まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:大韓航空機

    1: まるっとニュー 2019/10/25(金) 16:15:10.05 ID:CAP_USER
    [ソウル 25日 ロイター] - 韓国国土交通省は25日、米航空大手ボーイングの小型旅客機「737ネクストジェネレーション(NG)」9機の運航を停止したことを明らかにした。検査で修理が必要な亀裂が見つかったため。

    同省は42機を検査。亀裂が見つかった9機のうち5機は大韓航空機という。

    大韓航空の広報担当者によると、同社は737NGを18機保有しており、5機の代わりに他の航空機を運航して対応するという。

    737NGは、737シリーズの第3世代版で、現在運航停止となっている737MAXの1つ前のタイプ。737MAXには亀裂の問題は生じていない。

    https://jp.reuters.com/article/southkorea-boeing-idJPKBN1X40F3
    ロイター 2019年10月25日 / 14:18

    引用元: ・【NG】韓国、737NG9機に亀裂発見 大韓航空機などを運航停止 検査で修理が必要な亀裂が見つかる[10/25]

    【こんなのが日本飛んできてしょっちゅう事故起こしてんだぜ【NG】韓国、737NG9機に亀裂発見 大韓航空機などを運航停止 検査で修理が必要な亀裂が見つかる[10/25] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/30(月) 11:09:39.07 ID:CAP_USER
    2019年09月30日10時41分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    大韓航空
    昨年6月に成田空港に着陸した大韓航空機の車軸が破損した理由は製造・整備不良のためという調査結果が出た。

    日本の運輸安全委員会が26日に公開した「航空重大事故報告書」によると、昨年6月29日午後12時43分ごろに乗客乗員335人を乗せた大韓航空のボーイングB777-300型機が成田空港に着陸する過程で車軸が破損し誘導路上で動けなくなった。

    この事故による負傷者はいなかったが、乗客が機内に1時間半ほど閉じ込められるなどの影響が出た。

    運輸安全委員会はこの事故を「重大インシデント」と規定した。その上で事故が起きた12番車軸の製造過程あるいは分解整備(オーバーホール)過程で車軸に腐食防止処理をしておらず、車軸内部で摩耗・腐食が進んだとみた。

    摩耗・腐食により車軸が弱くなった状態で着陸時に加わった機体重量と圧力に耐えられず車軸が折れ、ややもすると危険な状況を迎えかねないところだったということだ。

    当時車軸が折れ、ランディングギア軸とトラックビームなどの部品とブレーキ油圧ホースとステアリング装置、電気ケーブルなども破損した。

    調査の結果、該当機の製造会社であるボーイングは2012年7月から車軸腐食の危険を認識し、腐食防止処理をするようマニュアルを改善していたが、以前の生産分に対しては特別な措置を取らなかった。

    また、大韓航空は2009年7月に整備マニュアルに基づき該当車軸に対するオーバーホールを実施したが、当時の整備マニュアルには車軸腐食防止処理の内容がなく、該当措置も行われなかった。

    大韓航空関係者は「報告書を見ると事故は製造会社の不完全な技術基準と米国のオーバーホール会社のミスが最大の原因とみられる。大韓航空の過失や疎かな措置はなかったものと解釈される」と話した。

    大韓航空は事故発生直後に安全のため同じ時期に生産された車軸全体を対象に非破壊検査を実施し、追加の欠陥がないことを確認したと明らかにした。ただ、安全事故予防のため該当機種の車軸全体を新しい部品に交換している。

    https://japanese.joins.com/article/090/258090.html?servcode=400&sectcode=430

    引用元: ・【韓国】日本の空港での大韓航空機事故「車軸腐食、米企業の整備不良のせい」

    【おかしいぞこれ【韓国】日本の空港での大韓航空機事故「車軸腐食、米企業の整備不良のせい」 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/29(金) 19:04:14.46 ID:CAP_USER
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180629/k10011501241000.html
    大韓航空機が誘導路で立往生 タイヤの車軸折れる 成田空港
    2018年6月29日 18時28分

    29日午後、成田空港に到着した大韓航空機のタイヤの車軸が折れ、誘導路上で動けなくなりました。国の運輸安全委員会は、事故につながりかねない重大インシデントに認定し、原因を調査することにしています。

    29日午後0時40分ごろ、韓国・インチョン(仁川)から成田空港に到着した大韓航空703便、ボーイング777型機が誘導路を走行中に動けなくなりました。

    成田空港会社が滑走路を閉鎖して点検したところ、金属やタイヤの破片が落ちているのが見つかりましたが、20分後には回収を終えて運用を再開したため、ほかの航空機の運航に影響はないということです。

