まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:摘発

    1: まるっとニュー 2019/05/12(日) 12:11:27.96 ID:CAP_USER
    https://www.macaushimbun.com/wp-content/uploads/2019/05/N19EJCjQXp.jpg

    澳門海關(マカオ税関)は5月10日、同月9日にマカオ半島北部の繁華街にあたる高士徳エリアにある衣料品販売店1軒に対する立入検査を実施し、著名ブランドの模造品とみられる衣料品と靴類の計43点、正規品価格にして約6万マカオパタカ(日本円換算:約82万円)相当を押収、店舗の責任者を工業財産権法違反で起訴したと発表。

    事前に税関職員が巡回検査を行った際、この店で売られているブランド商品の品質が粗悪で、価格も安かったことから、商標権の侵害の疑いがあるとみて内偵調査を進めていたという。

    税関によれば、ブランドの鑑定人に調査を依頼済みで、一部商品が商標権を侵害していることが確認されたとのこと。

    店舗の責任者の女性は税関の調べに対し、今回押収された商品はいずれも韓国で買い付けたもので、1点あたり70?280マカオパタカ(約950?3800円)で仕入れたものを120?330マカオパタカ(約1630?4490円)で販売していたと話しているとのこと。


    2019/05/11 14:18
    https://www.macaushimbun.com/news?id=27578

    引用元: ・【マカオ新聞】 マカオ税関が偽ブランド衣料品販売店を摘発…韓国で買い付け [05/12]

    【 いまだにパチもん作ってんのか 【マカオ新聞】 マカオ税関が偽ブランド衣料品販売店を摘発…韓国で買い付け [05/12] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/04/09(火) 12:25:58.07 ID:CAP_USER
    日本人観光客に偽ブランド品を販売したグループが摘発された。

    ソウル中区(チュング)は、明洞(ミョンドン)と南大門(ナムデムン)市場一帯で日本人観光客に声をかけて秘密倉庫に案内し、偽ブランド品を販売した50代のAなど3人が最近摘発されたと9日、明らかにした。

    Aらは2017年から外国人観光客が集まる明洞や南大門市場で日本人観光客だけを狙って客引き行為をし、関心を見せる観光客を秘密倉庫に連れて行って偽ブランド品を販売してきたことが明らかになった。

    ソウル中区側は秘密倉庫を捜索し、ルイ・ヴィトン、シャネル、エルメスなど海外ブランドのコピー商品およそ7100点を押収した。正規商品の価格では40億ウォン(約4億円)相当にのぼる量だ。Aらは客引きと共に来る日本人観光客のほかには出入りを徹底的に制限し、区の取り締まりを避けてきた。

    ソウル中区流通秩序整備チームの関係者は「建物に入った日本人が黒い袋を持って出てくるのを見て偽ブランド品の取引と確信した」と語った。

    ソウル中区のソ・ヤンホ区庁長は「区の取り締まりで陳列・販売が難しくなり、隠れて取引しているようだ。これに対応して取り締まりもアップグレードする」と述べた。

    https://japanese.joins.com/article/148/252148.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【韓国】韓国で日本人観光客だけを狙って偽ブランド品販売、摘発[4/9]

    【盗撮ホテルに泊まって偽ブランドを買おう 【韓国】韓国で日本人観光客だけを狙って偽ブランド品販売、摘発[4/9] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/03/28(木) 20:57:02.46 ID:CAP_USER
    来月から外国人労働者の受け入れが拡大されますが、違法に日本に滞在しようとする外国人が使う偽造在留カードの摘発が急増し、去年、過去最多となったことが分かりました。JNNは中国で偽造カードの売人を発見、直撃しました。

     今年1月、東京入国管理局が強制調査を行った埼玉県川口市のマンション一室。逮捕・起訴された元留学生の中国国籍の男は、中国人やベトナム人などの偽造在留カード、およそ千数百枚を作ったとみられています。

     「1枚、何元なの?」(東京入管調査官)

