まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:拒否

    1: ■忍法帖【Lv=10,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/09/26(火)16:54:22 ID:???
     東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者が講師を務める憲法学習会の開催について、報道各社が加盟する新潟県の県政記者クラブに
    告知をしながら、本紙記者だけが取材を拒否される事態があり、産経新聞社新潟支局は25日、学習会を主催した
    新潟県平和運動センター(新潟市中央区)に口頭で抗議した。

     学習会は、同区のホテルサンルート新潟で23日午後に開かれ、望月記者は「武器輸出と日本企業-安倍政権の危険なねらい」と題して講演した。

     本紙記者は会場で同センター側から取材と写真撮影の許可を得たものの、学習会の開始直前になって同センターの有田純也事務局長が
    「望月記者が話したいことを話せないので、産経だけは駄目だ」などと取材を拒否し、本紙記者は抗議したものの会場から退去させられた。

     新潟支局の25日の抗議に対し、有田事務局長は「望月記者との紛争当事者である産経新聞の取材に対し、
    参加者から拒否感や心配する声があり、主催者として判断した」と取材拒否の理由を説明。
    「産経新聞が取材に来るとは考えず県政クラブに告知した。会場で取材を断ったことは手続き上のミスで申し訳ない」としながらも、
    本紙に対する取材拒否は「今後もあり得る」とした。

     また、学習会での取材拒否そのものを謝罪するかは「組織として判断したい」と述べるにとどめた。

    (以下略)

    産経web/2017.9.25 22:02
    http://www.sankei.com/politics/news/170925/plt1709250110-n1.html

    引用元: ・【言論統制】本紙(産経)の取材を拒否 東京新聞・望月衣塑子記者の講演 新潟県平和運動センター「話したいこと話せない」と説明 [H29/9/26]

    【【テロ計画会議では?】「産経だけ駄目」「話したいことを話せない」東京新聞・望月衣塑子記者の講演、産経新聞の取材を拒否、退去させた主催の新潟県平和運動センター】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 11:30:04.84 ID:CAP_USER
    植民地時代に神社参拝を強要されてもこれを拒否し、光復(日本の植民地支配からの解放)1年前に監獄で殉教した蘇羊・朱基徹(チュ・ギチョル)牧師=1897-1944=が、延世大学から名誉卒業証書を授与される。

    朱牧師が同大学の前身校に入学してから101年を経てのことだ。延世大学(金用学〈キム・ヨンハク〉総長)は22日「1916年に延世大学の前身、延禧専門学校商学科に入学したものの、ひどい眼病のためわずか1年余りで中退した朱牧師に対し、25日の学位授与式で名誉卒業証書を授与する」と発表した。

    朱牧師は1938年、日本による神社参拝の強要を強く拒否して投獄と釈放を繰り返し、40年に牧師の職をはく奪された末、服役中の44年に獄中で死亡した。

    63年に建国勲章独立章の追叙を受けた、プロテスタント系の代表的な愛国志士だ。

    金翰秀(キム・ハンス)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/23/2017082301314.html

    no title

    no title

    【【もっと立派なヤツはいないのか?】プロテスタント系の代表的な愛国志士 神社参拝を拒否して殉教した朱基徹牧師に延世大学が名誉卒業証書】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=7,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/08/01(火)11:45:54 ID:???
    2017年07月31日(月) 00時18分06秒
    本年6月29日付の最高裁決定について、知人のジャーナリストを通じて、本件裁判のそもそもの発端となった
    日本外国特派員協会(FCCJ)で裁判の結果報告の記者会見を開催したいとの申請をしていましたが、
    同協会の報道委員会で承認されなかった旨の報告がありました。

    以下、事実のみを書きます。

    1.本件裁判は、2013年5月27日、東京・有楽町の日本外国特派員協会(FCCJ)における私の
    「それからヒストリーブックスということで吉見さんという方の本を引用されておりましたけれども、これは既に捏造であるということが、
    いろんな証拠によって明らかとされています」との発言について、その著書等で慰安婦=性奴隷20万人説を主張する
    吉見義明・中央大学教授が名誉毀損として民事訴訟で訴えてきたものです。

    2.実質4年余りにわたる裁判の結果、最終的に最高裁決定により、東京高裁判決の「吉見義明・中央大学教授がその著書等で主張する
    『慰安婦=性奴隷20万人説』は明らかな捏造である」旨を
    発言しても名誉毀損には当たらないということが確定したのです。

    3.本件裁判が係属中の2014年4月10日、原告(控訴人・上告人)である吉見義明・中央大学教授は、
    日本外国特派員協会(FCCJ)で慰安婦問題に関する記者会見を実施しています。

    https://www.youtube.com/watch?v=Q1xNK0_IRi4


    http://blogos.com/article/84245/

    4.にもかかわらず、本件裁判が最高裁決定(2017年6月29日)で私の完全勝訴が確定した後、そもそもの発端となった
    日本外国特派員協会(FCCJ)に対し、知人のジャーナリストを通じて本件裁判の結果報告の記者会見の開催の申請をしたところ、
    日本外国特派員協会(FCCJ)の報道委員会は承認しないと決定した旨(理由は不開示)を伝えてきた次第です。

    以上が事実関係です。当事者双方が知る事実関係です。

    公平公正な報道か否かという意味で、敗訴が確定した原告(控訴人・上告人)の主張だけかつて報道し、
    勝訴が確定した私の記者会見を拒否したのが日本外国特派員協会(FCCJ)だということです。

