まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:平昌五輪

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/09/14(木) 08:31:54.31 ID:CAP_USER
    ■ 自動列車停止装置のテスト中
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    13日午前4時30分ごろ、京畿道楊平郡を走る首都圏電鉄・京義中央線のソウル方向の線路で、
    試験運転中の列車が停車中の列車に追突する事故があった。

    この事故で、動いていた列車に乗っていた機関士(45)が死亡し、別の機関士(64)はあばら骨骨折の
    重傷で病院に搬送された。このほか2台の列車の機関士と信号手ら5人が軽傷を負った。京義中央線
    は復旧作業の終わった午後1時30分すぎまで列車の運行が中断または遅延した。

    韓国鉄道公社(KORAIL)によると、2台の列車は最近、自動列車停止装置(ATP)の改良作業を終えて、
    この日は作動テストを実施していた。ATPは制限速度を超えたり前方に別の列車がいたりすると
    機関室に異常信号を送り、自動で列車を停止させる装置だ。

    2台の列車は来年2月に開幕する平昌冬季五輪で選手団と観客を円滑に輸送するために、水色-
    西原州区間(108.4キロ)の運行速度を従来の時速100キロから時速150キロに引き上げる予定だった。
    速度を速めると事故の危険も高まるため、ATPを改良したわけだ。

    この日午前4時に西原州駅を5分違いで出発した2台の列車は、楊平駅までは間隔を保って運行して
    いた。先行する列車は楊平駅の手前でATPの作動確認のために停止したが、後続の列車が停止
    せず、そのまま衝突した。KORAILと鉄道施設公団は今回の事故がATPの故障なのか機関士の過失
    なのか、原因を調査している。

    ソース:朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/13/2017091303083.html

    引用元: ・【韓国】平昌五輪用の列車2台が試運転中に衝突、7人死傷[09/14] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【危機管理がまったく出来ない】平昌五輪用の列車2台が試運転中に衝突、7人死傷】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/06/12(月) 21:57:23.98 ID:CAP_USER
     平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピックを来年に控え、開催地の韓国東北部・江原道(カンウォンド)が熱を帯びている。

     平昌までは首都ソウルから車で約2時間半かかるが、年内にも高速鉄道が開通し、直結する仁川(インチョン)国際空港からは約1時間40分となる予定で、九州との距離はぐっと近くなる。日本とも意外に縁がある江原道を訪ねた。

     標高約270メートル。シラカバの並木を抜けると、真っ赤なアーチ状の造形物が視界に飛び込んできた。高さは約15メートル。一見して奇抜だが、奥にたたずむ石造りの美術館とは調和しているから不思議だ。

     美術館は世界を舞台に活躍する日本人建築家の安藤忠雄氏が設計した「ミュージアムSAN」。江原道西部の原州(ウォンジュ)市にあり、打ちっ放しのコンクリートを生かして光と影を演出する韓国でも人気の技法が取り入れられている。

     伝統の「韓紙(ハンジ)」に関する展示物や韓国近代絵画、海外作家の彫刻などが鑑賞できる。中でも“光と空間の芸術家”として名高い米国のジェームズ・タレル氏が手掛けた体感型の作品群が面白い。

     その一つ「完全な領域」には驚いた。8段の階段の上に掲げられた真っ白な「絵」を眺めていると、ガイドが「中」に入れと促す。どういうことかと「絵」に手を伸ばしてみると、そこは部屋の「入り口」だった。

     足を踏み入れると、目の前の空間は一定時間で周囲の色が変わる単色の世界。どこが壁なのかも分からず、どこまでも歩けそうな錯覚に陥った。

     山奥で出合ったアートは刺激的だったが、本来の江原道は四季折々の風景が楽しめる保養地。「冬のソナタ」を代表にドラマのロケ地が点在するのもそのためだ。

     主演俳優ペ・ヨンジュンさんの足跡をたどるファンは今もなお多く、ペさんが「テンプルステイ」と呼ばれる宿坊体験をした古刹・月精寺や、テーブルいっぱいの家庭料理を堪能した料理店「ソジチョガトゥル」は根強い人気スポットだ。

        ◇    ◇

     五輪会場は、スキーやジャンプなどの雪上競技と開閉会式を行う山間部の平昌郡一帯と、スケートなどの氷上競技を実施する日本海沿いの江陵(カンヌン)市に分かれる。

     標高約700メートルの銀世界と南北に松林が延びる海水浴場を結ぶ距離は車で約30分と近い。

     江陵にも日本との縁が深い場所があった。海岸線を望み、香り豊かな焙煎コーヒーが味わえる喫茶店「ボヘミアン パク・イチュコーヒー」だ。

     経営者で在日韓国人のパク・イチュさんは、日本で学んだ深いりの技法を韓国に持ち帰り、ローストコーヒーの文化を広めた第一人者だ。海沿いにカフェが立ち並ぶ「コーヒー通り」として江陵が知られるようになったのも、パクさんの影響が大きいという。

