まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:慰安婦

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/18(火) 03:00:48.34 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 順天支院

    大学の授業中、慰安婦ハルモニを侮辱する発言をした順天(スンチョン)大学校の教授が、懲役刑を宣告されて法廷拘束された。

    光州(クァンジュ)地方法院(地方裁判所)順天支院は17日、慰安婦ハルモニの名誉を毀損した容疑で非拘束起訴された順天大学校のA教授に対し、先月23日に懲役6か月を宣告して法廷拘束したと明らかにした。

    裁判部は、「被告は大学教授として高齢の被害者を侮辱し、回復し難い傷を与えた」とし、「にもかかわらず自分の誤りについて反省せず、責任を回避するばかりで相応しい処罰が必要である」と量刑理由を説明した。

    A教授は1審の裁判を不服とし、すぐさま控訴した。

    A教授は昨年の4月26日、順天大学校の講義室で日本軍『慰安婦』被害者たちが日本軍によって強制動員されにもかかわらず、冒涜する虚偽の事実を語って被害者の名誉を毀損した容疑を受けている。

    A教授は抗議中に、「私が思うには、ハルモニたちは実際には十分理解して行った。OK? 完全にそこへ全く知らずに慰安婦として行ったという事はないだろう」と話した事が明らかになった。

    順天大学校は昨年10月12日、慰安婦冒涜発言で物議を醸したA教授を罷免した。

    ソース:NAVER/順天=news1(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0003594571

    引用元: ・【韓国】慰安婦ハルモニを冒涜した大学教授、懲役6か月『法廷拘束』[09/18]

    【【韓国】慰安婦ハルモニを冒涜した大学教授、懲役6か月『法廷拘束』[09/18] 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/10/30(火) 14:02:37.05 ID:CAP_USER
    わが国政府は、徴用による労働動員は当時、日本国民だった朝鮮人に合法的に課されたものであって、
    不法なものではなかったと繰り返し主張している。しかし、それだけでは国際広報として全く不十分だ。

    韓国では映画『軍艦島』や新たに立てられた徴用工像などを使い、あたかも徴用工がナチスドイツのユダヤ人収容所のようなところで奴隷労働を強いられたかのような宣伝を活発に展開している。

    このままほっておくと、徴用工問題は第二の慰安婦問題となって虚偽宣伝でわが国の名誉がひどく傷つけられることになりかねない。
    官民が協力して当時の実態を事実に即して広報して、韓国側の虚偽宣伝に反論しなければならない。

    国家総動員法にもとづき朝鮮半島から内地(樺太など含む)への労働動員が始まったのは1939年である。
    同年9月~41年までは、指定された地域で業者が希望者を集めた「募集」形式、42年12月~44年8月まではその募集が朝鮮総督府の
    「斡旋(あっせん)」により行われ、44年9月に国民徴用令が適用された。なお、45年3月末には関釜連絡船がほとんど途絶えたので、6カ月あまりの適用に終わった。

    1960年代以降、日本国内の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)や日本人左派学者がこれら全体を「強制連行」と呼び始め、
    彼らの立場からの調査が続けられてきた。韓国でもまず学界がその影響を受け、次第にマスコミが強制連行を報じるようになった。

    政府も盧武鉉政権時代の2004年に日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会を設立した。ここで言われている「強制動員被害」とは、
    「満州事変から太平洋戦争に至る時期に日帝によって強制動員された軍人・軍属・労務者・慰安婦等の生活を強要された者がかぶった
    生命・身体・財産等の被害をいう」(日帝強占下強制動員被害真相糾明等に関する特別法)。

    同委員会は2010年に対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会となり、20万を超える被害申請について調査を実施した。

    まず、日本において問題提起がなされ、それが韓国の当事者を刺激し、運動が始まり、韓国マスコミが大きく取り上げ、
    韓国政府が動き始めるという慰安婦問題とほぼ同じパターンで事態が悪化している。

    日本の反日運動家と左派学者らは2005年、「強制動員真相究明ネットワーク」(共同代表飛田雄一、上杉聡、内海愛子)を結成して、韓国政府の調査を助けている。

    共同代表の一人である内海愛子は、2000年の「女性国際戦犯法廷」で、東京裁判を「天皇の免責、植民地の欠落、性暴力の不処罰」を理由に批判した、代表的反日学者だ。
    彼らは、日本の朝鮮統治が国際法上、非合法であったという立場を日本政府に認めさせ、国家補償を実施することを目的とした大規模な反日運動を続けている。彼らはこう主張している。

    「強制連行がなかった」とする主張の根元には、植民地支配は正当なものであるという認識があります。日本による植民地支配は正当な支配であり、
    動員は合法的なものであるという考え方です。しかし、韓国では「韓国併合」を不法・不当ととらえており、日本に強制的に占領された時期としています。