    乗客と乗員合わせて335人にけがはなく、機体のけん引には時間がかかることから、乗客はその場で航空機を降りてバスでターミナルに移動しました。

    出張からの帰りだという会社員の40代の男性は「着陸前に風にあおられたようで、機体が斜めになった状態で着陸したと感じました。ドンという大きな音がしたので恐怖を覚えました」と話していました。

    国土交通省などによりますと、機体の中央付近の右側のタイヤの車軸が折れているのが確認されたということで、国の運輸安全委員会は、事故につながりかねない重大インシデントに認定し、現地に事故調査官を派遣して原因を調べることにしています。

    大韓航空は「お客様に不便をおかけし、おわびします」と話しています。

    引用元: ・【国内】大韓航空機が誘導路で立往生 タイヤの車軸折れる 成田空港[06/29]

    【【国内】大韓航空機が誘導路で立往生 タイヤの車軸折れる 成田空港[06/29] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/09(木) 16:38:34.64 ID:CAP_USER
    千葉 NEWS WEB

    千葉放送局 トップ

    「安全確認」部品紛失の機体出発

    7日夜、成田空港に到着した際に部品がなくなっているのが見つかった機体について、大韓航空では「点検の結果、運航に影響はないことが分かった」として8日午前、韓国に向けて出発させました。

    7日午後9時前、韓国のインチョン空港から成田空港に到着した大韓航空705便、ボーイング777型機で、翼に取り付けられていたゴム製の部品がなくなっていたことが着陸後の点検で分かりました。

    大韓航空によりますと、部品の大きさは直径4センチ、長さ1メートルで、当初は重さを1キロとしていましたが、その後300グラムほどだったことが分かったということです。

    ほこりが翼に入るのを防ぐ役割などがあるということで大韓航空では点検の結果、取りつけなくても安全に運航できることが確認できたとして、午前9時すぎ、この機体を韓国に向けて出発させました。

    大韓航空では部品が飛行中に落下した可能性もあるとみて、機体から外れた原因について調べることにしています。

    航空機からの落下物を巡っては、このところ相次いで確認されたことなどから国土交通省は有識者による会議を開き、今後、航空会社に対し、落下物の防止対策の義務づけを検討していくことにしています。

    ソース:NHK 11月08日 13時37分
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20171108/1080000758.html

    引用元: ・【日韓】「取りつけなくても安全に運航できる」…翼の部品がなくなっているのが見つかった大韓航空の機体、韓国に向けて出発[11/09]

    【【韓国に着いた後もそのままで】「取りつけなくても安全に運航できる」大韓航空機、翼の部品をなくしたまま韓国に向けて出発】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/11/08(水) 14:28:40.51 ID:CAP_USER
    ◆大韓機のゴム製の部品不明 飛行中に落下か

    7日、成田空港に到着した大韓航空機で翼に取り付けられていた長さ1メートルほどのゴム製の部品が無くなっているのがわかりました。
    国土交通省によりますと、滑走路では部品は見つからず、飛行中に落下した可能性があると見られ、航空会社が原因を調べることにしています。

    7日午後9時前、韓国のインチョン(仁川)空港から成田空港に到着した大韓航空705便、ボーイング777型機で、翼に取り付けられていたゴム製の部品1つがなくなっているのが着陸後の点検でわかりました。
    国土交通省成田空港事務所によりますと、部品の大きさは直径4センチ、長さ1メートルほどで、重さはおよそ1キロあります。
    空港会社が緊急に滑走路を調べましたが、部品は見つからず、飛行中に落下した可能性があると見られ、航空会社が原因を調べることにしています。

    航空機からの落下物を巡っては、ことし9月、成田空港を離着陸した全日空機から2度にわたってパネルが脱落し、そのうちの1つが茨城県稲敷市の会社の敷地で見つかるなどトラブルが相次いでいます。
    このため、国土交通省が有識者による会議を開き、航空会社に対して落下物の防止対策の義務づけの検討を始めています。

    NHKニュース 2017年11月8日 6時32分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171108/k10011215061000.html

    引用元: ・【国内事故】成田空港に到着した大韓航空機の部品、飛行中に落下した可能性[11/08]

    【【忘れてきたんだろ】成田空港に到着した大韓航空機の部品、飛行中に落下した可能性】の続きを読む

    このページのトップヘ