まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:安倍

    1: まるっとニュー 2020/04/27(月) 09:47:09.25 ID:CAP_USER
    「順調に見えるが…」 イタリア人元DFがコロナ禍の日本に警鐘「正しい認識ではない」
    https://www.football-zone.net/archives/258872

    2020.04.27 07:54
    https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2020042707474121425

    日本に住んでいる伊サッカー選手出身のマヌエル・ベレッリが「『アビガン』を治療薬として広報した安倍総理のせいで、日本人は自分たちがコロナ19に安全だと勘違いしている」と話した。

    日本メディアである『フットボールゾーンウェブ』は去る26日「ACミランの東京アカデミー技術理事であるベレッリが、日本人たちはコロナ19に対して勘違いしていると警告した」と報道した

    日本のACミラン・アカデミー技術理事として東京に居住中のベレリはこのメディアに「日本はアビガンをコロナ19の治療薬としながら、自分たちは安全だと勘違いしている」として「絶対にマトモな現実認識では無い」と明らかにした。

    安倍晋三日本総理は自国企業が作った新型インフルエンザ治療薬アビガンがコロナ19治療に効果があると広報してきて、G7会議ではアビガンをコロナ19治療に使用することを提案したことが伝えられた。

    このようにアビガンを治療薬と広報した安倍総理の発言のせいで日本内ではコロナ19に治療薬が存在すると信じる人々が増えたことが分かった。

    しかし、アビガンのコロナ19治療効果はまだ立証された事は無い。去る24日、日本ではアビガンを処方された70代のコロナ確定診断者が死亡したりもした。

    引用元: ・【💊】安倍の『アビガンを売るためのウソ』に日本国民は騙されている[04/27] [Ttongsulian★]

    【イタリア人がまとめて馬鹿に見える【💊】安倍の『アビガンを売るためのウソ』に日本国民は騙されている[04/27] [Ttongsulian★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/22(日) 22:03:47.70 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 日本の『読売新聞』のソウル支局長は22日、自身のコラムを通じて韓国政府の『コロナ19』の対応について、ひたすらに与党の『総選挙用』と批判して物議を醸している。
    _______________________________________________________

    <グッドモーニング忠清=チョン・ムンヨン記者>
    日本最大の日刊紙である『読売新聞』は22日付の7面に、『国民惑わす選挙宣伝』という見出しの不届きなコラムを掲載した。

    コラムは『読売新聞』の豊浦潤一ソウル支局長が執筆して、文在寅(ムン・ジェイン)政権の『コロナ19』の対応をひたすらに『総選挙用』だと非難した。現政権がコロナ事態を与党の総選挙戦略に合わせて対応しているという、デタラメな主張を繰り広げているのである。

    彼が提示した根拠を見れば、元ベテラン級の記者なのかと疑問が浮かぶほど浅はか極まりない。

    まず、先月13日の経済界懇談会の際に、「国内での防疫管理は(ある程度)安定的な段階に入ったようだ。(コロナ19は)遠からず終息する」と述べた文在寅大統領の発言を取り上げた。これを総選挙の日程と結びつけて疑ったのである。

    引き続き、前日12日の保健福祉部次官の発言を持ち出した。「(まだ)集団的な行事を取り消し、延期する必要はない」と述べた発言である。当時、韓国政府が警戒を緩めていなければ、感染者のエクスプロージョン !!(爆発的増加)を防げたのに、あえて警戒を緩めたかのような論理を展開した。

    それと同時にこれら二つの発言を、「単なる楽観(論)というより、差し迫った総選挙に対する焦りがもたらした」とし、『総選挙用』とこき下ろした。非常に不届きな視覚である。

    そして、「総選挙まで消費の冷え込みなどが続けば(選挙が)与党に不利になると考え、前のめりになった発言ではないだろうのか。危機管理の局面で政権トップ(最高指導者)自らが政府の信頼を失墜させてしまった」と指摘した。不届きな想像を前提にした、『似非(えせ)ジャーナリスト』の断面を露わにした。

