れていたことが確認された。

    同事件をめぐっては、2人の被害者が男に各100万元(約360万円)の損害賠償を求める民事訴訟も起こしており、台北地方法院(地裁)が今月4日、被告に計80万元(約290万円)の支払いを命じていた。

    (劉世怡/編集:塚越西穂)

    http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201912060003.aspx
    中央社フォーカス台湾 2019/12/06 13:56

    関連
    【台湾】言語交換を理由に女子大生にセクハラ 韓国人の男に290万円賠償命令 現在も高裁で係争中[12/5]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1575554007/

    引用元: ・【トンズラ民族】台湾で女子大生にセクハラの韓国籍男、海外逃亡 指名手配へ[12/6]

    【いつも逃げる 【トンズラ民族】台湾で女子大生にセクハラの韓国籍男、海外逃亡 指名手配へ[12/6] 】の続きを読む

    このページのトップヘ