まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:放射能

    1: まるっとニュー 2020/03/26(木) 23:44:40.20 ID:CAP_USER
    no title

    ▲コロナ19を風刺した2020東京オリンピック ロゴ=ニューシス

    ウサギの耳が大きいのには理由がある。微細な音も逃さず聞くためだ。ウサギは目もよい。まっ暗な夜に月の国で杵つきできるほどだ。それでウサギを「明視」とも言う。特別な防御手段がないウサギはその鋭敏な目と耳で天敵を避けている。

    ウサギの耳にはまた別の用途もある。自動車の「冷却装置」のようにからだを冷ます機能だ。ウサギが天敵に会って全速力で逃げれば体が熱くなる。汗を流さないからだ。その時、身体を冷ますのがウサギの耳だ。熱くなった血が大きな耳の中を通過し、ウサギの身体を冷やすのだ。

    ウサギもそれをよく知っていて耳をぴんとたてて逃げる。ところが、耳を立てれば「空気抵抗」がどうしても大きくなる。そうすると速度が落ちて天敵に捕まる確率が高くなりうる。それでもウサギが耳を立てて逃げる理由は身体が「過熱状態」になって走れなくなるよりましだからだ。寒いところに住むウサギはその「冷却装置」が相対的にあまり必要ではなく、熱い地方のウサギより耳が短いという。

    ウサギの耳はこのように生存に必須の役割を果たしている。ところで、その重要な耳を失ったウサギが登場したというニュースがあった。9年前、東日本大地震の際に放射能流出事故が発生した日本福島原子力発電所付近で発見されたという「奇形ウサギ」だ。言うなれば「冷却装置欠乏症」にかかったウサギが発見されたのだ。

    あるネチズンがそのウサギを動画でアップしたという報道だった。「次は人間の番」というコメントがついていたという。そのひ弱なウサギは恐らく生き残るのが難しかっただろう。もしそのウサギが天敵の腹の中に入っていればどうなっただろうか。天敵の体内に放射性物質が残って子孫に広がったかも知れないわけだ。(記者注:耳なしウサギは里親にもらわれて元気にすごしていたとのこと。関連サイト参照)

    この「耳なしウサギ事件」が今、思い出される。米国ジョージア大学研究チームがこの地域に棲息する野生動物を撮影して公開したという最近の報道のためだ。研究チームは「放射性物質による汚染が存在しているにも関わらず、様々な種類の野生動物が棲息していることが確認された」とした。それと共に「野生動物が棲息しているからといって放射性汚染物質がないと断定することはできない」と指摘していた。

    グリーンピースが東京オリンピックに活用される施設付近の放射線量を調査した結果、原発事故前の福島の平均放射線量の1700倍を越えることが明らかになった、という報道もあった。グリーンピースは放射線量が人体に及ぼす影響を断定するのは難しい、としながらも「危険がゼロだとは言えない」と明らかにしたという。

    国際オリンピック委員会(IOC)が東京オリンピックを来年に延期すると公式発表した。「コロナ19」のせいだ。来年に延ばされた東京オリンピックは「コロナ19」だけでなく放射性物質も関係ないオリンピックになって欲しいと思われる。

    イ・ジョンソン記者

    ソース:グローバルエコノミック(韓国語)[Gコラム]日本の‘耳ないウサギ’事件
    https://news.g-enews.com/view.php?ud=202003251542543638a218188523_1&ssk=2018112314500709181_1&md=20200325154454_R

    関連サイト:原発爆発頃胎児か? 「東京電力福島原発事故後に産まれた耳なし子うさぎ 」
    https://ameblo.jp/kumazake2010/entry-10901042295.html
    福島で生まれた耳なしうさぎのその後・・・
    https://ameblo.jp/135215/entry-11488749918.html

    引用元: ・【韓国】 日本の「耳なしウサギ」事件~来年は「コロナ19」も「放射能」も関係ないオリンピックに[03/26]

    【ホントに存在がヘイトだな 朝鮮人は 【韓国】 日本の「耳なしウサギ」事件~来年は「コロナ19」も「放射能」も関係ないオリンピックに[03/26]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/11(水) 09:28:10.81 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国国民の半数以上は、2011年の東京電力福島第1原発事故により放出された放射性物質に対する懸念から東京五輪への不参加に賛成していることが11日、分かった。

