まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:撮影

    1: まるっとニュー 2020/10/27(火) 19:21:20.30 ID:CAP_USER
    2020-10-27 08:51
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20201027032400062

    市外バスで自慰をするなど淫乱行為を事とした20代が懲役刑の執行猶予を宣告された。

    春川地方法院刑事3単独のチ ン・スヨン部長判事は公然淫乱や情報通信網法上の淫乱物流布の疑いで起訴されたA(26)氏に懲役6ヶ月に執行猶予2年を宣告したと27日明らかにした。

    性暴力治療講義の40時間受講と社会奉仕80時間、児童・青少年関連機関などに2年間就業制限も命令した。

    A氏は去る2月18日、春川行きの市外バス内で自慰行為をして、携帯電話で被害女性が一緒に映るように動画を撮るなど1月から13回にわたって淫乱行為をした疑いで起訴された。

    トゥイッターアカウントに自分の性器露出写真をアップするなど淫乱な写真を4回掲示したりもした。

    チ ン判事は「多数の犯行を繰り返したが公然淫乱行為は比較的密かに行われて、これによる危険性が大きくなかった点と何の犯罪前歴も無い点などを考慮した」と判示した。

    引用元: ・【韓国】バス内で女性乗客越しにオナニー撮影…20代に執行猶予[10/27] [Ttongsulian★]

    【よりおかしくなってきてる【韓国】バス内で女性乗客越しにオナニー撮影…20代に執行猶予[10/27] [Ttongsulian★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/10/11(日) 08:36:38.40 ID:CAP_USER
    女性トイレに入って携帯電話を使用し、女性たちの体を撮影した20代が執行猶予の判決を受けた。=韓国

    光州司法刑事4単独性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反の疑いで起訴されたA氏(22)について懲役6か月に執行猶予1年を宣告したと11日、明らかにした。

    また、40時間の性暴力再犯予防に必要な講義の受講を命じた。

    A氏は3月中旬から末まで光州のある大衆女性トイレに入り、携帯電話のカメラ機能を使って性的欲望また羞恥心を誘発する女性7人の身体を女性たちの気づかないうちに撮影した疑いで起訴された。

    裁判部は「A氏が女性トイレで被害者たちを対象に撮影したなど罪の質がよくない」「A氏が反省している点、撮影直後、写真をすべて削除した点等を考慮して刑を決定した」と話した。

    しかし裁判部はA氏が自身の性的欲望を満足させる目的で公共の場であるトイレに侵入したという嫌疑については無罪と判断した。

    裁判部は「A氏が急な便意で女性トイレに入ることになったと一貫して主張している点、事件発生前に2回にわたって病気で薬を服用していた」 「このような点を総合的に考えて、Aさんが自分の性的欲求を満足させる目的で女子トイレに侵入したというのは合理的に証明できない」と述べた。

    WoW!Korea 10/11(日) 8:30
    Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
    https://news.yahoo.co.jp/articles/97abe3d202b4faf247d7dd1d5d3918727e52afe7

    女性トイレに入って携帯電話で女性の体を撮影した20代、執行猶予(画像提供:wowkorea)
    no title

    引用元: ・【韓国】女性トイレに入って携帯電話で女性の体を撮影した20代、執行猶予 被告は無罪を主張 [10/11] [新種のホケモン★]

    【甘々ですね 【韓国】女性トイレに入って携帯電話で女性の体を撮影した20代、執行猶予 被告は無罪を主張 [10/11] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/08/14(金) 22:20:01.50 ID:CAP_USER
    “KBS盗撮事件”犯人のお笑い芸人、女子トイレに隠れて撮影した疑いも認める...2年間で47回の犯行に衝撃(提供:OSEN)

    韓国のテレビ局KBSの女子トイレに隠しカメラを設置したKBSのお笑い芸人で事件の犯人が、全ての疑いを認めた。

    14日ソウル南部裁判所で、性犯罪の処罰などに関する特例法違反、性的目的で公共施設に侵入した疑いを受けているお笑い芸人A氏の初公判が行われた。

    A氏は2018年にKBS研究棟にある女子トイレの個室の上から手を伸ばし、用を足す被害者の姿を撮影するなど、今年4月までに全32回に渡る違法撮影と違法撮影未遂があったことが分かった。

    また5月にも全15回に渡って同じ方法で撮影を行い、7本の映像を所持している疑いも受けた。

    これだけでなく、A氏は超小型カメラを設置するためにKBS研究棟のトイレや更衣室などにも侵入した疑いがかかっている。

    A氏は女子トイレに盗撮用のカメラを設置した他にも、トイレに隠れて撮影を行ったことに関しても調査が進められていて、衝撃が広がっている。

    A氏の弁護人は「控訴された内容は全て認める」とし、被害者たちとの合意に努めていくという立場を明かした。

    5月29日、KBS研究棟にある女子トイレで、隠しカメラと見られる違法撮影機器が発見されたという通報があった。当該機器はKBS所属PDが発見した。警察の調査が始まると、A氏は6月にソウル ヨンドゥンポ(永登浦)警察署に自首し、1次調査を受けた。

