まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:在日

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/30(月) 10:51:39.33 ID:CAP_USER
    釜山(プサン)南部警察署は30日、恐喝と詐欺嫌疑で在日僑胞(在日コリアン)である4A容疑者(40代・男)を拘束したと明らかにした。

    警察によればA容疑者は6月15日の午後10時39分、釜山 海雲台区(ヘウンデグ)にある某遊興酒店で仲間2人と一緒に酒を飲んだ。

    店主が飲み代の支払いを請求すると、A容疑者はすぐさま日本のヤクジャ(ヤクザ)のふりをしてグラスを床に投げ、乱暴を振るって飲み代240万ウォンを支払わなかった。

    A容疑者はこのような手口で4回にわたり、釜山の遊興酒店などで飲み代460万ウォンを支払わず、200万ウォンを借りて返さない容疑を受けてると警察は伝えた。

    ソース:NAVER/韓国経済TV(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=215&aid=0000666590

    引用元: ・【韓国】在日コリアン、ヤクジャ(ヤクザ)のふりをして飲み代を支払わず(釜山)[07/30]

    【【韓国】在日コリアン、ヤクジャ(ヤクザ)のふりをして飲み代を支払わず(釜山)[07/30] 】の続きを読む

    1: きゅう ★ 2018/08/17(金) 14:00:27.80 ID:CAP_USER
    【平壌8月16日発朝鮮中央通信】報道によると、南朝鮮の「わが学校とわが子どもたちを守る市民の会」が10日、ソウルで在日朝鮮人に対する日本当局の弾圧を糾弾する国際宣言発表のための記者会見を開いた。

    各発言者は、日本政府が過去の植民地支配に対する謝罪と反省どころか、いまだに在日同胞に差別政策を実施していると糾弾した。

    高校支援制度適用の対象から唯一、朝鮮学校だけを排除している日本の排他的行為に憤怒を禁じ得ないと絶叫した。

    彼らは、今回の国際宣言に1110人の世界の平和愛好人民と在米、在ドイツ、在オーストラリア同胞が参加したと述べ、今後、日本が朝鮮学校を支援制度適用の対象に含める時まで引き続き闘っていくと言明した。

    記者会見では、「在日同胞と朝鮮学校を弾圧する安倍政権糾弾国際宣言」が発表された。

    宣言は、日本政府が1948年に在日同胞の民族教育を大々的に弾圧したあげく、幼い少年を虐殺した時から70年になるこんにちまで弾圧を続けていると糾弾した。

    祖国を訪問して帰った在日朝鮮学校生徒らの記念品まで押収した日本税関当局の罪科について明らかにし、禁止品目でない個人の物品まで奪う反人権的行為に驚愕(きょうがく)を禁じ得ないと指摘した。

    朝鮮学校は日本の植民地支配の時期、強制的に日本に連れて行かれた同胞たちが設立した民族教育機関として当然、日本政府から保護を受ける権利があると主張した。

    宣言は、同胞の権利のために最後まで連帯闘争を展開していくとし、植民地支配に対する謝罪、北に対する敵視・制裁政策撤回、在日同胞に対する弾圧の中止、在日朝鮮学校に対する支援制度適用を日本当局に求めた。---

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

    引用元: ・【北朝鮮】南鮮の団体が在日鮮人に対する日本の弾圧を糾弾 [08/16]

    【【北朝鮮】南鮮の団体が在日鮮人に対する日本の弾圧を糾弾 [08/16] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2018/05/20(日) 22:12:08.38 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2018年5月20日 21時53分 (2018年5月20日 22時03分 更新)
    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180520/Recordchina_20180520021.html

    2018年5月16日、華字紙・日本新華僑報は、公益財団法人ひろしま国際センター(広島市中区)が無料で行う「医療通訳サポーター養成研修」に、中国人の業界関係者から「この先、こうした人材に対する需要は増える」との指摘が出たことを伝えた。

    同センターの公式ウェブサイトによると、広島県で暮らす外国人の数は年々増加しており、現在は約4万7000人。病院を受診する人も増えているが、言葉の壁が問題になっているという。

    こうした問題の解決に向け昨年度から始めたのが医療現場で通訳を担うサポーターの養成で、今年度は中国語、スペイン語、タガログ語、ベトナム語が対象言語となる。

    記事は「在日外国人の医療機関受診は日本社会が関心を寄せる大きな問題」とした上でこの取り組みを紹介し、患者の家族や友人による通訳では難しい専門用語を省略したり、患者に配慮して深刻な病状をはっきりと伝えなかったりという問題があることを説明。

