まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:在特会

    1: まるっとニュー 2019/11/29(金) 19:09:57.04 ID:CAP_USER
    民族差別をあおるヘイトスピーチを繰り返し、京都市の朝鮮学校の名誉を傷つけた罪に問われた在特会=「在日特権を許さない市民の会」の元幹部に対し、京都地方裁判所は無罪の主張を退け、罰金50万円の有罪判決を言い渡しました。

    在特会の元京都支部長、西村斉被告(51)は、おととし4月、京都市南区の公園で「朝鮮学校は日本人を拉致している」、「校長は指名手配されている」などと拡声機で繰り返し発言し、その様子をインターネット上に配信したとして、名誉毀損の罪に問われました。

    裁判で西村被告は「学校を支配する朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会に抗議しようとしただけだ」などと無罪を主張していました。

    29日の判決で京都地方裁判所の柴山智裁判長は「被告の発言は、京都の朝鮮学校の校長が日本人を拉致したとするもので、真実性の証明がなく、名誉毀損にあたる。拡声機を使用したり動画で配信したりした行為は伝ぱ性が高く軽視できない」と指摘し、無罪の主張を退けました。

    一方で「拉致事件に関する事実関係を明らかにするという目的で行為に及んだもので、公益を図る目的はあったと認められる。懲役刑を選択すべき程度に重いものとはいえない」として、罰金50万円を言い渡しました。

    検察の求刑は懲役1年6か月でした。

    被告弁護団「表現の自由の萎縮につながる可能性がある」
    no title


    西村被告の弁護団が判決のあと記者会見を開き、徳永信一主任弁護士は、「本人は『主張が認められず残念で、市民活動家が街頭で演説ができなくならないか危惧している』と話していた」と述べました。

    そのうえで、裁判所の判断については、「発言の公益性を認めたことについては評価できるが、内容の解釈については主張が認められず、言論活動における表現の自由の萎縮につながる可能性がある」と話しました。

    西村被告は判決を不服として控訴したということです。

    朝鮮学校側「子どもたちの痛みに触れられず 不当な判決」
    no title


    判決を受けて、京都市の京都朝鮮学園は弁護士会館で記者会見を開きました。

    京都朝鮮学園の柴松枝理事は「きょうの判決が根深い民族差別の解消につながるきっかけになると期待していたが、京都の朝鮮学校の子どもたちの痛みや苦しみ、不安について触れられず、残念でたまらない。不当な判決だ」と話しました。

    学校側の弁護団の冨増四季弁護士は「公園でヘイトスピーチを行うという手法に公益性があると言えるのか、ヘイトクライムの本質を見失っているもので、強く非難したい」と話していました。

    京都府 ネットなどへの差別的書き込みをモニタリング

    ヘイトスピーチは、最近ではインターネットやSNSを使って拡散されるケースが増えています。

    いったん書き込みが投稿されてしまうと、次々と転載されるため、削除は難しく、以前に比べて被害はより深刻になっていると指摘されています。

    京都府はこうした状況を把握するため、京都府立大学に委託して差別的な書き込みを見つけ出すモニタリングを5年前から行っています。

    差別的なことばなど200以上をキーワードとしてパソコンの専用プログラムに登録し、インターネットの掲示板やブログ、動画共有サイトなどの書き込みを検索します。

    書き込みの数が多く、すべてを確認することができないため、京都府内の地名や駅名が含まれたものに限定していますが、それでも年間で1万件から2万件がヒットするということです。

    その中から、職員たちが前後の文脈を読み込むなどしながら、人権侵害にあたると思われる書き込みを抽出し「表現の自由」も考慮しながら慎重に確認を重ねたうえで、特に悪質とみられるものを法務省を通してプロバイダーに削除要請しています。

    去年は、1年間におよそ1万2000件の書き込みがヒットし、そのうち25件を法務省に通報したということです。

    京都府人権啓発推進室の藤巻秀和参事は「毎年のように新規の書き込みがされ、いたちごっことなり、なかなか一自治体では厳しい部分がありますが、わずかでもできることをやっていこうと取り組んでいます」と話していました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191129/k10012195751000.html
    NHKニュース 2019年11月29日 17時20分

    引用元: ・【朝鮮学校側 不当な判決】ヘイトスピーチで名誉毀損罪 在特会元京都支部長、西村斉被告に罰金50万円の有罪判決-京都地裁[11/29]

