まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:在米

    1: まるっとニュー 2020/06/03(水) 10:00:46.04 ID:CAP_USER
    1日(現地時間)午後4時、米ロサンゼルス(LA)のコリアンタウンにあるギャラリアデパートの前。 普段ならショッピング客で混み合うが、軍兵たちがいて緊張感が漂った。

    防弾ヘルメットと小銃で武装した彼らは、2人1組で街角に立った。ショッピングモールの入口は5人が警備した。万一の事態に備えて、3台の軍のトラックがショッピングモールの近くで待機した。コリアンタウンをパトロールする軍用車もあちこちで目についた。

    米国の人種差別抗議デモが1週間続き、在米韓国系社会の緊張が高まっている。同日、LAコリアンタウンには、州軍が投入された。商店の略奪を阻止し、治安を維持するためだ。LA韓国人商工会議所と総領事館が州軍を要請したことによる。

    同日午後1時半頃、LAカウンティ、LA警察、LA韓国人会など約40人は、オンラインテレビ会議を開き、警備対策について話し合った。LA警察は、「私たちが守る」と心配しないよう呼びかけた。

    しかし、不安が勝り、銃を購入する韓国系が増えている。同日訪れたコリアンタウン近隣のガンショップには10人ほどが列をつくって入場の順を待っていた。1992年の「LA暴動」が在米韓国系社会に深いトラウマを残したためだ。

    当時、黒人と白人の人種対立の火の粉が在米韓国系社会に飛んだのだ。怒った黒人が、韓国系商店約2300店を略奪し、コリアンタウンの9割が破壊され、3億5千万ドルの被害を受けた。

    米警察は近隣のビバリー・ヒルズやハリウッドなど裕福な白人が暮らす地域だけを保護した。このため韓国系は直接銃を取って生活の基盤を守った。

    当時、LA暴動を経験した人は、「暴徒は極限状況になればすべて奪っていく。そのため、昔(LA暴動)を経験した人は銃を買おうとする」と説明した。

    米国で40年間暮らしたというパク・ジョンスンさんも、「韓国人があの時(1992年)武器を求めた」とし、「今もあの時と状況は全く同じだ」と心配した。一方、ある70代の韓国系は、「昔と違って国が守ってくれるので安心している」と話した。

    対策会議で、デイヴィッド・リュLA市会議員は、「銃は状況を悪化させる恐れがある。私たちはいかなる状況でも命を失うことを望まない」とし、銃の購入を控えるよう呼びかけた。LAカウンティと在米韓国人会では銃購入の自制を求めた。

    外交部によると、2日現在までに集計された韓国系商店の被害は計79件で、前日(26件)より3倍以上に増えた。都市別には、フィラデルフィア50件、ミネアポリス10件、ローリー5件、アトランタ4件など。韓国系の人命被害は確認されていない。

    李泰鎬(イ・テホ)外交部第2次官は、在外国民保護対策本部テレビ会議で、「非常連絡網を維持し、韓国系密集地域の司法機関との治安協力強化などの対策を準備し、在外国民の被害予防および被害の救済に万全を期す」ことを呼びかけた。


    June. 03, 2020 08:31
    https://www.donga.com/jp/home/article/all/20200603/2080829/1/

    引用元: ・【東亞日報】 LA暴動の再演を恐れて銃を購入する在米韓国人 [06/03] [荒波φ★]

    【弱者への暴行に躊躇しない性格】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/20(火) 19:35:45.58 ID:CAP_USER
    ●米・ロス近郊にある慰安婦像の顔に犬の糞? 激化する日韓対立の影響か バカげている「国家のプライド」

    慰安婦像が展示されていたことから脅しを受けた「表現の不自由展・その後」は、わずか3日で中止に追い込まれてしまったが、太平洋の向こうの米国・ロサンゼルス近郊でも、慰安婦像が憂き目に遭っていた。

     日本の主要メディアは報じていないようだが、7月25日、午前10時半までに、ロサンゼルス近郊のグレンデール市はグレンデール中央公園に設置されている慰安婦像の顔に、茶色い粘着性のある物質が付着されるという事件が起きていたのだ。また、慰安婦像の周囲に置かれていた花鉢もいくつか壊されていた。

     事件からまもなく1ヶ月になるが、捜査は進んでいるのか?

     グレンデール市警スポークスマンのイライザ・パパジアン氏に確認したところ、以下のように説明した。

    「慰安婦像の顔に茶色い粘着性のある物質が付着しているのを見つけたのは、公園の管理をしている市のスタッフです。しかし、通報を受けて警察が到着した時、その物質はすでに除去されていたので、その物質が何であったかは不明です。捜査を進めるとともに、現在、慰安婦像を監視するための監視カメラの設置場所を検討中です」

     茶色い粘着性のある物質とは何なのか?