     「70元(1000円)」(中国国籍の男)

     末端流通価格は2万円ほどで、男の1枚あたり1000円という報酬との差額は背後にある組織に流れたのでしょうか。その後の取材で、偽造に欠かせない材料は中国・福建省福清市のある住所から届いていたことが明らかになりました。JNNは現地へと向かいました。

     「こちらが該当のホープージエという通りです。靴屋さんがあったり、レストランがあったり、普通の中国の街といった雰囲気です」(記者)

     該当する住所にあったのは雑居ビル。ビルの中はどうなっているのでしょうか。

     「うわ~、これすごい、何これ。全く電気がありませんね。鉄の扉が等間隔にあります。おそらく倉庫だと思われます」(記者)

     中は鉄の扉で閉じられた倉庫とみられる部屋がところ狭しと並んでいました。聞き込みを続けると・・・

     「まっすぐ行ったら郵便局があって、人がいっぱい立っている。その人たちに聞いてみたら?」

     「あちらに郵便局がありますね。その前に女性が何人か座って話し合っています」(記者)

     JNNが直撃すると・・・

     「在留カードありますよ。(Q.作るならいくら?)在留カードなら1枚500元から600元。1時間か2時間で作れます」

     なんと、偽造カードは名前と住所を伝え、1枚あたり1万円も払えば、すぐ完成するといいます。サンプルの写真を見せてもらうと、本物と酷似したホログラムまで施されています。

     「ホログラムがないと使えないです。ホログラム入っています。(Q.本当に本物と同じですか?)本物と全く一緒ですよ。日本で使われている在留カードと全く同じです。(Q.何枚まで作れますか?)何枚でも大丈夫ですよ。(Q.20枚でも?)大丈夫。(Q.100枚でも?)大丈夫よ」(偽造在留カードの売人)

     いとも簡単に入手が可能な偽造在留カード・・・。日本での検挙件数は急増していて、去年は620件と過去最多となっています。日本国内でも偽造カードはインターネット上で平然と売られていました。

     「こちらのSNSでは、いろいろな種類の偽の証明書が売られています」(記者)

     偽造在留カードだけでなく偽造の学生証まで売っています。偽造在留カードについて販売者に問い合わせすると・・・

     「値段は1万5000円。2日かかります。本物に100%似ています」

     偽造を見破るためのチェック体制の強化も大きな課題となっています。

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3633233.html
    TBS NEWS 2019年3月28日(木)

    引用元: ・【去年・摘発過去最多】偽造在留カード売人を中国で直撃[3/28]

    【指紋捺印の復活 急務 【去年・摘発過去最多】偽造在留カード売人を中国で直撃[3/28] 】の続きを読む

    1: まるっと 2019/03/15(金) 11:37:47.72 ID:CAP_USER
    (え)
    no title


    女性家族部は1月2日から3月5日までの2か月間、一線の警察官署と『チャットアプリ悪用の未成年者対象性売買(売春)』に対する合同取り締まりを実施、合計12件、20人を摘発した。

    摘発された20人には性買収(買春)などの性売買行為者6人、斡旋者3人のほか、被害の未成年者など11人が含まれる。

    被害の未成年者など11人の年齢層は16~19歳までの高校生7人、中学生1人、その外3人は学校に在学していな未成年者だった。

    現在の『青少年性保護法』によれば、児童・未成年者の買春行為をした者は1年以上10年以下の懲役、または2,000万ウォン以上5,000万ウォン以下の罰金に処される。また児童・未成年者を買春するためにこれらを誘ったり、売春するように勧めた者は1年以下の懲役、または1,000万ウォン以下の罰金に処される。

    今回の取り締まりの結果、性売買斡旋者の場合は同年齢の未成年者で、被害の未成年者とチャットアプリを通じて知り合った買春男が恋人関係に発展した後、その被害の未成年者に性売買を斡旋する形態が判明した。

