まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:強制連行

    1: まるっとニュー 2020/07/24(金) 17:01:42.92 ID:CAP_USER
    【特集】“8.15”と在日朝鮮人~1945-2020
    no title


    朝鮮が日本の植民地から解放され、今年で75年。8月15日には解放75周年を迎える。75年とは、人が一生を生きる時間に等しいが、長い年月がたった今も、在日朝鮮人が「解放」され、自由になったとはいいがたい。当時の状況や3、4世の思い、日本市民の言葉から、朝鮮人にとっての8・15を見つめる。


    ◾漫画・ドキュメント8.15

    ※この物語は、『朝鮮人強制連行調査の記録・中国編』(朝鮮人強制連行真相調査団編著)に収録されている崔英植さんの証言に脚色を加えて再編集したものです。

    no title


    1910年ーー

    日本は「併合」という形で朝鮮を自国の植民地とした。

    それ以降、1945年8月15日に日本が敗戦するまで、朝鮮は「大日本帝国」の一部とされた。

    土地調査事業によって土地を奪われ、生活が苦しくなった朝鮮人は、日本や満洲への移住を余儀なくされた。

    1930年代には日本による戦争の影響を受け、朝鮮は日本の兵たん基地となった。

    鉱業、農業、労働力ともに、ありとあらゆる略奪が強化された。

    さらに皇国臣民化政策によって、学校での朝鮮語使用禁止。

    1939年には「創氏改名」まで要求された。

    また、1939年からは、朝鮮人強制連行が開始。

    畑で無理矢理拉致されたり

    夜中、寝ている時に捕まえられたなど

    本人の意思を無視した連行が相次いだーー。



    ◾Q&A 祖国解放と在日朝鮮人

    鄭永寿 ●学友書房編纂委員/朝鮮大学校講師


    Q1 朝鮮はどのように解放されたの?
    Q2 在日朝鮮人は「8・15」をどう迎えた?
    Q3 なぜ日本に朝鮮人がたくさんいたの?
    Q4 「朝鮮に帰れ!」という暴言があるが…
    Q5 植民地支配は「8・15」で終わったの?



    在日情報誌:月刊イオ
    https://www.io-web.net/2020/08/pariro2020/

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1595563872/
    ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1595569416/

    引用元: ・【話題】在日コリアン「日本の強制連行…畑で無理やり拉致され、夜中寝てる時に捕まえられるなど意思を無視した連行が相次いだ」★3 [鴉★]

    【大嘘なのにまだこのネタやんの? 【話題】在日コリアン「日本の強制連行…畑で無理やり拉致され、夜中寝てる時に捕まえられるなど意思を無視した連行が相次いだ」★3 [鴉★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/06/27(土) 22:32:30.30 ID:CAP_USER
    no title

    リュ・ソクチュン教授「慰安婦は強制連行ではない就職詐欺」…日本の雑誌寄稿文が波紋を呼ぶ=韓国(提供:news1)

    講義中に日本軍慰安婦を「売春の一種」と発言して懲戒を受けたリュ・ソクチュン(65)延世大社会学科教授が、日本の右翼雑誌に同じ内容の寄稿文を載せて波紋を呼んでいる。

    リュ・ソクチュン教授は、日本の時事月刊誌「Hanada」8月号に「紛争の渦に巻き込まれた韓国教授が、命をかけて訴え、捏造された慰安婦事件」という長文の文章を寄稿した。ここでリュ・ソクチュン教授は、既存の主張を繰り返しながら、自分が1か月懲戒処分を受ける原因となった2019年秋学期「発展社会学」の講義当時の状況を詳細に述べた。

    リュ・ソクチュン教授は「問題になった講義のテーマは、『植民地支配を受けた経験をどのように評価するか』であった」とし「学界では、この時期を収奪を受けた時代と評価するが、近代化が進んだ時期という解釈も共存している」と述べた。

