まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:教授

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/10/11(水) 18:36:32.26 ID:CAP_USER
    先月20日、アキヒト(明仁)日本天皇が日本国天皇では初めて高麗神社を参拝した。高麗神社は高句麗最後の王、宝蔵王の息子で日本に亡命した若光を神としてまつっている所だ。
    (中略:天皇の説明)

    明仁現日本国天皇は2001年68才誕生日の記者会見で第50代桓武天皇が793年に編纂した続日本紀に桓武天皇の生母が百済武寧(ムリョン)王の子孫という事実が記録されており、自身も百済武寧王の子孫であることを日本国天皇では初めて明らかにした。多くの歴史学者が多様な証拠資料を通じてすでに立証した事実ではあるが、天皇本人の口からこれを直接確認したことに大きな意味がある。

    明仁天皇が百済の子孫なら万世一系の血統の日本天皇家は全て百済系で古代韓国人の子孫という意味だからだ。

    日本は多様な先進文明を韓半島から伝授されて国家を発展させてきた。3世紀末から7世紀中葉にかけて日本領土の大部分を支配した最初の統一政権の大和政権も奈良地域を中心に百済系など渡来人が主導した。「ナラ」という地名も国家という意味の純粋に私たちの言葉だ。

    興味深い事実は天皇が強力な統治権を行使した時は私たちと関係が良かった事だ。中世と近世期に至って日本の韓半島侵略が頻繁にあったが、これは天皇が実質的な統治権を失った状況で一部の政治軍部勢力が主導していた。現在も似たような状況だ。

    明仁天皇はいつも先祖の国の韓国に対する愛情と尊敬心を表明してきたし、訪韓を希望してきた。日本国天皇の象徴性と重要性を勘案する時、現・明仁天皇が国賓で訪韓することを期待する。これを通じて複雑にからまった韓日両国関係の葛藤を解いて未来指向的で友好的な交流協力関係を再構築できる契機になるだろう。

    日本国民は自分たちが神聖不可侵の存在と敬っている天皇家が百済系で古代韓国人の子孫であることを認識することになり、韓日両国の民間の親密度が高まるだろう。また、一部の右翼勢力の嫌韓的な姿勢を牽制できて、中国に対する私たちの立場を強化するのにも役立つだろう。

    明仁天皇は健康などの理由で近いうちに皇位を皇太子に譲って退位するという。可能なら在位中に訪韓することが理想的だが退位後も訪韓して両国間の交流協力増進に寄与すれば良い。訪韓時には日本天皇の直系先祖である百済武寧王陵で正式に祭事も行えば良いだろう。

    私たち国民から熱烈な歓迎を受けながら訪韓できることを期待する。近くて遠い国、何より絡まりに絡まった糸の絡み合いのような韓日両国関係の絡みを解く鍵がここにある。

    ペク・ジョンギ(釜山大造船海洋工学科教授)
    no title


    ソース:慶南新聞(韓国語) 明仁日本天皇の国賓訪韓を期待する
    http://www.knnews.co.kr/news/articleView.php?idxno=1228698&gubun=

    引用元: ・【韓国】 明仁天皇の国賓訪韓を期待する~直系先祖の百済武寧王陵で正式に祭事をすればよい[10/11]

    【【韓国の教授ってこんなバカばかりだ】 釜山大教授「日本天皇家は全て韓国人の子孫。天皇が訪韓すれば、中国に対する私たちの立場を強化するのにも役立つ」】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/21(木) 17:21:57.93 ID:CAP_USER
    北九州市立大学は、外国語学部の47歳の准教授が韓国で出版した書籍の中に、ほかの研究者の論文などから盗用した部分があったとして、22日から2か月間の停職処分にすると発表しました。

    北九州市立大学によりますと、盗用が明らかになったのは、外国語学部国際関係学科のリ・ドンジュン准教授(47)です。
    大学によりますと、リ准教授が韓国で出版した書籍について、ほかの研究者の論文などから盗用した部分が34か所あるという外部からの告発のメールが、去年11月、大学に寄せられたということです。
    これを受けて大学では調査委員会を設置して調べたところ、指摘のあった34か所のうち11か所について、ほかの研究者の論文を適切に引用していなかったなどとして、盗用に当たると結論づけました。
    このため大学はリ准教授を22日から2か月間の停職処分とするとともに、リ准教授が出版社に書籍の出版停止を求めるよう勧告をしました。
    大学の調査に対しリ准教授は「書籍は一般書であり、学術書に求められる厳格な引用は必要ない」と話し、盗用には当たらないと主張しているということです。
    北九州市立大学は「研究活動における不正行為は研究者として許されるものではなく、深くおわび申し上げるとともに、さらなる不正防止の取り組みの強化に努めてまいります」とコメントしています。

