まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:強調

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/24(火) 22:39:25.23 ID:CAP_USER
    no title


    ケーブルチャネルtvNの430億の大作「ミスター・サンシャイン」は旧韓末混乱期を背景にする。第1回で売国奴・イ・ワンイク(キム・ウィソン)が伊藤博文を訪ねて5万ウォンで朝鮮を売ると提案する場面が登場した。雲揚号派遣も弛緩熟が先に提案した。

    雲揚号は1875年に江華島(カンファド)を攻撃して略奪した日本軍艦だ。この事件は日本の朝鮮植民地化の第一歩だった。結局、日本はじっとしていたが朝鮮人が先に訪ねてきて朝鮮侵略を提案して取り引きしたという設定だ。

    この他にも「朝鮮はみな国が売れないでやきもきしているというのに?」等のセリフで当時、親日派が蔓延していたという印象を与えた。こうすれば侵略国としての日本の責任が消える。加害者の日本は受動的に取り引きに応じた存在で、朝鮮を滅びる様にした主体は朝鮮人自身ということになる。

    このドラマはまた、当時、朝鮮がどれほど不条理で残酷な社会であったかを精魂を込めて描写した。そのような体制だったため、人々が国を裏切るのが当然だったという印象を与える。結局、朝鮮崩壊は自国民を親日派に追いこんだ朝鮮の自業自得だ。これでは日本の責任が消えることになる。非常に危険な設定だ。いくら親日派が沸き立っても朝鮮を侵略した主体は明確に日本だ。親日派は単に日本の手下の役割をしただけだ。

    日本が胴で親日派は尻尾なのにこの作品は親日派を胴に浮上させた。さらにはこのドラマの背景になる時代はまだ親日派が本格的に蠢動した時期でもなかった。歴史を歪曲し、親日派を浮上させて日帝侵略の犯罪に免罪符を与えたのだ。

    このドラマの内容のとおりなら安重根義士が伊藤博文を処断したことも問題になる。伊藤博文は単に取り引きに応じただけ、侵略の元凶ではなくなるからだ。当然、歴史歪曲論議がさく烈した。一部ならともかく、朝鮮に問題があったのが正しく、結局、親日派が蠢動したのも正しいなら、そのような歴史も描かざるをえないのではないか。

    ヨーロッパならばそのようなこともある。ナチの侵略犯罪が歴史的事実で完全に公認され、加害者のドイツが繰り返し謝った。この程度の状況なら被害者側の複雑な事情を描いた作品も可能だ。しかし、日本はまだ侵略の歴史を否認し、さらに最も大きな被害者の我が国に対しネット右翼らが第二次加害まで犯しているところだ。

    この様な状況で被害者の私たちの内部の複雑な事情を描いて日本の責任を希薄にさせるのは不適切だ。すでに歴史が整理されたヨーロッパですら、ナチにやられた被害者内部の複雑な事情を描いてナチの罪を減らすことはない。ナチは相変らず悪の胴に描かれるだけだ。

    日本は救済不能な朝鮮を日本が近代化させてやったという植民史観を流布した。「ミスターサンシャイン」は朝鮮がどれほど凄惨な状況であったか描写しながら結果的に植民史観と似た設定になった。問題はこの作品が韓流大作でネットフリークスを通じて全世界に放映される点だ。東アジアで格別の注目をあびることも確実視される。

    そうでなくても日帝の罪状に対する世界の人々の認識がナチに比べてとても微弱なのが問題だった。ナチ象徴物は徹底的に禁止しながら日帝旭日旗は放置するのが西欧の現実だ。この作品がそのような現実をより一層悪化させる可能性がある。製作スタッフはこれからでも日本が侵略犯罪の主体で明らかな加害者であり朝鮮は被害者という点をドラマに入れる必要がある。

    ハ・ジェグン/文化評論家

    ソース:文化日報(韓国語) ミスターサンシャイン、「日帝責任論」が抜けた危険な設定
    http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2018072401032612000002

    引用元: ・【芸能】 大作ドラマ「ミスターサンシャイン」、親日派を強調し加害者である日帝の責任が抜けた危険な設定[07/24]

    【【芸能】 大作ドラマ「ミスターサンシャイン」、親日派を強調し加害者である日帝の責任が抜けた危険な設定[07/24] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/29(火) 19:51:30.88 ID:CAP_USER
     歴史教科書国定化反対の論拠の中でも、最も爆発性が高いのが「親日擁護」問題だ。28日公開された国定教科書は、植民地時代の戦時体制下「親日反民族行為」を主要人物の名前と共に記述し、さらに崔南善(チェ・ナムソン)を別途独立した記事で取り上げた。

