まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:在日

    1: シャチ ★ 2018/05/28(月) 02:40:37.93 ID:CAP_USER
     この春、韓国と北朝鮮による首脳会談が11年ぶりに開かれるなど、朝鮮半島を巡る情勢が大きく動いている。
    米朝関係は流動的だが、一帯に平和を定着させ、前向きな未来像を描くために、私たちはどう臨めばいいのだろう。
    祖国分断に対する抵抗運動に関わって日本に逃れ、在日コリアン、そして同じ社会に暮らす日本人が果たし得る
    役割を発信し続けてきた詩人の金時鐘(キムシジョン)さんを訪ねた。(新開真理)

     -南北首脳会談が実現し、非核化への一歩が踏み出されました。

     「共同宣言を聞いて、こみ上げた。でも日本の世論やメディアは『北に乗せられている』という論調が目立つね。
    分断の悲劇を半世紀以上抱えてきた同族同士が融和を図ろうというのに、拍手はしないまでも、そしるのはどうか。
    日本の人はみんな気立てが優しくて折り目正しくて。でもほんっとに(近現代史を)知らない。南北分断に、
    かつての植民地統治が深く関わっていることぐらいは知らなくちゃならんわな」

     「僕は北の体制を容認できないし、拉致問題は決して許せない。それでも核開発に関する限り、北が常に挑発し、
    約束を破ってきたという見方は是正する必要があるよね。米韓合同の大規模軍事演習を境界線ぎりぎりで延々やられたら、
    身構えざるを得ない。北は、朝鮮戦争の休戦協定を平和協定に転換することを何度も提起してきたが、米国は応じてこなかった」

     -時を同じくして、自身の全集(12巻)刊行が始まりました。

     「記憶にないものまで拾い集められて、出版が立ち消えになった『日本風土記2』の原稿も大半がそろって。
    晴れがまし過ぎるけど、僕の生の痕跡が一本の縄でつながったのかな、と…」

     「日本による植民地統治は36年に及んだが、それが人間をどのように変えるのか、ほとんど関心が持たれていない。
    僕は標本みたいなもの。自分の国の言葉も文字も知らなかった。創氏改名で名前も金谷光原(かなやみつはら)に。
    心の芯まで日本語で育っちゃったんだね。若い世代に知らすことができるものはあるんだろうなと思っている」
    (以下ソースで)

    神戸新聞
    https://kobe-np.co.jp/news/sougou/201805/0011297636.shtml

    引用元: ・【在日】詩人のキムさん「日本人は歴史を知らない。南北分断に植民地統治が深く関わっている事ぐらいは知らなくちゃならんわな」[05/28]

    【【在日】詩人のキムさん「日本人は歴史を知らない。南北分断に植民地統治が深く関わっている事ぐらいは知らなくちゃならんわな」[05/28] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/23(水) 15:44:17.46 ID:CAP_USER
    5/23(水) 14:03配信
    聯合ニュース

    母国の歴史・文化を体験 在日同胞の小学生が韓国訪問へ

    「2018在日同胞オリニジャンボリー」のポスター(民団ホームページより)=(聯合ニュース)

    【ソウル聯合ニュース】在日本大韓民国民団(民団)は23日、在日同胞の子どもたちが韓国の歴史と文化を体験し、アイデンティティーを育む「2018在日同胞オリニ(子ども)ジャンボリー」を開催すると伝えた。

     7月28日から4泊5日の日程で行われるこの研修プログラムには、日本全国から小学4~6年生の約500人が参加する。

     参加者は韓国滞在中に在日同胞の歴史と韓国の発展に関する講義を聞き、現地の小学校を訪問して韓国の子どもたちと交流活動を行う。このほかソウルの名所や遺跡を巡り、オリンピック記念館も見学する。

     民団の呂健二(ヨ・ゴンイ)団長は「在日同胞社会の未来をリードする子どもたちに、母国に対する帰属感と民族愛を持たせるために準備した研修だ」と話す。

     参加申し込みは民団の各支部・地方本部やホームページ(http://mindan.org)で6月8日まで受け付けている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000053-yonh-kr

    引用元: ・【話題】在日の小学生が韓国訪問へ 母国に対する帰属感と民族愛を持たせるため

    【【話題】在日の小学生が韓国訪問へ 母国に対する帰属感と民族愛を持たせるため 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/05/08(火) 11:42:24.46 ID:CAP_USER9
    ◆元交際相手の部屋に侵入、中国籍の阪大院生逮捕

    兵庫県警東灘署は7日、住居侵入の疑いで、中国籍で大阪大学大学院生の男(23)=大阪府箕面市=を現行犯逮捕した。
    逮捕容疑は同日午後9時55分ごろ、女子大学生(22)が住む神戸市東灘区のマンションの部屋に侵入した疑い。
    調べに対し、容疑を認めているという。

    同署によると、女子大学生は男の元交際相手。
    女子大学生は男の来訪を拒んだが、鍵がかかっていなかったドアを開けて部屋に入ってきたため、現場にいた大学生の知人男性が110番したという。

    神戸新聞NEXT 2018/5/8 08:05
    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201805/0011235311.shtml

    引用元: ・【在日中国人犯罪】元交際相手の部屋に侵入、中国籍の阪大院生逮捕/兵庫・東灘

    【【在日中国人犯罪】元交際相手の部屋に侵入、中国籍の阪大院生逮捕/兵庫・東灘 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/03(火) 07:16:46.80 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b588920-s0-c30.html