    環境保健市民センターが全国の成人1097人を対象に実施した調査の結果、55.5%が「放射能汚染への懸念から東京五輪への不参加に賛成する」と答えた。

    「不参加に賛成しない」との回答は28.5%、「分からない」などその他の回答は15.9%だった。

    東京五輪に関連し、「放射能による安全問題が深刻に懸念される」との意見は全体の91.6%に達した。

    また、78.4%は「放射能汚染問題で日本への旅行についても注意勧告が必要だ」と答えた。


    2020.03.11 09:20
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200311000500882?section=news

    引用元: ・【韓国】 放射能懸念による東京五輪不参加 国民半数以上が「賛成」 [03/11]

    【絶対来るなよな 【韓国】 放射能懸念による東京五輪不参加 国民半数以上が「賛成」 [03/11]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/10(火) 16:42:41.99 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の市民団体、市民放射能監視センターと環境運動連合は10日、ソウルで記者会見を開き、「日本産食品の放射能汚染が深刻な水準のまま続いている」と指摘した上で、東京五輪の選手村に放射能に汚染された恐れがある福島県産の食材を供給してはならないと日本政府に促した。

     両団体が厚生労働省の資料を分析し発表した報告書によると、日本政府が昨年検査した37万6696件の農水畜産物のうち6496件から放射性物質のセシウムが検出された。セシウムの検出率は野生肉が44.3%、農産物が17.4%、水産物が7.4%、加工食品が5.0%。

     特に福島県やその近隣など8県の水産物の7.9%からセシウムが検出された。ほかの地域の検出率(0.4%)の約20倍に上る。農産物のセシウム検出率も19.3%とほか地域の2.2倍だった。

     日本政府による2018年の検査での検出率は野生肉が44.6%、農産物が18.1%、水産物が7.0%、加工食品が2.5%だった。

     両団体は「福島県と周辺地域の自然環境の放射能汚染が1年前より大きく改善されていないことを示す結果だ」と指摘した。

     検査対象のうち、基準値(1キロ当たり100ベクレル以下)以上のセシウムが検出された食品の割合は把握されていない。

     両団体は、東京電力福島第1原発事故の真実を隠蔽(いんぺい)し、政治的な広報手段として五輪を活用することは事故収拾の役に立たないとした上で「日本政府は福島県産の食材を五輪選手村に供給する計画を中止すべきだ」と要求した。

     また、福島原発から出る放射性物質を含んだ処理水の海洋放出は取り返しがつかなくなるほど放射能汚染を深刻にさせる危険な行為だと指摘し、日本政府に対し思いとどまるよう求めた。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020031080208

    2020/03/10 15:56

    引用元: ・【韓国団体】「日本産食品の放射能汚染は今も深刻」五輪の選手村に放射能に汚染された恐れがある福島県産の食材を供給してはならない[3/10]

    【ボイコットする韓国には 全く関係ない話 【韓国団体】「日本産食品の放射能汚染は今も深刻」五輪の選手村に放射能に汚染された恐れがある福島県産の食材を供給してはならない[3/10]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/01/24(金) 18:32:05.52 ID:CAP_USER
    no title

    ▲福島県双葉町[写真=NHK]

    日本福島県は放射能の数値が政府基準の約三倍に達する双葉町を東京オリンピック聖火リレールートに追加することを承認した。

    23日、NHKによれば福島県聖火リレー実行委員会はこの日、会議を開いてこのように議決した。来る3月に始まる東京オリンピック聖火リレーは日本47都道府県を回って、福島県でも3日間、25の市町村を走ることになっている。

    しかし、原子力発電所事故によって全域に避難指示が下されている双葉町は「環境が整備されればコースに含める」として保留していた。先週、日本政府が双葉町の一部に対し、3月4日、避難指示を解除することを決め、現実行委員会は双葉町を聖火コースに追加することを承認した。

