まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:嘘

    1: まるっとニュー 2020/01/24(金) 21:04:46.19 ID:CAP_USER
    [アンカー]

    現職検事がオフィステルで売春をした疑いで逮捕されたという知らせ昨日(23日)お届けドゥリョトヌンデヨ。当日は痛いしちょうど戻って次の日出て行けましたが、まだ応じていないとします。現行犯で逮捕された時は「職業がない」と嘘もしたんです。

    パク・ミンギュ記者です。

    [記者]

    警察の不法性売買取り締まりに摘発されたか三日目、A検査はまだ正常に調査を受けていない。

    現行犯で逮捕された一昨日の夜には、文を言わなかった。

    「体が痛くて調査を受けられない」とし、身元確認だけ受けて帰ったことが把握された。

    酒に酔った状態でした。

    特に逮捕直後の夕方7時頃に「職業がない」と言ったことで知られました。

    警察が内部コンピュータ・ネットワークを検索して現職検事とことを確認するために、2時間近くかかりました。

    A検査は逮捕されたオフィステルで100mの距離が、ここ麻浦警察署で身元確認を受けました。

    3年前に地域検察庁に移動が、それまでは、検査は、真向かい西部地検に勤務しました。

    警察は、翌日の昨日の調査を受けるようにと通知しました。

    A検査は出ていない。

    大検察庁の関係者は、「捜査の結果を見守った後、措置する」と言いながらも「まず派遣されている政府機関から復帰しなければならないだろう」と言いました。

    警察は、連休が終わるとA検査が調査に応じるものと見ています。

    ちょうどもう応じない場合には、強制捜査を含めて、他の調査方法を検討することになります。

    (映像デザイン:ギムチュンヒョン)

    パク・ミンギュ記者(park.minkyu1@jtbc.co.kr)[映像取材:ジョヨンフイ/映像編集:キム・ジョンウン]
    https://m.news.naver.com/read.nhn?oid=437&aid=0000229621&sid1=102&mode=LSD

    2020.01.24。午後8:43

    引用元: ・【韓国/不法性売買す】「性売買現職検事」調査拒絶... 「職業がない」嘘も[1/24]

    【コレらに法律は最も遠いんだろな 【韓国/不法性売買す】「性売買現職検事」調査拒絶... 「職業がない」嘘も[1/24]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/01/29(水) 22:26:51.65 ID:CAP_USER
    神戸市などで除霊をすると嘘をつき、約400万円を盗んだ疑いで中国国籍の女が逮捕されました。

    窃盗の疑いで逮捕されたのは中国国籍の何秀妹容疑者(46)です。

    何容疑者は2019年6月、神戸市中央区の南京町で霊媒師役の女らと一緒に「あなたの家族が事故で死ぬ。金品を清めてもらう必要がある」などと、通りかかった女性に嘘を言いました。

    その後、女性が用意した現金・約340万円を袋に入れさせ、ペットボトルの水などとすり替えて盗んだということです。

    何容疑者は2019年11月にも、千葉県松戸市で同じ手口で現金約63万円を盗んだということで、調べに対し「盗みをするために入国した」と容疑を認めています。

    犯行は5人組で行われたとみられていますが何容疑者以外は、すでに出国していて、警察が行方を追っています。

    関西テレビ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-19415011-kantelev-l28
    1/29(水) 19:42配信

    引用元: ・【社会】『除霊』と嘘をつき…神戸・南京町などで「約400万円」を窃盗 中国国籍の女(46)を逮捕[1/29]

    【強制送還する処置にしろ【社会】『除霊』と嘘をつき…神戸・南京町などで「約400万円」を窃盗 中国国籍の女(46)を逮捕[1/29]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/04(月) 07:36:41.40 ID:CAP_USER
    |嘘・暴言・詭弁に呑まれる浅はかな社会風土
    |韓米FTA・狂牛病はスルーされて代償支払い
    |嘘をつく団体・人物は永久追放すべき

    (写真)
    https://image.chosun.com/sitedata/image/201911/03/2019110301564_0.jpg
    ▲ キム・デギ檀国大招聘教授・元大統領府政策室長
    ____________________________________________________________

