まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:嫌韓

    1: まるっとニュー 2020/11/06(金) 09:48:32.71 ID:CAP_USER
    『パリ症候群』とは、異文化に遭遇した時に発生する適応障害やカルチャーショックを示す精神医学用語です。

    (動画)
    https://youtu.be/pWOLSSfDOIw



    早稲田大学出身の1980年生まれの日本人女性、菊川エリカが書いたこの本は、『ソウル症候群』というタイトルがすでにその内容を示唆しています。仁川空港に到着した瞬間、感激のあまり涙を流すほどK-ポップやK-ドラマ、ハンサムな韓国の男性に魅了された著者は、空港タクシーのぼったくり料金から幻想が崩れはじめます。彼女は5年間韓国に滞在して、出会った各界各層の韓国人と職場、日常の文化を注意深く観察しながら詳細に記録しました。それに従い、次第に『親韓⇒知観⇒反韓⇒嫌韓』へと移り、最終的にソウル症候群に罹ってしまった自身を含め、数多くの周囲の日本人のカルチャーショックに向けて以下のように打ち明けます。
    _______________________________________________________

    最も大きな乖離は『関係』の違いから出てくるという。日本人はお互いに距離を置いて付き合うのが対人関係の鉄則だが、韓国人は近ければ不愉快と疲労を越えて戦慄まで感じさせる。エレベーターで何度か目礼を交わしただけなのに、ある日だらしない身なりで突然訪ねてきた隣の女性。名前と年齢を聞いてソファーに横になり、「オンニ(姉さん)と呼べばいいね」と恩を売って以降、頻繁に出入りしてベッドで横になったり、冷蔵庫は開くしトイレで大便までする。

    韓国人は私生活の窃視症患者であり露出症患者だ。頻繁に鳴り響くカカオトークの通知音、うんざりするメールと電話攻撃、「何してる?」、「ごはん食べた?」、「どうしても恋人が精神的に・・・」、「どうしてもオムマ(母さん)が認知症に・・・」、究極の寒気がする最後の挨拶は「また連絡するよ」である。

    他人に対する配慮や礼節はほとんどない。日本ではエレベーターの中に乗っている人がボタンを押すが、韓国では外にいる人がボタンを押している。さらにはトイレに行った仲間たちを待ったりする。 「死にそう」、「気が狂いそう」、「回りそう」など、日常の中で韓国人は自分で抑えられない感情による過激な表現方法で、日本人を恐怖に震えあがらせる。

    ケチで貪欲な韓国人は所得計算に鋭敏で、自分が少しでも損をすると思うと白目をむいて口から泡を吐く。
    _______________________________________________________

    ・・・と言いながら、文化的な違いを挙げて反論しました。

    この本を読んだ読者は、「これを翻訳して推薦した人たちは、ヘル朝鮮と自虐することの中毒になったようだ」、「日本人の嫌韓感情がどれだけ歪んで歪曲した思考から出たか、その心理が分かる」、「ただのユーモア本として軽く読めば面白い本だ」など、様々な意見を出しました。

    ソース:トップスターニュース(韓国語)
    http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=843500

    引用元: ・【韓国】韓流マニアの日本人、韓国に滞在して5年後に『嫌韓』に急変したと発言[11/06] [ハニィみるく(17歳)★]

    【韓国ってそんなもんだよ【韓国】韓流マニアの日本人、韓国に滞在して5年後に『嫌韓』に急変したと発言[11/06] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/10/27(火) 09:20:01.43 ID:CAP_USER
    webコミック『ヘタリア』の新規アニメーションが2021年に製作され、雑誌に新作が連載されるという消息が伝わり物議を醸している。

    去る22日、『ヘタリア』の作者である日丸屋秀和がツTwitterを通じて新作製作の消息を伝え、韓国国内のネチズンが激憤する事態が起きた。

    世界各国を擬人化して作ったマンガである『ヘタリア』は、世界各国の行跡を風刺してBL要素を加えたという紹介をしているが、実際はそうでない。

    全体的な考証が合っていないのはもちろんのこと、第二次世界大戦当時のファシズムとナチズム、帝国主義、植民地主義などのテーマを歪曲して伝えているため、これらを美化しているという批判を受けている。

    (写真)
    no title


    特に韓国のキャラクターの場合、嫌韓である日本の右翼史観を基にに作られており、中国を兄さんと呼び、世界に迷惑をかけるなどの設定が盛り込まれている。

    このために韓国国内では右翼問題によってタブー視される作品だが、意外と海外では人気が高いらしい。

    これに先立ち今年の2月には、グッドスマイルカンパニーのパートナーショップがヘタリアの『日本』キャラクターの発売を発表し、大きな批判を受けている。該当のツイートは最終的に削除された。

    今回の新作アニメーション製作の消息で再び議論が再浮上し、ネチズンたちは「何でまた出てくるんだ」、「旭日旗もそれとなく出てくる」、「無知の結晶じゃまいか」、「忘れていたのに何でまた出てくるんだ」などの反応を見せている。

