まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:慰安婦像

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/07(月) 15:06:10.41 ID:CAP_USER
    韓国聯合ニュースが4日、仁川発で報じたところによると、「日本の植民地時代に強制徴用された労働者を象徴した労働者像の除幕式が12日、仁川で行われる。像は植民地時代の軍需工場があった場所の向かいに位置する公園内に設置される。同公園には慰安婦を象徴した少女像が既に設置されている。像は横幅4メートル、高さ3メートルで、植民地時代の父と娘の労働者をモチーフにした」という。

    このニュースを読んで、韓国民族の根深い反日感情に改めて衝撃を受けると共に、韓国社会に広がる一種の“告発”文化に危惧と懸念を感じる。
     
    韓国でなぜ「労働者像」や「少女像」が建立されるのか。問題はその建立の目的だ。両像はいずれも日本の植民地時代、“強制労働、強制売春をさせられた韓国人”を象徴している。その像はソウルの在韓国日本大使館前を皮切りに、釜山、仁川など主要都市に設置済みか今後建立される。
     
    大きな災害や出来事が発生した所、戦争跡の場所には慰霊碑、慰霊像が建立されている。その目的はそれらの出来事の犠牲者を慰霊することにある。しかし、韓国の「慰安婦像」や「労働者像」の場合、犠牲者への慰霊というより、明らかに「われわれを犠牲にした日本」を告発する目的で建立されている。「日本がわれわれを強制労働させ、犠牲にした」、「日本軍がわれわれの娘を慰安婦にした」といった恨みを表現した像だ。

    そこには肝心の犠牲者への慰霊が欠けている(日韓両国は1965年、日韓請求権協定を締結済み。生存中の慰安婦に対してはアジア女性基金などを通じてを財政支援してきた)。
     
    「少女像」や「労働者像」が悲惨な人生を過ごした人々の魂を慰霊するために建立されたものならば、「少女像」や「労働者像」の設置問題は日韓両国の政治議題となることはないだろうし、日本側は「少女像」の前で慰霊の祈りを捧げることに何の抵抗も感じないだろう。しかし、実際はそうではないのだ。
     
    「少女像」もその呼称とは別に日本を告発する鋭い牙を向けながら、建立されているのだ。亡くなった魂を恣意的に目ざめさせ、その恨みつらみを日本に向けて叫ばすために像は建立されている。だから、日本側も「少女像」の前で慰霊の祈りを捧げることに躊躇せざるを得ないわけだ。
     
    慰霊は犠牲者と祈る人の間に共通の痛みがあってこそ成り立つものではないか。「あなたは加害者、私は被害者」といった一方的な枠組みでは慰霊は本来、成り立たない。
     
    息子をパレスチナ人によって殺害されたイスラエルの母親が、同じようにイスラエル兵士によって息子を射殺されたパレスチナ人家庭と一緒に共同慰霊祭に参加した。イスラエルの母親は「私は今日、イスラエル人としてここに参加したのではない。コモン・ペイン(共通の痛み)を有する人間として参加した」と告白したという。

    韓国社会にはこの“コモン・ペイン”という認識が決定的に欠けているように感じるのだ。自身の痛みだけではなく、他者の痛みに対する理解が求められるのだ。
     
    「少女像」や「労働者像」は悲惨な戦争の犠牲となった魂を慰霊するために建立すべきであり、日本の過去を告発するためであってはならない。なぜならば、日本を告発しても犠牲者の魂を真に癒すことはできないからだ。「少女像」、「労働者像」を国民の反日感情を助長するために利用するとすれば、これこそ犠牲者への最大の侮辱行為と言わざるを得ない。


    2017/8/07(月)
    http://vpoint.jp/world/korea/92969.html

    引用元: ・【韓国】なぜ「少女像」「労働者像」を建立するか[08/07]©2ch.net

    【【悪意しか感じない】韓国の「慰安婦像」や「労働者像」は恨みを表現した像】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/08(火) 11:45:20.80 ID:CAP_USER
    2017年8月8日、日本で反戦・平和運動をする活動家らが韓国に設置された元慰安婦を象徴する少女像を訪問し「日本にも設置しなければならない」との感想を述べたことが、韓国のネット上で話題となっている。