    そして、韓国が日本に対して、否定的な評価をしていることを説明するために、「農地、米、労働者、女性に関する説明を例に挙げた」とした。

    リュ・ソクチュン教授は、韓国米を日本が奪ったのではなく、お金を払って買って行ったとし、「韓国の若い女性たちが、慰安婦となったことも公権力が強制連行・拉致した結果ではなく、民間売春業者らに就職詐欺の被害を受けたものと見なければならないと説明した」と述べた。

    ソース:ワウコリア<リュ・ソクチュン教授「慰安婦は強制連行ではない就職詐欺」…日本の雑誌寄稿文が波紋を呼ぶ=韓国>
    https://www.wowkorea.jp/news/japankorea/2020/0627/10262942.html

    関連スレ:【韓国】「慰安婦は売春」発言で停職の韓国教授が不服表明、学生は罷免要求・・韓国ネット「土下座して謝れ」 [5/10] [鴉★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1589101499/

    引用元: ・【慰安婦問題】 リュ・ソクチュン教授「慰安婦は強制連行ではない就職詐欺」…日本の雑誌寄稿文が波紋を呼ぶ[06/27] [蚯蚓φ★]

    【真実を話すと罰せられる国 【慰安婦問題】 リュ・ソクチュン教授「慰安婦は強制連行ではない就職詐欺」…日本の雑誌寄稿文が波紋を呼ぶ[06/27] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/12/09(月) 17:49:37.56 ID:CAP_USER
    慰安婦問題めぐり「保守系論客」と大バトル~映画『主戦場』上映会

     12月8日「憲法を考える映画の会」主催の『主戦場』上映会に参加した。会場の東京・文京区民センターは満席で、200人は軽く超えていた。そこになんと映画に「保守系論客」として出演しているケント・ギルバート氏と藤岡信勝氏がやってきた。その支援者も10名以上はいて、いったいどうなることかと不安な気持ちになった。じつは保守系のSNSに以下のような<詐欺映画「主戦場」を観るツアー>の呼びかけがなされていたのだ。

     「ジョン・レノンの命日である12月8日、都内で詐欺映画『主戦場』の上映会があります。場所はつくる会のおひざ元で、保守系イベントの聖地・文京区民センターという、実にアグレッシブな上映会。つきましては、『主戦場』被害者の皆さんと同映画を観るツアーを企画しています」

     上映妨害があるのでないかと主催者もピリピリしていたが、なにごともなく約2時間の上映中はみんな静かに鑑賞していた。10分の休憩をはさんで約1時間の感想会がもたれた。休憩時間に藤岡信勝氏が主催者に何やら申し入れをしていた。「発言の機会がほしい」という趣旨のようだった。

     当初は、上映後に「女たちの戦争と平和資料館」館長で映画にも出ている渡辺美奈さんのトークが予定されていたが、本人の都合により中止になった。そのためいきなり「一人3分の感想会」になり、会場からは次々に感想や質問が寄せられた。それを受ける形で、ケント・ギルバート氏(写真左)と藤岡信勝氏(右)がマイクを握った。



     ケント・ギルバート氏は「まずこの映画の評価をしたい」と切り出し「私はこの映画の前半は両者の意見がバランスよくでていたと思う。しかし後半の日本会議の話のあたりから一方的なプロパガンダになっている」と批判した。藤岡信勝氏は「私が映画のなかで『国家は謝罪しない』と述べているが、そこだけ切り取られていて真意が伝わっていない」「はじめから歴史修正主義者(リビジョニスト)として極悪人扱いされた」と映画への不満を語った。

     会場と「保守系論客」との間で、映画の3つの争点となっている「慰安婦の数」「軍の関与」「強制だったのか」をめぐってやりとりが続いた。会場のある女性は「私は中国人慰安婦の万愛花さんに会って直接、強制連行・虐待の話を聞いた。あなたたちは直接慰安婦の話を聞いたことがあるのか?」と問いかけた。ある男性は「南京事件のレイプの酷さが慰安所設置のきっかけになった。その時の軍の書類は残っている。軍の関与は間違いない」と語った。