    次回の公判は9月11日に開かれる。

    Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 8/14(金) 20:29
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5740ca1597c36f5cb5402fb1e50c1f4c274fe01d

    引用元: ・【韓国】“KBS盗撮事件”犯人のお笑い芸人、女子トイレに隠れて撮影した疑いも認める...2年間で47回の犯行に衝撃 [08/14] [新種のホケモン★]

    【そんなにunk好きなの? 【韓国】“KBS盗撮事件”犯人のお笑い芸人、女子トイレに隠れて撮影した疑いも認める...2年間で47回の犯行に衝撃 [08/14] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/07/19(金) 17:56:24.33 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000503-san-kr

     【ソウル=名村隆寛】18日午前11時半ごろ(日本時間同)、韓国ソウル市内の産経新聞ソウル支局に、韓国メディアの代表兼記者を名乗る男とビデオカメラを持った男が許可なく侵入、「産経新聞はインタビューに応じろ」と要求した。

     ソウル支局員は編集業務中で、男らは「ここが産経新聞ソウル支局です」などと支局内で実況中継し、その様子を無断でビデオカメラで撮影。支局員が制止し、退去を求めたが拒み、その様子も撮影し続けた。

     室内への無断侵入や業務妨害を受けたソウル支局では警察に通報。男らは最近の日韓関係や産経新聞の報道を批判する抗議文を支局前の廊下で読み上げた。男らは約30分間、支局内や支局前で大声で日本や産経新聞を批判したが、駆け付けた警察に同行し、取り調べを受けた。

     男らはソウル支局がある建物1階で警備員から入館を拒否されたが振り切り、上階の支局に突然現れた。男らは警察内にいる様子を同日、動画サイトで公開した。

    引用元: ・【韓国】産経新聞ソウル支局に男2人が無断で侵入し撮影[07/19]

    【日本人狩り始まったな 【韓国】産経新聞ソウル支局に男2人が無断で侵入し撮影[07/19] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/08(木) 18:07:26.58 ID:CAP_USER
    【東京聯合ニュース】右翼や政治家からの脅迫や圧力を受け、愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の展示が中止となった中、日本の市民の間で少女像のミニチュアを撮影した日常の写真をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有するキャンペーンが広がっており、注目されている。

     市民団体「韓国併合100年東海行動」は今年初めから、少女像のミニチュアを撮影した写真とメッセージを送ってもらう「小さい『平和の少女像』を広げるキャンペーン」を実施している。

     ミニチュアの像の身長は9センチ、これを載せた台は縦横各13センチで、持ち歩ける大きさ。ソウルの日本大使館前に設置されている像と同じ形で、この像を手がけたキム・ウンソンさんとキム・ソギョンさんが製作したものだ。

     キャンペーンを開始してから約8か月が経ち、写真は約120枚ほど寄せられた。表現の自由を封じる雰囲気がまん延している中、少女像を撮影して公開する勇気を出したのだ。

     団体は賛同者が送ってきた写真をSNS(https://www.facebook.com/peacestatueinjapan)やブログ(https://smallstatueofgirl.amebaownd.com)に掲載している。

     団体は参加希望者に対し、作品の製作費用のみを受け取って少女像を配送している。キャンペーンの趣旨は少しでも多くの日本人に像に触れてもらい、慰安婦被害者について考えてもらうことだ。

     キャンペーンの参加者らは日常生活のさまざまな場所で少女像を撮影した写真を送った。自宅や旅行先、集会などで撮影したり、コンサートの会場やバスに像を携帯して写真を撮ったりしている。

     少女像は2012年、東京都美術館でミニチュアが展示されたが撤去されるなど、日本で厳しい目にさらされている。15年に東京で開かれた「表現の不自由展」で展示された後、今回のあいちトリエンナーレの企画展でも展示されたが、3日後に中止となった。


    8/8(木) 14:21配信 聯合ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000030-yonh-kr&pos=3
    画像 キャンペーンのブログに投稿されている写真(ブログより)=(聯合ニュース)
    no title

    引用元: ・【慰安婦】少女像のミニチュアを撮影して画像をアップしよう 日本の市民の間で広がるキャンペーン[08/08]

    【ドラム缶を被せて第五種補給品と命名【慰安婦】少女像のミニチュアを撮影して画像をアップしよう 日本の市民の間で広がるキャンペーン[08/08] 】の続きを読む

    このページのトップヘ