まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:彼女

    1: まるっとニュー 2019/06/13(木) 07:50:58.77 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    彼女と別れて腹立ちまぎれに自分のマンションに火事をつけ、住民200人余りが避難するなどの騒ぎを起こした10代が警察に検挙された。

    12日、京畿(キョンギ)一山(イルサン)西部警察署によれば11日の午後9時50分頃、一山 西区(ソグ)の某マンション14階に住むA容疑者(19歳=無職)が、ライターを使ってたんすに火をつけた。

    火はマンションの内部195.9㎡を焼いた後、約30分後に消えた。しかし、この過程で炎が上がって煙が広がり、このマンションの住民250人余りが避難する騒ぎが起きた。7人が煙を吸い込むなど、軽傷を負って病院に搬送されて治療を受けた。

    警察は火災を起こして逃げたA容疑者を、約2時間後にマンション団地の近くで捕まえた。警察の調査でA容疑者は、「彼女と争って別れを告げられ、腹立ちまぎれにやった」と供述した。

    事件当時、A容疑者は彼女と会って酒を飲んでいた事が分かった。

    警察はA容疑者に対し、現住建造物放火などの容疑で逮捕状を請求する予定である。

    ソース:NAVER/韓国日報(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=469&aid=0000396317

    引用元: ・【韓国】「彼女にフラれた・・・」~腹立ちまぎれに放火(一山)[06/13]

    【放火が生活に密着しとるな 【韓国】「彼女にフラれた・・・」~腹立ちまぎれに放火(一山)[06/13] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/02(水) 22:54:15.65 ID:CAP_USER
    韓国の世界遺産エリアで、高齢者による売春が絶えないことをご存じだろうか。

    問題となっているのは、ソウル市鍾路(チョンノ)区に位置する宗廟(チョンミョ)周辺。

    朝鮮王朝歴代の王と王妃を祀った王家の霊廟で、1995年にユネスコ世界文化遺産に指定された建物だ。現在は、高齢者たちの憩いの場としても親しまれている。

    以前にも紹介した通り、この宗廟の周辺で、50代以上に見える女性たちが、高齢男性に売春を持ちかけているという。

    客に声をかける際、栄養ドリンク「バッカス」を差し出していることから、彼女たちは“バッカスおばさん”と呼ばれている。最近は売春婦が高齢化し、“バッカスおばあさん”も珍しくないらしい。

    20年以上、売春を続けているという75歳の女性は、こう証言している。

    「今は60代でも若い方。80代も、『バッカス』片手に大勢繰り出してるよ」

    バッカスおばあさんの存在は1990年代ごろから知られてきた。2016年には“バッカスおばあさん”を主人公にした映画『バッカス・レディ』も公開されている。

    ただ近年はその数が増えており、2013年から2016年の3年間で、全国の摘発件数が183件から603件と3倍以上に膨れ上がったというデータもある。

    彼女たちの性ビジネスは、カナダのメディア『VICE』やシンガポールのチャンネル・ニュース・アジア(CNA)などが取り上げたこともあり、宗廟を訪れた外国人観光客にも認知されているという。

    観光地のイメージダウンは避けられず、韓国ネット民も「外国でも放送されているなんて、恥ずかしい」「外国に発信されてしまったいま、高齢売春は根絶しなければ」などと嘆いていた。