     光復(日本の植民地支配からの解放)後の「反民特委(反民族行為特別調査委員会)」については「光復直後、親日反民族行為者を処罰すべきだという国民的世論が高まった。

     しかし李承晩(イ・スンマン)政権は、反民特委の活動に消極的な態度を示し(中略)一部の警察が反民特委の事務室を襲撃するなど、反民特委の活動は困難に直面した」と記した。

     これと関連して、植民地統治によって韓国の近代化がなされたという「植民地近代化論」が教科書に反映されるかどうかも関心の対象となった。姿を現した国定教科書は、一貫して「日本が韓国を経済的に収奪した」という伝統的視点に基づく記述を行った。

     1910年代は土地調査事業・会社令・山林令・漁業令を通して「経済収奪の基盤を整備すると同時に、韓国を植民地経済体制へと再編した」と記した。20年代の産米増殖計画は「コメ生産量は多少増加したが、増えた分よりも多くのコメが日本へ持ち出された」と記した。

     30年代の「工業化」については「中国侵略とともに韓国内の資金・物資・労働力を軍需関連産業に集中させ、鉱物の生産および収奪に総力を挙げた」と記した。

     植民地支配から抜け出すための民族運動についての記述は、量的・質的に大幅な強化が行われた。

     10年代の韓国内外における独立運動、三・一運動、大韓民国臨時政府、20-30年代の国内民族運動、国外武装・義兵闘争など、これまで重視されていた部分はそのまま詳細に記述し、新たに米州地域や大韓民国臨時政府の外交活動に光を当てた。

     また「日帝に立ち向かった女性独立運動家」「独立運動のまた別な方略、国際連帯活動」を特集コーナーとしてそれぞれ1ページずつ設け、独立運動に対する理解の視野を広げた。

     検定教科書において「歪曲(わいきょく)」との非難があった北朝鮮関連の記述は、事実の通り記述することに重点を置いた。

     北朝鮮の農地改革は、分配された土地の売買・抵当・賃貸が禁止され、所有権ではなく耕作権が与えられたものであって、生産量の25%を現物税として納付しなければならず、集団農場化の前段階だったという点を適示した。

     金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)・金正恩(キム・ジョンウン)の3代世襲独裁体制の形成プロセスを詳細に説明し、脱北者の発生や北朝鮮の人権問題も取り上げ、西海(黄海)北方限界線(NLL)侵犯・哨戒艦「天安」爆沈・延坪島砲撃など北朝鮮の相次ぐ対南挑発、北朝鮮の核開発による韓半島(朝鮮半島)危機などについても細かく記した。

    李先敏(イ・ソンミン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/29/2016112900978.html

    引用元: ・【韓国】国定教科書:親日人士は実名記載、日本の収奪も強調[11/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【収奪されたのは日本だっての】韓国国定教科書:親日人士は実名記載、日本の収奪も強調】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 19:36:32.71 ID:CAP_USER.net
    no title

    ソウルの日本大使館前にある慰安婦像(鴨川一也撮影)

    【ソウル=名村隆寛】聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は26日、慰安婦問題の解決に向けた日韓合意とソウルの日本大使館前に不法に設置されている慰安婦像に関し、
    「少女像(慰安婦像の撤去)と結びつけられているなどというが、(日韓の)合意で全く言及もされなかった問題だ。扇動してはならない」と強調した。

     韓国メディアとの懇談会で述べた。朴大統領は、「(撤去についての議論は)被害者(元慰安婦)のためにならない。全く事実ではなく、混乱を引き起こしてはならない」と語ったという。

     日本大使館前の慰安婦像について、韓国政府は昨年12月の合意で、「日本政府が公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し、可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じ、適切に解決されるよう努力する」と明確に約束している。

     しかし、朴大統領をはじめ韓国政府は「民間で自発的に設置したものであり、韓国政府があれこれ言える問題ではない」との姿勢を続けている。

    http://www.sankei.com/world/news/160426/wor1604260039-n1.html

    引用元: ・【韓国】慰安婦像撤去「日韓合意で言及されていない」 朴大統領がメディアに強調、「扇動してはならない」[4/26]

    【やっぱりはじまたw 【韓国】慰安婦像撤去「日韓合意で言及されていない」 朴大統領がメディアに強調、「扇動してはならない」[4/26]】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/31(土) 09:52:36.83 ID:???.net
    【歴史戦WEST】真宗大谷派の人権ギャラリー展に漂う日本〝断罪〟史観 日朝・日韓関係テーマで日本の加害性のみ強調、なぜか拉致問題は無視(1/6ページ) - 産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/150130/wst1501300004-n1.html