     ときおり激しいヤジも出る「大バトル」となったが、発言者はそれぞれが短い言葉で必死に相手を説得しようとして話すので、内容が具体的で勉強になったし面白かった。ある映画制作者の人は「ケントさんも藤岡さんも取材を受けたわけで編集権は制作者側にある。ここで何を言われてもしようがない。きょうは憲法の会主催の上映会。ここを乗っ取ろうということではなく、ご自分たちで上映会を開き思う存分話したらどうか」と語ると大きな拍手が起きた。

     最後に主催者の花崎哲さんが挨拶した。「休憩時間に藤岡さんから申し出があり質問に答える形ということで発言をOKした。きょうは活発な討論になってビックリしたが、お二人に来てもらってよかった。いろんな方が一緒に映画を見ていろんなことを話す。それが大事だと思う」と安堵した様子で語っていた。(松原明)

    http://www.labornetjp.org/news/2019/1208hokoku

    引用元: ・【話題】日本市民さん、保守論客と大バトル「私は慰安婦に会って強制連行・虐待の話を聞いた。あなたたちは直接話を聞いたのか?」

    【慰安婦の嘘証言信じてんのwwwww 【話題】日本市民さん、保守論客と大バトル「私は慰安婦に会って強制連行・虐待の話を聞いた。あなたたちは直接話を聞いたのか?」 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/06(木) 19:56:46.39 ID:CAP_USER
    旧日本軍の慰安婦問題をテーマにした、公開中のドキュメンタリー映画「主戦場」のメガホンを取ったミキ・デザキ監督(35)が3日、都内で会見を実施。慰安婦問題について「『強制連行』は世界的コンセンサス」などと持論を展開した。

     同作は5月30日に、作中でインタビューに答えた藤岡信勝氏(74)ら保守派の論者から、「歴史修正主義者のレッテルを貼られた」などと抗議を受けた。会見で、慰安婦問題における世界的なコンセンサスの認識を問われたデザキ監督は「世界が考えている慰安婦問題は、私の理解においては、彼女たちが性奴隷であったこと、20万人いたこと、強制連行されたということ」と明言した。

     さらに「私の考えでは具体的な数字を出すべきことではなくて、目安の数字でいいのでは」と発言。「いわゆる『修正主義者』たちの考えは、もう少し反すうをする余地があるのではと考える。彼らが『性奴隷ではなかった』、『強制連行ではなかった』と訴えているがために、いわゆる、というカッコ付きで『修正主義』という言い方をしている」と、藤岡氏らの主張を一部否定した。

     またデザキ監督は、抗議を行った保守派論客について「彼らは、世界的にコンセンサスが取れている慰安婦問題を、積極的に塗り替えようとしている」とも分析。加えて「彼らの言葉に説得力がないのは、映画の中で、この問題を研究している歴史家たちによってファクトチェックをされているからでは」と推測した。

     さらに「修正主義者と呼ばれる方たちが、慰安婦問題についての歴史家ではないことが多いということに注目していただきたい。にもかかわらず自分たちが慰安婦問題についての真実を語る専門家であると思っている」と、保守論客側の発言の正当性に疑問符も。「自分たちの正義を盲進している」と苦言も呈した。

     自身の映画作りに関しては「フェアな製作過程だった」と強調。「彼らは人に見て欲しくない、評判を下げたいと思っている。自分たちが発言した内容が、恥ずかしいと思っているのだろうかと思う。彼らがなぜ支持者たちにこの映画を見て欲しくないと思っているのか分からない」と笑みも見せながら話した。

    ソース デイリー
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/03/0012392389.shtml
    ★1 2019/06/06(木) 14:18:07.57
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1559810156/

    引用元: ・【性奴隷】「20万人の強制連行は世界的コンセンサス」 慰安婦ドキュメンタリー映画のミキ・デザキ監督が持論を展開★3[06/06]

