まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:提訴

    1: まるっとニュー 2020/04/30(木) 17:59:19.32 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200430-00037448-bunshun-int

     4月15日に行われた韓国総選挙で与党・共に民主党が過半数を上回る議席を獲得して勝利した。経済政策や北朝鮮問題で暗礁に乗り上げていた文在寅政権は、総選挙を受けて再浮上。文政権の失政を覆い隠したのが、コロナ禍であり、選挙戦で喧伝された「100年親日清算」などの反日スローガンであった。

     国民の信任を得る形となった文政権下では、再び反日的な政策が推し進められそうな雲行きとなっている。

     そうなれば慰安婦問題や徴用工問題など歴史問題が過熱することは必至である。

     だが韓国政府には新たな歴史問題が突きつけられようとしていることが先日、明らかになった。それは、韓国軍の罪が問われる「ベトナム戦争」という歴史問題だ。

    「ベトナム民間人虐殺」で韓国政府を初提訴

     4月21日付の朝鮮日報オンライン版が〈「民弁「ベトナム民間人虐殺について賠償せよ」、韓国政府を初提訴」という記事を配信したのだ。

     以下、記事を引用する。

    〈ベトナム戦争の際に生き残った女性が、韓国軍に虐殺の被害を受けたとして大韓民国政府を相手取って訴訟を起こした。民主社会のための弁護士会(民弁)の「ベトナム戦争時期の韓国軍による民間人虐殺の真相究明のためのタスクフォース(民弁ベトナムTF)」は21日午前、ソウル中央地裁前で記者会見を開き、グエン・ティ・タンさん(60)=女性=を原告とする訴状を提出したと明らかにした。ベトナム戦争での民間人虐殺の被害を主張して韓国政府を訴えた初のケースとなる。

     グエン・ティ・タンさんは8歳だった1968年12月、韓国軍に銃撃されて母親や姉、弟、伯母、いとこなどが犠牲になったとして訴訟を起こした。グエンさんと民弁TFによると、当時ベトナムのクアンナム省ポンニ村で韓国軍青竜部隊に所属する軍人らによる銃撃が発生し、非武装地帯の民間人74人が虐殺されたという〉

     慰安婦問題や徴用工問題が太平洋戦争時の論争であるのに対して、ベトナム戦争はより新しい問題であるといえる。日韓歴史問題においては補償についての議論が度々行われてきたが、ベトナム戦争下における韓国軍の蛮行については、未だ公式な補償が行われていない。



     この韓国軍によるベトナム人虐殺については、拙著「 韓国人、韓国を叱る 日韓歴史問題の新証言者たち 」(小学館新書)でも詳述していた。

     韓国軍の蛮行は韓国人女性ジャーナリストであるク・スジョン氏の調査によって1999年、初めて韓国内でも知られるようになった。

     私はあるきっかけでベトナム戦争においての、韓国軍の所業を知ることになった。私が取材でホーチミンを訪れることになったきっかけや、ク・スジョン氏との出会いについて拙著の一節を紹介しよう。

    「朝日新聞と同じ事が自国でもできないか」

    以下ソース

    引用元: ・【戦争犯罪】ベトナム民間人虐殺、韓国政府提訴へ 「村人を1カ所に集めては手榴弾を……」 残虐な加害の実態[04/30] [ろこもこ★]

    【さあ、謝罪と賠償のお手本を 【戦争犯罪】ベトナム民間人虐殺、韓国政府提訴へ 「村人を1カ所に集めては手榴弾を……」 残虐な加害の実態[04/30] [ろこもこ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/07/29(月) 09:04:45.80 ID:CAP_USER
    朝鮮学校への補助金停止に反対する声明を出した全国の弁護士会に、大量の懲戒請求が出された問題で、
    懲戒請求を送られた札幌弁護士会所属の弁護士3人が道内の請求者52人を相手取り、損害賠償を求め、
    8月中にも札幌地裁に提訴する。

    弁護士たちは「差別を放置できない」と提訴の意義を話す。【源馬のぞみ】
    https://mainichi.jp/articles/20190729/k00/00m/040/003000c

    引用元: ・【裁判】 「差別、放置できない」 朝鮮学校補助金停止反対声明に懲戒請求 北海道の3弁護士、52人提訴へ

    【気に入らない事は遍くシャベツ 【裁判】 「差別、放置できない」 朝鮮学校補助金停止反対声明に懲戒請求 北海道の3弁護士、52人提訴へ 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/04/30(月) 10:38:16.18 ID:CAP_USER
    シュレーダー元独首相パートーナーの韓国人前夫が1億ウォン求める訴訟「婚姻破綻に責任」
    4/30(月) 10:21配信
    中央日報日本語版