     慰安婦像の維持管理をしているCARE(カリフォルニア州韓米フォーラム)のキム・ヒョンジョン代表が、聯合ニュースに話したところによると、慰安婦像の顔に付着していたのは犬の糞だったという。

     また、CBSニュースは6月にも3度、慰安婦像が被害にあったと報じたが、前述のパパジアン氏に確認したところ、警察には、7月25日に通報された1件しか報告されていないということだ。通報されていない被害が起きていたのかもしれない。

    訴訟の対象に

     被害にあった慰安婦像が設置されたのは2013年7月。韓国ソウルにある慰安婦像のレプリカだが、アメリカで初めて設置された慰安婦像として、当時、大きな話題となった。

     2014年2月、ロサンゼルス在住の日本人が中心となって作られたNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」が設置に反対、米連邦地方裁判所に像の撤去を要求する訴訟を起こした。地方自治体であるグレンデール市が慰安婦像設置を通じて外交問題に関する立場を表明することは、外交における全権を連邦政府に付与している米国の憲法に違反するという理由からだ。しかし、連邦地裁は、グレンデール市は法を犯しておらず、原告は原告適格(原告として訴訟を進行し、判決を受けるための資格のこと)がないと判断されて、敗訴。その後、同法人は米連邦最高裁判所に上告したが、2017年、請願は棄却された。

    悪化した日韓関係の影響か?

     人口の5.4%が韓国系の人々(2010年の米国勢調査によると1万人以上)というグレンデール市では、2012年から毎年、慰安婦を讃える記念式典が開催されているが、慰安婦像が被害を受けたのは、7月27日に行われる記念式典の2日前のことだった。

     また、現在、慰安婦像がある公園の近くのグレンデール図書館内のギャラリーでは、女性に対する性暴力問題をテーマにしたアート展“1 in 3:性暴力の世界的流行”(3人に1人の女性が、生涯のうちに性的暴行を受けていることからこう題されている)も開かれているのだが、アートの多くは、慰安婦問題に光を当てたものである。

     蛮行は記念式典やアート展に反対するものだったのか? 聯合ニュースによると、前述のキム代表は「最近事件が頻発しているという点から見て、日本の経済報復により悪化した日韓関係の影響があるものと推定されるが、断定するのは難しい」と話しているという。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20190820-00138811/

    引用元: ・【アメリカ】慰安婦像の顔に犬の糞が付着 在米ジャーナリスト・飯塚真紀子氏「日韓対立の影響?」[8/20]

    【これだけ妄想出来るコイツの頭は大丈夫か?【アメリカ】慰安婦像の顔に犬の糞が付着 在米ジャーナリスト・飯塚真紀子氏「日韓対立の影響?」[8/20] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/31(木) 09:34:40.68 ID:CAP_USER
    2017年8月28日、韓国・聯合ニュースによると、在米韓国人学生らが教科書を執筆する米国の出版社6社に「誇らしい韓国の歴史と文化を掲載してほしい」という内容の手紙を送ったことが分かった。

    在米韓国人の小中高校生50人は25日、「私たちが学ぶ教科書に三国時代、仏国寺、石窟庵、金属活字と直指心体要節、訓民正音、日本の植民地支配と独立運動家の活躍、慰安婦問題、朝鮮戦争と発展など多様な内容を掲載し、米国の友達と一緒に学びたい」という内容の手紙を米国の出版社に郵送した。学生らはカリフォルニア州の教育部にも同じ内容の手紙を送る予定だという。在米韓国人の学生らが教科書の出版社や州の教育部に同様の趣旨の手紙を送るのは初めてのこと。

    2008年には韓国人父母協会が「歴史歪曲(わいきょく)をめぐる議論が予想される」として、教科書から「ヨーコの話」を除外するよう求める嘆願書をカリフォルニア州の教育部に提出し、教育部はこれを受け入れた。「ヨーコの話」は日系米国人作家のヨーコ・カワシマ・ワトキンズが1986年に出版した自伝的小説で、「第2次大戦直後、韓国に残っていた日本人が韓国人から乱暴された」などの内容が含まれている。

    学生らはボランティア教師らでつくる団体「エココリア」が7月に開催した「活動で学ぶ米国の学校における韓国の歴史文化」がテーマのキャンプに参加し、今回の手紙を送ることを決めたという。同団体の代表は「学生らの行動は小さい始まりに過ぎないが、その意味は大きい」とし、「米国の学校の授業で韓国に関する多様な知識を学ぶことは、韓国人学生らがアイデンティティーや自負心を持つのに必須であるため、これからも続けていくべき」と強調した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「遠い国で頑張る仲間たちに感謝」「地道な努力は必ず報われる」「韓国の成長を感じる。こうして声を上げられるようになったのだから」など学生らの行動に好意的なコメントが寄せられている。

    また、「日本の歴史歪曲(わいきょく)を黙って見ていてはいけない」と主張する声や、「外国の教科書の韓国に関する歴史は間違いだらけ。それなのに政府は放ったらかしだ」と嘆く声も。

