まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:安倍

    1: まるっとニュー 2019/09/20(金) 21:19:22.43 ID:CAP_USER
    写真
    http://www.labornetjp.org/image/2019/091805

    <特集 : 日韓「ピープル to ピープル」でいこう>

    ★ゲスト=イヨンチェ(日韓問題研究家・恵泉女学園大学教授)・金承民(キムスンミン・在日韓国青年同盟委員長)・菱山南帆子(市民活動家・「許すな!憲法改悪・市民連絡会」) 司会=尾澤邦子、で内容の濃い話が展開された。

    ◆日韓100年史
     最初にイヨンチェさんの日韓100年史。朝鮮の日本の植民地化にはじまり、戦後の南北分断。そして韓国の悲願である南北統一を文在寅はアメリカに楯突いてもなし遂げたいという強い意志について語る。今回の嫌韓の動きの発端になった徴用工問題は、ほとんど知られていたなかった植民地時代の日本の行状を世界に知らせることとなったという。また1965年の段階で、台湾を含めた植民地問題が伏せられてしまったことは大きい。

    ◆韓国市民の訴えたいこと
     菱山南帆子さんは、韓国市民の訴えたいのは「NOアベ」であると強調。そして韓国に来る各国の人たちは、安倍首相を「世界の平和の阻害物」と認識しているという。安倍のしていることを見ても、アジア軽視、アメリカ従属の流れである。日本が戦争ができる流れの中にあってそれを止めるには、世界の市民と連帯していくことしかないという。
    http://www.labornetjp.org/image/2019/091804


    ●韓国のみでなく、世界がよくなるために

     金承民さん(写真下)は、安倍首相個人ではなく、安倍的にものに対する「NOアベ」であるという。いま、ただ韓国だけではなく、世界がよくなることを求めるなら、アベ的なものの排除が必要。在日として、これまでの100年に続くこれからを生きることは、自分に直結していることその覚悟にも言及した。
    http://www.labornetjp.org/image/2019/091803


    ◆市民メディアで溢れれば
     1987年に民主化されたときに、ハンギョレ新聞はじめ、ネット配信を含め市民メディアが盛んになったが、李明博、朴槿恵の時代になると次々弾圧を受けた。文在寅の現在はそれらのメディアの立て直しをしていると、イヨンチェさん。第2次安倍内閣はメディアの掌握から始まっている。日本国内にいると、真実が見えない。大手メディアに頼らず、自分で現場に行って自分の目、耳で見て聞いて、それを発信していくことが必要という。

    ◆歯切れの悪いメデイアの追及
     河野太郎の無礼さに加え、2年前に彼は徴用工の個人の請求権は消えてないと言っていたが、どうなのか? それに対してメディアは追及しないなど、菱山さんは歯切れがいい。ネットでは、「せん滅する」などと脅されても、実際は何も起こらない。恐れず発信していこうという。慰安婦を知らなかったり、加害の歴史に目を向けないのは問題。だが映画などにいいのがあり、そこに若者が来ているのはとてもいいことという。

    ◆在日として生きることの辛さ
     金承民さんは、在日に対しての誹謗中傷はここにいること、生きていることを認めないと言われているようなものなので辛いという。100年の過去を背負い、未来すらその続きにある。在日には終わりがない苦しみであるという。

    レイバーネット
    http://www.labornetjp.org/news/2019/0918shasin

    引用元: ・【NO 安倍】在日の金さん「アベ的なものの排除が必要。過去の100年を背負い、在日としてこれからも生きる」[9/20]

    【日本人と敵対するってことかい? 【NO 安倍】在日の金さん「アベ的なものの排除が必要。過去の100年を背負い、在日としてこれからも生きる」[9/20] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/20(金) 01:36:55.46 ID:CAP_USER
    no title

    ▲保坂教授の新刊『阿部、彼はなぜ韓国を倒そうとするのか』300ページ.1万5千ウォン.

    「日本はかなり以前から自国がアジアで最も影響力のある国の座を念願してきた。そのため、韓半島を日本の支配下に置きアジア大陸進出の踏み台にしようとした。」
    「安倍晋三は第2のヒットラーになろうとしている。その手段は人事権掌握と改憲憲法の緊急事態条項だ。嫌韓極右勢力という彼の親衛隊が助力している。」

    韓日関係は急冷段階を越え果てしなく墜落している。7月1日、日本の安倍政権が韓国に経済報復措置を取ったことが決定的契機になった。韓日関係専門家の保坂祐二教授(世宗大)は安倍政権が1945年以前の大日本帝国を復元する意図でシナリオを進めている、と主張する。