    シュレーダー元ドイツ首相(右)とキム・ソヨン氏が1月25日にソウルのプレスセンターで結婚発表の記者会見をしている。

    シュレーダー前ドイツ首相の韓国人パートナーのキム・ソヨン氏(48)の前夫がシュレーダー前首相を相手に1億ウォンの損害賠償請求訴訟を起こした。

    シュレーダー前首相のために婚姻関係が破綻に至っただけに精神的苦痛にともなう慰謝料などを支払えという主張だ。

    30日の法曹界などによるとキム氏の前夫A氏はこのほどソウル家庭裁判所にシュレーダー前首相を相手取りこうした内容の訴訟を提起した。

    A氏は「シュレーダー前首相はキム氏が家庭を持つ人妻という事実を知っていたのに数回にわたり不貞行為を行い原告に耐えがたい精神的苦痛を与える違法行為を行った」と主張した。

    続けて「(キム氏との)婚姻関係が破綻に至ることになり、これに対する違法行為の責任を負わなければならないだろう」と強調した。

    シュレーダー前首相とキム氏の熱愛説は昨年9月にドイツで始まった。シュレーダー前首相と離婚訴訟中の前妻が決別理由としてキム氏に言及して明らかになった。

    その後昨年11月にキム氏もA氏と合意離婚した。A氏は合意離婚の条件がキム氏とシュレーダー前首相の決別のためだったと主張した。

    その上に今年1月にシュレーダー前首相はキム氏とのパートナー関係を公式化した。そして同月25日にはソウルでキム氏とともに記者懇談会を開き年内に結婚する意向を伝えた。

    A氏は「キム氏がシュレーダー氏と別れることが確認されれば離婚すると私が話をしたらキム氏がこれを約束した。しかしキム氏は最初からシュレーダー氏と別れるつもりもなかったし、約束を守る意志もなかったのに、離婚のために私を欺いた」と主張した。

    また「(記者懇談会当時にキム氏が)離婚して数年になる」と話し、周りの人からの「数年前に離婚したのは事実か」という質問に苦しめられるなど、虚偽事実の流布による名誉毀損も受けたと付け加えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000010-cnippou-kr

    引用元: ・【国際】韓国人がシュレーダー元独首相に1億ウォン求め提訴

    【【国際】韓国人がシュレーダー元独首相に1億ウォン求め提訴 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/03/16(金) 17:58:37.68 ID:CAP_USER
    ツイッターで「スリーパーセル(潜伏工作員)」「北朝鮮のパシリ」などと中傷されて名誉を傷つけられたとして、
    人権団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)氏(59)が16日、フリージャーナリストの石井孝明氏に550万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

    訴状によると、辛氏は2016年11月~18年2月、ツイッターで多数回にわたり、石井氏から名指しで「縁もゆかりもない、沖縄で、総連の裏金使って訪問して踊っている」
    「総連?の使う工作員」などと言及された。17年10月には、ツイッターで「日本人への罵声を繰り返す外国人辛淑玉」「極右が焼き討ちしかねない」などと発言され、
    安心して生活する権利を侵害されたと主張している。

    提訴後に会見した辛氏は「私が黙っていたら、ほかの人も黙らざるをえない。これ以上、デマを許すわけにはいかない」と語った。

    石井氏は「(ツイッター発言の)大半は削除しており、社会的影響はない。スリーパーセルの言及は一種の冗談で、訴訟を起こすのは理解に苦しむ。
    言論の自由をおびやかすものだ」などとコメントした。
    https://www.asahi.com/articles/ASL3J3FGJL3JUTIL00F.html

    【朝日新聞】 辛淑玉さん「顔を合わせた人から公然と悪意を向けられる、今までにない嫌がらせが出てきた」
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1520551431/

    引用元: ・【朝日新聞】 「工作員と中傷された」 辛淑玉氏がジャーナリスト提訴

    【【朝日新聞】 「工作員と中傷された」 辛淑玉氏がジャーナリスト提訴 】の続きを読む

    1: LingLing ★@無断転載は禁止 2017/09/19(火) 20:26:55.70 ID:CAP_USER
    ■「ヘイトスピーチ条例は違憲」=住民8人、大阪市を提訴―地裁

    大阪市が制定した全国初のヘイトスピーチ(憎悪表現)対処条例は憲法違反だとして、市民8人が19日、市を相手に関連費用約115万円を吉村洋文市長に返還請求するよう求める住民訴訟を大阪地裁に起こした。

    条例は、市が有識者らによる審査会の意見を聴き、ヘイトスピーチに当たると判断すれば、発言内容や発言者の氏名、団体名を公表すると定める。

    市は6月、在日韓国・朝鮮人に対する街宣活動を撮影したインターネット上の動画4本をヘイトスピーチと認定し、ハンドルネームを公表した。

    訴状で原告側は、規制対象のヘイトスピーチの定義があいまいで広過ぎ、憲法が保障する表現の自由などに違反すると主張。審査会委員への報酬などは無効と訴えている。

    大阪市人権企画課の話 訴状が届いていないのでコメントは差し控える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000075-jij-soci

    引用元: ・【裁判】 「ヘイトスピーチ条例は違憲」 住民8人が大阪市を提訴[09/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【全面的に支持! 】 「ヘイトスピーチ条例は違憲」 住民8人が大阪市を提訴】の続きを読む

    このページのトップヘ