まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:対立

    1: まるっとニュー 2020/07/25(土) 16:30:02.78 ID:CAP_USER
    朝日「軍艦島の徴用工」社説に疑義あり 女性センター長が質問状を出した根拠

    ●元島民も抗議

     朝日新聞は7月9日、「世界遺産対立 負の歴史見つめてこそ」との社説を掲載した。《世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」に関する展示をめぐり、日本と韓国の間で摩擦がおきている》問題を取り上げた。

    ***

     この社説に“事実誤認”の疑いが指摘されているのだが、その前に、なぜ日韓に《摩擦》が起きているのかをご説明しよう。

     朝日新聞が6月16日に掲載した記事「『徴用工差別ない』証言展示 韓国は抗議 政府が施設公開開始」などから、ポイントを引用する。

    【1】「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は2015年、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界遺産リストに登録された。

    【2】遺産は19世紀後半から20世紀の初頭にかけ、日本の重工業が発展した歴史を伝える。山口県や福岡県など8県に点在し、知名度が高いものに、静岡県の韮山反射炉や、長崎県の端島炭鉱=軍艦島、三菱長崎造船所、福岡県の三池炭鉱、八幡製鉄所などがある。


    【3】世界遺産委員会では、長崎・端島炭鉱に動員された徴用工の説明をめぐって日韓両政府が対立、諮問機関のイコモス(国際記念物遺跡会議)が勧告で「歴史全体について理解できる説明戦略」を求めた。

    【4】日本政府は「真摯に対応する」と約束し、「産業遺産情報センター」の設置準備を進めてきた。

    【5】20年6月15日、産業遺産情報センターが東京都新宿区で開所。センターの中では端島炭鉱や長崎造船所、八幡製鉄所などの歴史を解説した。

    週刊新潮WEB取材班
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18628516/

    引用元: ・【ジャーナリズム宣言】朝日新聞の事実誤認の偏向社説「世界遺産対立 負の歴史見つめてこそ」 軍艦島の元島民も抗議文を送る[7/25] [鴉★]

    【取材という名の嫌がらせの手口【ジャーナリズム宣言】朝日新聞の事実誤認の偏向社説「世界遺産対立 負の歴史見つめてこそ」 軍艦島の元島民も抗議文を送る[7/25] [鴉★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/11/10(日) 14:02:52.94 ID:CAP_USER
    ◆韓国人観光客減少

    「息苦しい」。10月末、経営する宿泊所を訪れた40代の韓国人女性が漏らした。

    毎月1日の有給休暇では3連休が限度で、異国情緒を味わえる日本旅行がぴったりだった。ところが最近は、周りの視線が気になって難しくなったと言う。看護師である女性は小学6年の娘に「この時期に、なぜ日本に行くの」と言われ、病院の同僚には「日本に行く」とは言えなかった。

    釜山港までのタクシーで運転手が「日本に行くんですか」とあいさつしてきた時、「ちょっと仕事で」と思わず言ってしまったと明かした。

    20年間の新聞記者生活を終え、長崎県対馬市の比田勝に来て丸6年。最近、宿泊所の運営が厳しい。たまに来るのは高い交通費でも来てくれる日本人と、韓国に住む西洋人らで、韓国人はまれである。

    以前は20~30代の若い女性が7割を占め、生き生きと過ごしていた。競争の激しい韓国社会で暮らす若者にとって、対馬はホッとできるヒーリングの場所だったのだ。他の日本の都市とは違う「田舎」の良さだろう。しかし、今はさびれた感じさえする。

    「日本は自分たちが経済的に先行していると思ってパワハラしている」。そんなイメージが韓国の若者の間に広がり、若年層までが「日本不買」に参加した。半導体部品を標的にしたことが、韓国の未来に打撃を与えるように映り、プライドを傷つけられた。それが対馬から韓国の若者が消えた理由だ。