    彼の疑念は収まらない。彼は、「防疫上の観点ではなく、選挙対策として見れば納得がいく」とし、日本の入国制限措置に対する韓国の反撃を取り上げた。「韓国に入国制限措置を取った国の中で、唯一韓国だけが日本に対抗措置を取った」とし、「日本に強く出なければ、世論の反発が怖いから」という説得論理を繰り広げた。

    安倍政権が政略次元で持ち出した入国制限措置に対し、じっと伏せながら対抗したのは、文在寅政権が政略的に近付いたのではないかという、古臭い植民地史観的な主張である。

    また、「総選挙で敗れた場合、2年の任期を残して文在寅政権がレームダックになる公算が大きい」とし、「そのため勝つことが優先」と付け加えた。ひたすらに総選挙の勝利という一念の下、文在寅政権が事態を臨機応変に『誤魔化している』とし、幾重にも捻じ曲げたのである。

    読売新聞のソウル支局長はこの日、事実を始終全面的に歪曲して、1人称の観点という狭い観点で、極めて偏狭な『駄文』を書き散らしたと言っても過言ではない。

    日本の『嫌韓感情』を刺激して、危機に陥った安倍政権の背中をなだめる浅はかな舌先三寸を通じ、彼はこの日、自分が日本版の『寄生虫』役を天下に公言することになった。

    歴史学者のチョン・ウヨン教授は、「読売新聞が韓国の未来統合党の支持者と “完壁に一致した” 主張をした」とし、「1世紀前に我々の祖先は、“外見は韓人だが腸(はらわた)は倭人の鬼のような者” を、“トオェ(土着倭寇)” と呼んだ」と皮肉った。

    ソース:グッドモーニング忠清(韓国語)
    http://www.goodmorningcc.com/news/articleView.html?idxno=229252

    引用元: ・【韓国】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』[03/22]

    【感情論で罵詈雑言並べてるだけの朝鮮メディア【韓国】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』[03/22]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/16(月) 15:28:42.59 ID:CAP_USER
    no title

    ▲妖怪アマビエ(写真=ウィキペディア)
    no title

    ▲江戸時代に登場し伝染病から人を守るという妖怪「アマビエ」が人形でも作られてSNSで大流行しているという。(写真=日本SNSキャプチャー)

    中国発コロナ19(COVID-19、新種コロナウイルス)が全世界で急速に広がっているなか、当初、ウイルス拡散初期にクルーズ船ダイヤモンド プリンセス(Diamond Princess)が日本横浜港に停泊し、安倍晋三政府は速かにクルーズ船乗客に対する検査あるいは下船などの措置を取らなかったことによって国際的な非難を免れなかった。
    (中略:コロナ19対策等)

    本来、本当にすべきコロナ19対策は迅速で、透明で、公開的で国民と協力しながら問題解決することだが、死者、確診者数を最大限減らし「日本は清浄国家であるから、東京オリンピック開催には何の問題もない」と誇示したいのだ。日本人はもちろん全世界のスポーツ選手たちの安全には関心さえないように見える。

    この様な状況のためか、この頃、日本では174年以上前の妖怪がSNS上で流行しているという。この妖怪は他でもない「アマビエ(amabie)」だ。アベ政権のコロナ19対策が不安なのか、封建主義的な過去の日本で流行した超自然的な生命体「アマビエ」という妖怪が21世紀の日本の領土に再び登場している。

    この妖怪がコロナ19と戦って勝てるという信頼のためだ。

    長い髪を持つ多少やぼったくて魅力的ではない半人半魚(半分は人間、残りの半分は魚形)に生まれ変わった江戸時代の「アマビエ」と呼ばれる「妖怪」が今日のコロナ19と類似の病虫害などから保護する意味を持つされる。この「アマビエ」という江戸時代肥後国(熊本県)に現れたという。

    1846年4月中旬、毎夜光る物体が出現し、村に住む役人が船に乗って海に出たところ、現れたアマビエの姿が人魚と似ており、口は鳥のクチバシの様で首の下にはうろこがあった。このアマビエがその役人に「海に住むアマビエ」と言い、「今後6年間は豊作が続くが、もし疫病が流行したら、私の絵を描いて皆に見せよ」と予言し海中に消えてしまったという話だ。