     そんな江陵の街も五輪を前に活気づいている。300店以上が密集する江陵中央市場には新鮮な魚介類や野菜が並び、屋台には長蛇の列。真っ赤なキムチに食欲がそそられる。現地の人によると、ここ数年で外国人旅行者が増えているという。

     2月に行われたフィギュアスケートのテスト大会を観戦し、五輪への熱気を肌で感じたゲストハウス経営者の鄭真娥(チョンジナ)さん(36)は「どの国の選手もベストが出せるような素晴らしい五輪となってほしい。江原道にまた来たくなるよう、お客さんを歓迎したい」と期待した。

     旅でより身近に感じた韓国。来年が待ち遠しくなった。

    ●メモ

    江原道(道は日本の県に相当)の8割は山岳地帯で、平昌郡(人口約4万人)など内陸部は国内で最も寒冷だが、沿岸部の江陵市(同約22万人)は比較的温暖だ。
    2015年に韓国観光公社の本社がソウルから同道の原州市(同約35万人)に移転、自然豊かな江原道のPRに力を入れている。仁川国際空港から江陵を結ぶ韓国高速鉄道(KTX)の新路線が12月に開業予定。仁川から平昌までの所要時間は98分、江陵までは111分を見込む。

    https://www.nishinippon.co.jp/nlp/travel_report/article/334954/

    http://www.nishinippon.co.jp/import/travel_report/20170612/201706120001_000.jpg
    安藤忠雄氏が設計した「ミュージアムSAN」

    引用元: ・【西日本新聞】韓国の江原道(カンウォンド)が熱を帯びている 平昌五輪が待ち遠しい[6/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【必死の提灯記事に泣いたw】西日本新聞「平昌五輪を来年に控え、開催地の江原道(カンウォンド)が熱を帯びている」】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 06:42:40.01 ID:CAP_USER
    日本オリンピック委員会(JOC)は31日、来年2月に平昌五輪を控える冬季競技の強化担当者らを集めたコーチ会議を東京都内で開き、「日本海」「竹島」「従軍慰安婦」など日韓両国間の懸案に関する選手の発言に注意するよう呼び掛けた。過去にサッカーの大会などで、選手やファンの行動が両国関係悪化に発展する出来事があったことを踏まえた。
     JOCの柳谷直哉強化部長は「スポーツであっても歴史や領土問題が絡むというご指導を(外務省から)いただいている」と述べた。

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017053101234&g=spo
    (2017/05/31-21:17)

    引用元: ・【平昌五輪】日韓関係で注意呼び掛け=冬季競技コーチ会議-JOC[5/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【それは向こうに言え】JOC、平昌五輪で注意呼び掛け=冬季競技コーチ会議-】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/04/11(火) 18:50:58.78 ID:CAP_USER
    2017年4月11日、韓国・東亜日報によると、1カ月前に韓国・仁川市の永宗大橋で突然止まった新型KTX (高速鉄道)の故障原因が明らかになった。

    先月11日午前7時51分ごろ、大田を出発して仁川国際空港に向かっていた新型KTXが永宗大橋付近で突然止まり、空港鉄道の運行が1時間30分ほど中断された。この故障により、仁川空港に向かっていた乗客10人ほどが飛行機に乗り遅れるなどした。

    韓国鉄道公社(KORAIL)は今月11日、同事故について「ボルト1個が原因で発生した」と発表した。電力供給部のボルト1個が完全に締まっていなかったためバッテリーが早く放電されたという。同列車は17年2月25日に線路に導入されたため、半月ほどねじが完全に締まっていない状態で線路を走行していたことになる。

    同列車は18年の平昌五輪に備えて製造されたKTX山川の新型であるKTX原江。今年後半に開通されるKTX原州~江陵線に導入され、各国の選手団を乗せることになるが、本格的な運行が始まった後に相次いで障害が発生している。

    国会の国土交通委員会所属のキム・ソンテ議員によると、同列車は昨年12月16日に商業運行を開始して以降、1カ月に1度の頻度で障害が発生している。今年1月19日と2月1日に東大邱駅で発生した障害は、2両以上の列車を連結して運行する重連運転を行う過程で発生したという。障害の発生が相次いだため、KORAILは全列車の電力供給系統を点検し、ボルトの問題などを確認した。障害が発生したKTXは全て、商業運行を開始して5~19日しか経っていない新しい列車だったという。KORAILは「製造上の欠陥」と結論付け、製造メーカーの現代ロテムを通じて部品の交換やシステム変更などを行った。