    性売買の場所は政府の取り締まりを避けるためにモーテルなどの宿泊施設ではなく、買春男の車で行為をする傾向に変わった事が分かった。

    一方、女性家族部は今回摘発された被害の未成年者など11人に対し、民間専門機関である性売買被害相談所8か所と連携して、カウンセラー相談や心理治療などの支援が行われるよう、被害保護措置を実施した。脱性売買と自活のための相談や教育課程の履修を支援する。

    女性家族部は未成年者など性売買被害者の社会復帰促進および性売買への再流入防止のため、相談所・保護施設94か所を支援・運営している。実際に昨年の『チャットアプリ悪用の未成年者対象性売買』と関連して31件を摘発、被害の未成年者35人が売春被害相談所との連携を受けた。

    女性家族部のチュ・エチャンヘン権益増進局長は、「今後も放送通信委員会などの関係部処と協力してチャットアプリ事業者の責任意識を高められるよう、法的・制度的改善案を持続的に講じる」と述べた。

    ソース:NAVER/ソウル=news1(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0003883261

    引用元: ・【韓国】中高生を対象に性売買取り締まり・・・20人摘発=『チャットアプリを悪用』[03/15]

    【昔からの国策産業やん【韓国】中高生を対象に性売買取り締まり・・・20人摘発=『チャットアプリを悪用』[03/15] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/28(月) 17:38:13.47 ID:CAP_USER
    米連邦捜査局(FBI)は1月中旬、米国やカナダ、オーストラリアなどの20以上の都市で売春ネットワークを形成していた中国マフィアによる国際売春シンジケートを摘発した。FBIはマフィア構成員の中国籍の男6人を逮捕、さらにカナダの捜査機関に依頼して、トロントに拠点を置くシンジケートのボスの身柄を拘束したことが明らかになった。

     マフィアは少なくとも1000人の中国人売春婦を雇っており、人身売買などの罪で起訴されている。売春婦のなかには100人以上の未成年の女性が含まれていたという。

     また、売春シンジケートは約3万人にのぼる顧客情報を所持しており、PCなどに秘匿していたことも分かっている。米オレゴン州の地元紙「オレゴニアン」が報じた。

     起訴状によると、シンジケートのボスは中国出身でトロント在住の陳宗濤(マーク・チン、46歳)。

     陳はカナダや米国、豪州などの20以上の都市の国際売春ネットワークを統括。中国本土で、主に地方の女性を雇用する形にして、国外に連れだして、各地のウェブサイトを通じて売春を強要していた。

     陳は人身売買容疑でトロント警察に拘束されており、FBIが身柄の引き渡しを求めている。

    陳らは2015年8月から2018年11月までの間で、1000人以上もの売春婦の情報をホームページ上に掲載。客は掲載されている連絡先の電話番号やメールアドレス、中国版メッセンジャーアプリ「微信(ウェイシン)」でメッセージを送信。

     マフィアの構成員が客に待ち合わせ場所のホテルやアパート、マンションなどの場所を知らせ、「デート」を設定する仕組みになっていた。

     米国司法当局によると、犯罪シンジケートの構成員が所持していたPCには約3万人もの顧客情報が記録されており、顧客一人ひとりの「デート」に関する詳細な情報が網羅されていたという。

     オレゴニアン紙によると、捜査官に保護された売春婦の一人は「顧客が現れたら、ドアを開けて、顧客に言われたことは何でもするように命令されていた」と述べていたという。

     また、同紙は「売春の現場となったアパートの一室は満足な家具もなく、ベッドには汚れたバスタオルが敷かれていただけで、冬なのにエアコンも十分に機能していなかった」などとレポートしている。

    https://www.news-postseven.com/archives/20190127_856855.html?PAGE=1
    NEWSポストセブン 2019.01.27 07:00

    引用元: ・【FBI】北米で中国マフィアの売春組織摘発 売春婦は1000人以上[1/27]

    【日本も見習え 【FBI】北米で中国マフィアの売春組織摘発 売春婦は1000人以上[1/27] 】の続きを読む

    このページのトップヘ