    まず、植民地として支配したことを反省することが大切でしょう。(略)強制的な動員は人道に反する不法行為でした。
    強制連行は虚構や捏造(ねつぞう)ではありません。強制連行がなかったという宣伝じたいがプロパガンダであり、虚構や捏造です。
    歴史学研究では、戦時に植民地・占領地から民衆の強制的動員がなされたことは歴史的事実として認知されています。
    歴史教科書にもそのような認識が反映され、植民地・占領地からの強制的な動員がなされたことが記されています。朝鮮人の強制連行はそのひとつなのです。

    そして、2012年5月に韓国の大法院(最高裁判所)が「個人請求権は消えていない」と判定し、三菱重工業や新日本製鉄(現新日鉄住金)など日本企業は、
    徴用者に対する賠償責任があるとして原告敗訴判決の原審を破棄し、原告勝訴の趣旨で事件をそれぞれ釜山高裁とソウル高裁に差し戻すという、
    日韓基本条約秩序を根底から覆す判決を下したが、同ネットワークはその判決を強く支持して次のように主張する。

    そこ(大法院判決・引用者補)では日本占領を不法な強制占領とし、そのような不法な支配下での動員法は大韓民国の憲法に相反するものとしています。
    そして、強制動員を不法なものとして、原告の個人の請求権は日韓請求権協定では消滅していないとしました。(略)
    つまり、強制動員は不法であり、個人の損害賠償請求権がある、会社には支払う義務がある、という判決を出したわけです。(略)
    https://ironna.jp/article/7762?p=1

    引用元: ・【話題】 徴用工問題は 「日本発」だった・・・慰安婦問題と同じ

    【【話題】 徴用工問題は 「日本発」だった・・・慰安婦問題と同じ 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/11(火) 20:51:25.38 ID:CAP_USER
    2016年、カリフォルニア教育部を説得して慰安婦歴史問題をカリフォルニア教育過程に含ませるキャンペーンを主導した加州韓米フォーラムが一線の教師に慰安婦の歴史を簡単に教えられるよう考案したウェブサイトを開設した。

    同サイトには授業指導案、補充資料、ビデオ映像、国際機構資料、歴史記録物などが一ケ所に集まっている。

    この指導案はカリフォルニア10学年(高校)歴史・社会教科課程の標準に合うように設計されたもので、加州韓米フォーラムとサンフランシスコ慰安婦正義連帯が共同後援して製作された。カナダ・ブリティッシュコロンビア(BC)アルファが製作した授業指導案も共に提供される。

    すべての授業指導案と参考資料は無料でダウンロードできると加州韓米フォーラムは説明した。

    慰安婦正義連帯共同議長のジュリー汁チョン判事は授業指導案について「このカリキュラムは現代的観点から慰安婦の歴史に光を当て日本軍の性奴隷蛮行について強烈ながらも包括的な理解を与える」として「現代の売春や人身売買犯罪に対する示唆も大きい」と評価した。

    ソース:コリアタイムズ(韓国語) 「慰安婦歴史簡単に地図」、韓米フォーラム、ウェブサイト開設
    http://www.koreatimes.com/article/20180909/1201900

    関連スレ:Comfort Women Education~Those who do not learn history are doomed to repeat it.
    www.ComfortWomenEducation.org

    引用元: ・【慰安婦問題】 「慰安婦の歴史、簡単に指導」~カリフォルニア州市民団体、授業指導案等ダウンロード可能なウェブサイト開設[09/10]

    【【慰安婦問題】 「慰安婦の歴史、簡単に指導」~カリフォルニア州市民団体、授業指導案等ダウンロード可能なウェブサイト開設[09/10] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/31(金) 23:05:10.07 ID:CAP_USER
    no title

    ▲「ママ部隊」チュ・オクスン代表が「光化門集会」で女子高生を殴って警察に連行された。<写真=国民TV・YouTube>

    韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が利敵活動をするために日本軍慰安婦被害者らを利用しているという趣旨の印刷物を配布したチュ・オクスン(65)ママ部隊代表が控訴審でも懲役刑を宣告された。

    ソウル西部地方裁判所刑事控訴2部(チェ・キュヒョン部長判事)は名誉毀損の容疑で起訴されたチュ代表に原審と同じ懲役4カ月執行猶予1年を宣告し、80時間の社会奉仕を命じたと30日明らかにした。

    チュ代表は虚偽事実が記された印刷物を不特定多数に流布して名誉毀損容疑で2017年5月裁判に付された。裁判所によればチュ代表は印刷物を通じて挺対協が利敵活動に同調しており、ある種の政治的な目的達成のために活動する組織という印象を与えようとした。