    「バッカスおばあさんと売春してきた」

    そんなバッカスおばあさんは2018年、韓国で再び注目を集めていた。

    きっかけは、7月に“韓国の2ちゃんねる”と呼ばれる「日刊(イルガン)ベスト貯蔵庫」(イルベ)に、あるユーザーがアップした写真だった。

    このユーザーは「バッカスおばあさんと売春してきた」と書き込み、バッカスおばあさんとされる女性の裸の写真4枚を投稿したのだ。

    その投稿はネット上で物議を醸し、投稿者は翌8月に警察に検挙されている。

    警察の発表によれば、この投稿者は「関心を引きたくて写真を投稿した。本当に撮影した写真ではなく、他所から拾ってきた画像だ」と供述したという。

    真偽は明らかになっていないが、いずれにしてもこの問題をきっかけに改めてバッカスおばあさんに関心が集まったのは間違いないだろう。

    最近も、韓国メディア『韓国日報』が「無関心に蔑視…安全網がない“バッカスおばあさん”」と題した特集を組んでいた。

    バッカスおばあさんが絶えない理由

    ただ、それは裏を返せば、現在もバッカスおばあさんたちの売春が現在も続いているということでもあるだろう。

    なぜ、バッカスおばあさんたちが絶えないのか。

    その一因には、韓国が「高齢社会」(高齢者人口の比率が14~21%)に突入したこともあるだろうが、それよりも深刻なのは高齢者の貧困だという。

    韓国の65歳以上の相対的貧困率が2016年基準で43.7%に上る(韓国統計庁調査)なか、生活するために売春に手を出すしかないのが実情だという。

    前出の『韓国日報』の記事では、70代の女性がこう語っている。

    「売春で稼いだ金で、その日の夜ご飯のおかずを買うんだ。こんな歳になると、これから他の仕事を探すのも難しい」

    ちなみに、彼女たちの収入は性交渉までこぎつけても2~3万ウォン(約2000~3000円)程度らしい。

    こうした状況を改善すべく、取り締まりと処罰を強めるべきだとの声も聞かれるなか、警察も指導に力を入れているが、目の前の生活に困窮している彼女たちには効果が薄いようだ。

    韓国老人相談センターのイ・ホソン所長は、バッカスおばあさんたちへの公的な支援が不可欠だと指摘している。

    「基礎生活受給費(日本でいう生活保護)を受けられない高齢者たちは、社会の死角に隠れてしまっている。一般的な売春婦たちを対象にした自立支援活動も、高齢者たちにとっては何の意味も持たない」

    2018年も物議を醸していたバッカスおばあさん。

    宗廟が世界遺産の権威を取り戻すためにも、より根本的な対策が求められている。

    (人気記事:韓国で慰安婦を「売春婦」と主張したらどうなるのか。とある女性教授の“末路”とは)
    http://s-korea.jp/archives/14738?slink=1

    (文=S-KOREA編集部)

    http://s-korea.jp/archives/51639
    S-KOREA 2019年01月02日

    引用元: ・【バッカス】韓国の世界遺産周辺で絶えない“売春おばあさん”。「60代でも若い方」という彼女たちは今…[1/2]

    【そのうち従軍慰安婦と言い出すよ 【バッカス】韓国の世界遺産周辺で絶えない“売春おばあさん”。「60代でも若い方」という彼女たちは今…[1/2] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2018/03/28(水) 10:41:11.27 ID:CAP_USER
    ガールフレンドと喧嘩をした10代が家の中に火をつけ、証拠写真を送った後に遺体で見つかった。

    警察によれば28日の午前1時20分、京畿道(キョンギド)東豆川市(トンドゥチョンシ)
    紙杏洞(チヘンドン)の某マンション9階で火災が発生した。

    この火災で居間などの内部36㎡と冷蔵庫などを燃やし、500万ウォン相当(消防署推算)の財産被害を出して5分後に消えたが、パク某さん(19歳)が遺体で発見された。

    当時家の中にはパクさん一人が居て、一緒に住んでいた母親と弟は外出していた事が分かった。

    前日に警察が出動するほどガールフレンドと大喧嘩をしたパクさんは、家の中に布団を重ねて火をつけた後写真を撮影して、ガールフレンドに携帯電話で写真を転送した事が分かった。

    驚いたガールフレンドが119番に申告して、現場に出動した消防隊員がパクさんの遺体を発見した。

    警察はパクさんが自ら火をつけた状態で煙を吸い込んで死亡したと見て、正確な事故経緯を調査している。

    ソース:NAVER/東豆川=NEWSIS(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0008511251

    引用元: ・【韓国】「彼女と喧嘩をした10代が家に放火」→「証拠写真を携帯で彼女に転送」→「死亡」(東豆川)[03/28]