    このような背筋が寒くなる見解は保坂教授の新刊『安倍、彼はなぜ韓国を倒そうとするのか』で確認される。大日本帝国復活のために安倍政権は事実上「独裁」の道をたどり、結局、ぞっとする侵略と戦争を起こす可能性があるという。著者はこの様な兆候を何年か前から強く感じ始めたと打ち明ける。嫌韓デモを主導する非理性的極右集団が現れ、安倍晋三という極右政治家が継続して総理になる非正常的現象が日本で日常化してしまった。

    「日本行政府の構造が2014年以降、大きく転換して2019年に『独裁的』権力を出現させた。安倍政権の暴走は今後も続くだろう。すべての政策が安倍総理を中心にごく少数の極右政治家によって決定される密室政治が現在の日本政治の本質だ。」

    保坂教授は安倍総理が第2のヒットラーになるため自ら選択した情況を見出してその実体を掘り起こそうとした。安倍と彼を支える極右団体・日本会議の究極の野心は大日本帝国の復元。これを実現する最初の段階として韓国を恐れ反駁し始めたという。しかし、安倍政権にもアキレス腱がある。「アベノミクス失敗」と「福島原発問題」がそれだ。そのような内政問題に国民の視線が集まらないように安倍政権が外部に作った『敵』が韓国だ、と著者は指摘する。

    ヒットラーがユダヤ人を敵とみなしてドイツ人の怒りや不満の噴出口としたように、今の安倍政権は韓国を犠牲にして日本国民の怒りと不満を噴出させているわけだ。この様な傾向は北米関係が改善され明確になった。それ以前は北朝鮮が日本の『敵』だったが、北米関係改善を契機に北朝鮮にラブコールを送り始めた安倍政権は韓国を『敵』にし始めた。保坂教授は「韓日関係悪化は強制徴用者判決問題を契機に始まったが、この問題が解決されても韓国を敵とみなす安倍政権の態度は簡単には変わらないだろう」と展望する。それと共に「過去を本当に反省したことがない人々が同じ犯罪を犯すことが常だが、日本という国家も同じ」と憂慮を現わす。
    (中略:ドイツの反省の話)

    「日本の極右勢力の動向に注意すべきだ。日本の極右が再び軍隊を持って靖国神社を国家の神社として復活させる時、日本は第2の侵略戦争を敢行し、その最初のスケープ・ゴートは韓国になるだろう。東北アジアに向けた安倍の攻撃はもう始まっている。」

    日本極右勢力にとって大日本帝国復活に政治的・血統的に安倍ほど適した人物はいない。安倍総理は第2次世界大戦のA級戦犯容疑者として逮捕された日本極右派元祖・岸信介の外孫だ。保坂教授は「この様な状況で韓国にも安倍政権を積極的に助ける『新親日派』勢力がある。極右派は親日派韓国人を育てようとしてきたし、今も彼らを支援している。親日派養成はかなり以前から日本の国策だった」と付け加える。

    今回の著書は「二度敗れなければ反省しない日本」「安倍政権の黒い内心」「強制徴用者判決問題」「日本極右思想のルーツ」「日本会議と安倍晋三」など全10種類の主題を通じて梗塞していく韓日関係の本質が何か多角的に暴く。

    ソース:毎日経済(韓国語)"第2のヒットラー夢見る安倍晋三の攻撃はもう開始"
    https://www.mk.co.kr/news/culture/view/2019/09/743932/

    引用元: ・【書籍】 「第2のヒットラーを夢見る安倍晋三」~保坂祐二著「安倍、彼はなぜ韓国を倒そうとするのか」[09/19]

    【韓国の日本差別こそ韓国=ナチス 【書籍】 「第2のヒットラーを夢見る安倍晋三」~保坂祐二著「安倍、彼はなぜ韓国を倒そうとするのか」[09/19] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/04(水) 14:52:22.67 ID:CAP_USER
    旭日旗がはためく東京五輪になるのか…韓国与党議員


    国会文化体育観光委員会(文体委)の委員長を務める安敏錫(アン・ミンソク)共に民主党議員が4日、
    2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(以下、組織委)が来年の東京オリンピック(五輪)での旭日旗の使用を認めたことについて
    「極めて遺憾だ。これは国際オリンピック委員会(IOC)精神を根本的に否定し、違反する」と批判した。

    旭日旗は日本が第2次世界大戦中に使用した戦犯旗で、日本軍国主義を象徴する旗だ。

    安委員長はこの日午前、MBC(文化放送)ラジオ番組「キム・ジョンベの視線集中」のインタビューで、
    「五輪はIOC精神に基づいてスポーツと政治を分離するとしている」とし
    「日本が態度を変えなければ、1936年のナチス五輪以降、来年の安倍五輪が最も恥ずかしい大会になるだろう」と述べた。