     京都を代表する寺院の一つ、真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)で開催されている「人権週間ギャラリー展」をめぐり、有識者から
    「日本の加害性のみが強調され、偏っている」との指摘が上がっている。豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の展示で民衆を日本に「拉致連
    行」したことを取り上げ、慰安婦問題のパネルには「性奴隷」の文言も登場する。しかし、人権週間にちなみながら、現在の日本にとって最も重要
    な人権問題といえる北朝鮮による拉致問題には一切触れていないのだ。主催者は「大谷派と関係あるものを中心に取り上げた。スペースもかな
    り絞ってこうなった」と説明するが…。(大竹直樹)

    320万人の大教団…門徒も疑問視…「日本ばかりが悪者に」

     JR京都駅の中央口から歩いて10分。瓦ぶきの屋根の付いた土塀が見えてきた。東本願寺の境内を囲っている「築地(ついじ)塀」だ。京都三
    大門の一つ、御影(ごえい)堂門の近くに掲げられたポスターに目がとまった。

     《原子力発電に依存しない社会の実現にむけて》

     真宗大谷派は平成24年2月、65人の僧侶で構成する宗議会を開いて全原発の運転停止と廃炉を求める決議案を可決している。

     真宗大谷派の門徒数は約320万人。大阪府内に住む門徒の60代男性は「最近、特に政治色が強くなってきた。いろんな考えの門徒がいる
    のに、仏教教団が政治的なメッセージを発することに違和感を覚える」と疑問視する。

     この門徒が「日本ばかりが悪者になっている」と嘆くのが、境内で2月2日まで開かれている「人権週間ギャラリー展 誠信交隣(せいしんこうり
    ん)を願って-日朝・日韓関係の歴史と現在」だ。

    民衆を日本に「拉致連行」

     ギャラリー展は「古代・中世の日朝・日韓関係と豊臣秀吉の侵略戦争」から始まる。

     中世になると、《日本からは「日本国王使」とよばれた使節がたびたび朝鮮王朝の首都漢城(いまのソウル)を訪問し、仏典の集大成である「大
    蔵経」を始めとする仏教経典や仏具、仏画、そして高級繊維製品などをもらってかえる》ようになったとパンフレットにある。

     事実の一面には違いないが、日本が一方的に教えをこう上下関係だったような印象を受ける。記述は豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)
    の頃になると一変する。パンフレットの文言にはこうある。

     《豊後臼杵の安養寺の僧・慶念(きょうねん)も動員されて朝鮮半島にわたった一人でした。かれはその間のことを『朝鮮日々記(にっぴき)』と
    して記録していました。この書は戦場の悲惨な光景、無辜(むこ)の民衆を日本に拉致連行する日本の商人たちや財宝を奪い尽くす武士たちの
    姿をありありとのべています》

     《この戦争の中でも残酷をきわめたものは「鼻削(そ)ぎ」でした。この行為は日本軍に反抗する朝鮮の兵士や民衆に対する刑罰として行われ
    ました》

     門徒の男性は「日本だけが一方的に朝鮮の人々をかどわかしたような書き方だ」と訴える。

     主催者側の真宗大谷派解放運動推進本部の本部委員は「私たちの国が一体どういうことをしてきたか。どのように自己批判をする中で次の交
    流につなげていくか。お互いに『あんたんところ、こんなことしているではないか』というばかりではならない」と話す。

     麗澤大の八木秀次教授(憲法学)は、朝鮮出兵の拉致連行をめぐる記述について「有田焼の生みの親で知られる朝鮮出身の李参平ら陶工は
    『連れて行ってくれ』と言って付いてきた。李朝は朝鮮の人々にとっても異民族で、李朝の支配が過酷だということで民衆には不満も相当あった。
    同じ民族であろうが、他の民族であろうが、穏やかな統治をしてくれる支配者を望む人もいた」と指摘する。

     そのうえで「(記述は)ひたすら朝鮮半島は日本にとって学ぶ対象で、その都度、日本は悪いことをしてきたという内容といえる。一方的な日本
    側の加害者史観だ」と批判する。

    引用元: ・【慰安婦問題】真宗大谷派の人権ギャラリー展に漂う日本〝断罪〟史観 日本の加害性のみ強調、なぜか拉致問題は無視[1/30]

    【門徒連中はもっと危機感もって戦えよ。 【慰安婦問題】真宗大谷派の本山・東本願寺の人権ギャラリー展に漂う日本〝断罪〟史観 日本の加害性のみ強調、なぜか拉致問題は無視[1/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