まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:園長

    1: まるっとニュー 2020/08/01(土) 21:15:18.51 ID:CAP_USER
     韓国の自生植物園に突如として現れた「永遠の贖罪」像。この“少女像の前に安倍晋三首相がひざまずいて謝罪する姿の造形物”を設置し、日本の政府およびメディアから批判を浴びたのは金昌烈(キム・チャンリョル、71)園長だったが、彼の“もくろみ”がはっきりと見えてきた。その左翼活動歴と共に紹介する。

    ***

     現時点では見ることができなくなっているが、金園長が代表を務める江原道平昌に位置する民間施設「韓国自生植物園」のホームページには、「安倍謝罪像」を使った写真が“広報宣伝”用に使われていた。

     そこには、こんなメッセージもある。

    《2011年の火災で閉館し、9年ぶりに再び皆さんにお目にかかる》

    《ありがたくて感謝している》

    《新しい形の植物園を楽しんでほしい》

     何のことはない、閉館後に再開はしたものの、細々とでしかなかった植物園の再起のため、「安倍謝罪像」を利用した恰好なのだ。

     1999年6月に開園。2002年には山林庁から私立植物園第1号の認定を受けた自生植物園は、約3万坪の散策路に約500種の自生植物と約70種の希少植物、絶滅危惧植物などが展示されている。また、室内展示場と野外植物園などの施設も整っている。

     この植物園は2011年から現在まで“開店休館”状態で、理由は「経営難」のためだ。植物園が観光地として脚光を浴びると、政府機関や地方自治体が公共予算で大型植物園を建設し、自生植物園の観覧客が減り、赤字が深刻化したのだ。

     植物園側は赤字経営の代わりに長期間の休館を選択せざるを得なかった。「安倍謝罪像」論議が起こるまではとうに忘れられ、関心を全く集めていなかった民間植物園の一つ……。実際、この「自生植物園」に対する有意義な資料を探すことは難しい。そこで一念発起すべく自生植物園は「安倍謝罪像」を設置。議論が巻き起こり、結果として「無料広報効果」を最大限に享受しているわけだ。

    (中略)

     話を金園長に戻すと、当然ながら彼の「左翼運動に関する履歴」が注目されている。最終学歴は、高麗大学自然科学大学院修了で卒業した大学は確認できない。

     1949年生まれで、大学在学中の1970年代、朴正熙政権下、大統領緊急措置9号違反で3年間の獄中生活を送った。釈放後、その活動歴が災いして就職に失敗した園長は、農業に従事するなどし、現在の自生植物園をオープンした。

     文在寅(ムン・ジェイン、67)大統領が過去に大統領府民情首席を務めていた盧武鉉(ノ・ムヒョン、62没)元大統領は2008年7月21日、自生植物園を訪れ、杜松の木を植樹している。反日小説『太白山脈』を執筆したことで有名な小説家・趙廷来(チョ・ジョンネ、76)氏は「安倍謝罪像」を「永遠の贖罪」と命名。園長が「純粋な意図」で造形物を設置したのか、彼の左翼的思考が影響してのことなのか、簡単に判断がつく話だろう。

     事実、かつてのインタビューで、経営難でも自生植物園を完全閉園としない理由について、「趣味は植物園。多くの人が訪れる植物園を作ること以外にはできることは何もない」と明かしている。人が数多く訪ねてくるために反日カードを使ったのか、自身の念願である「日本へ戦争犯罪に対する真の謝罪と贖罪を望むもの」なのか、あるいはその両方なのか……。

    週刊新潮WEB取材班編集 8/1(土) 19:45
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c0b393b8cf69516831aeeab6325682f2c818f6e4

    引用元: ・【経営難】「安倍土下座像」を広報宣伝に使った植物園長…左翼活動歴と獄中生活 [08/01] [新種のホケモン★]

    【文とズブズブじゃないか やっぱりな 【経営難】「安倍土下座像」を広報宣伝に使った植物園長…左翼活動歴と獄中生活 [08/01] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/07/20(月) 18:49:45.08 ID:CAP_USER
    2019年12月から始まった外国人学校幼児教育施設への幼保無償化適用を求める「100万人署名」が、5月末時点で46万6876筆集まり、署名発起人らが6月15日、参議院議員会館で関係省庁に署名の一部を提出した。日本各地からも続々と署名が提出されている。

    署名は、安倍晋三・内閣総理大臣、衛藤晟一・内閣府特命担当大臣、萩生田光一・文部科学大臣、加藤勝信・厚生労働大臣宛てで、日本政府が幼保無償化制度の対象外とした朝鮮幼稚園をはじめとする外国人学校幼児教育施設への無償化適用を求めている。

