まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:失敗

    1: まるっとニュー 2020/04/04(土) 21:19:09.64 ID:CAP_USER
    http://japan.cna.com.tw/news/asoc/202004040005.aspx

    (高雄中央社)新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために設けられた14日間の在宅検疫措置に違反し、30万台湾元(約110万円)過料を科された韓国人の夫婦が、未払いのまま出境しようと試み、空港で足止めされたことが4日までに分かった。

    2人は2月25日、高雄国際空港から入境。高雄市内のホテルに宿泊していたが、在宅検疫中は外に出ることが認められないにも関わらず、決まりを無視して外出し各人15万台湾元(約54万円)の過料が科された。

    過料の支払いに関する業務を請け負う法務部(法務省)行政執行署高雄分署が連絡を試みたところ、検疫期間を終えた2人はすでに部屋を引き払っており、携帯電話の電源も切って行方が分からなくなっていた。2人が過料を支払わない可能性があると危惧した同署の判断によって2人の出境を制限する措置がとられ、内政部(内務省)移民署が2日、台湾桃園国際空港で台湾を離れようとしている2人を発見した。この時2人の所持品は現金1400元(約5000円)と6ウォン(約1円)、台湾で購入した土産物、衣類のみで、このうちの1000元(約3600円)が支払いの一部に充てられたという。

    全額の支払いが完了するまで帰国は許されない見通し。

    引用元: ・【台湾】在宅検疫の規則に反した韓国人夫婦、過料未払いで出境試み失敗[04/04]

    【最低な奴【台湾】在宅検疫の規則に反した韓国人夫婦、過料未払いで出境試み失敗[04/04]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/21(土) 14:10:53.47 ID:CAP_USER
    ※朝鮮日報の元記事(韓国語)
    飲酒者と痴呆老人にもあけられた部隊、'軍隊'としていてはいけない
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2020/03/18/2020031800013.html


    最近、韓国軍で喜劇のような「警戒失敗」事件が相次いで起きている。首都ソウルを守る防空陣地に泥酔した男が侵入したほか、海軍基地には認知症の高齢者が入り込んだ。

    朝鮮日報は「敵軍なら、皆殺しの危機に直面」と指摘。「世界の本物の軍隊に失礼」と軍紀の確立を促した。

    同紙によると、16日には首都防衛司令部に属する防空陣地に50代の男が侵入し、1時間にわたって闊歩(かっぽ)した。泥酔したまま、山菜を採ろうと垣根の下の地面を掘って入り込んだという。

    1月には認知症の70代の老人が何ら制止されることなく鎮海海軍基地の正門を通り抜け、1時間以上も歩き回った。

    正門には検問兵が3人いたにもかかわらず、電話をしたり車を監視したりしていて見逃したが、鎮海基地は警戒失敗を報告すらしなかった。

    これらのほかにも、今月7日には民間人2人が済州海軍基地の鉄条網を破って入り込み、デモを行った。

    2時間も基地を引っかき回し、記念写真まで撮った。基地がデモ隊の遊び場と化したのに、待機班は2時間後にようやく出動した。

    平沢基地では昨年、挙動不審者に逃げられてしまい、偽の犯人を仕立て上げて隠蔽(いんぺい)・捏造(ねつぞう)するという事件まで起きていた。

    一連の事態を朝鮮日報は「泥酔者や認知症の高齢者ではなく敵軍であったなら、皆殺しの危機に直面していただろう。これを軍隊と呼んだら、世界の本物の軍隊に対して失礼だ」などと非難。

    別の記事では「現政権発足後、軍首脳部が南北軍事合意など『平和ムード』に偏ったことが軍紀紊乱(びんらん)につながっているという指摘もある」と言及した。

    韓国の鄭景斗国防相は17日に緊急指揮官会議を開き、警戒失敗について「弁明の余地はない」「反省する」としつつ、「特段の対策」を強調。

    「改めて骨身を削る努力で警戒作戦システムを徹底して点検・補完し、作戦紀綱を確立するための特段の対策を整備せよ」と指示したが、韓国軍関係者は「事件が起こるたびに反省と補完を強調するが、一線部隊に下ってくる後続の指針は、いつも全く同じだったり形式的だったりする」と語った。