    当時、このようなうわさがチラシ(かわら版)にのせられて多くの人々に伝えられ、今でもアマビエの姿を描いた絵や人形などで作られて広がっているという。

    正確に知る術はないが、21世紀の第四次産業革命時代を目前にした時点でアベ政権のコロナ19対策に対する日本人たちの不安感が旧時代の迷信である妖怪を呼びよせて慰められようとする奇妙な感じをもたらす。誤った政治指導者が多くの国民を迷信に導く、珍しくもない現象を見ることになる。

    ハ・テギュン記者

    ソース:ニュースケープ(韓国語)コロナ19,アベそして日本妖怪‘アマ費に’
    http://www.newscape.co.kr/news/view.php?idx=44700

    引用元: ・【コロナ19】 安倍と妖怪「アマビエ」~誤った政治指導者が国民を迷信に導く[03/16]

    【カルトで集団感染起こしとる国の事か 【コロナ19】 安倍と妖怪「アマビエ」~誤った政治指導者が国民を迷信に導く[03/16]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/12(木) 11:40:42.87 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ ファン・シンギ平和研究所長
    _______________________________________________________

    SARS、新型インフルエンザ、MERSからコロナ19まで、17年間で4つの感染病が我々を苦しめている。人類の歴史と共に歩んだ感染病の経験が蓄積されているはずだが、依然として国によって政治指導者による対処が異なり、結果も雲泥の差がある。それはたぶん、歴史の教訓として学んだか、学んでいないかの違いだろう。

    コロナ19の危機で、安倍晋三首相が出した政策は駄作中の駄作である。クルーズ船『ダイヤモンドプリンセス』の失敗や、ノーベル生理学賞を5人も排出した医療先進国のくせに、コロナ19の検査が1日で1,300件あまりに過ぎない不思議は、SARSやMERSを経験していない『ウイルス不感症』だとしておこう。アジアで唯一2度目の夏季オリンピックを行う底力の日本なのに、すぐによくなるだろうと楽観して応援までした。

    しかし、1日に2万件に迫る数を迅速に検査する韓国の診断、治療体系と比較して、鈍臭い日本政府のコロナの対応に怯え、苛立った日本人が、「命よりもオリンピックが重要なのか」と安倍政権の支持を一人二人と撤回すると、慌てて打ち出した政策に呆れ返ってしまう。事実上の韓国人と中国人の入国禁止である。

    コロナ19の増加傾向が鈍化している韓国、中国からの入国拒否と、日本で拡がるコロナと何の関連性があるのか、科学的データや検証結果も提示しなかった。11日の厚生労働省の発表を見れば、クルーズ船を除く日本国内の確診者は、前日よりも約9.5%も増加した568人に達した。日本各地で拡散するコロナを防ぐ方法が『ミジュギワ対策(水際である空港や港湾でウイルスを防ぐという意味)の根本的な強化』とか、島国らしい発想である。国民の不安を解消できない、政治の無気力を見ているようである。

    中国の習近平(シ・ジンピン)国家主席の日本訪問延期を発表した日に出た韓中発の入国禁止は、安倍政権の岩盤支持層である核心保守勢力を満足させるための『政略的』決定である。安倍も『政治的判断』であることを認めた。草と緑は同じ色(類は友を呼ぶ)か。韓日保守の『中国(韓国)人入国禁止』の主張がいかに似ているのか、不思議な程だ。国民を意識せざるを得ないのが政治家だが、コロナ19という未知の感染病に医学と科学で対処すべきなのに政治が介入し、医療先進国のくせに後進国のような対応を取る日本を世界が注目しているのはアイロニー(皮肉)だ。

    昨年7月、日本は半導体の核心素材3品目に対する対韓国の輸出規制を打ち出した。強制動員被告企業の韓国国内資産の現金化も行われていないのに、安倍は報復の剣を抜いて国際社会を驚愕させた。当時、参議院選挙を控えた対韓国強硬策は、安倍と彼を取り囲む右翼の作品である。日本ですら反発を招いたこの措置は選挙で大した結果は出なかったが、韓日関係を国内政治に躊躇なく利用する安倍の真の姿をはっきりと確認させた。