    【思い込めばそれが史実ってか?w 【性奴隷】「20万人の強制連行は世界的コンセンサス」 慰安婦ドキュメンタリー映画のミキ・デザキ監督が持論を展開★3[06/06] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/05/02(木) 21:37:20.58 ID:CAP_USER
    韓国で「吉田清治」が作った謝罪碑が復活、未だ残る従軍慰安婦“ウソ証言”の傷跡
    週刊新潮WEB取材班 2019年4月30日 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00560323-shincho-kr&p=1
    吉田清治謝罪碑のその後
    no title

    「望郷の丘」の慰霊塔
    no title

    故吉田清治氏の謝罪碑(上)と奥茂治被告がその上に貼り付けた後、剥がされた石板(下)
    no title


    韓国・天安市に「望郷の丘」という国立墓地がある。

    朝鮮半島から海外に渡って帰国を果たせぬまま亡くなった人たちの墓地で、1976年10月にまず213体を収めて開園。現在は1万体以上が安置され、「安葬申請」はいまも受け付けられている。

    パンフレットには「日帝強占期に、本人の意志によらず強制動員された海外同胞たちの帰郷の念を叶える場所」と示され、言ってみれば「徴用工」の墓地だ。徴用工訴訟はさらに拡大していく様相を呈しているが、そのうち韓国がこの墓地を象徴的な場所として持ち出すかもしれない。そしてここにもう一つ、反日の原点ともいえる石碑がある。

    あの吉田清治氏の「謝罪碑」である。

    済州島の女性205人を強制連行して従軍慰安婦にしたなどの作り話で従軍慰安婦問題の発火点になった吉田清治氏は、1983年12月、慰安婦問題を書いた著作の印税でその碑を作った。「謝罪碑」はハングルと日本語で以下のように書かれている。

    〈「日本人の謝罪碑」
    あなたは日本の侵略戦争のために徴用され強制連行されて
    強制労働の屈辱と苦難の中で 家族を想い 望郷の念も空しく
    貴い命を奪われました
    私は徴用と強制連行を実行指揮した日本人の一人として
    人道に反したその行為と精神を深く反省して
    謹んで あなたに謝罪いたします
    老齢の私は死後も あなたの霊の前に拝跪して
    あなたの許しを請い續けます 合掌
    1983年12月15日
    元勞務報國會徴用隊長 吉田清治〉

    だが2年前、この「謝罪碑」は、奥茂治なる人物によって改変された。元の石板の上に短く3行、

    「慰霊碑 日本国 福岡県・吉田雄兎」(原文はハングル)

    と刻んだ石板を貼りつけたのだ。「雄兎」は吉田氏の本名である。

    奥氏は元海上自衛官。実業に転じたものの、予備自衛官や沖縄県隊友会(OB組織)幹部として自衛隊を支え、国防問題の啓蒙、情報収集を行う「南西諸島安全保障研究所」を主宰している。尖閣諸島に最初に「本籍」を移したことでも知られる。

    奥氏は、吉田氏の長男・英治氏の依頼を受け、石板を張り替えて帰国した。その後、韓国警察の出頭命令に応じ渡韓して逮捕され、裁判になった。これは度々メディアで報じられたから、あるいは記憶にある人も多いかもしれない。

    そして2018年1月に懲役6カ月・執行猶予2年の判決が下る。一時控訴したが、取り下げて判決が確定、2018年2月に帰国した。

    それでは、その後「謝罪碑」はどうなったか。

    引用元: ・【慰安婦問題】 韓国で吉田清治が作った謝罪碑が復活、未だ残る“ウソ証言”の傷跡…1943~1945年、朝鮮人6000余名を強制連行[05/02]

    【朝日新聞社員の人。これどーするの? 【慰安婦問題】 韓国で吉田清治が作った謝罪碑が復活、未だ残る“ウソ証言”の傷跡…1943~1945年、朝鮮人6000余名を強制連行[05/02] 】の続きを読む

    このページのトップヘ