まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:市民

    1: まるっとニュー 2020/05/22(金) 23:44:22.48 ID:CAP_USER
    no title

    ▲朱洛栄(チュ・ナギョン)慶州(キョンジュ)市長/写真=ニュース1

    慶北慶州市(キョンジュシ)が日本姉妹提携・交流都市である奈良市と京都市に防疫物品を支援した事実が一歩遅れて知られ市民の公憤を買った。

    22日、慶州市ホームページ疎通24時掲示板には「日本支援は事実ですか」「日本支援?誰のお金でしょうか」「我が国も骨を折ったのに、日本を助けますって?」など日本防疫物品支援を非難する嘆願文が30件余り掲載された。

    ある慶州市民はこの日「このニュースを見て怒りと驚きを我慢できず文を書く。東日本大地震当時、日本が私たちの支援内容を無視した過去をみんな忘れたのか。昨年、日本の一方的経済制裁された過去はみんあ忘れたのか」と反問した。この市民はまた「恥を知れ。日本がそんなに良ければ慶州『県』として分離独立しろ」と一喝した。

    また他の慶州市民もやはり「政府も外国政府の要請なしに防疫物資支援はしない、という基調を維持する状況なのに独断で日本に支援するとは、ふざけているのか。日本奈良市の名誉市民になったのだから、最初から日本国籍に変えて国を出て行け」と怒りを表わした。これはチュ・ナギョン慶州市長が昨年、日本奈良市特別名誉市民になった事実を取り上げたものだ。

    他地域の市民も「慶州観光には絶対行かない。チョッパリの町」「慶州観光行かない」等の文を相次いで掲載し、慶州市に対する不満を表わした。

    慶州市は去る17日、姉妹提携都市である奈良市と交流都市である京都市にそれぞれ備蓄保護服1200セットと防護用メガネ1000個を送った。慶州市はまた、今月末まで姉妹提携都市である小浜市と友好都市である宇佐市、日光市など3都市に保護服各500セットと防護用メガネ各500個を支援する予定だ。

    チュ・ナギョン市長は「困難な時に助けるのが真の友人であり隣人」としながら「誰が先に手を差し出すのかは重要ではなく、今は韓日両国がコロナ19対応のために協力しなければならない」と話した。

    カン・ソヒョン

    ソース:マネーS(韓国語)突然'NO慶州'?…日本に防疫物品支援した慶州市(競走時)'袋叩き'
    https://moneys.mt.co.kr/news/mwView.php?no=2020052209218089274

    関連スレ:【韓国】 日本に防疫物資を支援、韓国慶州市に「不適切」と批判相次ぐ [05/21] [荒波φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590053902/
    【話題】日本に防疫物資を支援、韓国慶州市に「不適切」と批判相次ぐ 韓国ネット「嫌韓感情のある日本は韓国の友邦と言えない」 [鴉★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590073476/

    引用元: ・【韓国】 突然の『NO慶州』?…日本に防疫品支援した慶州市が市民や市外から「袋叩き」[05/22] [蚯蚓φ★]

    【こんなのと友好とか無理だよね】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/04/07(火) 11:35:01.74 ID:CAP_USER
     大邱市中区南山4洞の行政福祉センターで6日午前、緊急生計資金を申請するため列を作っている住民らの様子。大邱市は6日から大邱銀行、農協、郵便局、行政福祉センターなど合わせて544カ所で緊急生計資金の受け付けを始めた。対象は中位所得100%以下の、およそ58万6000世帯中45万9000世帯、108万人だ。単身世帯50万ウォン(約4万5000円)から5人以上世帯90万ウォン(約8万円)など、差等を付けて支援をする。これに先立ち3日から6日までのオンライン申請件数はおよそ30万7000件に達した。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020040780058

    2020/04/07 10:39

    no title

    引用元: ・【朝鮮日報/市民集団】緊急生計資金を申請するために列を作る大邱市民たち 5人以上世帯90万ウォン(約8万円)

    【【金をやると言えばすぐに群れてくる朝鮮日報/市民集団】緊急生計資金を申請するために列を作る大邱市民たち 5人以上世帯90万ウォン(約8万円)】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/14(土) 18:23:56.49 ID:CAP_USER
    2020年3月14日(土)
    さいたま市 朝鮮学校へのマスク不支給
    謝罪と配布求める
    市民団体が要請

    新型コロナウイルスの感染対策で、市内の子ども関連施設に備蓄マスクを配布しているさいたま市が、埼玉朝鮮初級中級学校の幼稚部を対象から外した問題で13日、「誰もが共に生きる埼玉県を目指し、埼玉朝鮮学校への補助金支給を求める有志の会」は市に、謝罪とマスク配布をするよう申し入れました。

     共同代表の渡辺雅之・大東文化大学教授らは、市職員が同学校側に「転売の恐れがある」との趣旨の発言をしたことから、SNSなどでヘイトスピーチが大量に拡散されていると指摘。「配布除外の措置そのものが、ヘイトスピーチ拡大につながる危険がある」と話しました。