    また、挺隊協幹部とその家族が過去にスパイ事件などで処罰を受けた前歴があるとした虚偽事実を流布した。

    チュ代表が配布した印刷物は「挺隊協の真実を知らせる人々の会」というフェイスブックアカウントに掲示された掲示物で、裁判所は公信力を認めるほどの特別な事情はないと判断した。

    裁判所は「批判的検討や事実確認なしでそのまま大量に印刷して配布した点を総合すれば被告人は虚偽事実が多数含まれている可能性について未必的ながら認識していた」と指摘した。

    これに伴い「被告人がこの事件の印刷物が真実であると信じたり、そのように信じるほどの相当な理由があるとは見られない」と話した。

    引き続き「印刷物を不特定多数に配布する犯行手法が問題で、被害者に理念的烙印を押して毀損された被害者の名誉が大きい点などを量刑条件に参酌した」と明らかにした。

    チュ代表は29日、2審判決に従わずに上告状を提出した。

    キム・ジュンヒ記者

    ソース:ニュースピム(韓国語) 「挺身隊対策協は従北左派」ママ部隊珠玉順、2審でも懲役刑
    http://www.newspim.com/news/view/20180830000242

    引用元: ・【韓国】 「挺身隊対策協議会は従北左派。利敵活動に慰安婦を利用」配布物で名誉毀損~「ママ部隊」代表、2審も有罪[08/30]

    【【韓国】 「挺身隊対策協議会は従北左派。利敵活動に慰安婦を利用」配布物で名誉毀損~「ママ部隊」代表、2審も有罪[08/30] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/10/10(水) 03:39:02.18 ID:CAP_USER
    アメリカ大都市に初めて建てられたサンフランシスコの慰安婦キリム碑(称える碑)を知らせる広報バナー(広報のぼり)がサンフランシスコ市内の随所に設置された。

    日本の大阪市が姉妹都市であるサンフランシスコ市に対し、キリム碑を維持すれば縁組みを破棄するという立場を最近送った事に対抗して、現地の慰安婦被害者支援団体と韓人(コリアン)団体がキリム碑の守護に乗り出したのである。

    (写真)
    no title

    ▲ サンフランシスコのジャパンタウンに設置された慰安婦キリム碑広報バナー

    8日(現地時間)、キリム碑建立に参加したキム・ジンドク&チョン・ギョンシク財団などによれば、慰安婦キリム碑広報バナーはクインシーストリートのセントメリー広場周辺とカリフォルニアストリートとスタックトン・カーニー、ポストストリートとウェブスター・ラグナなど、合計40か所に設置された。

    特にポストストリートはカリフォルニア北部最大の日系ショッピングエリアであるジャパンタウンがある場所である。

    キム・ジンドク&チョン・ギョンシク財団のキム・ハンイル代表は、「反省と謝罪を知らない日本政府に対し、歴史を直視して歪曲するなというメッセージを伝えたかった」とし、「キリム碑毀損のような事件が起きる恐れがあるため、損傷されたバナーを見つければ直ちに連絡して欲しい」と述べた。

    先立って先月にはキリム碑建立1周年を迎え、通行量が多いサンフランシスコとオークランド間のベイブリッジに慰安婦キリム碑ビルボード(広告看板)を設置した。

    サンフランシスコの慰安婦キリム碑は2015年9月にサンフランシスコ市議会で決議案が通過され、日本の様々な妨害工作をくぐり抜けて2年余りの募金運動とデザイン公募、作品製作などを経て、昨年9月にアメリカ国内の公共敷地で8番目、大都市では初めて建立されたのである。

    3人の韓国・中国・フィリピンの少女がお互いに手を取り合い、これを慰安婦問題を世界に初めて公論化した慰安婦被害者のキム・ハクスンさんが眺める形状のこのキリム碑は、カリフォルニア州キャメルで活動する有名彫刻家のスティーブン・ホワイトが『女性の強さの柱』というタイトルで製作した。

    このキリム碑は最近、キム・ハクスンさんの銅像に緑と白のペンキが塗られるなど、一部毀損された。

    (写真)
    no title

    ▲ サンフランシスコのベイブリッジに設置された慰安婦キリム碑広告看板

    NAVER/ロサンゼルス=聯合ニュース(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0010387638

    引用元: ・【米国】サンフランシスコの随所に慰安婦キリム碑広報バナー(のぼり)設置・・・ジャパンタウンにも[10/10]

    【【米国】サンフランシスコの随所に慰安婦キリム碑広報バナー(のぼり)設置・・・ジャパンタウンにも[10/10] 】の続きを読む

    このページのトップヘ