    医療通訳サービスを提供する企業で働く中国人女性からは「現在、中国語の医療通訳は主に日中両国の言葉を理解し、医療知識を持つ在日中国人によって行われている。

    日本ではこの先、医療通訳人材の需要がさらに高まるはず」「健康診断や診察のためにわざわざ日本を訪れる中国人が増えている

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【在日】在日外国人の医療機関受診をサポート、広島での取り組みに華字紙が注目

    【【在日】在日外国人の医療機関受診をサポート、広島での取り組みに華字紙が注目 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/05/28(月) 02:40:37.93 ID:CAP_USER
     この春、韓国と北朝鮮による首脳会談が11年ぶりに開かれるなど、朝鮮半島を巡る情勢が大きく動いている。
    米朝関係は流動的だが、一帯に平和を定着させ、前向きな未来像を描くために、私たちはどう臨めばいいのだろう。
    祖国分断に対する抵抗運動に関わって日本に逃れ、在日コリアン、そして同じ社会に暮らす日本人が果たし得る
    役割を発信し続けてきた詩人の金時鐘(キムシジョン)さんを訪ねた。(新開真理)

     -南北首脳会談が実現し、非核化への一歩が踏み出されました。

     「共同宣言を聞いて、こみ上げた。でも日本の世論やメディアは『北に乗せられている』という論調が目立つね。
    分断の悲劇を半世紀以上抱えてきた同族同士が融和を図ろうというのに、拍手はしないまでも、そしるのはどうか。
    日本の人はみんな気立てが優しくて折り目正しくて。でもほんっとに(近現代史を)知らない。南北分断に、
    かつての植民地統治が深く関わっていることぐらいは知らなくちゃならんわな」

     「僕は北の体制を容認できないし、拉致問題は決して許せない。それでも核開発に関する限り、北が常に挑発し、
    約束を破ってきたという見方は是正する必要があるよね。米韓合同の大規模軍事演習を境界線ぎりぎりで延々やられたら、
    身構えざるを得ない。北は、朝鮮戦争の休戦協定を平和協定に転換することを何度も提起してきたが、米国は応じてこなかった」

     -時を同じくして、自身の全集(12巻)刊行が始まりました。

     「記憶にないものまで拾い集められて、出版が立ち消えになった『日本風土記2』の原稿も大半がそろって。
    晴れがまし過ぎるけど、僕の生の痕跡が一本の縄でつながったのかな、と…」

     「日本による植民地統治は36年に及んだが、それが人間をどのように変えるのか、ほとんど関心が持たれていない。
    僕は標本みたいなもの。自分の国の言葉も文字も知らなかった。創氏改名で名前も金谷光原(かなやみつはら)に。
    心の芯まで日本語で育っちゃったんだね。若い世代に知らすことができるものはあるんだろうなと思っている」
    (以下ソースで)

    神戸新聞
    https://kobe-np.co.jp/news/sougou/201805/0011297636.shtml

    引用元: ・【在日】詩人のキムさん「日本人は歴史を知らない。南北分断に植民地統治が深く関わっている事ぐらいは知らなくちゃならんわな」[05/28]

    【【在日】詩人のキムさん「日本人は歴史を知らない。南北分断に植民地統治が深く関わっている事ぐらいは知らなくちゃならんわな」[05/28] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/23(水) 15:44:17.46 ID:CAP_USER
    5/23(水) 14:03配信
    聯合ニュース

    母国の歴史・文化を体験 在日同胞の小学生が韓国訪問へ

    「2018在日同胞オリニジャンボリー」のポスター(民団ホームページより)=(聯合ニュース)

    【ソウル聯合ニュース】在日本大韓民国民団(民団)は23日、在日同胞の子どもたちが韓国の歴史と文化を体験し、アイデンティティーを育む「2018在日同胞オリニ(子ども)ジャンボリー」を開催すると伝えた。

     7月28日から4泊5日の日程で行われるこの研修プログラムには、日本全国から小学4~6年生の約500人が参加する。

     参加者は韓国滞在中に在日同胞の歴史と韓国の発展に関する講義を聞き、現地の小学校を訪問して韓国の子どもたちと交流活動を行う。このほかソウルの名所や遺跡を巡り、オリンピック記念館も見学する。

     民団の呂健二(ヨ・ゴンイ)団長は「在日同胞社会の未来をリードする子どもたちに、母国に対する帰属感と民族愛を持たせるために準備した研修だ」と話す。

     参加申し込みは民団の各支部・地方本部やホームページ(http://mindan.org)で6月8日まで受け付けている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000053-yonh-kr

    引用元: ・【話題】在日の小学生が韓国訪問へ 母国に対する帰属感と民族愛を持たせるため

    【【話題】在日の小学生が韓国訪問へ 母国に対する帰属感と民族愛を持たせるため 】の続きを読む

    このページのトップヘ