    日韓対立によって、日本は観光など主に経済的損失を懸念しているようだが、一番の問題は日本好きの若者の心が日本から離れていることだ。両国の未来を考える時、非常に深刻な現象である。

    対立の発端となった徴用工訴訟について、弁護士など日本の100人も韓国側弁護団と同様に「被害者個人の人権救済」を求め、1965年の日韓請求権協定に絡み「個人請求権は生きている」との声明を判決後、発表している。

    このように外交が機能せず対決する時、被害者は結局、いつの時代も両国の「地方」であり「庶民」なのだ。

    両国は共に成熟した市民社会を構築している。人権重視の立場に違いはないはずだ。そうであれば、互いに弱い立場の市民の人権も考慮してほしい。「市民の利益は何か」を問うことが、日韓対立の解決に向かう第一歩である。

        ◇       ◇

    崔龍五(チェ・ヨンオ)氏 1969年生まれ、韓国釜山市出身。釜山日報記者を経て、長崎県対馬市に2014年移住。同市上県町で外国人観光客向けの宿泊所を経営する。


    2019/11/10 13:02 西日本新聞 オピニオン面
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/558400/

    関連スレ
    【韓国】 日本旅行ボイコット、旅行会社の業績が急激に悪化、代替先なく需要減る、希望退職募集も★4 [11/10]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573362011/

    引用元: ・【日韓】 人権重視で対立の解決を  崔龍五氏(対馬で外国人観光客向けの宿泊所を経営) [11/10]

    【騒いでいる連中の正体はやっぱりこれか【日韓】 人権重視で対立の解決を  崔龍五氏(対馬で外国人観光客向けの宿泊所を経営) [11/10] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/03(土) 16:56:56.32 ID:CAP_USER
    日本と韓国が国交を開いてから半世紀あまり。その歩みの中で両国関係は今、最も厳しく、危うい領域に入りつつある。

     密接に絡み合う産業の足を引っ張り、市民の交流までが寸断される危機をどう克服するか。双方の政治指導者は報復ではなく、修復の策を急ぐべきだ。

     安倍政権はきのう、輸出手続きを簡略化できるリストから韓国を外すことを閣議決定した。安全保障上、貿易相手としての扱いを格下げするという。

     閣議後の会見で世耕弘成経済産業相は「日韓関係に影響を与える意図はなく、何かへの対抗措置でもない」と述べた。

     だが世耕氏を含む政権関係者は7月に輸出規制を発表した際、徴用工問題に言及していた。一連の動きは国際的にも日本による報復と目されている。政府の釈明がどうあれ、日韓関係への打撃は避けられない。

     自治体や市民団体などの交流行事は中止や延期が相次ぐ。7月の半導体材料の輸出規制もあわせ、今後の運用次第では韓国経済を深刻に苦しめ、日本の産業にも影響がでかねない。

     きのうの決定が実施されるのは今月下旬からになる。両国関係に決定的な傷痕を残す恐れがある一連の輸出管理を、日本は考え直し、撤回すべきだ。

     一方、文在寅(ムンジェイン)政権は対抗策として、安保問題で日本との協定を破棄する検討に入った。だが北朝鮮が軍事挑発を続けるなかで、双方に有益な安保協力を解消するのは賢明な判断とは言えない。

     文大統領は、ここまで事態がこじれた現実と自らの責任を直視しなければならない。きのう「状況悪化の責任は日本政府にある」と語ったが、それは一方的な責任転嫁である。

     当面の対立緩和のために取り組むべきは徴用工問題だ。この問題で文政権は、韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じる前から、繰り返し日本政府から態度表明を求められてきたが、動かなかった。