    09月21日 16時49分 NHKローカルニュースは早く消える場合があります。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kitakyushu/5024137601.html

    引用元: ・【北九州市大】韓国人准教授が論文盗用[9/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【北九州市民だがナゼ懲戒解雇しないんだ】北九州市立大学、韓国人准教授が論文盗用も軽い処分】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/31(木) 18:00:51.98 ID:CAP_USER
    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

    今年6月、延世大で私製の爆発物が爆発して教授が1人負傷した。犯人を捕らえてみると、教授の大学院生の弟子だった。教授から頻繁な叱責を受けて犯行に至ったという。学生たちの間では意外な反応が見られた。

    犯人も非難されるべきだが、そのようにさせた教授のパワハラも暴かなければならないというのだ。

    同大のコミュニティーからは、「指導教授が研究室の学生たちの席にウェブカメラを設置して監視している」、「学生たちの人件費を借名口座に入金させている」などの情報提供が相次いだという。

    春川地検が一昨日、動物の心臓病分野の権威である某国立大教授を拘束・起訴した。大学院生の弟子たちから修士・博士論文の審査費と実習費の名目で1億ウォン相当の賄賂と5000万ウォン相当の人件費を着服した容疑だ。

    弟子たちは同教授がBMWの乗用車のリース費を払うためにお金を拠出し、全員が約5000万ウォンを教授の口座に送金していた。同教授は弟子たちから受け取ったお金の中から毎月1000万ウォンずつ外国にいる家族の生活費として送金していたという。

    大学院生の弟子たちを相手にした教授のパワハラ蛮行は目新しいことではない。この前はソウル大のある教授が大学院生4人に8万枚に達する論文と本をスキャンさせた、一名“八万大蔵経スキャン奴隷”事件が明るみに出た。

    一昨年には京義道のある大学の教授が弟子たちに人糞を食べさせるなど、2年間にわたって過酷な行為をほしいままにして国民的公憤を買った。

    国家人権委員会は教授たちのパワハラが相次いだことで、昨年末、大学院のある182大学の総長に「権利の章典」の導入と専門的に人権専門機構を設置するよう勧告した。

    しかし、人権委の勧告は自律に委ねられ強制力はない。指導教授から犯罪に近いパワハラを受けながらも無気力に耐えるしかないという大学院生たちの訴えも続いている。

    指導教授に嫌われた学生は論文が通らずに卒業もおぼつかない上に、専攻分野において除け者にされるしかない大学の誤った生態系のためだ。教育部(文科省に相当)が立ち上がるべきだ。

    教授のパワハラ根絶など人権の尊重が実践されているかどうかを大学の評価指標にする必要がある。

    最近、企業や軍隊などさまざまなところからパワハラ被害が報告され批判を受けているが、上品に見える教授たちのパワハラは憤慨に堪えないものだ。

    ※記事は本紙の編集方針とは別であり、韓国の論調として紹介するものです。

    http://vpoint.jp/world/korea/94798.html

    【【目新しいことではない】「韓国人教授たちのパワハラは憤慨に堪えない」韓国紙】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/31(木) 23:32:42.21 ID:CAP_USER
    『再び、日本を考える―退行する反動期の思想的風景』
    徐京植著、ハン・スンドン訳/木の鉛筆刊・1万6000ウォン

    「和田先生の方向設定は間違ったのではないか、というのが私の論点である。このような問題提起に対して、『彼は善良な人だ』というような反撃は論点から外れたもので(…)悪意的なすり替えとしか言えない」

    東京経済大学の徐京植(ソ・ギョンシク)教授は、韓国と日本の両社会でいずれも「他者」だ。彼は韓国では在日同胞という国外者として、日本では在日朝鮮人というマイノリティとして生きてきた。韓国では2人の兄がスパイ団操作事件で残酷な苦境を経て、日本では差別と排斥を受けた。

    彼の家族史は二つの社会の主流とマジョリティが見ることができない、いや、見ようとしない不都合な真実を対面させる。彼が経験した辛酸の人生は、前作の『私の西洋美術巡礼』で見せた豊かな人文学的、文学的、歴史的素養と昇華された。

    だが、彼は『再び、日本を考える』で刀を抜いた。韓日関係と日本の歴史問題で、日本の良心を代弁するという和田春樹東京大学名誉教授に対する彼の直接的批判が代表的だ。彼がこの本で触れる不都合な真実の対象は、日本の進歩陣営だ。

    彼は安倍晋三政権に象徴される最近の日本の退行と反動の責任を、われわれには進歩陣営と認識される“リベラル派”に問うている。

    彼によると、日本社会は1990年代以降、長い「反動の時代」に入った。1990年代半ばまでの「社会党・総評(日本労働組合総評議会)」系グループ、新聞を例にとるならば「朝日新聞」「毎日新聞」「東京新聞」とその読者層で構成された日本のリベラル派は、日本内外の潮流で崩壊した。