    2018年3月30日、華字メディア・日本新華僑報網は、2020年に開催される東京五輪のボランティアに在日中国人が積極的に参加を希望していると伝えた。

    28日、東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都はボランティアの募集計画を発表。大会ボランティア約8万人、都市ボランティア約3万人の、計約11万人のボランティアを募集する予定だという。年齢は18歳以上で上限はなし。今年7月に正式な募集要項を発表し、9月中旬~12月上旬にネットで志願者を募集するという。

    記事によると、在日中国人も大会ボランティアに興味を示しているそうで、留学生の劉健(リウ・ジエン)さんは、「2020年の五輪の時には、私は大学院生になっていると思う。中国語、日本語、英語ができるので、世界の半分の旅行者に対応できる。日本に来るのは中国人観光客が一番多いので、同胞のサポートができることにも期待している」と語った。劉さんによると、「周りのクラスメートもみんな一緒にボランティアに参加する予定」とのことだ。(翻訳・編集/北田)

    引用元: ・【国内】東京五輪のボランティアはお任せ!?在日中国人が積極参加の意向[04/03]

    【【国内】東京五輪のボランティアはお任せ!?在日中国人が積極参加の意向[04/03] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2018/03/24(土) 08:58:35.37 ID:CAP_USER
    ■ パチンコ 1・2巻
    ■ イ・ミンジン著/イ・ミンジョン訳/文学思想/368P(1巻)、400P(2巻)/各15000ウォン

    (写真)
    no title

    ▲ 在日3世の崔江以子さんが2016年6月、川崎で行われた日本右翼の嫌韓デモに対抗して抗議発言をして涙を流している。
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    線の外にいる事はそれだけで脅威である。日帝強占期の朝鮮人は線の外にいた。解放後も日本という地では変わらない事実だった。<パチンコ>は差別を受ける在日同胞(チャイニチ)の凄まじい人生を記録した小説で、昨年全米図書賞(National Book Awards)の最終候補作に上がるなど、アメリカの文学界で大きな話題を集めた。

    韓国系1.5世のアメリカの作家イ・ミンジン(Min Jin Lee=50歳)は大学生だった1989年、改新敎(プロテスタント)の宣教師を通じて在日同胞が受ける差別について初めて接した。それから約30年。 『日本で暮らす朝鮮人の生活の大半が軽視され、否定され、消されているという話を文章にしなければならないという固執した(作家の)信念』は変わらず、2冊の長編小説が誕生した。

    小説は日帝強占期から1980年代後半まで、一家族の生活を4代にわたって追いかける。釜山(プサン)影島(ヨンド)に住んでいたフンイとヤンジン。三つ口(口唇裂)で足が不自由だったフンイと貧乏なせいで彼に嫁いだヤンジンは、数回の流産の末にスンジャを産む。
    (写真)
    no title


    『正常』に生まれたスンジャは親からの愛を受けて育ったが、16歳でヤクジャ(ヤクザ)だった30代中ばの生鮮仲買商、コ・ハンスと恋に落ちて妊娠する。コ・ハンスは既婚男性で、彼の『妾』になる事を拒否したスンジャは、若い牧師のパク・イサクと結婚して日本の大阪に移る。

    物語はスンジャがハンスの血筋であるノアとイサクの血筋であるモジャスなど2人の息子を育て、モジャスの息子ソロモンが大人になるまで続く。時が流れて戦争が終わり、貧乏も徐々に彼らの生活から消えた。名門大学である早稲田大学に進学して英文学を勉強したノアは、自分の後援者だったコ・ハンスが父親でありヤクジャ(ヤクザ)だった事実に衝撃を受けて家族から離れる。日本人になりたかったノアは朝鮮人という正体を隠したままパチンコ店で働き、最終的に自殺をして命を絶つ。モジャスはパチンコ事業で成功するが、主流になる事はできなかった。アメリカ留学までしたソロモンは銀行に就職したが利用だけされて解雇され、モジャスのパチンコ事業を受け継ぐ事にした。

    『パチンコは運命が分からない賭博という点で、在日同胞の人生を象徴する良い隠喩(ソウル大学=キム・ソンゴン名誉教授)』である。在日同胞はパチンコとヤクジャ(ヤクザ)に関与した。朝鮮人は他の仕事を求められなかった。高等教育を受けた朝鮮人も同様だった。パチンコとヤクジャ(ヤクザ)は暴力的イメージを帯びる。パチンコ事業をして正当な税金を払って寄付をしても、そのイメージは排除の理由になった。

    7歳時からアメリカで育った著者は、イェール大学の歴史学科を出てジョージタウン大学のロースクールを卒業した後、企業弁護士として活動した。韓人(コリアン)移民社会の成功モデルでもあった著者は2004年に短編『幸せの軸(Axis of Happiness)』で作品活動を始めた。2008年には初の長編『百万長者のための無料の食べ物(Free Food for Millionaires)』が韓国を始めとして11ヶ国で翻訳・出版されて名前を広めた。日系アメリカ人の夫と2007年から4年間日本に住み、『パチンコ』の基礎を完成した。

    ソース:NAVER/京郷新聞(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=032&aid=0002859665

    >>2につづく

    引用元: ・【書籍】歴史が壊した在日同胞の凄まじい人生・・・『パチンコ=1・2巻』[03/24]

    【【書籍】歴史が壊した在日同胞の凄まじい人生・・・『パチンコ=1・2巻』[03/24] 】の続きを読む

    このページのトップヘ