    「報道しない自由」も、当然、尊重すべきですが、慰安婦問題という大変深刻な外交・政治問題について、
    日本外国特派員協会(FCCJ)のこのように公平公正とは思われない態度は、言論の自由、報道の自由を自ら放棄する、
    自らその存在理由を否定することに等しいのではないでしょうか。

    確かに、政治家として触れてはならない日本社会のタブーは存在します。前回の衆議院総選挙での落選も、
    そのようなタブーに触れたことが大きな原因であったと、今更ながら感じています。
    それも、裁判という、反論しなければ日本人の名誉と尊厳が著しく損なわれるという絶体絶命の場面でした。
    その時、私は、日本の国会議員として、いかなるタブーであれ、日本人、そして日本国の名誉と尊厳を守ることこそが自らの使命と考え、
    行動してきた次第です。

    (以下略)

    桜内文城公式blog 2017年07月31日(月) 00時18分06秒
    http://ameblo.jp/sakurauchi/entry-12297312507.html

    引用元: ・【前衆議院議員 桜内文城公式blog】 日本外国特派員協会(FCCJ)とは何者か? [H29/8/1]

    【【そりゃマスゴミは嘘をついてる側だからなw】日本外国特派員協会(FCCJ)、「吉見義明の『慰安婦=性奴隷20万人説』は捏造」記者会見を拒否】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=6,ばくだんいわ,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/07/13(木)07:15:10 ID:wvy
    ◆国外退去の旅券、イランとトルコ大使館が発給拒否 日本に不法滞在、数百人
    [産経ニュース 2017.7.13 07:00]


     不法滞在などが発覚して国外退去を求められている外国人を帰国させるための
    「旅券発給」をイラン、トルコ両大使館が拒否していることが12日、関係者への
    取材で分かった。旅券が発給されず日本にとどまる外国人は両国で
    数百人に上るとみられる。外国人には、違法薬物の売買や窃盗など刑事罰の
    対象になった者も複数含まれる。難民申請するなどして収容を一時的に解かれる
    「仮放免」となる事例もあり治安上、重大な懸念が指摘されている。

     法務省によると、国外退去処分を受けた外国人を送還する手続きには、
    日本出国のための旅券発給が必要で、法務省が各国の大使館に再発給を要請。
    大半の大使館が応じているという。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/affairs/news/170713/afr1707130005-n1.html

    引用元: ・【社会】国外退去の旅券、イランとトルコ大使館が発給拒否 日本に不法滞在、数百人[H29/7/13]

    【【韓国の真似っすかねぇ?】国外退去を求められている外国人、本国から帰国拒否される】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/06/09(金) 07:25:34.09 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=180533&ph=0

    2017年6月7日、ソウル・梨泰院(イテウォン)にある有名レストランが、インド人の入店を拒否したとして物議を醸している。韓国・東亜日報が伝えた。

    梨泰院は古くから外国人が多く暮らす国際色豊かな街で、近年ではしゃれた雰囲気のレストランやカフェも増え、国内外から人々が訪れている。そんな梨泰院で3日午前1時ごろ、外国人の友人4人とある有名店を訪れたインド人男性(25)が店に入ろうとしたところ、入り口にいた男性店員から身分証の提示を求められたという。指示通りに提示するも「入場不可」と言われてしまった客の男性、その理由を尋ねると「ノー・インディアン。インド、パキスタン、カザフスタン、サウジアラビア、モンゴル、エジプト人は入場できない。それがこの店のルール」と繰り返されたそうだ。

    予期せぬ事態に、男性が先に入店した友人らを呼ぼうとすると、店員は再度「ノー・インディアン」と叫び両手を広げて制止したという。一連の状況は男性の友人によって撮影されており、5日に動画投稿サイトやSNSを通じて拡散、1日に5万人以上が視聴するほど話題になった。

    男性はインドで韓国語を専攻するほど韓国に対する愛情が深く、2年前に学業のために韓国を訪れた。現在はソウルにある私立大学の国際貿易学修士課程で学んでいるそうで、今回の事態を受けて「(韓国は)第2の故郷のような所なので余計に心が痛む」と話し、動画を公開した理由については「人種差別が少しでも変わってほしいという願いからだ」と明らかにしている。

    一方、店の関係者は「警備員らが特定国家出身のお客様の出入りを制限していることは知らなかった。現在、具体的な状況を把握中だが、お客様には申し訳ないことをした」と話している。

    店は料理や酒を提供するほか、店内でダーツやビリヤードなどのゲームもでき、高級感のあるインテリアや雰囲気から行列もできるほどの人気店だという。

    この騒動に、韓国のネットユーザーからは「店員が独断でルールを決めたはずがない。とにかく、こんな途上国のようなまねはやめてほしい」「国際的な恥だ。閉店させて」「今がどんな時代か分かってないの?」など店への批判が相次いでいる。

    その他、韓国社会の雰囲気について「韓国の人種差別はかなり深刻」「同じ韓国人でも外見や年齢で差別される。外国人ならなおさらだ」と指摘する声も。

    一方で、「差別にはみんな理由がある」「他の国にも差別はある」といった意見や、インドのカースト制度について言及し「自分たちの国だって差別があるじゃないか」と指摘するコメントもあった。

    引用元: ・【韓国】ソウルの有名店が客を人種で差別?インド人の入店拒否で騒動=「国際的な恥」[06/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世界でも最上位クラスの差別国家】「ノー・インディアン」ソウルの有名レストランがインド人の入店を拒否】の続きを読む

    このページのトップヘ