    KTX原江の列車で相次いで障害が発生していることを受け、正式な運行に先立って行われる試運転が不十分だったのではないかと指摘する声が出ている。監査院は11年のKTX山川の試運転がフランス製のKTX1や海外の高速鉄道に比べ不十分であると指摘していた。そのため、KORAILはKTX原江の最初に製造された初度車を8カ月にわたって試運転した。試運転の総延長は政府指針(4万キロ)の約2倍に当たる9万キロに及んだ。しかし、問題は量産車の試運転が平均2カ月間、1万7000キロにとどまっていることだという。期間も距離もKTX山川の量産車の半分に過ぎない。初度車とは違い、政府の指針には量産車の試運転の基準がないためだ。今回欠陥が発生したのは全て量産車だったという。

    さらに、永宗大橋のある仁川国際空港線ではKTX原江の試験運転が行われなかった。別の路線で試験した列車が仁川国際空港線に導入されたという。専門家らは「列車の線路は曲線の半径や高さなどに違いがあるため、導入する路線で試験運転を行う必要がある」と指摘している。KOREIL関係者は「永宗大橋で故障して以降、問題は起きていない」とし、「試運転は鉄道安全法などに基づいて行われた」と説明した。

    ソウル科学技術大学のキム・チャンオ教授は「列車は試験運転で初期の故障原因を確認し、解決した後に営業を始めなければならない。6年前のKTX山川の時と同じ状況が繰り返されている」と指摘した。キム・ソンテ議員は「平昌五輪を成功させるためには必ず安全が伴わなければならない」と強調した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「朴槿恵(パク・クネ)前大統領が造り上げた韓国は安全不感症にかかっている。韓国が後退していることを示す悲しい一例だ。国民の安全を一番に考えて働いてほしい」「KOREILのねじも外れているようだ」「現代自動車は車だけではなく列車にも問題があるのか?」

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=174896&ph=0

    引用元: ・【韓国】平昌五輪で選手を乗せる韓国の新型高速鉄道で故障相次ぐ[04/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これもクネのせいかよwwww】平昌五輪で選手を乗せる韓国の新型高速鉄道KTX で故障相次ぐ】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/04/12(水) 11:32:48.35 ID:CAP_USER
    江原道(カンウォンド)の崔文洵(チェ・ムンスン)知事は4月12日、日本・東京の在日本大韓民国
    民団(以下、民団)中央本部を訪問して、呉公太(オ・ゴンテ)民団団長と2018平昌冬季オリンピック
    (以下、五輪)の成功と相互間の共同発展を図謀(企図)する為のの協約を締結した。この日の
    協約には民団が江原道と相互協力して、東京~襄陽(ヤンヤン)間のチャーター機を利用、五輪
    応援団1000人余りを派遣する。

    江原道はこのために広報物の提供や観光商品の開発など、積極的な行政支援をして行く事を
    約束した。また、民団は今後日本全国の地方組織と在日韓国人後援会を活用して、五輪の広報
    およびブームアップ(流行を盛り上げる事らしいです)の造成、応援団の募集などに尽力する予定
    である。

    また、崔文洵知事は駐日韓国大使館を訪問、李俊揆(イ・ジュンギュ)日本大使と懇談して、2018
    平昌冬季五輪成功開催の支援と広報強化を要請、民団との協約移行のための支援についても
    論議した。

    日本現地のマスコミを通じた五輪広報のため、NHKや朝日新聞、産経新聞、毎日新聞など日本
    の主要メディアの記者21人を招待して午餐懇談会を開催、江原道の2018平昌冬季五輪の準備
    状況などを説明して、平昌冬季五輪ブームを高揚させるような積極的な報道を求めた。

    崔文洵知事は、「(韓)国内で五輪ブームがあまり盛り上がらない状況で今回の協約と広報活動
    は、在日韓国人と日本(国)内で88ソウル五輪と2002ワールドカップのような、熱い関心と参加を
    導く起爆剤の役割をすると期待している」と話した。

    ソース:bzeronews(韓国語)
    http://www.bzeronews.com/news/articleView.html?idxno=223784

    (関連)
    【日韓】江原道知事が日本訪問[04/10]
    https://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1491764041/

    引用元: ・【平昌五輪】在日民団、平昌冬季五輪に応援団1000人送る[04/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【兵務庁にチクれ】「韓国で平昌五輪ブームが盛り上がらないので」在日民団、応援団1000人送る】の続きを読む

    このページのトップヘ