    【日本人に対する差別だよな 【朝鮮学校側 不当な判決】ヘイトスピーチで名誉毀損罪 在特会元京都支部長、西村斉被告に罰金50万円の有罪判決-京都地裁[11/29] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/07/26(火) 11:34:28.58 ID:CAP_USER
    UCD @ILLMATIC_UCD 7月25日

    こちらが小池百合子が出席した講演会の後援をやっている在特会のブタ、桜井誠です。
    「韓国人を皆殺しにしろ」とか叫びまくっていて、本当に最低で気持ち悪いです。消えて欲しいです。
    #小池百合子はものすごい右翼

    https://twitter.com/ILLMATIC_UCD/status/757228152913432576


    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1469456746/

    引用元: ・【話題】SEALDs幹部がヘイトスピーチ「在特会のブタ、桜井誠は本当に最低で気持ち悪いです。消えてほしいです」★2 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【都知事選】SEALDs幹部がヘイトスピーチ「在特会のブタ、桜井誠。気持ち悪い」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 09:10:54.20 ID:CAP_USER.net
    高松高裁「在特会が日本人に罵声を浴びせたことは人種差別」
    在特会、朝鮮学校に資金を支援した徳島県教組職員に「朝鮮の犬」などと罵声
    高松高裁、在特会メンバーに436万円賠償命じる

     今月25日、高松高裁(香川県高松市)の法廷。徳島県教職員組合の元職員の女性(64)らが「在日特権を許さない市民の会(在特会)」のメンバーらを相手取って起こした訴訟で、裁判長が次のような判決文を読み上げた。

     「朝鮮学校に寄付したという理由で、被告が原告に対し『朝鮮の犬』などと罵声を浴びせたことは、『表現の自由』ではなく、人種差別的思想の表れで違法性が強い。被告は原告に対し436万円を賠償するように」

     判決を聞いた女性と100人ほどの支持者たちは手をたたいて喜んだ。女性は記者たちに「100点満点の判決だ」と述べ、目頭を熱くした。女性は徳島県教組の書記長を務めていた2010年4月、在特会の標的になった。同教組が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系列の四国朝鮮初中級学校(愛媛県松山市)に対し資金を支援したとの理由だった。

     在特会のメンバー十数人が、白昼に徳島県教組の事務所へ乱入し、拡声機で女性の名前を連呼して「徳島県教組は反日教育の変態集団だ」「切腹せよ」などと叫んだ。そしてその様子を撮影した動画をインターネット上に公開した。女性はショックを受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。

     それから長期にわたる法廷闘争が始まった。昨年3月、一審(徳島地裁)は「被告は原告に230万円を支払うように」と命じた。だが、在特会の行為が人種差別的だとする女性側の主張は認められなかった。在特会は女性と教職員組合が朝鮮学校を支援したことを批判したにすぎず、在日韓国・朝鮮人に対する差別を直接的に扇動したものではないとの理由だった。

     女性側と在特会側の双方が、判決を不服として控訴した。今回の二審の判決は、一審以上に女性側の主張を認めた。在特会に対し、一審の倍近い額の賠償を命じただけでなく、在特会の行動は人種差別に当たると認めたのだ。高裁は判決理由について「在特会の行動が人種差別といえるかどうかの基準は、攻撃の対象ではなく、攻撃の目的から判断すべきだ」と述べた。「日本人が日本人を攻撃したのだから、人種差別には当たらない」という在特会の主張を退け、「在特会は私たちへの攻撃を通じ『朝鮮学校を助ける行動は懲らしめる』ということを世間にアピールしようとした」という女性側の主張を認めたのだった。

     女性側の訴訟代理人を務めた篠原健弁護士は、日本メディアに対し「本件のように、在日韓国・朝鮮人を支援する人たちを攻撃する行為は、朝鮮学校を直接攻撃する行為よりも悪質な側面がある。今回の判決は有意義な判決だ」とコメントした。

    東京=金秀恵(キム・スヘ)特派員
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/27/2016042700645.html

    引用元: ・【社会】高松高裁「『朝鮮の犬』という罵声は人種差別的で違法性が強い」「在特会が日本人に罵声を浴びせたことは人種差別」

    【じゃあ朝鮮の犬はなんて呼べばいいの?【社会】高松高裁「『朝鮮の犬』という罵声は人種差別的で違法性が強い」「在特会が日本人に罵声を浴びせたことは人種差別」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 04:26:51.32 ID:CAP_USER.net
    C.R.A.C.@cracjp
    在特会/ネトウヨ的レイシズムの恐ろしさは、単に差別されるだけでなく、
    明らかに自分より下等な生物にドヤ顔でひどいこと言われるところ。