    現在ヘタリアは一日中、Twitterのトレンドに上がっている状況である。

    ソース:トップスターニュース(韓国語)
    http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=841289

    引用元: ・【韓国】「忘れていたのに・・・」~日本のマンガ『ヘタリア』の新作アニメ・連載再開で嫌韓・右翼議論が再浮上[10/27] [ハニィみるく(17歳)★]

    【芸術の自由がーに 【韓国】「忘れていたのに・・・」~日本のマンガ『ヘタリア』の新作アニメ・連載再開で嫌韓・右翼議論が再浮上[10/27] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/07/06(月) 07:27:10.13 ID:CAP_USER
    過去4年間にわたり韓国人差別政策を露骨に繰り広げてきた現職の小池百合子氏(67)が東京都知事選で再選を果たした。
    小池氏は5日、22人が立候補した東京都知事選挙で再選を決め、今後4年間の都政を再び預かることになった。

    小池氏はこの4年間、韓国を差別する嫌韓政策を展開した。

    2016年の出馬時、朴槿恵(パク・クネ)大統領=当時=の要請で舛添要一前東京都知事が約束した東京韓国学校の移転計画を白紙化すると公約した。
    東京都新宿区にある1400人規模の小中高課程を持つ東京韓国学校は敷地が狭く、在日韓国人社会はこれを拡大・移転すること宿願事業として推進していた。

    小池氏は毎年9月1日、1923年の関東大震災時に日本人によって殺害された韓国人の追悼式が行われる際に都知事が追悼文を送っていた習慣も廃止した。

    この追悼式には「極右の代名詞」と言われた石原慎太郎元都知事も欠かさず追悼文を送っていたが、小池氏は就任翌年からこれを拒否している。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/06/2020070680001.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 過去4年間にわたり韓国人差別政策を露骨に繰り広げてきた小池氏、東京都知事再選・・・「嫌韓」続く見込み [影のたけし軍団ρ★]

    【自分の事は棚に上げるクズ 【朝鮮日報】 過去4年間にわたり韓国人差別政策を露骨に繰り広げてきた小池氏、東京都知事再選・・・「嫌韓」続く見込み [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/05/27(水) 11:21:58.95 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ チ ン・リナ=ハノイ特派員(国際部)
    _______________________________________________________

    ベトナム関連のニュース記事にはベトナムに対して批判するコメントが殺到し、YouTubeには後頭部を殴って(不意打ちをかけて)裏切ったベトナムを『損切り(ソンジョル=関係を断つという意味の新造語らしい)』すべきだというコンテンツが殺到している。特派員に対しても、「あなたはベトナム人ですか、韓国人ですか」という抗議が相次ぐ。韓国の新南方政策の『最愛国家』だったベトナムは今や日本に次ぐ公共の敵になり、イルベ(日本とベトナム)と呼ばれる境地に至った。

    今年の2月末、大邱(テグ)からダナンを訪ねた韓国人乗客が隔離されて起きた『パインミ(ベトナム式サンドイッチ)』事件の際、その時に勃発した両国ネチズンの争いが火種になった。当時、一人のベトナムネチズンが太極旗の太極紋様をコロナウイルスの形に合成した後、『サウスコロナ』と嘲弄する掲示物を掲載したことでベトナムに蔓延する嫌韓の根拠として数えられ、今でもYouTubeやインターネット上で広く取り沙汰されている。

    このネチズンはオンラインゲームコミュニティの運営者で、後援を受けるための口座番号を提示しながら様々な話題を提供するストリーミング放送も行っている。ある事件が起きると人々の関心を引かなければならない。彼が投稿したサウスコロナの掲示物にも『いいね』が付いたが、一部の問題的なネチズンであり、ベトナム国内でも『不適切で度が過ぎる』という批判の方が大きかった。慰安婦とセウォル号を嘲弄したという1~2件のコメントも、ベトナムが第二次世界大戦当時に日本軍の駐屯や、慰安婦の強制徴集で被害を被った国家という点を考慮すれば、正常であるとか多数意見であるとは思えない。

    ベトナムに嫌韓はない。コロナ19という前例がない事態の中、一時的な反韓感情が現れただけだ。 しかしYouTubeのアクセス数やフォロワーを増やすため、存在しない嫌韓・嫌ベトナムの基調を作ろうとする者は確かにいる。これらは絶えず対立を助長しながらフェイクニュースを交ぜたり、ニュースを巧みにねじ曲げて誇張して継ぎ合わせる。

    中国において、中国への嫌悪発言が日常茶飯事なイルベ(日刊ベスト保存所)が韓国全体の世論であり、韓国では嫌中が広まっているから『限韓令』で対抗すべきだと主張すれば、我々はどう思うのだろうか。昨今の状況はこれに大差がない。