     文氏は、司法の判断は尊重するとしても、行政府としては過去の政権の対応を踏まえた考え方があることを、国民に丁寧に説明しなくてはならない。

     日本政府は、水面下のルートも駆使して韓国側との外交的な話し合いを急ぐべきだ。韓国政府が自国民に静かに語れる環境づくりに、日本側も協力するのが望ましいだろう。

     米国による仲裁は不発に終わった。そもそも同盟管理に消極的なトランプ政権が、どこまで本気か疑わしい。今後の日韓は米国頼みではなく、自立的に問題を解決できる関係を築くほかなく、その意味で今まさに双方の政治の力量が試されている。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S14125290.html?iref=editorial_backnumber
    朝日新聞デジタル 2019年8月3日05時00分

    引用元: ・【朝日新聞/社説】対立する日韓 交流の歩みも壊すのか[8/3]

    【ボイコット ジャパンしているのは韓国だぞ バーーーカ 【朝日新聞/社説】対立する日韓 交流の歩みも壊すのか[8/3] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/23(水) 15:43:08.56 ID:CAP_USER
    5/23(水) 15:07配信
    中央日報日本語版

    韓国スピードスケートの看板選手、李承勲(イ・スンフン)。

    2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)のスピードスケート金メダリストの李承勲(イ・スンフン、30)に暴力疑惑が浮上した。

    韓国文化体育観光部は23日、大韓スケート連盟の特定監査結果を発表し、「スピードスケート国家代表選手であるA氏が、海外での大会参加期間中(2011年、2013年、2016年)に宿舎と食堂で後輩選手の2人に対して暴行および苛酷行為を行ったことを確認した」と明らかにした。

    また、「暴行の事実に関して、A氏は後輩を訓戒したと述べたが、被害者は暴行を受けたと認識している」とし、「両側の主張が対立している」と述べた。

    A氏は、韓国スピードスケートの看板選手、李承勲であることが分かった。

    これに関し、スケート界の関係者は「最近、文化体育観光部の監査が行われ、何人かの選手が通報したようだ」として「李氏は後輩を冗談混じりに軽く叩いたと釈明した」と伝えた。

    李氏側の関係者は「事実関係を確認中」と、言葉を慎んだ。李氏とは連絡がつかなかった。

    一方、李氏は2010年バンクーバー冬季五輪の1万メートルで金メダル、2014年ソチ冬季五輪のチームパシュートで銀メダルを獲得。2018平昌冬季五輪でもマススタート金メダルを獲得し、韓国スピードスケートの看板選手の座を守った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000034-cnippou-kr

    引用元: ・【韓国】「韓国スピードスケートの英雄」イ・スンフン、後輩に暴行疑惑…「両側の主張が対立」

    【【韓国】「韓国スピードスケートの英雄」イ・スンフン、後輩に暴行疑惑…「両側の主張が対立」 】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=13,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/12/21(木)15:21:14 ID:???

     韓国中部・天安にある旧日本軍の慰安婦に謝罪する内容の碑を書き換えたとして、公用物損壊罪などで在宅起訴された
    日本人男性(69)の初公判が21日、大田地裁天安支部で開かれ、検察が懲役1年を求刑し即日結審した。

     検察は「外交の新たな対立を招きかねない」と理由を述べた。男性は書き換えを認めた上で、碑は、朝鮮半島での女性の
    強制連行の証言が後に虚偽と分かった故吉田清治氏が設置したもので、公共物ではないと主張した。判決は来年1月11日。

     男性は今年3月、謝罪碑の上に「慰霊碑」と記した碑を張り付けた。男性は吉田氏の息子の依頼だったと説明。

    (以下略)

    産経web/2017.12.21 14:07
    http://www.sankei.com/world/news/171221/wor1712210025-n1.html

    引用元: ・【慰安婦問題】慰安婦碑書き換え、日本人男性に1年求刑 韓国検察「新たな対立招きかねない」と主張 [H29/12/21]

    【【日本政府、大使館は全力で保護せよ】日本人男性、虚偽の慰安婦碑を書き換えで韓国検察が1年求刑 「新たな対立招きかねない」と主張 【産経web】】の続きを読む

    このページのトップヘ