    韓国・オーマイニュースはこのほど、日本の「朝鮮人の人権を考える会」と「北九州市民運動連帯」の活動家6人が今月4日に韓国の慶尚南道昌原を訪問したと伝えた。

    6人は昌原で、長崎市の世界文化遺産の軍艦島を舞台に、徴用された朝鮮半島出身者らの炭鉱脱出劇を描いた韓国映画「軍艦島」を観賞した後、少女像が設置されている馬山午東洞文化通りを訪れた。

    「軍艦島」を観た感想について、6人は「強制徴用される過程や強制労働の様子は事実に基づいている」としつつも「戦争の状況を描いた部分は実際と異なっていた」と懸念を示した。

    また、「同族間の愛情や日本軍の仲間と戦うシーンも出てくるが、そういう複雑な気持ちは分かる気がする」とし、「韓国でこのような映画が制作されたことを理解する」と述べた。

    少女像を見た6人は「日本政府が心からの謝罪をしないので、問題が解決しないのは当然のこと。少女像を至る所に設置して歴史の真実を知らせなければならない」と主張し、「日本全国に少女像を設置するため努力している」と明らかにした。

    また、2015年末の日韓合意についても「話にならない」と批判した。

    これについて、韓国のネットユーザーからは「素晴らしい活動」「立派な人間はどの国にも存在している」「歴史を正しく学んだ人たちだ。言葉だけではなく、少女像の設置計画を実行に移してほしい」など称賛の声が寄せられている。

    また、「日本の良心はまだ生きている。安倍首相は彼らを見て反省してほしい」「日本国民の多くはクールで正義感が強い。しかし、一部の政治家が歴史を歪曲(わいきょく)するから、それがまるで日本全体の意見のように見えてしまう」など日本政府に批判的な声も。

    そのほか、「私が日本人だったら自国の歴史を恥ずかしいと感じていただろう。良心を持つ人なら誰でもそう。ドイツの若者が今もヒトラーの歴史を恥じているように」と指摘する声や、「日本に設置することは望まない。ただ、今ある少女像に文句は言わないで」と訴える声もみられた。(翻訳・編集/堂本)

    http://www.recordchina.co.jp/b186853-s0-c30.html

    no title

    写真はソウルにある慰安婦少女像。

    引用元: ・【韓国】慰安婦像を訪れた日本人活動家らが訴え「日本にも設置を」=韓国ネット「日本の良心はまだ生きている」[8/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【朝日新聞の本社前に立てればいい 】「日本にも慰安婦像設置を」北九州の日本人活動家らが訴え】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/03(木) 11:53:59.77 ID:CAP_USER
    かの国の国語辞典には「約束」という言葉がないのだろう──。韓国メディアは7月24日、康京和外相が朴槿恵政権時(2015年)に「最終的かつ不可逆的に解決」したはずだった慰安婦問題の「日韓合意」の見直しを表明したと報じた。文在寅政権になった途端のちゃぶ台返しだ。それと軌を一にするように、新たな“反日モニュメント”がつくられようとしている。ジャーナリストの竹中明洋氏がレポートする。

     * * *

    「日本が過ちを認めない現実を変えるために像を設置します」

    7月20日、韓国南部の済州島で地元市民団体が記者会見を開いた。今年10月、済州市にある日本総領事館前に強制徴用労働者(徴用工)の像を設置すると発表したのだ。

    戦時中、多くの韓国人徴用工が日本本土の炭坑や工場などで労働に従事した。韓国では徴用工は強制連行されて過酷な労働を強いられたとされており、損害賠償や未払い賃金を求めて日本企業を相手取り訴訟を起こすケースが相次いでいる。

    設置されれば、外国公館の保護を求めるウィーン条約に抵触し、日韓関係の新たな火ダネとなることは必至だ。これは一団体の暴走ではない。設置計画は他にもある。

    ◆安倍人形を“連行”

    活動の先鞭をつけたのは、韓国の2大労働組合である全国民主労働組合総連盟(民主労総)と韓国労働組合総連盟(韓国労総)が中心をなす「強制徴用労働者像建設推進委員会」だ。

    韓国の独立記念日である3月1日、ソウル市内のターミナル駅の一つ、龍山駅前の広場に徴用工像を設置するというものだった。が、この時は広場を管轄する韓国政府が許可を出さなかった。