    社会主義圏崩壊と東西対立構図の終焉、新自由主義の到来の前に投降したのだ。韓国などアジア諸国では権威主義体制が動揺し、民主化が進んだ結果、「慰安婦」問題など日本の封印された戦争犯罪問題が表面に浮上した。だが、当事国日本はこのベクトルが逆方向に向かった。

    進歩勢力を結集する代案を提示する代わりに、「脱イデオロギー時代」という浅薄なスローガンと共に自ら自己崩壊の道を選んだ。進歩的立場を代弁する社会党は、保守右派の自民党との連立を受け入れた、結局消滅へと進んだ。国家主義に抵抗して日章旗日の丸と国歌君が代斉唱を拒否した教員労組は、これを容認した。

    徐京植は慰安婦問題を帝国運営の付随的被害と主張する「朴裕河(パク・ユハ)現象」を取り上げてこれを説明する。

    「朴裕河の言説が日本のリベラル派の隠れた欲求に正確に合致するからだ(…)右派と一線を画すリベラル派の多数は、理性的な民主主義者を自任する名誉感情と旧宗主国の国民としての国民的な特権をみな逃したくないのだ」

    韓国の立場で彼のこのような批判は、慰安婦問題に対する和田教授の現実主義的旋回を見れば理解できる。和田教授は2015年12月28日の韓日慰安婦問題合意を白紙撤回するようにするのは「事の経過から見ると難しい」と話す。

    新たな解決案を出すことにする力が日本国内にはないため、その韓日合意が改造・改善の道へ行くしかないと見ている。

    本書は、徐教授が最近書いた日本についての文章を選んでまとめたものだ。慰安婦問題をめぐり和田教授に送る手紙形式の二編の文、彼がマイノリティとして日本社会を見つめる愛国主義、改憲、安保法制問題などを解剖する。

    彼にとって日本のリベラル派は、両国とその関係の未来のために見捨てたり売り渡すことのできない、いや、最後まで共にしなければならない勢力だ。だから、徐京植が不都合な真実を覆してみせたのは決して害を与えようとするものではない。

    チョン・ウィギル先任記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/28337.html

    no title

    『再び、日本を考える―退行する反動期の思想的風景』徐京植著、ハン・スンドン訳/木の鉛筆刊行//ハンギョレ新聞社

    【【パヨクどーすんのこれ】「最近の日本の退行と反動の責任は、日本のリベラルにある」東京経済大学の徐京植(ソ・ギョンシク)教授】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/08/09(水) 12:00:31.46 ID:CAP_USER
    人糞教授事件、「弟子に対する常習的な苛酷行為...求刑結果は?」再照明

    「求刑」が世間の話題として浮上している。

    7日、「求刑」が主要なポータルサイトのリアルタイム検索語ランキングの上位に浮上し、過去の求刑と判決事例に対してネチズンたちの関心が集まった。

    京畿道の大学教授として在職していたチャン某氏は弟子が仕事が出来ないという理由で、2013年3月から2年余りの間、人糞を食べさせて数十回暴行した疑いなどで、2015年8月に拘束起訴されて社会的な波紋を呼んだ。いわゆる「人糞教授事件」は、大衆に大きな衝撃を与えた。

    当時、水原地裁城南分院は、2015年11月に開かれた判決公判で、京畿道某大学の元教授チャン某氏に懲役12年を宣告した。

    裁判部は、被害者の大小便を被害者に強制的に飲ませ、顔にビニールをかぶせて催涙ガスを撒くなど手法が極悪で、被害者が自殺を試みた後も犯行を続けたのは、人間の尊厳を害した重大な犯罪と宣告の理由を明らかにした。

    これに先立ち、検察は犯行を主導した「人糞教授」チャン某氏に懲役10年を求刑した。検察は求刑の理由について、「社会的な地位を利用して弱者の被害者に長期的に野球のバットなどで暴行を加え、人糞を与えるなどの苛酷な行為を行い罪質が悪い」と述べた。

    判決当時、「人糞教授」チャン某氏に検察の求刑である懲役10年よりも長い懲役12年が宣告され、注目を集めた。

    しかし、2016年8月に最高裁3部が暴力行為処罰法違反などの疑いで起訴されたチャン某氏に懲役8年を宣告してネチズンたちの目を引いた。

    ソース:KNSニュース通信 2017.08.07 20:14(機械翻訳)
    http://www.kns.tv/news/articleView.html?idxno=338692

    引用元: ・【韓国】弟子に人糞を食べさせ暴行した「人糞教授事件」が話題[08/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【伝統継承者 】「人糞教授事件」京畿道某大学の元教授が弟子に人糞を食べさせ暴行】の続きを読む

    このページのトップヘ