まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:文化財

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/11/14(火) 08:52:31.33 ID:CAP_USER
    韓国の文化財に指定された日本式家屋、隣のビル新築工事で倒壊危機=韓国ネットは賛否「悲しい歴史を保存すべき」「日本の家がなぜ文化財に?」

    https://i.imgur.com/IUpRc9h.jpg
    10日、韓国・聯合ニュースによると、韓国文化財庁の登録文化財に指定されている釜山市内の日本式家屋が、隣のビル新築工事により倒壊の危機に直面している。写真は釜山。

    2017年11月10日、韓国・聯合ニュースによると、韓国文化財庁の登録文化財に指定されている釜山(プサン)市内の日本式家屋が、隣のビル新築工事により倒壊の危機に直面している。

    釜山・一麦(イルメク)文化財団は同日、釜山市中心部にある日本式家屋(登録文化財第349号)について、今年6月から壁にひびが入り床がゆがみ始めたと明らかにした。5月にこの建物のすぐ隣、距離にして1~2メートルほどの所で18階建てビル新築の地下掘削工事が始まっており、その頃から発生した現象だという。戸のすき間は広がり、瓦の一部は崩れ、台所の戸は傾いて開閉ができなくなってしまったという。

    9月に財団が専門業者に依頼した家屋の構造安全診断では、隣のビル工事により建物のあちこちに亀裂や隙間が発生し、家屋がいつ崩壊してもおかしくないことが分かった。そのため財団は10月18日に施工会社を相手取り工事中止の仮処分申請を提出、今月16日に1次調停を控えている状況だ。なお、苦情を受けて文化財庁も調査に乗り出している。

    この家屋は1925年に建てられたもので「日本の統治時代における釜山地域の高級住宅の断面が見て取れる」と歴史的価値が認められ、2007年に登録文化財に指定された。文化財庁では13年と16年の2回にわたって3億ウォン(約3000万円)の予算を投入し、家屋の補修も行っていた。

    財団は文化財が傷付く恐れがあるとしてビルの建築許可の段階から苦情を提起したが、受け入れられなかったという。一方、自治体関係者は財団側の主張を受け「施工会社に安全診断を依頼して補修を指示した」と明らかにした。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「日本式家屋ではあるけど、つらく苦しい韓国の歴史の一部。それなのにどうしてこんなことが起こるの?」「悲しい歴史はしっかりと保存すべき」などの声が上がっている。

    また、行政に対し「これで韓国が文化財をどれほどおろそかにしているか分かるだろう」「たびたびこういうことが起こるのは、システムが整っていない証拠。マニュアルの整備が必要だ」「そもそも文化財の隣に一般の建築物を許可すること自体がおかしい」との批判も寄せられた。

    しかし「日本の家がなぜ文化財なの?」「撤去しろ」「よくやった。これを機に土地をならして駐車場にしよう」「日本の痕跡は全部なくそう」など文化財指定への反論コメントも目立ち、中には「日本に(建物を)持って帰るように言ったら喜んで持って行くのでは?」と提案するユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)


    Record China 2017年11月14日 07時10分
    http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=172197

    引用元: ・【Record China】韓国の文化財に指定された日本式家屋、隣のビル新築工事で倒壊危機=韓国ネットは賛否「悲しい歴史を…」[11/14]

    【【むしろ壊せよ】韓国の文化財に指定された日本式家屋、隣のビル新築工事で倒壊危機(釜山)】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/08(金) 09:21:45.62 ID:CAP_USER
    2017年9月6日、韓国の観光地などで観光客らによる落書きが問題になり、海外の文化財でもハングルの落書きが見つかっている現状とその原因について、韓国・マネートゥデイが伝えた。

    韓国の有名観光地は今、無分別な落書きでまさに棄損されている。美しい町並みの壁や貴重な文化財、そして木などの植物にまで、名前や愛のメッセージを刻む人もいるそうだ。

    観光地だけではない。落書きは日常の生活空間にも浸透してきており、地下鉄車内に愛の告白が書かれている例もある。観光地を管理するソウル市などの自治体は、落書きを消すための予算を投入しているが、消しては書かれ、消してはまた書かれ、という「悪循環」が繰り返されている。

    最近ではイタリア・フィレンツェの大聖堂や、中国・万里の長城など海外の観光地でもハングルで書かれた落書きが見つかり、「国際的な恥」という指摘も出てきている。日本でも先月9日、奈良の東大寺・法華堂でハングルとみられる落書きが発見され、警察が捜査に乗り出した。

    現在韓国では、落書きに対する処罰に実効性が伴っていない状況だという。落書き行為には軽犯罪処罰法が適用され罰金10万ウォン(約9600円)ほどが科されるが、摘発が容易でないこともあって新たな落書きは後を絶たず、「事実上根絶は難しい」という指摘が多い。