    「幼保無償化を求める朝鮮幼稚園保護者連絡会」(以下、連絡会)の宋恵淑代表、朴洋子・埼玉朝鮮幼稚園園長らが署名と要望書を提出。水岡俊一参議院議員(立憲民主党)が同席し、内閣府、厚生労働省、文部科学省から計4人が対応した。

    朝鮮学校「無償化」排除に反対する連絡会など、署名発起人の8団体による要望書では、①各種学校も無償化対象と認め、朝鮮学校幼稚部のすべての園児たちの保育料を無償化すること、②当面、各種学校の幼児教育・保育施設を、幼児教育類似施設等の新たな支援対象として認めること―を求めている。

    要望の席上、宋恵淑・連絡会代表は、「制度は、すべての子どもの健やかな学びを支援すると謳っているのに、朝鮮幼稚園がなぜ除外されるのか。本当に悲しく思った。3歳の子どもから仲間はずれにされることは、子どもたちに説明できなかった」と吐露。「世論に訴えるために、集会やパレードを行い、朝鮮幼稚園や朝鮮学校がある地域はもちろん、ない地域からも署名がたくさん寄せられ心強かった。子ども・子育て支援法の基本理念、様々な学びを応援するという趣旨に立ち返り、朝鮮幼稚園を幼保無償化の対象として認めてほしい」と心情を伝えた。

    また宋代表は、幼保無償化の対象外となった幼児教育類似施設への支援を目的とした調査事業(5月22日に締切)について言及。「朝鮮幼稚園を含めた検討をし、適正で公正な審査を行い対象に含めてほしい」としつつ、調査事業自体について、「その自治体から施設に対して補助金が出ているかどうかという前提条件が課され、調査事業から外された地域もあった」と問題点を指摘した。調査事業には18の自治体が手上げしたが、第三者審査委員の審査を経て7月中旬まで選定される。

    朴洋子園長は、「差別される側が大きな声を出さないとダメなのですか」と悔しさをぶつけた。「どう考えても、(幼保無償化から)各種学校だけを除外したことに意図があると思いませんか。問題の本質がどこにあるか、あなたたちに考えてほしい。一筆一筆に込められた気持ちをくみ取って、制度を必ず適用してほしい」。

    月刊イオ
    https://www.io-web.net/2020/08/youhosyomeiteisyutu/

    引用元: ・【無償化要求】在日園長「差別される側が大きな声を出さないとダメなのですか」[7/20] [鴉★]

    【大きな声を出してもダメなものはダメです。 【無償化要求】在日園長「差別される側が大きな声を出さないとダメなのですか」[7/20] [鴉★]】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 09:04:26.52 ID:CAP_USER
    子供を踏んで殴って... 「人面獣心」保育園園長など懲役刑

    保育園で園長と保育師として働き、継続的に児童虐待を行った実の姉妹3人と彼らのいとこの弟嫁が懲役刑を宣告された。仁川地方裁判所刑事9単独グォン・ヒョクジュン判事は児童虐待犯罪の処罰などに関する特例法違反と暴行などの容疑で起訴された前保育士A(45?女)氏など実の姉妹2人に懲役2~3年を、これらのいとこの弟嫁の前保育士B(28)氏に懲役1年6ヶ月をそれぞれ宣告したと17日に明らかにした。

    また、児童福祉法違反と詐欺などの疑いで起訴されたA氏の妹であり、前保育園園長であるC氏(39)には懲役10ヶ月と罰金2千万ウォンと執行猶予2年を宣告した。

    A氏は、過去2015年12月から昨年7月まで仁川市西区のアパート内保育園で1~3歳の子供11人を殴ったり足で蹴るなど40回余り虐待した疑いを受けている。

    A氏の妹、いとこの弟嫁も同じ保育園で保育士として働き、1歳の子供の太ももを足で踏んだり、髪をつかんで床に伏せるなど児童2~4人を10数回暴行した疑いを受けた。

    彼らは保育園でうつ伏せの3歳の子供の枕を蹴ったり、携帯電話の角を頭に打ち下ろし、おしっこを漏らす子供の頬を平手打ちした。

    また、児童のすねを蹴ったり、ご飯を与えずに昼食を抜かす場合もあった。

    園長C氏の場合、妹に借りた資格で保育園を運営し、園生を虚偽で登録、3000万ウォンの補助金を横領したことが分かった。

    グォン判事は「被告人が皆初犯であり、C氏が被害児童のために5900万ウォンを供託したが、犯行の経緯などを見ると、非難を受けて当然だ」と判断した。

    グォン判事は引き続き「繰り返し被害児童を踏んだり、殴ってご飯もまともに与えないなど、継続的な虐待をして罪質が非常に良好ではない」、「被害者たちはまだ心的外傷後ストレス障害で治療を受けるなど、深刻な精神的苦痛を受けた点も考慮した」と量刑理由を明らかにした。