    安委員長は東京五輪で旭日旗の使用を阻止するためには過去に日本から侵略被害を受けた
    中国や北朝鮮を中心に国際的な連帯を模索する必要があると説明した。

    安委員長は「まず北にこの事実に対して連帯しようと伝える。旭日旗問題が南北間でふさがっている関係も突破する良いきっかけになるのではと思う」とし
    「中国とも連帯することも考えている」と話した。

    これに先立ち文体委は先月29日の全体会議で「IOCと組織委に対し、東京五輪期間に競技場内の旭日旗と
    旭日旗を活用したユニホーム・道具の搬入、これを活用した応援行為の禁止を求める」と明らかにした。

    韓国外交部も3日、組織委が旭日旗の競技場搬入などを認めると発表すると、「旭日旗というものが周辺国家に
    過去の軍国主義と帝国主義の象徴と認識されているという点は日本側もよく知っているはず」とし、判断の再考を要求した。
    https://japanese.joins.com/article/287/257287.html?servcode=A00&sectcode=A00
    no title

    引用元: ・【旭日旗】 韓国与党議員 「日本が態度を変えなければ、1936年のナチス五輪以降、来年の安倍五輪が最も恥ずかしい大会になる」

    【難癖つけておいて参加するとは言わんよな?w 【旭日旗】 韓国与党議員 「日本が態度を変えなければ、1936年のナチス五輪以降、来年の安倍五輪が最も恥ずかしい大会になる」 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/26(月) 23:09:57.46 ID:CAP_USER
    (※略
    和田春樹・東大名誉教授が、安倍晋三首相の「韓国を対手とせず」政策を強く批判した。

     和田教授は、ソウル大日本研究所が26日にソウルの銀行会館国際会議室で開催した冠廷日本研究学術会議で基調講演をして、「最近、日本の専門家と政府関係者の口からは『38度線が東海に下りてきている』として、韓国を排除し韓国との関係を切ることを覚悟しようという議論が出ている」として「北東アジアの結合を捨て、中国・ロシア・韓国、北朝鮮という大陸ブロックに対抗して米国・日本・台湾の海洋ブロックで結束するという意味で、こうした安倍首相の『韓国を対手とせず』政策は平和国家日本の終焉」と憂慮した。

     安倍首相が韓国に対して貿易報復をはじめとする攻撃的政策に進むようになったことと関連して、和田教授は米国オバマ行政府の“圧力”の中で韓日慰安婦合意を締結したことに対する反感と文在寅(ムン・ジェイン)政府で推進された朝鮮半島平和プロセスの衝撃を指摘した。

     安倍首相は2012年12月26日、二回目の首相就任をし、河野談話に代わる新たな談話を出すと表明した。しかしその後、米国のオバマ行政府は日本政府が慰安婦問題への措置を取ることを要求し、2014年末から安倍政権は韓日間で慰安婦問題の秘密交渉を始めざるをえなかった。その過程で、安倍首相は韓国に対する反感を育てたのだろうと和田教授は指摘した。2015年の日本の外交青書の韓国関連記述からは「自由、民主主義、基本的人権などの価値を共有」という表現が削除された。2015年12月28日、ソウルで韓日の外交長官が「韓日慰安婦合意」を発表したが、安倍首相は「この措置に多くのトゲを付け、それを飲み込んだ韓国政府が出血するようにさせた」と和田教授は話した。首相の行為という記録を残さない一方で、“最終解決”と主張して、国際会議に持ち出すなと固く約束を取り付けようとし、一切の謝罪メッセージを送ることを拒否した。

     和田教授は「2018年南北首脳会談と、相次ぐ朝米首脳会談は安倍晋三首相に二重の衝撃を与えた」として「文在寅大統領がドナルド・トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長の出会いを仲介し、トランプは安倍と相談なしで首脳会談をすると即答したため」と指摘した。続けて「こうした文大統領の行動は、日本人拉致問題で引き続き北朝鮮に圧力を加えてきた安倍首相の態度と対立するものだった」として「北側が拉致問題の交渉を受け入れず、韓・米とは対話を継続するのを見て、安倍首相は前例のない窮地に追い込まれることになった」と分析した。結局、安倍首相のこうした変化に対する反感が、韓国に対する経済報復措置につながったということだ。

     和田教授は、最近日本の一部から出ている、「韓国との関係を断つ」とか、「韓国は重要でないので米国との同盟を強化し中日関係を安定的に維持しよう」という主張を、日本の世論が受け入れたり成し遂げるはずがないと強調した。