    3月の初めに現地の僑民たちが、韓国からベトナムに入国して施設に隔離された韓国人とベトナム人に対し、分け隔てなくに救護品を伝達した。反韓感情も下がった。パク・ノワン駐ベトナム韓国大使を始め、韓国大使館も現地の防疫に対する支援を取り持つ一方、韓国企業の特別入国支援と協力関係を強固にするために奔走した。現在ベトナムは、韓国にだけ異例的に企業家の大規模特別入国を許している。

    存在しない嫌韓を作り出して対立と不和を助長し、ひたすらベトナムを憎むことと自国優先主義、不確実になる経済交易や交流など、新たな特徴が台頭するポストコロナ時代に備えた成熟した外交関係を築いて行くこと。何が真の実利追求で愛国なのかは明らかだ。

    チ ン・リナ=ハノイ特派員

    ソース:アジアトゥデー(韓国語)
    http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20200526010014004

    引用元: ・【韓国】記者の目・・・『ベトナムに嫌韓はない』[05/27] [ハニィみるく(17歳)★]

    【他国のせいにする前に自分達に非がないか考えろ。】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/05/16(土) 10:56:07.03 ID:CAP_USER
    韓流・K-POPの限界「嫌韓と住み分けができておしまい」と韓国語学の大学教授

     K-POPをはじめとする韓国カルチャーが若者の間でブームとなって久しい。日韓関係改善においても、文化交流の果たす役割に期待する声もあるが、北海商科大学教授(韓国語学)で、国際交流センター長の水野俊平氏はシビアな見方をする。16年間の韓国在住経験があり、『韓国の若者を知りたい』(岩波ジュニア新書)、『庶民たちの朝鮮王朝』(角川選書)などの著書がある水野氏にKPOPの影響を聞いた。


    *  *  *

    ――韓国のアイドルBTSの世界ツアーが4月末、コロナ禍で「再調整」となったことは日本でもいち早くニュースになりました。それほど韓国カルチャーが日本で浸透しています。

    水野氏(以下敬称略):私が勤める北海商科大学でも韓国語の授業はたいへんな人気です。教養科目としてですが、週9時間もの授業を受けられます。そのため学生が全道から殺到している状態です。最近は、要望があって高校にまで教えに行っていました。

    ――受講生はK-POPファン? 韓国の芸能人が発するSNSを読みたい、話していることを理解したいという気持ちが韓国語を学ぶ大きなモチベーションになっていると多方面から聞きます。

    水野:大半はそうでしょう。受講する学生の9割が女子。最近は男子も受講するようになってきています。大学の交換留学の制度には定員の4倍もの応募がありますよ。ハングルを学びたいというのは、日本人ばかりではありません。私は大学院でも教えていますが、その受講生には中国人留学生が多いんですね。半分は単位取得目的、もう半分はKPOPのファンですね。3年ほど前から、韓国に行きたい、韓国で働きたいという10代の若者が増えてきた印象です。

    ――K-POPの影響は大きいですね。その若者の熱意は、何らかの形で実を結ぶのでしょうか。

    水野:実際に韓国企業に就職した学生もいますが、数は少ないです。観光などの業種で韓国とのつながりをもって働くパターンはあります。

     ただね、韓国で働くって、そんなに甘くはありません。旅行で「お客さん」として訪れる分にはいいでしょう。でも冷静に考えて、そこに住んで、一生のキャリアを積むことができますか。韓国は先進国です。そこで通用するようなスキルがないとそもそも就職は難しいですよ。また、能力・実力が同じならば、日本人ではなくて韓国人を採用するでしょう。それは日本でも同じではないでしょうか。


    短期の留学に学生にも、そこまでシビアな現実は語りませんが、最低限、自分の身を守れるようには教えています。昨年は反日運動が盛り上がっている中で、保護者の心配もありましたから。

    ――若者の間で韓国カルチャーがブームの一方で、今は「嫌韓」も目立つ。この相反する現象をどのようにみていますか。

    水野:残念ながら、K-POPファンは「韓国」には興味がないという人がほとんどです。わかりやすく言えば、コスメ、グルメ、イケメン三つの「メ」以外には興味がないのです。韓国の文化や歴史、政治に関心を寄せる人がどれだけいるでしょうか。完全に趣味の領域なのです。


     もちろん、個人の好みを否定するつもりはありません。確かにBTSなどは世界的なアイドルで非常に洗練されています。日本にはそうしたカルチャーがない。だから惹かれるんですね。実力があるので、日本で人気が出るのも当然です。

     しかしながら、「嫌韓」とK-POPファンはお互いの関心事が異なるので、交わることはありません。「嫌韓」は、結果を出しているKPOPの実力も否定したがりますが。とはいえ、特にネット上では、両者はきれいに住み分けができておしまい、それが現実なのだと思います。

    (聞き手・構成/AERA dot.編集部・鎌田倫子)
    https://dot.asahi.com/dot/2020051300063.html

    引用元: ・【AERA】 韓流・K-POPの限界   日韓関係改善の役割に期待していたが嫌韓と住み分けができておしまい[5/16] [鴉★]

    【最初は興味があっても知れば知るほど嫌いになる】の続きを読む

    このページのトップヘ