    2016年3月14日
    https://twitter.com/cracjp/status/709350604003364864

    引用元: ・【話題】しばき隊「在特会やネトウヨは下等生物なのにドヤ顔で酷いことを言って差別してくるから恐ろしい」

    【鏡よ鏡、鏡さん【話題】しばき隊「在特会やネトウヨは下等生物なのにドヤ顔で酷いことを言って差別してくるから恐ろしい」】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2016/03/11(金)18:54:38 ID:YQp
    ヘイトスピーチは命の問題~    林田英明

    在日韓国人3世のピアニスト、崔善愛(チェ・ソンエ)さん(56)の語りと演奏は、
    心に真っすぐ入ってくる。だが、心の内奥は平穏ではなかった。

     善愛さんにとって崔昌華(チォエ・チャンホァ)さんは父にあたる。
    朝鮮戦争の惨禍から逃れるべく日本に渡ってきた。だから善愛さんは、
    生まれも育ちも日本である。

    21歳の時、善愛さんは父や妹らと指紋押捺拒否を実行する。
    誰にでも分かる言葉で「私は日本がどんな国であっても、私をどんなに苦しめても、
    日本は私が最も愛し、なつかしく思う国です」と訴えた。

    結果は敗訴と再入国不許可。特別永住資格を?奪される。
    ピアノの勉強のため渡米した善愛さんに法治国家は厳しい態度で臨んだが、
    全国に広がった押捺拒否の動きが2000年の制度撤廃に結びついたことを思えば、
    勝ち取った果実は小さくない。渡米と同時に起こした再入国不許可取り消し訴訟は一部勝訴を経て
    特別永住権を取り戻す。

     強いられる愛国心と排外主義は一体のものだ。それが在日である善愛さんには痛いほど分かる。
    「在日特権を許さない市民の会」(在特会)は、在日韓国朝鮮人ということだけで攻撃の対象にしてきた。
    多数派の日本人には、その恐怖は実感できない。

    1985年、ワイツゼッカー大統領(当時)が「過去に目を閉ざす者は、現在にも盲目になる」
    と歴史を直視して戦争責任を自覚するよう求めた有名な演説に比して、日本での動きはあまりにも弱い。
    善愛さんは、そこに天皇制の無責任体制を見いだす。

    安倍晋三首相がしきりに説く「戦後レジームからの脱却」も「戦前レジームへの回帰」と見抜いていた。
    善愛さんは、殺される側の一人の人間として恐怖を覚えている。

    昌華さんには「日本を愛したい、日本人の良心を信じたい」という強い願いがあったと善愛さんは振り返る。
    日本国籍を取得することなく一生を終えたが、その人生を少しずつ理解できる経験と年齢を重ねてきて思う。
    同様に日本国籍を申請しなかったのは、民族の誇りを取り戻そうと葛藤の日々を送った父の姿をそばで見てきたからだ、と。
    裁判を通して法務省や日本政府の朝鮮人蔑視の感情が総体として伝わってくる。晴れやかな気持ちで日本国籍を取得できない限りは、
    韓国語も話せない在日としてあるがままアイデンティティーを探し求めて生きていくしかない。

     「日本社会に『在日』が存在することが、諸悪の根源であるかのような空気すら生まれた。いや、空気だけではない、
    『ヘイトスピーチ』が蔓延するこの国で、その矛先が自分に向かないようにと祈りながら生きている人が、
    どんなに多いことだろう。自分の家族のルーツを隠すことでしか生き延びられない。そして、隠してしまう自分の弱さを恥じ入る」

    一方、在特会初代会長、桜井誠氏は『大嫌韓時代』で「在日という異常な反日国家の国民が、
    この日本に50万人以上も存在しているという現実に、ようやく日本人は向き合おうとしている」
    と高らかに闘争宣言を記している。観光マナー欠如や犯罪者、強硬な対日国家政策の一部をもって
    50万人の在日を丸ごと敵視してどうしようというのだろう。
    通名(日本名)使用が“特権”だと思い違いをする前に、葬儀ですら大半が本名を名乗れない現実を知ってほしい。

    http://www.labornetjp.org/news/2016/0310hayasida

    引用元: ・【レイバーネット】日本帰化を拒否し特永資格を訴訟で勝ち取った在日韓国人の崔善愛さん。ヘイトスピーチをする在特会にその気持ち分からぬか[3/10]

    【受け入れてくれた国に対してこの言い草 【レイバーネット】日本帰化を拒否し特永資格を訴訟で勝ち取った在日韓国人の崔善愛さん。在特会にその気持ち分からぬか[3/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