まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:在日

    1: まるっとニュー 2020/09/05(土) 09:43:18.02 ID:CAP_USER
    2012年、黒人男性が射殺された事件をきっかけに、翌年始まったBlack Lives Matter(以下、BLM)運動は、今年5月、白人警官によって黒人男性が殺された事件を機に世界的な運動に発展した。

    黒人奴隷の歴史と今に続く米国の制度的人種差別に抵抗する運動だ。

    日本でこれに相当するのが在日朝鮮人への民族差別と、それに対する闘いであるとの認識の下、米国における黒人差別と在日朝鮮人差別を考えるオンラインイベントが8月29、30日の両日、開催された。

    「『日本には人種差別がないから関係ない』ってホント??#BlackLivesMatterと在日朝鮮人差別から考える」と題した企画では、映画上映と当事者のライブトークを通じて日本における人種差別、民族差別を問い直した。


    2020.09.04 (10:08)
    https://www.chosonsinbo.com/jp/2020/09/04suk01/

    引用元: ・【日本】 黒人差別と在日朝鮮人差別を考える/映画とライブトーク [09/05] [荒波φ★]

    【半島の日本人差別はスルーかよw 【日本】 黒人差別と在日朝鮮人差別を考える/映画とライブトーク [09/05] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/08/31(月) 11:58:44.90 ID:CAP_USER
     新型コロナウイルスが猛威をふるい始めたころ、休業要請に応じないパチンコ店が槍玉に上がり、最悪の感染源が放置されているかのように非難された。

     しかし今では、マスクをし、喋らない場である以上、パチンコ店内の感染リスクは高くないことが実証されている。

     なぜパチンコ店は、理不尽な総スカンを食らわなければならなかったのか。この大河小説を読めば、その理由がよくわかるだろう。パチンコ業で成功をつかむ、在日コリアン一族四世代の年代記から見えてくるのは、百年にわたる日本の朝鮮人差別の歴史だから。

     とにかく波乱万丈、苦難と不幸を全部盛りにした物語が、熱を帯びてドライブのかかった語りで、ぐいぐいと進んでいく。アメリカでドラマ化されるそうだが、私はすでにそのドラマを見たように錯覚するほど、この小説は読む者を強烈にその世界に引きずり込む。

     特定の主人公はいない。しいて言えば、日本の植民地になったばかりの釜山で誕生した女性キム・ソンジャということになるが、ソンジャに関わるほぼすべての人たちの内面が、それぞれの立場から丁寧に描かれる。どんな善人もどんな悪人も、どんな出自の人も、小説内では優劣をつけられたり断罪されたりしない。ここが、この小説の提示する最も重要な価値だ。

     というのも、登場する在日コリアンたちが苦しむのは、常に日本社会から「人として価値の低い、不潔で危険で屈辱的な仕事しかできない民族」と決めつけられるからだ。

     ソンジャの長男は真面目な努力家で、「好ましい在日コリアン」であろうと勉学に励んだものの、出自の件で心を砕かれ、弟と同じパチンコ業界に身を投じる。「やくざの血が流れてると、どうしたってそれに支配される」という虚無から、悲劇に突き進んでいく。

     出自や血で人格を判断する、そんな目線を拒み、自らは決めつける態度は取らない、というのが、小説の姿勢なのである。

     一家の四代目の青年は、友人の日本人を思いながら、「たとえ百人の悪い日本人がいても、よい日本人が一人でもいるのなら、十把一絡げの結論は出したくない」と考えるに至る。

     押し寄せる苦難の数々は、在日コリアンの多くが味わわされてきた苦しみの、最大公約数かもしれない。幼くしてアメリカに移住した在米コリアンの著者は、膨大な取材を重ねて、同胞の心を知ろうと努めたという。在日コリアンの歴史がねじ曲げられ、ヘイトスピーチが横行する今の日本社会を生きる私たちのために、この作品は差し出された(できれば、朝鮮籍の説明などの曖昧な記述には、正確な註がほしい気もした)。

     本書に感じるところのあった読者は、ぜひとも在日コリアンの書く多様な文学も読んでほしい。矛盾するリアルな声が、そこに響いているから。

    Min Jin Lee/韓国ソウル生まれ。1976年に家族と共にニューヨークに移住。イエール大、ジョージタウン大ロースクールを経て弁護士に。2007年『Free Food for Millionaires』がイギリスのタイムズ紙で同年のベスト10に選ばれた。本書は第二作。