    ソース:ノーカットニュース 2017-02-17 13:52(機械翻訳)
    http://m.nocutnews.co.kr/news/4735551

    引用元: ・【韓国】子供を踏んで殴る、補助金を横領…「人面獣心」の保育園園長などに懲役刑[02/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【獣はこんなマネしないぞ】子供を踏んで殴る、補助金を横領…「人面獣心」の保育園園長3姉妹といとこの弟嫁】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/14(水) 20:09:34.44 ID:CAP_USER
    2016年9月11日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国で園児らにカビの生えたキムチなどを食べさせていた私立幼稚園が複数摘発された。

    水原地検安養支庁は同日、安養・義王・果川など管轄地域内で園児100人以上の私立幼稚園62カ所を今年6月に検査した結果、食品衛生法違反などの容疑で園長42人、栄養士16人など合わせて62人を立件したと明らかにした。
    また、幼稚園15カ所に行政処分を下すよう該当教育支援庁に通告した。

    このうちA幼稚園は、カビが生えたキムチのカビ部分のみを取り除いて園児らに出していたほか、消費期限が1カ月も過ぎた牛肉を使ってキノコがゆを調理、園児らに食べさせていた。
    また、腐敗した材料や食べ残しの料理を保管し摘発された例や、専門の栄養士を雇用していない幼稚園もあった。

    B幼稚園の園長は、昨年1月から今年7月までの給食支援金3200万ウォン(約290万円)を横領した詐欺などの疑いで立件された。

    今回検査が行われた地域はソウルのベッドタウンとして知られ、未就学児童を持つ30?40代が多く暮らしている。そのため幼稚園需要が高く、近隣地域に比べ私立幼稚園の割合が高い。

    この報道に韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

    「もう驚きもしない。金に目がないやつらめ!」
    「幼稚園はただの企業。金になるなら何でもやる」
    「62カ所を調べて園長42人が立件って…。残りの20人は運が良かったと言うべきか」
    「法律が甘過ぎる」

    「僕はナ・ヒャンウクの発言(韓国教育部の元高官。『民衆は犬や豚』と発言した)は当たってると思う。われらがヒャンウクを批判したやつらは反省しろ」
    「本当に頭に来る。どこの幼稚園なのかリストを公開してくれ」
    「すべての幼稚園を調べるべき」

    「日本に住んでいるけど、子どもが食べるものについてこんなニュースは聞いたこともない。韓国は昔も今も同じだな」
    「支援金ではなく、国が直接管理して食品を支給すべきだ。金で渡したら駄目だよ」
    「ごみで育ってごみのように生きるのか…」(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/a150222.html

    引用元: ・【韓国】幼稚園給食にカビの生えたキムチ、園長ら大量摘発=韓国ネット「ごみで育ってごみのように生きるのか…」[9/14]©2ch.net

    【【韓国】複数の幼稚園で給食にカビの生えたキムチ、園長ら大量摘発。】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/05/25(水) 12:51:16.43 ID:CAP_USER
    2016年5月23日、韓国・仁川にある保育園で、園長が3歳の園児を虐待する様子が映った動画が公開され、ネットユーザーから批判の声が相次いでいる。

    動画には、園長の女性が園児を激しく叱り、首をつかんで持ち上げる様子や、園児の手やお尻を強くたたく様子が映っている。

    入浴中に子どものお尻や太ももにあざを発見した両親が警察に通報し、園長は児童福祉法違反の疑いで逮捕された。

    動画を見たネットユーザーからは「鳥肌が立った」「衝撃的。園長には厳しい罰を与えてほしい」「やっぱり子どもは親が育てるべき」などのコメントが寄せられた。

    Record china 配信日時:2016年5月25日(翻訳・編集/堂本)
    http://www.recordchina.co.jp/a139411.html
    no title

    https://youtu.be/fdml0xKfrcw


    引用元: ・【児童虐待】園児をたたいて首を絞める…韓国の保育園園長の虐待動画に衝撃[5/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国でまたも幼児虐待。今度は保育園園長】の続きを読む

    このページのトップヘ