まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:宮城

    1: 紅あずま ★ 2017/10/23(月) 23:22:05.70 9
    http://anzen.m47.jp/p4/m179/770456.html

    10月19日(木)午後4時55分ころ、若林区中倉1丁目地内の路上で、長い木の棒を持った男が、自転車で移動中の女子小学生に「北朝鮮やろお前」などと声をかける事案が発生。

    ※男の特徴
    年齢65~70歳、身長165~170cm、中肉、白髪交じりの短髪、黒色シャツ、黒色ズボン、長い木の棒を所持、関西弁風の話し方

    ○付近のお子さんの見守り活動の強化をお願いします。


    女子小学生に対する声かけ事案【若林区】
    2017/10/23 16:10:14
    宮城県 みやぎセキュリティメール

    引用元: ・【宮城】長い棒を持った年寄りが、女子小学生に「北朝鮮やろお前」と声をかける

    【【自演乙的なにか 】長い棒を持った年寄りが、女子小学生に「北朝鮮やろお前」と声をかける【宮城】】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/09/26(火) 09:54:34.36 ID:CAP_USER
    詐欺に使われたクレジットカードの関係者の行方が分からなくなっている。  

    福島警察署は去年7月に宮城県内でクレジットカードを使って、商品をだまし取っていたとして
    韓国籍の李承鎬容疑者(36)を詐欺の疑いで逮捕した。  

    捜査関係者によると、李容疑者が使ったカードの名義人の関係者で福島市に住む人の行方が
    分からなくなっているという。  

    警察は、クレジットカードの入手方法や行方不明になっている人物との関連などを慎重に捜査
    している。

    ソース:日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/nnn/news890158061.html
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    【続報】クレカ詐欺で韓国籍の男逮捕 知人女性不明

    他人名義のクレジットカードを使った詐欺の疑いで、宮城県に住む韓国籍の男が逮捕された。

    一方、男と知り合いの福島市の女性が去年から行方不明になっていて、警察が慎重に捜査
    している。  

    宮城県大崎市の韓国籍・李承鎬容疑者は去年7月、宮城県富谷市のバイクショップで他人名義
    のクレジットカードを使い、バイク用品をだまし取った疑いがもたれている。  

    捜査関係者によると、このカードの名義人と関係し、李容疑者とも知り合いの福島市の女性が、
    去年から行方不明になっていることもわかった。  

    近所の人によると李容疑者は2、3年前に、大崎市に引っ越してきて、母親と妻、子ども2人の
    5人で暮らしていた。近所付き合いはほとんどなかったという。  

    警察は、クレジットカードの入手方法や女性の行方などを慎重に捜査している。

    ソース:日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/nnn/news890158071.html

    引用元: ・【宮城】行方不明者のクレジットカード使用か・・・韓国籍の男を逮捕[09/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本の治安を悪化させている】韓国籍の男、行方不明者のクレジットカード使用で逮捕(宮城)】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 21:07:15.10 ID:CAP_USER.net
     韓国の旅客船セウォル号沈没事故の遺族4人が東日本大震災から5年となった11日、石巻市や女川町など県内の
    被災地を訪れた。犠牲者を悼み、遺族らと悲しみを分かち合った。

     津波で児童・教職員計84人が死亡、行方不明となった石巻市立大川小学校では、次女千聖ちゃん(当時11歳)を
    亡くした紫桃隆洋さん(51)から「みぞれが降る中、子どもたちは校庭で待ち続けた」と避難が遅れた状況の説明を受けた。
    地震が起きた午後2時46分と、津波が到達した午後3時37分には、ともに黙とうをささげた。

     次男(当時16歳)を亡くしたチョン・ブザさんは「説明を聞き、当時の光景が目に浮かぶ。心苦しい。惨事から何か一つでも
    学びたい」と話した。

     その後、女川町に移動し、雪が舞う中、七十七銀行女川支店で津波の犠牲となった従業員の遺族と交流。
    長男の健太さん(当時25歳)を失った田村弘美さん(53)が「悲しみは時がたつと逆に深まる。皆さんも同じ
    思いではないでしょうか」と問い掛けると、涙を浮かべながらうなずく姿も見られた。

    毎日新聞 2016年3月13日
    http://mainichi.jp/articles/20160313/ddl/k04/040/042000c

    引用元: ・【毎日新聞】悲しみを分かち合う 韓国・セウォル号遺族、大川小など訪問 /宮城[3/13]

    【全然、関係無いのに絡んでくる【毎日新聞】悲しみを分かち合う 韓国・セウォル号遺族、大川小など訪問 /宮城[3/13]】の続きを読む

    このページのトップヘ