     和田教授は、日本政府が韓国をホワイトリスト(戦略物資輸出簡素化対象国)から除外する方針を発表する直前の先月25日、日本の進歩的知識人など78人と共に「韓国は『敵』なのか」という声明を発表もした。

    「韓日関係:反日と嫌韓を越えて」を主題に開かれたこの日の学術会議で、ソウル大学日本研究所のキム・ヒョンチョル所長(元大統領府経済秘書官)は「日本の経済報復は経済産業省の誤った選択」とし、韓国が今回の事態を契機に素材・部品技術の開発と新産業育成、新南方政策と平和経済推進などを通して禍転じて福となす機会にすることができると強調した。

    (※略

     ソウル大学日本研究所のナム・キジョン教授は、現在の危機は1965年に締結された日韓基本条約と請求権協定に基づく65年体制に基づいているとしながら、不完全だった65年体制を克服し、植民支配の不法性を明確にすることが韓国政府の目標にならなければならないと話した。ナム教授は「日韓基本条約の解釈と関連して、韓国政府は植民支配の不法性を前提としているが、日本は植民支配が合法であったという解釈に立っていて、その間隙を狭めることができずに『合意できないということに合意』して問題をたたんだ」と話した。
    (※以下略続きは記事元にて

    パク・ミンヒ記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/34198.html
    ハンギョレ新聞 2019-08-26 22:22

    https://i.imgur.com/cJ7Zwh2.jpg
    26日ソウルの明洞にある銀行会館で開かれたソウル大学日本研究所の「韓日関係、反日と嫌韓を越えて」学術会議で、和田春樹・東大名誉教授が基調講演をしている/聯合ニュース

    引用元: ・【ハンギョレ】和田春樹教授「安倍の『韓国を対手とせず』は平和国家日本の終焉」[8/26]

    【こんなイカれポンチでも名誉教授【ハンギョレ】和田春樹教授「安倍の『韓国を対手とせず』は平和国家日本の終焉」[8/26] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/30(金) 09:54:42.00 ID:CAP_USER
    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/sSbqv-BtAoA



    <アンカー>
    安倍首相が日本で嫌韓ムードが拡散していることに便乗して、閣僚の反対を押し切って韓国に対する輸出規制を断行した。日本のメディアからこのような報道が出ました。

    このような状況から、日本のある市民団体も『韓国叩き』の背景には『嫌韓』があるとし、対立を煽り立てる歪曲報道に積極的に対応することにしました。

    東京からファン・ヒョンテク特派員です。

    <レポート>
    東京市内のある大型書店・・・。

    文(ムン)大統領を侮辱して、韓国人を嘘つきと描写した本が目に留まる場所に置かれています。

    『嫌韓放送』を事とする日本のDHCテレビに昨日は、韓国人の教授が出演しました。

    物議を醸した『反日種族主義』の歴史書を手にしながら、このように述べます。

    <イ・サンチョル(日本の龍谷大学教授)>
    「タイトルが “嘘つきの国” となっています。(韓国のことですよね。)きちんとした統計数値まで提示しています」

    このような嫌韓ムードに便乗して、安倍首相が『韓国叩き』に乗り出したという分析が出ました。

    読売新聞は、「強制徴用問題などで日本国内で嫌韓が拡散して、この世論を読んだ安倍首相が参院選前に輸出規制を断行した」と分析しました。

    ただし、この選択が逆に安倍首相の足を引っ張るだろうという警告も少なくありません。

    「世界貿易機関の争いで日本が不利になる」、「日本の輸出入と観光に陰りが出ている」、「日本の安保のためにバランスの取れた外交が必要だ」、昨日も日本のメディアはこのような警告を出しました。

    ある市民団体は、安倍政権と右翼メディアを共生関係と見て、『嫌韓根絶運動』に乗り出すことにしました。

    市民が直接報道内容を『ァクトチェック』して製作側に質疑書を送り、その回答まで公開するというかのです。

    <瀬戸大作( “希望連帯“ 事務局長)>
    「 “韓国叩き” が一日中、“情報番組” や “芸能ショー” などに出ます。 本当に “文在寅政権はありえない” と・・・」

    日本人の日常に浸透した嫌韓ムードは再び、『安倍式外交暴走』の栄養分となっています。

    メディアを正すという動き、そのための意味は深いように見えます。

    東京からKBSニュース、ファン・ヒョンテクでした。

    ソース:KBS(韓国語)
    http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4273207&ref=A

    引用元: ・【韓国KBS】『安倍、嫌韓に便乗して輸出規制』・・・日本市民、「これを正す」[08/30]

    【日本市民=工作員と白状しましたw 【韓国KBS】『安倍、嫌韓に便乗して輸出規制』・・・日本市民、「これを正す」[08/30] 】の続きを読む

    このページのトップヘ