まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:寄生虫

    1: まるっとニュー 2020/03/22(日) 22:03:47.70 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 日本の『読売新聞』のソウル支局長は22日、自身のコラムを通じて韓国政府の『コロナ19』の対応について、ひたすらに与党の『総選挙用』と批判して物議を醸している。
    _______________________________________________________

    <グッドモーニング忠清=チョン・ムンヨン記者>
    日本最大の日刊紙である『読売新聞』は22日付の7面に、『国民惑わす選挙宣伝』という見出しの不届きなコラムを掲載した。

    コラムは『読売新聞』の豊浦潤一ソウル支局長が執筆して、文在寅(ムン・ジェイン)政権の『コロナ19』の対応をひたすらに『総選挙用』だと非難した。現政権がコロナ事態を与党の総選挙戦略に合わせて対応しているという、デタラメな主張を繰り広げているのである。

    彼が提示した根拠を見れば、元ベテラン級の記者なのかと疑問が浮かぶほど浅はか極まりない。

    まず、先月13日の経済界懇談会の際に、「国内での防疫管理は(ある程度)安定的な段階に入ったようだ。(コロナ19は)遠からず終息する」と述べた文在寅大統領の発言を取り上げた。これを総選挙の日程と結びつけて疑ったのである。

    引き続き、前日12日の保健福祉部次官の発言を持ち出した。「(まだ)集団的な行事を取り消し、延期する必要はない」と述べた発言である。当時、韓国政府が警戒を緩めていなければ、感染者のエクスプロージョン !!(爆発的増加)を防げたのに、あえて警戒を緩めたかのような論理を展開した。

    それと同時にこれら二つの発言を、「単なる楽観(論)というより、差し迫った総選挙に対する焦りがもたらした」とし、『総選挙用』とこき下ろした。非常に不届きな視覚である。

    そして、「総選挙まで消費の冷え込みなどが続けば(選挙が)与党に不利になると考え、前のめりになった発言ではないだろうのか。危機管理の局面で政権トップ(最高指導者)自らが政府の信頼を失墜させてしまった」と指摘した。不届きな想像を前提にした、『似非(えせ)ジャーナリスト』の断面を露わにした。

    彼の疑念は収まらない。彼は、「防疫上の観点ではなく、選挙対策として見れば納得がいく」とし、日本の入国制限措置に対する韓国の反撃を取り上げた。「韓国に入国制限措置を取った国の中で、唯一韓国だけが日本に対抗措置を取った」とし、「日本に強く出なければ、世論の反発が怖いから」という説得論理を繰り広げた。

    安倍政権が政略次元で持ち出した入国制限措置に対し、じっと伏せながら対抗したのは、文在寅政権が政略的に近付いたのではないかという、古臭い植民地史観的な主張である。

    また、「総選挙で敗れた場合、2年の任期を残して文在寅政権がレームダックになる公算が大きい」とし、「そのため勝つことが優先」と付け加えた。ひたすらに総選挙の勝利という一念の下、文在寅政権が事態を臨機応変に『誤魔化している』とし、幾重にも捻じ曲げたのである。

    読売新聞のソウル支局長はこの日、事実を始終全面的に歪曲して、1人称の観点という狭い観点で、極めて偏狭な『駄文』を書き散らしたと言っても過言ではない。

    日本の『嫌韓感情』を刺激して、危機に陥った安倍政権の背中をなだめる浅はかな舌先三寸を通じ、彼はこの日、自分が日本版の『寄生虫』役を天下に公言することになった。

    歴史学者のチョン・ウヨン教授は、「読売新聞が韓国の未来統合党の支持者と “完壁に一致した” 主張をした」とし、「1世紀前に我々の祖先は、“外見は韓人だが腸(はらわた)は倭人の鬼のような者” を、“トオェ(土着倭寇)” と呼んだ」と皮肉った。

    ソース:グッドモーニング忠清(韓国語)
    http://www.goodmorningcc.com/news/articleView.html?idxno=229252

    引用元: ・【韓国】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』[03/22]

    【感情論で罵詈雑言並べてるだけの朝鮮メディア【韓国】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』[03/22]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/21(土) 09:33:28.08 ID:CAP_USER
    京畿道議政府市内の高校の給食で、タチウオの煮物から寄生虫「アニサキス」が見つかった。

    教育当局が20日に明らかにしたところによると、16日に給食を食べていた生徒がタチウオの煮物の内蔵から糸のように絡まった寄生虫を発見、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に写真を掲載した。

    この寄生虫はクジラ類などの海生哺乳(ほにゅう)類の内蔵に主に寄生するアニサキス(anisakis)であることが判明した。アニサキスが人体内に入ると腹痛や下痢の症状「アニサキス症」を発症することがある。

    タチウオの納品業者は内臓を取り除き、切り身の状態で給食の食材として納品することになっているが、問題のタチウオの内蔵は適切に処理されていなかったことが分かった。

    同日は教職員約200人と生徒約1000人が給食を口にしたが、アニサキス症を発症した人はいなかったという。この高校では、タチウオの納品業者と食品加工業者に契約中止を通知し、今年の入札にも参加できないようにした。

    議政府=権祥銀(クォン・サンウン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/21/2017102100440.html

    引用元: ・【韓国】給食の魚から寄生虫「アニサキス」 流通業者、下処理せずにタチウオ納品/議政府[10/21]

    【【あり得んなw】給食の魚から寄生虫「アニサキス」 流通業者、下処理せずにタチウオ納品(議政府)】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/11(火)09:32:43 ID:1rh
    大分県は10日、同県豊後大野市の業者が輸入した韓国産の生食用活ヒラメから食品衛生法の基準を超える
    寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」が検出されたと発表した。県は輸入された3100キロ(2862匹)の
    全品回収を同社に命じた。県によると、食中毒を引き起こす一種だが、今のところ健康被害の情報は寄せられていないという。