    一方で「とても良いニュースだが、僕たちは今一度考えなければいけない。韓国で同じことが起きたらどうなる?もし、韓国に住むフィリピン人やアフリカ人が自国の歴史を韓国人と共に学びたいと言ったら、すぐに『出て行け』と言われるだろう。今回のニュースを良いと感じたなら、韓国で同じことが起きた時もせめて批判はしないようにしよう」「まずは韓国の世界史の教科書を見直すべき。他の国の情報が少な過ぎる」などと指摘する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)

    http://www.recordchina.co.jp/b188941-s0-c30.html

    引用元: ・【米韓】「米国の友達と慰安婦などの歴史を学びたい」在米韓国人学生らが米出版社に手紙=韓国ネット「韓国の成長を感じる」[8/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【だまされるアメリカ人】「米国の友達と慰安婦などの歴史を学びたい」在米韓国人学生らが米出版社に手紙】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/04/06(木) 11:31:25.86 ID:CAP_USER
    破倫20代、韓国人の母親と口論して腹立ちまぎれに凶器で数回さす

    自分の母親を凶器で数回さした20代の韓国人男性が殺人未遂の疑いで警察に逮捕された。

    サンフランシスコ近くのリバモア警察によると、レイヴンウッドパーク地域に居住するアンドリュー・ユン(23)氏が、先月25日、自分の家で凶器で母親を4回さした疑いで逮捕された。

    警察は、事件発生当日の午後1時頃、近所の住民の通報で現場に出動して血を流して倒れている女性を発見した。

    近所の住民は警察が出動する前、ユン氏が自分の庭に何かを投げ続けており、刺された女性の悲鳴を数回聞いた述べた。

    警察の調査の結果、ユン氏は、自分の母親と激しい口論の末「殺す」と脅迫した後、凶器を振り回して、被害者を4回もさした。

    ユン氏の母親はすぐに病院に運ばれ治療を受け、幸い命には支障がないことが分かった。

    警察はユン氏が、先月も凶器を持って騒ぎを起こして、警察が出動した記録があるとして、事件の経緯と犯行動機を捜査しており、ユン氏の精神鑑定も依頼した状態だと明らかにした。

    ソース:The Korea Times 2017-04-03(機械翻訳)
    http://www.koreatimes.com/article/20170402/1048516

    引用元: ・【米韓】母親と口論して腹立ちまぎれに凶器でさした韓国人男性を殺人未遂の疑いで逮捕[04/06] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どこで育とうが】在米韓国人男性、母親と口論して腹立ちまぎれに凶器でさす】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2016/04/29(金) 23:59:54.30 ID:CAP_USER.net
    ■北韓辞書に桜はない?在米韓人 平壌マラソン体験記 注目
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ニューヨーク=ニューシース】ノチャンヒョン特派員=「北朝鮮では、桜は辞書にもない単語です。」

    最近、平壌で開かれた国際マラソン大会に出場した在米同胞男性が
    平壌で経験した体験談を英語のブログにシリーズで連載して関心を集めている。

    ロサンゼルスに居住するエドワード・リー(イ)氏は25日(現地時間)、インタビューで
    「最近、平壌で開かれた国際マラソン大会に出場して興味深い経験があまりにも
    多くて、ブログに写真と文を載せることになった」と明らかにした。

    平壌マラソンが行われた先週10日は桜が満開になる季節だった。
    平壌駐在ロシア大使館も去る15日、フェイスブックに「平壌通りで桜が満開した」、
    千里馬銅像周辺の桜道を紹介することがあった。

    イ氏は「最初は私たち一行も桜だと思って美しいと感嘆したが、分かってみれば、
    80%は杏で、残りは桃、梨だった。 ロシア大使館が誤った情報を掲載したようだ」
    と話した。

    彼は「北朝鮮ガイドが金日成大学英文科を卒業したエリートだったが、
    ボッコッ(※韓国語で桜花=桜のこと)を全く知らなかったよ。
    同行した運転手も60歳を超えた高級軍人の出身だったが同じだった。
    『では、サクラは聞いたことありますか?』と言ったら、
    『あ、日本花!』と、単語は知っていた。
    北朝鮮で桜という単語が辞書にもないということは、率直に衝撃だった」と伝えた。

    北朝鮮で桜が消えた(?)理由について彼は、一時、韓国でも日本花だとし切り取ってしまった
    ように反日感情が特に厳しい北朝鮮でも、そのように消えたのではないかと推定した。

    イ氏は「桜事情」以外でも平壌訪問の間、北朝鮮の若者の恋愛と結婚、余暇生活
    など多くの部分で、文化的相違を確認したと話した。

    後略

    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=003&aid=0007192350

    引用元: ・【文化】 「北朝鮮では、『桜』は辞書にもない単語です。」 在米韓人ブロガーの平壌マラソン体験記が話題[04/29]

    【変ですねー(棒【文化】 「北朝鮮では、『桜』は辞書にもない単語です。」 在米韓人ブロガーの平壌マラソン体験記が話題[04/29]】の続きを読む

    このページのトップヘ