    この時、私はソウルに飛び、民主労総の統一局長である嚴美京(オム・ミキョン)氏を直撃した。

    韓国政府の判断は誤りです。日帝時代の歴史には事実が解明されないままとなっているものがあり、強制徴用の問題はそのひとつなのです。この問題の清算のために私たちは日本による真心のある謝罪を求めています。そのため、8月15日の光復節(韓国の終戦記念日)にもう一度、龍山駅前に像を設置するつもりです」

    嚴氏は続けて「真相が究明されれば賠償も求めていく」とも語った。

    さらに徴用工とその遺族らが作る「日帝強占期被害者全国連合会」も同様の動きを見せていた。4月末に8月の光復節に向けて、ソウルの日本大使館前に徴用工像を設置することを発表。すでに設置されている慰安婦像と並ぶことになる。先の推進委とは目的が異なると、事務総長の張徳煥氏は語る。


    2017.08.03 11:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20170803_600567.html
    http://www.news-postseven.com/archives/20170803_600567.html?PAGE=2
    http://www.news-postseven.com/archives/20170803_600567.html?PAGE=3
    http://www.news-postseven.com/archives/20170803_600567.html?PAGE=4

    引用元: ・【韓国】慰安婦像に徴用工像──“像建設”はビジネスモデルに[08/03]©2ch.net

    【【挺対協はボロ儲けやな】慰安婦像に徴用工像──“像建設”はビジネスモデルに】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/04(金) 08:59:34.55 ID:CAP_USER
    慶尚南道昌原市馬山合浦区午東洞(キョンサンナムド・チャンウォンシ・マサンハッポグ・オドンドン)の文化広場にある日本軍慰安婦被害者を象徴する少女像に自転車の鍵がかけられ、警察が捜査を始めた。

    今月3日、馬山中部警察署の関係者はオーマイニュースとのインタビューで「自転車を止めて花瓶を割ったとされる30代男性が住む家を訪ねたところ、ドアがロックされていた。他の方法を探している。少女像がぐらつくことになった原因が分かるまでは多少時間がかかるものと見られる。物理的な衝撃によるものか、まだ確認できていない」と明らかにした。

    人権・自主・平和誓いの碑を守る市民の会は先月31日、馬山中部警察署に「損壊罪で処罰してほしい」として陳情書を提出した。

    市民団体が監視カメラ(CCTV)を確認した結果、先月24日と27日に30代男性と推定される人物が自転車に鍵をかけていた。

    市民団体は少女像の前に置かれていた花瓶がなくなり、銅像が左右にぐらつく点も把握した。

    http://japanese.joins.com/article/015/232015.html

    引用元: ・【韓国】日本軍慰安婦被害者を象徴する少女像の脚にかけられた自転車の鍵を捜査[8/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【道路上の違法構造物に駐輪しただけだろ】慶尚南道昌原市の警察、慰安婦像の脚にかけられた自転車の鍵を捜査 市民団体が監視カメラを確認】の続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/31(月) 11:51:34.26 ID:CAP_USER
    韓国・釜山市議会で6月成立した、従軍慰安婦問題を象徴する少女像を同市が管理、保護する条例の運用を巡り、混乱が続いている。
    最近になって市当局が、日本総領事館前の少女像は道路法に違反しており「公共物に指定して管理することはできない」との見解を明らかにし、市民団体などが反発している。

    関係者によると、市民団体が市に像を寄付すれば、公共物扱いに変わる可能性もあるが、一度は像を撤去したことのある市側への不信感から、市民団体は移転を恐れ寄付に慎重という。
    ソウル市にも似た条例があるが、団体所有のまま市が管理する点で違いがあり、像が守られやすいとされる。釜山市がソウル方式に倣うには、また条例改正の手続きが必要というのだ。

    市議会はこの問題を審議しないまま条例可決を優先した。ただ、韓国の新政権も像の扱いをどうするか立場を表明しておらず、日韓合意の履行を巡る責任の一端について、自治体だけが注目を集めるのもおかしい。
    釜山市の対応の揺れから、必ずしも少女像設置に賛成の市民だけではないという見方もできるが、この混乱がいつまで続くのか全く見通せない状況だ。

    7/31(月) 11:44配信 西日本新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00010005-nishinpc-int

    写真
    no title

    引用元: ・【韓国】<釜山市>「少女像は道路法に違反」と見解 市民団体などが反発 続く混乱©2ch.net

    【【漁業団体から泣きが入ったんだろw】慰安婦像を管理、保護する釜山市「慰安婦像は道路法に違反」と見解】の続きを読む

    このページのトップヘ