    落書きをする心理について、ソウル大のクァク・クムジュ教授(心理学)は「『ここに自分が来た』ことを表現しようとする存在欲求によるもの。落書きを差別化しようとするために競争的で利己的な欲求が強くなり、徐々にひどい行為になっていく」と分析、「自分のこのような行動がどう見えるか客観的に捉える必要がある。自分の名前を残して非常識をさらけ出し、遺跡を傷つける利己的な行動ということを知るべき」と話した。

    これについて韓国のネットユーザーからは

    「ここまでくると病気。情けない」
    「こういう人たちは海外に出て韓国の恥となる人」
    「外見も行動も醜いと言われても仕方ない」

    など落書きを批判するコメントが多く寄せられている。

    また、

    「国語、英語、数学以前に道徳教育が必要」
    「小学校からやり直せ」

    など教育の重要性を訴える声や、法律の処罰の甘さに言及し

    「処罰だけでも確実にすればこんなことにはならない」

    と指摘する声も上がった。

    中には、専門家の分析を受け

    「この世に自分が存在しないような気がしたから、名前を残して確認しようとしたということ?。落書きするのはそういうかわいそうな人たちだったんだね」と皮肉を寄せるユーザーもいた。


    2017年9月8日(金) 9時10分
    http://www.recordchina.co.jp/b187224-s0-c30.html

    引用元: ・【国際】海外の史跡も受難!韓国人の落書きがなかなか減らない理由[09/08]©2ch.net

    【【国民総発達傷害民族国家】韓国人の落書き、韓国の有名観光地に地下鉄車内に、海外の文化財でも】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/17(木) 22:59:12.80 ID:CAP_USER
    2017年8月17日、韓国・聯合ニュースによると、15年前に日本人古美術商の家に侵入し、日本統治時代に日本に持ち出されたとされる朝鮮時代の王室の陶磁器を盗むよう指示した韓国の古美術販売業者が「公訴時効が成立した」との理由で処罰を免れることになった。

    ソウル中央地方裁判所は17日、強盗教唆の疑いで在宅起訴されたチョン(65)さんに免訴の判決を下した。

    裁判所は「強盗教唆の公訴時効は7年であり、チョンさんはすでに時効が成立した」と明らかにし、「チョンさんには外国滞在歴があるが、処罰を免れる目的とみることは難しいため、滞在期間も公訴時効は停止しない」と説明した。

    また、チョンさんが盗んできた陶磁器を保管した容疑(文化財保護法違反)で起訴された古美術販売業者のキムさん(61)には無罪が宣告された。

    裁判所は「キムさんが強制的に持ち出された事実を知りながら保管したとする証拠はチョンさんの供述だけだが、チョンさんは何度も供述を翻したので信ぴょう性が疑わしい」と判断した。

    チョンさんは2002年2月、知り合いの文化財強盗犯である別のキムさんに日本の古美術商であり陶磁器コレクターのSさんの自宅の住所を教え、「韓国の文化財を取り戻さないか」と提案した。

    その約3カ月後の同年5月、強盗犯のキムさんは東京にあるSさんの自宅に侵入し、刃物でSさんの妻を脅しロープで縛った後、地下室にあった陶磁器18点を持ち出した。

    キムさんが盗んだ陶磁器は全て朝鮮・高麗時代に作られたもので、鑑定価格が150億ウォン(約14億5000万円)の「李朝染付龍壺」など計240億ウォン(約23億2000万円)に達するという。

    この報道に寄せられた韓国のネットユーザーからのコメントは強盗犯を擁護するものが多く、「奪われたものを取り返したのだから罪にはならない」「『目には目を歯には歯を』だ」「良心的な泥棒はもっと増えてもいい」「政府は賞を与えるべきでは?」「文化財が韓国に戻って来てよかった」などの声がみられた。

    また、「『よくやった』とは言えないが『悪いやつら』とも言えない」「称賛すべき…?」と複雑な心境のユーザーも。

    一方で「泥棒を称賛するのはおかしい」「公訴に時効があるのはおかしい」と指摘する声もあった。(翻訳・編集/堂本)

    http://www.recordchina.co.jp/b187877-s0-c30.html

    引用元: ・【韓国】「日本にある韓国の文化財を取り戻そう」強盗を指示した韓国人、時効成立で処罰免れる=韓国ネット「称賛すべき…?」[8/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本になら何しても良い】「日本にある韓国の文化財を取り戻そう」計約24億円を強盗指示した韓国人、ソウル地裁が時効成立で免訴】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/06/08(木) 10:24:52.72 ID:CAP_USER
    2017年6月7日、韓国・YTNによると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は主要な公約の一つに、不正や不公正な社会など長年の弊害を清算する「積弊清算」を掲げており、その中には「親日積弊清算」も含まれている。しかし、韓国で代表的な親日派の墓を管理する家屋が地方の文化財として数十年間管理されていた事実が明らかとなり、物議を醸している。

