まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:夏

    1: まるっとニュー 2019/08/20(火) 09:37:42.25 ID:CAP_USER
    輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

     ソウルでタクシーに乗ったら、運転手さんが「お客さん、どこから来たの?」と聞いてきました。日本だと答えると、いきなり「韓国人は日本人を好きだって分かってますよね」と言われて面食らいました。「政治家が悪いんだよ。安倍(晋三首相)も、文在寅(ムン・ジェイン、大統領)もどっちもダメだ」と続きます。

     他の運転手さんからは「数日前に日本人客を乗せたら、少しおびえてる感じだった。親切に対応したら安心してくれたみたいだけど」とも聞きました。現在の日韓関係悪化は指導者2人に責任を押し付けて済むようなものではないのですが、運転手さんたちの話は率直な庶民感情の表れなのでしょう。

     13日からソウルに来ています。いろいろな人に会ったり、慰安婦の日(14日)や光復節(15日)に合わ…

    https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20190819/pol/00m/010/003000c

    引用元: ・【韓国】「韓国人は日本人を好きだって分かってますよね」 反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に[8/20]

    【慌てて反日隠しキャンペーン【韓国】「韓国人は日本人を好きだって分かってますよね」 反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に[8/20] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/07/14(日) 23:03:21.88 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ドキュメンタリー映画「主戦場」のポスター(写真=シネマ月提供)
    no title

    ▲映画「鳳梧洞戦闘」のポスター(写真=ショーボックス提供)
    no title

    ▲ドキュメンタリー映画「キム・ボクトン」ポスター(写真=アットナインフィルム提供)
    no title

    ▲ドキュメンタリー映画「浮島丸」のポスター(写真=メイプラス提供)

    日本軍慰安婦、強制徴用など日本の蛮行はもちろん日帝強制占領期間に対抗した私たちの歴史を扱う映画が続々封切りられる。最近、日本が強制徴用賠償判決と関連して経済報復措置を取る状況だけに、日本に対する反発が映画への関心につながるか注目される。

    来る25日、封切られる「主戦場」は日系米国人ユーチューバー、ミキ・デザキが日本軍慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画だ。日本に住んでYouTubeを通じて日本社会の様々な問題について発言してきたミキ・デザキは偶然、日本軍「慰安婦」問題に関心を持つ。「慰安婦」被害ハルモニらと責任を無視する日本政府、「慰安婦」被害者を支援する韓国と米国の市民団体と日本の右翼と同じ言葉を言う米国人たち。そして2015年、パク・クネ政府と安倍政府の「慰安婦」合意とこれに対するムン・ジェイン政府の全面再検討表明まで、慰安婦問題を隠したい日本右翼らの実体を暴く。

    来る8月7日、封切られる映画「鳳梧洞(ポムオドン)戦闘」は独立軍連合部隊が日本正規軍を相手に初め大規模勝利を勝ち取った1920年6月の鳳梧洞戦闘を初めて映画化した作品だ。鳳梧洞戦闘は洪範圖(ホン・ボムド)、崔振東(チェ・ジンドン)部隊が日本軍正規軍を大敗させ独立軍の士気を大きく奮い立たせた抗日武装独立運動史に輝く戦果の一つと評される戦闘だ。「鳳梧洞戦闘」は命を担保に棒桐死の谷まで走りに走って日本軍を誘い孤立させて勝利を勝ち取るまでの過程を迫力たっぷりに表現する予定だ。

    「鳳梧洞戦闘」封切り翌日の8月8日に封切られるドキュメンタリー映画「キム・ボクトン」は賢明で慈しみ深く偉大な闘士であった女性人権運動家・平和運動家、金福童(キムボクトン)ハルモニの人生に光を当てる。1992年、キム・ボクトン、ハルモニは自身を日本軍慰安婦被害者と申告する。その後、日本の謝罪を受けるため、キム・ボクトン、ハルモニの27年間の長い旅が始まる。映画は放棄できず、あきらめてもならない希望のための戦い、まだ終わっていない話を描き出す。

    忘れてはならない日本の真実を描いたもうひとつのドキュメンタリー映画もある。来る9月封切り予定の映画「浮島丸(ウキシマホ)」は去る1945年8月24日、朝鮮人強制徴用者8000千人余りを乗せた日本海軍輸送船「浮島丸」が原因不明の爆発事故で沈没した事件を扱う。日本がポツダム宣言を受諾する降参宣言をして一週間後に起きた浮島丸事件はまだ真相調査や日本政府の謝罪や賠償はなされずにいる。映画「浮島丸」はこの日の真実究明を試みるのはもちろん、私たちに忘れられた浮島丸事件を知らせる予定だ。