    最近、我々の社会を見れば品格が無さすぎる。分裂した国民の間に暴言と嘘が飛び交い、インターネットでは下品な言葉で埋め尽くされている。自分と考えが異なる者に対する無差別攻撃は、社会の多様性を容認しない。いわゆる社会指導層の人々の※ネロナムブル(ダブルスタンダード)と言動不一致は、常識レベルを越えた。光化門(クァンファムン)通り距離は常に騒がしく、国民が感じる疲労感はMAXファイヤーである。我々の社会がこのような醜い姿を見せるのは、ここ数十年間で初めてのことだと思う。
    ※ネロナムブル(自分がすればロマンス、他人がすれば不倫の略語)

    国外での国格(国家の品格)も尋常ではない。 周辺国で嫌韓論が出回り、THAAD報復、輸出規制、軍用機の領空侵犯、記者団暴行、防衛費分担金引き上げなど、振り回され方が酷くなっている。我々が誠意を尽くす北韓(北朝鮮)からは『茹でた牛の頭』のような毒舌に加え、非常識なサッカー試合、我が国の観光施設が「見るだけで気持ちが悪い」と言われるほど無視されている。

    一途に日本に対しては堂々と対立しているが、これもまた正常ではない。経済戦争を宣言して二度と負けないと声を高めたが、すぐさま曹国(チョ・グク)事態で国が内輪もめに陥った。壬辰倭乱(文禄慶長の役)の時もこんな感じだったのだろうか?。日本の人々の目にも本当に滑稽に映ったようである。

    わずか数年前、MB(李明博)政権時代に世界金融危機を最も見事に克服して、G20首脳会議、核安保首脳会議の開催、ドイツと競争して平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを誘致、グリーン成長で世界の賛辞を受けた国がどうしてこうなったのだろうか。

    おそらく最大の要因は政治力の不在にあると思う。かつては相手がいくら憎くても、いわゆる襟度というものがあって品位を維持していたが、今は消えた。元大統領、大法院(最高裁)長官、国情院長、軍の将軍、グローバル企業のトップが次々と拘束されるのは、過去のアフリカでも見られなかった姿である。5年ごとに政策が変わり、任期後の政権がどうなるか分からない国を誰が尊重するだろうか。政界が『誰が誰がお上手か』の'競争ではなく、相手を殺して政権を取ろうとしたせいで結局、国がこのようになった。

    二つ目は国家公権力が権威と信頼を失った。市民団体が腕章をつけた公務員に対し、まるで犯罪集団かのように罵倒した時から予見されていたことである。近年では青瓦台(大統領府)と与党が検察を攻撃して、デモ隊が検察と司法部に圧力をかけ、検察と警察が争う奇妙なことまで起きている。機関の長が政権の顔色を見れば、今度は労組が警察を攻撃して役所を占拠しても、左派団体が米国大使官邸に乱入しても平気な世の中になった。

    三つ目は社会に善悪を判断する機能が消えた。メディアや司法部まで政治に染まった結果である。メディアは公共放送ですら国民の信頼を失い、受信料の(支払い)拒否まで議論されているため、これ以上は言うまでもない。最終的にはYouTubeが代案として浮上している。これまで山のような重みで社会を守ってきた司法部も、信頼を失うのは同じである。今、司法部を社会正義の最後の砦と考えている人がどれ程いるのだろうか。知識と所信はあるかも知れないが、知恵と経綸は見当たらない。

    ソース:朝鮮日報(韓国語)
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/11/03/2019110301564.html

    >>2につづく

    引用元: ・【朝鮮コラム】嘘に寛大すぎる国[11/04]

    【プライドないの?おたくら 【朝鮮コラム】嘘に寛大すぎる国[11/04] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/16(月) 11:04:38.85 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    タレントのキム・グラが、日本のDHC社内放送の『嫌韓妄言3人衆』を直接訪ねに行った。日本のDHCテレビは、「日本人がハングルを統一させて今のハングルになった」というなど、常習的な嫌韓放送で物議を醸した。

    キム・グラは15日に放送されたJTBCの『購買TV・お出かけニュースショー』で、嫌韓発言についてのインタビューはもちろん、嫌韓妄言を事とする妄言3人衆の櫻井よしこ、百田尚樹、竹田恒泰を訪ねた。しかし、正式なインタビューの要請や面会は実現しなかった。これらはそれぞれ別の理由により、キム・グラとの面会は難しいと話した。