     県によると、ヒラメは5日に輸入。検疫所が調べたところ、基準を超える1グラムあたり170万個の寄生虫が含まれていることが10日に判明。大阪、京都、福岡、長崎、佐賀、熊本、兵庫、奈良、
    大分の2府7県の10業者に卸されていた。詳しい流通先を調べている。
    http://www.asahi.com/articles/ASH8B7KKJH8BTPJB01J.html

    引用元: ・大分県が韓国産ヒラメを抜き打ち検査→1グラム当たり170万匹の寄生虫が発見される

    【これ誰が責任とるの? - 大分県が韓国産ヒラメを抜き打ち検査→1グラム当たり170万匹の寄生虫が発見される】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 18:37:49.36 ID:???.net
    産地偽装・食中毒も業者にお咎めなし

     宴会シーズンたけなわだが、高級魚のヒラメの刺し身や寿司で食中毒が起きていることはあまり知られていない。
    厚生労働省の速報(2014年12月2日)によれば、今年のヒラメによる食中毒は10月1日の事例までで30件、
    患者数は316人。すでに昨年の21件、244人を超えている。速報の事例以外に11月には新潟県柏崎市、
    山口県下関市など各地で被害があり、東京都内でも10月に2件発生している。

     10月中旬に東京・中央区で起きたヒラメの食中毒では、飲食店関係者が「食の安全が脅かされている」と憤る
    産地偽装事件が起きている。

     この事件は、銀座の和風料理店のヒラメの造りを食べた客が食中毒にかかり、調査の結果、産地偽装が発覚したもの。
    築地卸売市場の仲卸が国内産養殖として料理店に販売したヒラメが、実は韓国・済州島の養殖モノだったのだ。
    営業停止命令は料理店だけで、仲卸に営業停止などの処分はなかった。

     一般的に産地偽装に適用される法律はJAS法や景品表示法だが、「これらの法律は消費者保護を目的にしたもので、
    業者間の取引には適用しづらい」(消費者庁食品表示企画課)。このため産地を偽った仲卸業者に対しては
    「JAS法などで処分するには制約があるため、今後、産地取り違えがないよう口頭で注意した」
    (東京都中央卸売市場事業部業務課)という、処分ともいえないもの。

    都民の食生活を守るべき東京都福祉保健局はどうか。
    「飲食店は所管の保健所が処分を行いますが、都内の卸売市場の衛生監視指導は市場衛生検査所が行っています」
    (食品監視課)と話す。その結果、ヒラメの食中毒に留意するよう卸売市場の業者に対し、メールやペーパーで注意喚起し、
    講習会等も開いているという。「卸から仲卸への取引で、産地記載の伝票が後で届き、仲卸が勘違いした」(業務課)
    過失であったとしても、産地偽装した業者にお咎めなしですむものだろうか。再発防止はもちろん、食の安全の意味でも
    明確な法の整備は必要だろう。

    ところでなぜ、ヒラメの産地偽装が問題なのか。食中毒の原因になるヒラメに寄生するクドアと呼ばれる粘液胞子虫
    (クドア・セプテンプンクタータ)が、養殖ヒラメに多く寄生するからだ。それも流通調査の結果、輸入の養殖ヒラメが
    原因となる事例が多くなっている。ヒラメの消費量は約1万2000トン(12年)で、そのうち漁獲によるヒラメは6057トン。
    国内養殖ヒラメは3125トン、輸入ヒラメは2953トンで、そのほとんどが養殖の韓国産。実に国内で流通するヒラメの
    4分の1が韓国の養殖モノになる。

     それではクドアとはどういうものか。

     「以前からクドアは魚の寄生虫として知られていましたが、人体に害を生じることはありませんでした。毒性のある
    新種がヒラメの養殖場を中心に広まり、食中毒の原因となったと考えられています。国産の養殖ヒラメでは対策が進み、
    ほとんど出なくなっています」と、国立感染症研究所寄生動物部主任研究官の八木田健司氏は説明する。

     厚労省は11年6月にクドアを食中毒の原因物質と認定している。その年の10月、輸入ヒラメの検疫内容を強化したが、
    「出荷する際にクドア検査を義務づけるよう韓国と交渉していますが、まだ実現にいたっていません」
    (厚労省食品安全部監視安全課)。日本の輸入業者が韓国の輸出業者に、クドアの衛生証明書を添付してもらう
    ケースも増えたが、全品検査ではなく、あくまでもモニタリング検査だ。実際に食中毒は全国で起きている。

    クドア食中毒は生食した数時間後に発症し、激しい嘔吐と下痢の症状が出る。
    しかし症状は、「一過性で、数時間程度で改善します。食中毒を防ぐには、75度で5分以上加熱するか、
    零下15~20度以下で4時間以上冷凍するといい。ただ、ヒラメは冷凍すると身がスポンジのようになり、刺し身で食べても
    美味しくありません」(国立感染症研究所寄生動物部・野崎智義部長)。

     クドアは100分の2ミリほどの大きさで、肉眼で見つけるのは困難。調理するときに発見することはできない。
    そのうえ卸売市場で産地偽装がまかり通るとなると、消費者は食の安全をどう守ればいいのか不安である。

    http://president.jp/articles/-/14260

    引用元: ・【食品】目に見えない寄生虫! 「韓国産のヒラメ」が危ない

    【ああ! 韓国食品は寄生虫とバイキンだらけ! 【食品】目に見えない寄生虫! 「韓国産のヒラメ」が危ない】の続きを読む

    このページのトップヘ