    鄭国防相の発言に関して、朝鮮日報は社説で「今や、この言葉を信頼する韓国国民はほとんどいないだろう。韓国軍は『軍事力ではなく対話で国を守る』という軍隊だ」と皮肉っぽく解説。

    「敵の顔色をうかがう、世界で唯一の軍隊でもある。北朝鮮が韓国を狙う弾道ミサイルを撃っても、『不詳』と言ってはぐらかす。この先、『警戒失敗』よりもっと大きな事件が起きてもおかしくはない」と危機感をあらわにした。


    2020年3月21日(土) 13時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b790957-s0-c10-d0059.html

    引用元: ・【韓国】 喜劇のような 「警戒失敗」 事件相次ぐ韓国軍、「敵軍なら皆殺しの危機に直面」 と韓国紙 [03/21]

    【それは予定通りの行動なんだろう【韓国】 喜劇のような 「警戒失敗」 事件相次ぐ韓国軍、「敵軍なら皆殺しの危機に直面」 と韓国紙 [03/21]】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/11(火) 22:38:55.19 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    大邱(テグ)市内の某大学キャンパスで、日中に現役軍人が裸で歩き回って警察に捕まった。

    11日、警察によれば、この日の正午に大邱市内の某大学で20代の男が服を脱いで歩き回っているという申告が受理された。

    申告を受けて出動した警察は、現場で服を脱いでいたA(21歳)を捕まえた。

    現職軍人のAはガールフレンドが別れを要求すると、すぐにこのような事を起こした事が調査で分かった。

    警察は調査の過程で、Aが裸騒動直前にガールフレンドを性的暴行しようとしたが、失敗した事を確認して憲兵隊に引き渡した。

    ソース:NAVER/韓国経済TV(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=215&aid=0000681161

    引用元: ・【韓国】「性暴行失敗」~現役軍人、裸で大学内を歩き回る(大邱)[09/11]

    【【韓国】「性暴行失敗」~現役軍人、裸で大学内を歩き回る(大邱)[09/11] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/09/10(月) 12:16:34.72 ID:CAP_USER
    2018年9月10日、韓国・ソウル新聞によると、韓国で3年ぶりに発生した中東呼吸器症候群(MERS)患者が、何の疑いも持たれずに空港の検疫所を通過していたことが分かった。

    韓国疾病管理本部によると、8月16日から9月6日までクウェートに出張し、7日に帰国したソウル在住の61歳の男性がMERS感染の確定診断を受けた。7日午後4時51分ごろに仁川国際空港から入国した男性は、検閲官に健康状態質問書を提出した。

    中東地域からの入国者は、検閲法により同書類の提出が定められている。男性は同書類で「10日前から下痢が続いているが、現在は症状が軽い」と申告した。しかし疾病管理本部は「体温や呼吸器に異常が見られない」との理由で、男性を通過させた。

    当時、体調がすぐれなかった男性は車椅子に乗っていたが、検疫所では特に考慮されなかったという。帰宅後すぐ、男性は下痢の治療のため病院を訪れ、MERS感染が確認された。

    男性は検閲所で感染の疑いがある患者として分類されなかったため、妻とともにタクシーを利用して病院を訪れた。同乗者や医療関係者らは現在、密接接触者として隔離されているという。

    男性にはクウェートの病院訪問歴(8月28日)もあったことから、「疾病管理本部が検閲をおろそかにした」と指摘する声が上がっているという。

    MERS患者の多くは、医療機関での患者との接触により感染するといわれている。これに対し、同本部は「MERS感染の疑いがある患者の分類基準は、中東への旅行歴と呼吸器の症状、発熱だ」とし、「症状が下痢のみである場合は該当しない」と説明した。