    ソース:ノーカットニュース(韓国語)<日本蛮行はどこまでか…'主戦長'から'ウキシマホ'まで>
    https://www.nocutnews.co.kr/news/5182097

    引用元: ・【映画】 この夏、日本の蛮行暴く映画、続々公開~「主戦場」「鳳梧洞戦闘」「キム・ボクトン」「浮島丸」[07/14]

    【ほんとバカ ほんとクズ ほんと迷惑【映画】 この夏、日本の蛮行暴く映画、続々公開~「主戦場」「鳳梧洞戦闘」「キム・ボクトン」「浮島丸」[07/14] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/07/28(日) 23:29:36.21 ID:CAP_USER
     ソウル駐在初期にあたる1982年8月15日(光復節)の韓国の新聞には「今年の夏はこれまでのどの夏より暑くていらだたしい」という社説が出ていた。当時、日本の歴史教科書の記述がケシカランといって官民挙げて反日運動が盛り上がっていた。これでいくと今年も「どの夏より暑くていらだたしい」ということになりそうだ。

     マスコミは連日、反日キャンペーンを展開し、街ではタクシーが日本人客を乗車拒否したり、食堂が「日本人客出入り禁止」の張り紙を出したりで結構盛り上がった。「最悪の日韓関係」といわれ双方で解決策が模索された。

     その際、韓国側で出てきたのが「反日から克日へ」の方向転換だった。反日感情を日本に向け単に爆発、発散させるのではなく、「日本に打ち勝つ」「日本を克服する」という方向に向かうべきだというのだ。後に一般化する「克日」という言葉はこの時に生まれたのだが、当時マスコミはさらに「敵に勝つためには敵を知らなければならない」「克日のためには知日だ」といって、過去の歴史のみならず現在の日本を知るための特集を競って伝えた。

     この時の反日感情は官民挙げての「独立記念館建設国民募金運動」によって収拾され、その独立記念館は今、ソウル南方の忠清南道(チュンチョンナムド)・天安(チョナン)の広大な敷地に存在する。

     当時、新聞の識者座談会で女流作家の鄭然喜(チョン・ヨンヒ)氏が「克日」について語った痛切な(?)言葉が今も記憶に残る。

     「克日運動という言葉を聞いた後、ずっと気分がすっきりしない。解放後数十年過ぎたというのに、われわれの意識を引き締めるのにまだ日本という刺激が必要なのだろうか。克日という言葉には日本を意識しなければならない、彼らを何か基準か目標のように考えなければならないかのように強要する感じがある。日本をあまり意識することはかえって日本に縛られるという点で、克日より自らに勝つ克己が優先されるべきだと思う」

     筆者はそれから20年以上たった2006年にその間の韓国でのことを『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)という本で書いた。その後、さらに10年ほどたってまた『それでも“日本離れ”できない韓国』(同)という改訂版を書いた。韓国は「日本離れ」どころか依然、日本、日本…なのだ。 韓国で相変わらず日本、日本…といっていることに知識人たちは鄭然喜氏のような違和感は感じていないようだ。むしろ喜々としているようにみえる。彼女の言葉を借りれば「韓国はいまなお日本に縛られ自らを克服できないでいる」ということなのだろうか。

     25日、文在寅(ムン・ジェイン)政権与党の「日本経済侵略対策特別委員会」の一行がソウル外信記者クラブにPRにやってきた。半導体素材問題で明らかになった韓国経済の日本への依存度の高さが侵略かと思いきや、輸出規制が韓国経済に打撃を与えるのでそれが経済侵略だという。はて、そんな侵略があったか?

     質問で「(左派らしく)日本経済依存対策委員会に改めてはどうか」と皮肉ったが、学生運動上がりの彼らには精神的に「日本に縛られること」への痛切感など微塵(みじん)もなく意気揚々だった。(ソウル駐在客員論説委員)

    ソース:産経ニュース<【から(韓)くに便り】夏がくれば思い出すこと 黒田勝弘>
    https://www.sankei.com/world/news/190728/wor1907280007-n1.html

    引用元: ・【から(韓)くに便り】 夏がくれば思い出すこと~いまなお日本に縛られる韓国[07/28]

    【日本に甘えるのやめたら?【から(韓)くに便り】 夏がくれば思い出すこと~いまなお日本に縛られる韓国[07/28] 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/06/21(水) 21:04:43.82 ID:CAP_USER
    写真は韓国の郵便ポスト。
    no title