    キム・グラは、「化粧品社内放送妄言3人衆にインタビュー要請をしたが、黙黙不当(無回答)だった」とし、直接日本に訪ねて行ったがスタジオの前でも門前払いされた。キム・グラは、「我々が訪ねても妄言3人衆はない。しかし、妄言吐く者が多い」とし、別の嫌韓発言放送が進行中だったのを見て引き返した。

    (写真)
    no title

    no title


    キム・グラと製作スタッフは、日本市民に『嫌韓』に対する考えを尋ねた。安倍首相官邸前で1人デモを行っていた市民は、「韓国人の考え方は間違っている」とし、「日本が加害者、韓国が被害者というのは間違っている」と主張した。彼(彼女)は、「(日本は韓国に)収奪しに行ったのではない。韓国に鉄道やダム、発電所、病院、学校、工場などを作ってやった」と話した。

    キム・グラは、「こんな誤った考えを持つ者が本当に多い」とし、インタビューを中断した。

    一方、日本の若い世代は韓日関係に特に関心がなかった。インタビューに応じた20代の日本の青年たちは、「ニュースをあまり見ないのでピンとこない」、「率直になぜ争うのか分からない」、「巻き込まれたくない。特に気にしない」と回答した。また、「韓国は嫌いじゃない。韓国料理も好きだ」、「若い世代はおそらく韓国がみんな好きだと思う。韓国のアイドルも好きだ」と話した。

    ソース:中央日報(韓国語)
    https://news.joins.com/article/23577602

    (MAE)
    【韓国】「植民地支配は嘘」~日本市民の発言にインタビューを中断したキム・グラ★2[09/16]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1568592879/
    ★1投稿日:2019/09/16(月) 06:38ごろ

    (関連)
    【韓国】芸能界きっての毒舌家=キム・グラが、日本の嫌韓妄言衆、櫻井よしこ・百田尚樹・竹田恒泰を取材に[09/12]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1568248472/
    ____________________________________________________________

    うぉいこら!

    引用元: ・【韓国】「植民地支配は嘘」~日本市民の発言にインタビューを中断したキム・グラ★3[09/16]

    【反論できないから勝利宣言して逃亡w 【韓国】「植民地支配は嘘」~日本市民の発言にインタビューを中断したキム・グラ★3[09/16] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/04/14(日) 11:33:36.37 ID:CAP_USER
    no title

    ▲旭日模様あり
    no title

    ▲旭日模様なし

    日本メディアが戦犯旗論議に言及した。オリンピック・マルセイユは4月12日、守備選手・酒井宏樹(29)の誕生日を記念して公式SNSを通じてお祝いの挨拶と写真を掲載した。問題は背景だった。日本が第二次世界大戦当時使った戦犯旗が登場した。これは論議になり、マルセイユは戦犯模様を消した。

    日本の「ゴールドットコム」は13日、「マルセイユが12日、サカイの誕生日を祝った。ところが多くの人々がツイッターにアップされた写真の交替を要求した。これをフランス『レキップ』など多数のメディアが報道した」と明らかにした。

    同メディアは「背景には日本サッカー協会の象徴である三足カラス(ヤタガラス)と旭日旗を連想させる模様が入っていた。オンライン上でマルセイユが間違った旗を使った、と激しい抗議があった。中国、アジア全域に大きな打撃になった。結局、マルセイユが掲示物を削除した」と伝えた。

    「ゴールドットコム」はこの様な騒動を注目した。現在のマルセイユSNSの酒井の写真の背景から戦犯旗が抜けている。

    イ・ヒョンミン記者

    ソース:スポータルコリア(韓国語) 日メディア、「サカイ向かった旭日旗背景メッセージ、大きな論議」
    http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2019041307000760719

    関連記事:フットボールチャンネル<酒井宏樹への誕生祝いが炎上…旭日旗思わせるSNS画像をクラブが差し替え>
    https://www.footballchannel.jp/2019/04/13/post317543/

    引用元: ・【旭日旗】 マルセイユ酒井、誕生祝いの画像に戦犯旗模様で炎上→削除[04/13]

    【キ・ソンヨンの嘘から始まった事【旭日旗】 マルセイユ酒井、誕生祝いの画像に戦犯旗模様で炎上→削除[04/13] 】の続きを読む

    このページのトップヘ