     市子ども未来局・幼児未来部の佐野篤資部長は「正しい表現でないことを言ったというのは、気をつけなければいけない」「ヘイトスピーチ拡散は許されない」と述べました

    赤旗
    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2020-03-14/2020031415_02_1.html

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1584171207/

    引用元: ・【朝鮮学校】市民、さいたま市に謝罪求める「マスク配布除外がヘイトスピーチ拡大につながる危険」「ヘイト拡散は許されない」[3/14]

    【また得意の「謝罪セヨ」「差別ニダ」【朝鮮学校】市民、さいたま市に謝罪求める「マスク配布除外がヘイトスピーチ拡大につながる危険」「ヘイト拡散は許されない」[3/14]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/02/21(金) 11:20:13.96 ID:CAP_USER
    no title


     19日から大邱・慶尚北道地域を中心に新型コロナウイルス感染症が急激に感染拡大している中、文在寅(ムン・ジェイン)大統領を指示する「親文派」の歴史学者が大邱市のことを新型コロナウイルス防疫失敗国に挙げられている日本になぞらえて蔑視したとして物議を醸している。

     韓国学中央研究院のチョン・ウヨン客員教授は同日、ソーシャル・メディアに「日本には韓国の疾病管理本部のような機関がなく、専門家でない人物が状況を統制している」「大邱市には法的に2人いるべき疫学専門家が1人しかおらず、医師免許もない市庁職員が疫学調査を担当している」「大邱市民は自分たちが暮らしている市がなぜ日本と似ているのか、深く考えなければならないだろう」と投稿した。

     これに対して、ネットユーザーたちはチョン・ウヨン教授の発言を批判している。同教授の投稿の下には「このような地域蔑視発言をするなんて、大邱市民に何の過ちがあるというのか」「地域の防疫人員が不足しているというのならば、『中央集権的に偏っている構造を改善しなければならない』と提案したり、準備不足の自治体を批判したりすればいいものを、大邱市民に皮肉を言うとは何事だ」などのコメントが相次いで寄せられている。

     チョン・ウヨン教授の投稿は事実関係にも間違いがある。大邱市には3人の疫学調査官がいる。このうち、大邱市所属の疫学調査官が2人、疫学調査活動をすることができる公衆保健医が1人だ。これに疾病管理本部が医師・看護師・行政関係者らからなる100人規模の疫学調査班を設けている。

     チョン・ウヨン教授は昨年のチョ国(チョ・グク)前法務部長官関連不正疑惑で、「チョ国(当時、法務部長官)候補のように、個人の不正疑惑が少なかった人はむしろごく少数だ」と述べたほか、時事評論家キム・オジュン氏や慶熙大学キム・ミンウン教授ら親与党系の人々が主軸になった「チョ国白書推進委員会」に参加している。

    キム・ヒョイン記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<親文派学者「大邱市民、なぜ日本と似ているか考えなければ」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/21/2020022180016.html

    引用元: ・【韓国】 親文派学者「大邱市民、なぜ日本と似ているか考えなければ」~ネット「地域蔑視発言だ」[02/21]

    【大邱も差別対象に入ったかw 【韓国】 親文派学者「大邱市民、なぜ日本と似ているか考えなければ」~ネット「地域蔑視発言だ」[02/21]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/12/16(月) 23:40:10.45 ID:CAP_USER
    あつまれHENOKOと沖縄平和サポートは14日、「ヘイトスピーチとは何か~差別と偏見の現場を取材して」をテーマに、ジャーナリスト安田浩一さんを招いた講演会を那覇市古島の教育福祉会館で開いた。
    安田さんは、韓国への憎悪をあおるメディアや著名人の発言が広がり、市民からの批判や中傷を受けて行政が韓国関連の石碑や看板を書き換えたり撤去したりするケースが全国で相次いでいると報告した。

    その上で「不当な力関係の中で、本人が変更できない属性を差別し、差別をあおることがヘイトスピーチ」と強調。
    「社会が壊れつつあるという自覚をどれだけの人が持てるかが問われている」と語った。

    講演会に先立ち、辺野古新基地問題や県内選挙の情報を動画投稿サイト「ユーチューブ」で発信する多嘉山侑三さんも登壇。
    沖縄に対する差別構造に関して、「政治に関心のない人へのアプローチが課題」と指摘し、「ユーモアを持って関心のない人たちの日常に入っていけるような伝え方が必要になってくる」と話した。
    講演会には市民ら約70人が参加した。

    no title

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/510856

    引用元: ・【安田浩一】嫌韓報道に煽られた市民からのクレームで行政が韓国関連の石碑や看板を書き換えたり撤去する事例が相次いでいる」[12/16]

    【またジャップがやりやがった! 【安田浩一】嫌韓報道に煽られた市民からのクレームで行政が韓国関連の石碑や看板を書き換えたり撤去する事例が相次いでいる」[12/16] 】の続きを読む

    このページのトップヘ