    韓国では3年前にMERSが大流行した。政府が初期対応に失敗したことで、186人の感染者が発生し、38人が死亡。その後、同部では大々的な防疫システム改革が行われていた。

    これを受け、韓国のネットユーザーからは

    「前政権と何も変わっていない」
    「文政府は、安全な国を作ると約束しなかった?」
    「仕事をしない公務員を全員クビにしてほしい」
    「中東から帰国した人が下痢の症状。これだけでも十分疑わしい。マニュアル通りにしか働けないの?」

    など不満の声が相次いでいる。

    また、感染した男性に対し

    「病院ではなく、質病管理本部に電話すべきでは?」
    「タクシー運転手に何の罪が…」
    「男性はMERSにかかっていることを自覚していたに違いない。それなのになぜタクシーに乗った?」

    などと指摘する声も上がっている。


    2018年9月10日(月) 11時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b631147-s0-c30-d0058.html

    引用元: ・【韓国】 3年ぶりにMERS感染者、またも初期対応に失敗?=韓国ネットから不満続出 [09/10]

    【【韓国】 3年ぶりにMERS感染者、またも初期対応に失敗?=韓国ネットから不満続出 [09/10] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/11/07(火) 20:17:49.25 ID:CAP_USER
    Record china配信日時:2017年11月7日(火) 20時10分
    http://www.recordchina.co.jp/b206018-s0-c50.html

    2017年11月6日、韓国・中央日報などによると、来年2月に開かれる平昌(ピョンチャン)五輪・パラリンピックのボランティアチームが正式に発足したが、いよいよ配属が決定したボランティア志願者から早くも不満の声が上がっている。

    5日、ソウル大生向けのフェイスブックのページに、五輪ボランティアとみられるユーザーの投稿があった。投稿者は冒頭で、平昌五輪について「内心では開催が失敗してほしい」とつづり怒りの胸中を吐露した。

    投稿によると、ボランティアになるまでの道は険しく、昨年の夏ごろに志願書を提出、書類通過後に希望分野別の面接を受けて最終合格を通達されたという。その後も時間を割いて10時間を超える教育を受け、ようやく先月、具体的な職務・活動・地域・宿所などの配属が決定した。

    問題はこの配属先。投稿者に与えられたのは「交通整理および案内」「乗降車サポート」「チケットブースでの券売サポート」などで、いずれも当初の希望とは違っていたという。投稿者は「確かにそういう仕事のボランティアも必要。でも、希望職務に最終合格して教育を受けた者に対し、何の知らせもなく希望職務も配属しなかったり、まったく異なる職務に配属したりするのはあり得ない」と話した。

    こうした不満を持ったボランティアは他にもいたといい、主催者側に抗議をしたというが、「人員計画を間違った」「宿所を十分に設けられなかった」「ボランティアがいなかったら五輪運営が困難。楽しい気持ちで臨んでほしい」などの回答が返ってきたそうだ。

    投稿は「劣悪な処遇でも専攻と関連のある職務に就けると思い、多くの時間を投資してボランティアに臨もうと思ったが、そうした考えはもうやめる」と締めくくられた。

    この投稿に接したボランティア志願者たちからは「取材を希望したのにチケット担当になった」「ITを希望したのに駐車整理になった」など互いの近況に関するコメントが多く寄せられ、中には「面接を受けなくてよかった」と安堵(あんど)する声も。

    また「これが本来の韓国の姿なんだけど、学生たちには衝撃が強かったようだ」「五輪組織委は『ボランティア=ただ働きのバイト』と考えている」など達観したような指摘も。

    開催まで100日を切ったが、まだまだ問題が山積みの状況に「平昌五輪は大コケすればいいさ。そして二度と国際イベントは誘致しないで」と冷めた声もあちこちで上がっている

    引用元: ・【平昌五輪】ボランティアの扱いがひど過ぎる!?志願者から怒りの声=韓国ネット志願しなくてよかった」「ただ働きのバイトと思われてる

    【【進んで祖国のために尽くせや】平昌五輪のボランティア志願者「内心では開催が失敗してほしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