    韓国・江原道の文化財66号に指定されている春川の伝統家屋には「墓を管理するためにつくられた家」との案内文が設置されているが、「誰の墓」であるかは明記されていない。

    実は、墓の主人は代表的な親日派として知られるミン・ヨンヒ。国権の侵奪を先導する代わりに日本から子爵の爵位を受けた人物だという。親日として得た権力で現在の時価で8000億ウォン(約780億円)に達する財産を得て、観光地の南怡島などを子孫が所有している。しかし、伝統家屋には墓の主人についての情報が一切ないため、近隣住民はその事実を知らないという。

    また、文化財を登録した江原道と文化財を管理する春川市も「昔の伝統的な住宅という意味で文化財に指定されたと聞いている。墓の主人については知らない」と話している。

    韓国では以前にも、親日派に関する物品の文化財への登録問題が物議を醸していた。2013年に文化財庁が白善ヨプ将軍の軍服を文化財に登録する計画を推進していたが、「親日派の物品が民族の歴史的価値を代表する文化財に登録されてはならない」と主張する抗日独立運動家団体の反対により白紙となった。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「家屋と墓をなくそう。管理のために税金を無駄遣いした公務員もクビにするべき」「韓国国民は今も親日派議員に悩まされている」「南怡島を国庫に還収しなければならない」「韓国は愛国者がばかを見る国だ」など親日派への批判的なコメントが数多く寄せられている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=180432&ph=0

    引用元: ・【韓国】「親日派の墓」である事実を隠して文化財に?韓国で物議[06/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【こんな民族と友好なんて絶対に無理】江原道と春川市、「親日派の墓」を文化財登録で物議】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/12(水) 20:45:31.22 ID:CAP_USER
    韓国ハンギョレ新聞社 ノ・ヒョンソク記者
    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/27037.html
    韓国語原文入力:2017-04-11 20:10
    http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/790278.html 訳J.S(1943字)

    1934年山中商会の販売展『支那朝鮮古美術展観』図録に紹介された朝鮮の墓石灯。
    盗掘されたことが明らかな石造物の写真がデパートの販売目録のように載せられた。
    この石造物がどこから搬出され、誰に売られ、今どこにあるかは明らかになっていない
    no title


    1938年に山中商会が主催した「世界古美術即売会大展観」図録に掲載された朝鮮の古い石塔。
    無断搬出されたことが明らかなこの石塔は、現在どこにあるのか分からない
    no title


    1934年「支那朝鮮古美術展観」に出品された朝鮮時代の鳥と梅の模様が描かれた辰砂瓶。
    当時の展示の最高名品に選ばれたものだが、その後の販売経緯と収蔵家が誰なのかは霧に包まれている
    no title



    80余年前、日帝強制占領期間に根こそぎ持って行かれたこの地の石造文化財は、まるでデパートの商品のように扱われた。

    朝鮮官吏の墓や寺の跡地からそっくり盗掘された石造物と石塔が日本の収集家の便宜のために現地古美術業者の販売目録に多数写真や名称と共に載せられた惨い姿が初めて確認された。

    日帝強制占領期間の文化遺産搬出史を研究してきたチュ・ホンギュ中源大学講師(47)は最近、国民大学人文学研究所の学術誌『人文学論叢』に論文を載せ、20世紀初期にアジア最大の古美術業者だった日本の山中商会が朝鮮の石物と陶磁器を搬出し販売した図録写真と関連記録を示した。

    「山中商会と日本に流出した韓国文化財」というタイトルのこの論文は、山中商会による長明燈・望柱石などの墓石物や石塔、陶磁器などの遺物の搬出販売資料や経緯を分析している。

    これに先立ち、20世紀初めに山中商会を通じて米国コレクターに流れた韓国文化財は、2012年、米国スミソニアン研究所で発行した「フリーア・サックラーギャラリー(ワシントン所在)の韓国美術」図録を通じて一部知られている。

    しかし、最も多くの韓国文化財が流出した日本現地での販売競争の図録や資料の細部を公開して本格的に分析した試みはこの論文が初めてだ。

    山中商会展覧会図録を入手
    王陵から持ち出した望柱石、長明燈
    石塔・白磁粉青沙器まで多数

    欧州、米国などで遺物を販売し
    現在の所蔵位置などはほとんど確認できず
    「搬出品還収のための根拠資料になるだろう」

    >>2につづく

    引用元: ・【ハンギョレ】“文化財略奪”日帝古美術商の「販売目録」確認[4/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【こんなのが博士だってw】韓国人大学講師「日帝古美術商の「販売目録」は、文化財略奪の証拠」】の続きを読む

    このページのトップヘ