    内堀雅雄、福島県知事は「双葉町が聖火コースに追加されたことは福島県の現在の状況を国内外に知らせるに当たり非常に大きな意義がある」と話した。AP通信などの報道によれば福島原子力発電所からわずか4キロしか離れていない双葉町は昨年12月3日、基準放射能数値が0.70μSvで日本政府基準値0.23μSvの約三倍に達する地域だ。

    オ・ヨンサン専門記者

    ソース:ニュースピム(韓国語)日、放射能あふれる原子力発電所の村を東京オリンピック聖火コースに追加
    http://www.newspim.com/news/view/20200123001031

    引用元: ・【韓国】 日本、放射能あふれる原発村を東京オリンピック聖火コースに追加[01/23]

    【ただ反日したいだけだと良く分かる 【韓国】 日本、放射能あふれる原発村を東京オリンピック聖火コースに追加[01/23]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/12/08(日) 23:42:14.96 ID:CAP_USER
    no title


    2020年東京オリンピックが摂氏30度中ばを越える蒸し暑い天候に福岡(原文ママ)原子力発電所爆破による放射能汚染、軍国主義の象徴である旭日旗許容など絶えず非難の声が上がるなか、このような隣国の悪材料が私たちには特需に作用している。

    日本と似た地理的特性で時差もなく、韓国が東京オリンピック現地訓練場として注目をあびているからだ。

    今年4月、醴泉(イェチ ン)ジンホ国際アーチェリー場で東京オリンピック準備現地訓練を終えて帰った中国国家代表アーチェリー選手団が良い例だ。これは32年前の1988年、ソウルオリンピックを開催した私たちと日本の状況が逆転したもので、当時、36カ国1600人余りの規模のソウルオリンピック出場選手のうち10%を越える選手たちが日本で現地訓練を終えてソウルに入った。

    日本との経済格差を考えれば、国内訓練施設不備が原因ではないか思うかもしれないが、実際は日本が各国選手団の現地訓練地誘致のために積極的に乗り出したからだ。

    日本は全世界の選手団に大韓航空機爆破事件、南北分断状況、民主化運動など韓国情勢が各国選手団の訓練に適していないと説得した。1988オリンピック開催地選定当時、日本の名古屋がソウルに押されて開催に失敗したことに対する虚偽の工作という世論が優勢だった。

    開催国としてオリンピック特需を享受するはずだったが、相当数の選手を日本に奪われる屈辱を受けなければならなかった。それから32年過ぎた2020東京オリンピックはソウルオリンピックの痛みを洗える好機になるものと見られる。

    様々な悪材料で東京オリンピックに対する世界各国の憂慮が大きくなり、韓国を現地訓練地に選択する国家が増えているからだ。最も大きな特需が予想される地域は聞慶市(ムンギョンシ)だ。聞慶は国内で最高施設を備えた国軍体育部隊がいて外国人の合宿にぴったりという評価だ。

    すでに今年6月、韓国と米国・カナダ青少年卓球の国家代表チーム33人とフランス・ドイツ・ロシア・イタリア・中国など11カ国104人の近代5種チームが聞慶国軍体育部隊(主競技場)で東京近代5種ワールドカップ大会と2020年東京オリンピックに備えた合同現地訓練を進めた。
    (中略:聞慶市や仁川市、釜山市などの誘致情報)

    ある地方自治体関係者は「現地訓練地誘致自体は途方もない収益を上げる付加価値事業ではないが、全世界に地域を知らせる良い機会になる。景気低迷の谷が深い地域経済に活気を呼び込む契機になりうると確信する」と話した。

    チョ・ソンシン記者

    ソース:毎日経済(韓国語)国内地方自治体が日東京オリンピックを指折り数える理由
    https://www.mk.co.kr/news/politics/view/2019/12/1024035/

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1575724884/
    ★1のたった時間:2019/12/07(土) 22:21:24.14

    引用元: ・【東京五輪】 放射能の危険がないオリンピック練習地として韓国の地方自治体に特需★2[12/07]

    【汚染島ジャップは滅ぼすべきだろ 【東京五輪】 放射能の危険がないオリンピック練習地として韓国の地方自治体に特需★2[12/07] 】の続きを読む

    このページのトップヘ