    【【韓国】「彼女と喧嘩をした10代が家に放火」→「証拠写真を携帯で彼女に転送」→「死亡」(東豆川)[03/28] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/04/16(日) 10:18:49.45 ID:CAP_USER
    ■ 家族を誹謗中傷されて『荒唐無稽な復讐劇』・・・裁判所、執行猶予2年宣告
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    自分の家族を誹謗中傷したという理由で、別れた彼女の乗用車に酢とコーラなどを入れて壊す
    という、荒唐無稽な犯行を起こした40代に実刑が宣告された。

    16日、裁判所によれば、チェ某被告(43歳)はAさんと3年間付き合って昨年9月に別れ、現在
    付き合っている女性から、「Aさんがあなたの娘について悪口を言っている」という話を又聞きした。

    何とか復讐しようと決心したチェ被告は、Aさんの乗用車をターゲットにした。同年11月1日午前、
    ソウル 中浪区(チュンラング)のAさんの自宅前に駐車していた乗用車の左前タイヤをパンク
    させた。

    数日後には乗用車の左前タイヤの側面を裂き、リアタイヤに穴を開けた。また、エンジンを故障
    させようとドライバーで給油口を強制的に開き、酢とコーラを交ぜた液体500mlを注入した。

    その後もチェ被告は二度にわたり錐(きり)でタイヤに穴を開け、酢とコーラの配合液を給油口
    に注入した。

    犯行がバレない事でチェ被告はより一層大胆になった。チェ被告は後方ブラックボックス(たぶん
    車載カメラの事)を覆い、あらかじめ準備していた工業用ポリウレタンフォーム、ポリウレタン
    注入用ホースなどでマフラーを詰まらせようとした。

    しかし、Aさんの申告を受けて潜伏中だった警察官に現行犯で逮捕され、チェ被告の『荒唐無稽
    な復讐劇』は幕を閉じた。逮捕当時彼は、給油口に入れる酢と水飴の配合液まで持っていた。

    (写真=ソウル北部地裁)
    no title


    ソウル北部地裁のソン・ドヨン判事は、財物損壊・財物損壊未遂容疑で起訴されたチェ被告に
    対し、懲役10月・執行猶予2年を宣告した。

    チョン判事は、「被告人が犯行を認めて反省しており、被害者と合意して被害者が被告人の
    処罰を望んでいない点、被告人と被害者の関係などを斟酌した」と量刑理由を説明した。

    ソース:NAVER/聯合ニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=001&aid=0009191426

    引用元: ・【韓国】別れた彼女の車の給油口に酢とコーラ・・・[04/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【罰ゲームによく使うやつ】チェ某が別れた彼女の車の給油口に酢とコーラ(ソウル)】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2016/12/21(水) 09:37:22.78 ID:CAP_USER
    光州(クァンジュ)西部警察署は21日、彼女が住む家のドアを壊して侵入して猫2匹を盗んだ疑い
    (窃盗・住居侵入)で、チョ某容疑者(27歳)を書類送検した。

    チョ容疑者は去る12日の午前2時頃、光州市(クァンジュシ)西区(ソグ)の某オフィステルのドアを
    壊し、彼女のAさん(26歳・女)の家に無断侵入した疑い。

    また同日午後2時頃、Aさんが出勤した隙に60万ウォン相当の猫2匹を持ち去った疑いも受けて
    いる。

    警察の調査の結果、チョ容疑者は電話に出ない彼女が別の男と会っていると疑い、このような
    事件を起こした事が分かった。

    チョ容疑者は鍵屋を呼んでドアを壊した後再び設置した。酒を飲んで夜遅くに帰った彼女から別れ
    を告げられると、4ヶ月前プレゼントした猫を盗んだ事が調査で分かった。

    ソース:NAVER/光州=NEWSIS(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=003&aid=0007664730

    引用元: ・【韓国】「浮気を疑って・・・」~彼女の家に侵入して猫盗む(光州)[12/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ぬこの安否情報が無い】「浮気を疑って・・・」~彼女の家に侵入して猫盗む(光州)】の続きを読む

    このページのトップヘ