    ほしのともゆき/1965年、米ロサンゼルス生まれ。作家。著書に『俺俺』『夜は終わらない』『呪文』『焔』など。

    星野 智幸/週刊文春 2020年9月3日号
    文春オンライン 8/31(月) 11:01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d5bc1044b628860cdd6f0685b74e91b3d0f05ac

    引用元: ・【在日】なぜパチンコ店は“総スカン”を食らわなければならなかったのか 価値の低い不潔で危険で屈辱的な仕事しかできない民族 [08/31] [新種のホケモン★]

    【無くなっても問題無いだろ 【在日】なぜパチンコ店は“総スカン”を食らわなければならなかったのか 価値の低い不潔で危険で屈辱的な仕事しかできない民族 [08/31] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/08/29(土) 15:24:03.29 ID:CAP_USER
     連続在職日数が憲政史上最長となってわずか4日後、安倍晋三首相が持病の悪化を理由に辞意を表明した。新型コロナウイルス感染拡大の渦中に、第1次政権時に続く突然の幕引き。神奈川県民からは驚きやねぎらいの声がある一方、実感のない経済対策や排外主義の横行などに対する苦言が相次いだ。

     「持病ならば仕方がない。ただ…」。真鶴町のパート女性(49)は首相の体調を気遣いつつも注文をつける。「『働き方改革』と言うのであれば、まずは首相の負担を分散する仕組みを整えるべきだったのでは」

     コロナ禍のさなか。クラスター(感染者集団)が発生した病院の看護師は「対策に追われているこの時期の辞任は驚いた」と話す。院内感染が一時広がり、「自分が感染源になるのでは、と不安に押しつぶされそうだった」と振り返り、「緊張を強いられる職場で、使命感だけで続けてきた。政治の空白を作らないでほしい」と訴える。

     川崎市中原区で超精密加工を行う三和クリエーションの手塚健一郎社長(55)は昨秋の台風19号での浸水被害に加え、コロナ禍で深刻な打撃に見舞われる。「苦しむ中小企業への効果的な施策は何もなく、具体的なコロナ対策もないまま。最後まで国会を開かず、国民の声を聞くことなく辞めるのはどうなのか」

     台風による被害額は3億5千万円を超え、感染拡大の影響で取引先からの受注が激減。先行きは見通せない。周囲には廃業を検討している会社もあるといい、「こうも突然辞められては次のトップも期待できない」と嘆息した。

     県内の朝鮮学校に子どもを通わせている在日コリアン2世の母親(50)は「無償化制度から排除されるなど、朝鮮学校は公的な差別によっていじめ倒された。政権を永らえさせるために子どもたちを攻撃の的としてさらしたことは許せない」と断じる。

     拉致問題の解決も北朝鮮との関係改善もなされないまま、無策との批判をかわすために朝鮮学校への差別政策が繰り返されたと感じる。「官製ヘイト」は差別主義者ら「民間」のへイトスピーチも後押しし、「朝鮮人差別が当たり前の優しくない社会になってしまった。これ以上ひどい首相はいないと信じたい。退陣を機に、安倍政権の負の側面を見詰める日本社会であってほしい」と、悔しさとやるせなさを募らせた。

    神奈川新聞社
    カナロコ by 神奈川新聞 8/29(土) 0:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5845125d32d53eaaacaaa33a62c4c0ca92d4c893

    ※前スレ
    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1598659417/
    ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1598666821/
    ★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1598672660/

    引用元: ・【神奈川新聞】安倍首相辞意表明「これ以上ひどい首相いない、許せない(在日コリアン2世)」 市民に広がる衝撃、嘆息、苦言★4 [08/29] [新種のホケモン★]

    【歴代最高の首相ということか 【神奈川新聞】安倍首相辞意表明「これ以上ひどい首相いない、許せない(在日コリアン2世)」 市民に広がる衝撃、嘆息、苦言★4 [08/29] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/08/22(土) 19:23:04.10 ID:CAP_USER
    ネット上のヘイトスピーチを巡り、ツイッターの書き込みが差別的だとして川崎市に対応を求める方針を決めた市の「差別防止対策等審査会」。ツイッターで標的にされた市内在住の在日コリアン崔江以子さんは二十一日、市役所で会見し、「一日も早い削除のために要請した。対応が追いついていない」と不満を述べた。(大平樹)

     審査会は七月の初会合に続いて二回目。崔さんが代理人の師岡康子弁護士を通じて、市にツイッター上の差別書き込み約三百件を訴えたのは五月だったという。三カ月以上たっても状況は変わらず、市が削除要請などに動くのは九~十月の次回会合以降となることに「書き込みは今もリツイートされ、世界中どこからでも見られる状況」と嘆いた。