    2017年6月18日、韓国・SBSテレビは、郵便ポストなど、街の公共物がごみ箱と化している実態を伝えた。

    街中の鉢植えやちょっとした手すり、止めておいた自転車の籠がいつの間にか「ごみ箱化」してしまうなど、韓国ではたびたび公共の場でのごみポイ捨て問題が報じられる。

    先日はソウル駅構内に設置されたマルチコピー機までも「ごみ箱化」してしまったとニュースになったばかりだ。

    そして今回のSBSの報道によると、郵便ポストも「ターゲット」になってしまっているという。

    郵便配達員がポストを開けると、郵便物に紛れてたばこの吸い殻や輪ゴム、領収書などさまざまなごみが出てくるというのだ。

    ソウル市内で郵便配達をする男性は、「夏にはアイスクリームを食べた後のごみが入れられていることもあり、べたべたになるから(郵便物を)ティッシュで拭かなければならない」とため息を漏らす。

    こうした中、常習的にポストにごみを捨てていた男性を郵便局員が捕まえ、警察に引き渡した例もあるそうだ。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは2000を超えるコメントが寄せられている。

    中でも目立つのは、

    「外見だけはもっともらしく先進国みたいにしてるけど、中身は未開で恥ずかしい後進国の国民性」
    「市民意識が発展途上国。どうやったら郵便ポストにごみを捨てようと思えるの?」
    「常識を捨てたのかな」
    「同じ韓国人として恥ずかしい」

    など、韓国人のマナー意識を問題視するもの。

    また、日本に言及し

    「韓国の市民意識は日本に比べたらごみみたいなレベル。法律を強化しろ」
    「日本の半分でいいからまねしてみよう。日本は無駄に先進国なわけじゃない」
    「これだから日本には永遠に勝てない」

    といった指摘も。

    さらに「郵便物回収のおじさんはただでさえ大変なのに、ポストを開けたら気がおかしくなりそう」と郵便局員に同情する声のほか、

    皮肉を込めて「ごみの無断投棄は韓国人の誇らしい伝統」と寄せるユーザーもみられた。

    Record china 配信日時:2017年6月20日
    http://www.recordchina.co.jp/b181603-s0-c30.html

    引用元: ・【日常】韓国の郵便ポストがポストとして使われない悲しい理由=韓国ネット「常識を捨てたのかな」「日本には永遠に勝てない」[6/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【人の嫌がることをしたいんだよ】「夏にはアイスクリーム」韓国の郵便ポストを開けると、さまざまなごみが出てくる】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 18:09:47.48 ID:???.net
    FOCUS-ASIA.COM 7月1日(水)16時3分配信

    1日、韓国メディア・アジア経済によると、韓国人が家族で行きたい観光地として日本を考慮している。

    航空券の予約サイト「スカイ・スキャナー」は、最近3年間の韓国人および世界各国の人々の検索結果を分析し、
    夏の休暇に家族で行きたい観光地を紹介している。家族旅行を考えている韓国人が最も多く検索した航空券の
    行き先は、「日本、米国、フィリピン、タイ、グアム」の順だった。韓国人の10人中7人が、家族での旅行先
    として日本を考慮しているという。

    韓国人が家族旅行の行き先に日本を選ぶ理由は、距離が近く、円安の影響や格安航空会社の就航が多いことなどが
    背景にあるという。

    一方、世界各国の旅行者が家族旅行のために最も検索した航空券の行き先は「スペイン、米国、イタリア、トルコ、
    フランス」の順となり、ヨーロッパの人気が高かった。

    この記事に対し、韓国のネットユーザーから様々な意見が寄せられている。

    「MERSが消滅するまで旅行はしない方がいい。日本をMERS恐怖に陥れたら、韓日関係にも影響が及ぶ」

    「まだ福島原発事故のあのシーンが忘れられない」

    「日本では韓国レストランが閉店したり、韓流ブームも去り、嫌韓デモまでやっているのに…また日本か?」

    「明後日から日本に家族旅行に行きます」

    「家族旅行なら断然、親切で安全な日本」

    「MERSのせいでなかなか海外旅行に行けそうにない」

    「日本は結構広いし、地域別に特徴があるから、どこに行ったらいいか迷っちゃう」

    「自然災害がなければ、いろんな意味で日本は暮らしやすい」

    「日本が独島を日本の地と言おうが、戦争犯罪を否定しようが、日本旅行や日本製品はやはり別だと考えられている」

    「できるだけ日本ブランドは買わないようにすれば、日本が反省する日が来るかもしれないのに」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000033-xinhua-cn

    引用元: ・【話題】韓国人が夏の休暇に家族で行きたい海外旅行先は日本がトップ 10人中7人が日本を考慮「日本のどこに行ったらいいか迷う」

    【来ないで下さい【話題】韓国人が夏の休暇に家族で行きたい海外旅行先は日本がトップ 10人中7人が日本を考慮「日本のどこに行ったらいいか迷う」】の続きを読む

    このページのトップヘ