    今回もその延長線上である。韓国人入国禁止について、韓国人や韓国政府が猛烈に反発することを予想して、安倍は先制攻撃を加えたのだろう。韓国は日本のコロナ感染者の増加傾向、数字に表れない『透明の感染者』がさらにいるはずだという恐怖にもかかわらず、日本人の入国禁止に慎重な姿勢を立て通してきた。「コロナ診断キットの技術を日本に提供する」と、保険福祉部長官が公言までした韓国である。もちろん韓国は日本が発表した翌日の6日の夕方、迅速に相応措置を出した。泣きたいところに頬を殴ってくれた(?)恰好である。

    韓国を軽く政治に使う日本と同一線上に置くのは冒涜であり、韓国を侮辱する嫌韓行為である。日本のビザ効力停止に対し、相互主義に従ってビザ効力停止を選択した韓国政府を『反日』だと攻撃する日本の保守と一部のメディア、ジャーナリストの見当違いな話を聞くのは痛々しい。

    日本の大邱(テグ)や清道(チョンド)など、感染者の発生が多い地域の入国制限は妥当だった。しかし、全面的な制限は納得し難い。『特別入国手続き』のような中間段階をなぜ省略したのか残念だ。輸出規制措置や韓国人入国禁止は、歴代のいかなる日本の首相も行わなかった外交的逸脱だ。殖民地支配の負債意識が少しでも残っていた元首相とは異なり、韓日を普通以下の関係に下げようとする安倍首相は韓国に大きなリスクだ。

    韓中、韓日、日中は、外交懸案を常に抱えて住んでいる隣人である。非伝統的な安保領域である感染病だけは、国境を越えて協調する枠組みを作るべきなのに、日本は単独で逆行する。安倍リスクがどこまで暴走するのか心配だ。

    ソース:ソウル新聞(韓国語)
    https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20200312031018

    引用元: ・【ソウル新聞】「安倍リスク」[03/12]

    【ただの悪口やんw 【ソウル新聞】「安倍リスク」[03/12]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/08(日) 22:13:14.77 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 世宗大学校の保坂祐二教授
    _______________________________________________________

    世宗(セジョン)大学校の保坂祐二(ホサカ・ユジ)教授は8日、日本の安倍晋三首相が『コロナ19(新型コロナウイルス感染症)』と関連して、韓国人と中国人に対する入国制限措置を取ったのは、日本国内の右派の要求を受け入れて、支持率を上げるためであると分析した。

    保坂教授はこの日自身のFacebookを通じて、『日本の右派が安倍に中国人の入国禁止を要求した』という内容の日本の現地メディアの記事を共有し、このように明らかにした。


    保坂教授は、「日本の右派は中国人の入国禁止を断行しない安倍に対する批判を強めていて、その影響で安倍政権の支持率が下落した」とし、「安倍は(4月に予定された)習近平の訪日を延期して、右派の中国人の入国禁止要求を受け入れた」と述べた。

    続けて、「右派は韓国人の入国禁止を “嫌韓” 次元で主張していたが、それも受け入れたのは安倍が嫌韓を利用して支持率を上げようという魂胆をよく示している」と指摘した。

    保坂教授はまた、「日本の右派は “コロナ19” を依然として武漢肺炎・中国肺炎・武漢ウイルスなどと呼んでいるらしいので、韓国側の保守野党とまったく同じということに驚愕する」と言及した。同時に、「安倍政権は間もなく天罰を受けるだろう」とも付け加えた。

    保坂教授は日系の帰化韓国人で、世宗大学校の独島(トクド)総合研究所長を務めている。

    ソース:news1(韓国語)
    https://www.news1.kr/articles/?3866444

    【天罰はお前だよ【韓国】保坂祐二、「嫌韓を利用して支持率を上げようという下心の安倍・・・天罰を受けるだろう」[03/08]】の続きを読む

    このページのトップヘ