     同席した師岡弁護士は、「ネットの差別はすぐに消すのが一番の救済方法だ」と訴えた。審査会の開催頻度や、審査会に諮問されたのが三百件のうち九件にとどまることについて「正直がっかりした。崔さんを狙った書き込みはネット上のリンチとも言える。市が削除要請してくれることに期待したが、結論としては何も動いていない」といらだちを隠さなかった。

     この会合後、審査会長の吉戒修一元東京高裁長官は報道陣に「ツイッターで表現する人もいろいろなことを考えて表現している。差別的言動に当たるかどうか判断するのは難しい」とした上で、「ネットでの被害者が個別に法的救済を求めるのは負担がある。公的な自治体が支えるのは大きなことだ」と話した。

     市人権・男女共同参画室の担当者は、次回会合まで一カ月以上空く理由を、市議会定例会の会期や委員五人の日程調整のためとしている。この日の二回目会合は、棟居快行・専修大学法科大学院教授が体調不良で欠席した。

    東京新聞 2020年8月22日 07時15分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/50397?rct=kanagawa

    https://i.imgur.com/s5qhVVN.jpg
    審査会のスピード感に不満を述べる崔さん(左)=市役所で

    https://i.imgur.com/DepX0Tf.jpg
    会合後に取材に応じる吉戒会長=市役所で

    本スレ
    【川崎条例】ツイッター2件も川崎市の対応必要 ヘイトスピーチ審査会[08/22] [Ikh★]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1598065750/

    引用元: ・【東京新聞】ネットヘイト削除要請 川崎市審査会に在日コリアンの被害女性不満「対応追いついてない」[8/22] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【自分への非難を削除したいだけ【東京新聞】ネットヘイト削除要請 川崎市審査会に在日コリアンの被害女性不満「対応追いついてない」[8/22] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/07/25(土) 22:52:45.40 ID:CAP_USER
     「誰でも旅人、迷い人」。在日コリアン2世で、ゲイであることを公表している岐阜市のシャンソン歌手今里哲さん(68)の歌に、観客は心を動かされる。差別や偏見を乗り越え「苦しんでいる人を歌で慰める」との使命感がシャンソンを通じて伝わるからだ。今里さんは「寂しくない人間はいない。相手を思いやる愛を持とう」と全国各地で歌い続ける。

     大阪市生野区で7人きょうだいの末っ子として生まれ、生活苦と差別に向き合いながら育った。小学校入学前に父親の会社が倒産。小学生になると新聞配達で家計を助けるようになり、高校は自分で学費を稼いで通った。

     小さい頃に「朝鮮人」と石を投げられる経験もした。一番悔しかったのは、高校で成績が常にトップだったにもかかわらず、就職先がなかなか決まらなかったことだ。主な要因はやはり「在日」だった。

     初めて自分がゲイであると自覚したのは18歳の時。横浜市のコンピューター会社に入社し、研修中に同僚の男性に恋心を抱いたのがきっかけだった。まだ性的少数者への偏見が根強い時代。「在日2世でゲイの自分は一体何者なのだろうか」と思い悩んだ。

     だが約2年後、「心にうそはつけない」と自分らしく生きると決意した。大学への進学を決め、それまで名乗っていた「国田哲夫」という通名を捨てて本名の「鄭哲」で岐阜大に入学。在学中、アルバイト先のスナックで少年時代から好きだった歌を披露するうちに、プロを目指そうと決めた。

     1987年にデビュー。得意のおしゃべりと、自身の経験からくる怒りや哀愁が漂う歌声が評判となり、全国からコンサートのオファーが来るようになった。2007年には母校である大阪市の高校の校歌も作詞した。「人生は巡り合わせで、挫折がなかったら今の私はない」と振り返る。

     現在は、岐阜市で経営する「シャンソン古城里」で定期的にコンサートを開き、シャンソン教室を主宰している。デビューから33年。「人生は自分で決めるもの。何でも楽しまなきゃ」

    https://mainichi.jp/articles/20200725/ddl/k21/040/104000c

    引用元: ・【社会】シャンソン歌手の在日コリアン「在日2世でゲイの自分は一体何者なのだろうか」[7/25] [鴉★]

    【日本、関係ないよね? 【社会】シャンソン歌手の在日コリアン「在日2世でゲイの自分は一体何者なのだろうか」[7/25] [鴉★]】の続きを読む

    このページのトップヘ