まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:文化財

    1: まるっとニュー 2019/05/31(金) 22:55:23.31 ID:CAP_USER
    no title


    光州(クァンジュ)郷校(ヒャンギョ)に日王年号を使った表札板(扁額)が長期間そのままかかっており、ひんしゅくを買っている。

    代表的親日官僚ナム・ケリョンの篆刻碑に明確に彫られた日王の年号は「昭和十五年(1940年)」だ。大韓民国臨時政府樹立100周年をむかえて日帝残滓除去運動が活発な社会的雰囲気と対照的だ。

    ナム・ケリョンは日帝の植民統治と反倫理的侵略戦争に協力した親日派だ。1935年、日本総督府が編纂した「朝鮮功労者名艦」に収録された353人の一人だ。2008年に発表された民族問題研究所の親日人名辞典収録予定者中の官僚名簿にも含まれている。

    「昭和十五年(1940年)」という日王の年号で日本式表記「昭和」は今月1日、即位したナルヒト(徳仁)新日王の祖父ヒロヒトの年号だ。特級戦犯ヒロヒトは太平洋戦争を起こした張本人だ。

    600年の歴史ある光州郷校は現在、伝統礼儀教育の空間として活用されている。光州を訪れた外国人が韓服を着て礼儀教育、茶道教育、婚礼体験など多様な伝統体験をしている。

    しかし、親日者の古い遺物と侵略戦争の象徴である日王年号が彫られた表札板が堂々と掲げられて地域民の反発をかっている。

    光州・全南(チョンナム)地域の一線学校では親日派要人が作曲した校歌を変え、日帝と関連した施設を撤去するなど日帝残滓清算作業が進められている。

    光州=チャン・ソンウク記者

    ソース:国民日報(韓国語) 光州郷校に太平洋戦争戦犯日王の年号表札板そのまま掲げて眉間のしわ
    http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0013360421

    引用元: ・【韓国】 文化財・光州郷校に太平洋戦争特級戦犯である日王の年号「昭和」が刻まれた表札板が掲げられたままで顰蹙[05/31]

    【全て壊せばいいのに【韓国】 文化財・光州郷校に太平洋戦争特級戦犯である日王の年号「昭和」が刻まれた表札板が掲げられたままで顰蹙[05/31] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/22(土) 21:39:39.99 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/AgkQ77g.jpg

    長い流浪生活を行った悲運の高麗時代の僧塔「原州法泉寺址(ウォンジュ・ボブチョンサジ)智光(チグァン)國師塔 」(国宝第101号)が100年ぶりに故郷に戻ってくる。

    文化財庁は、「20日、文化財委員会・建築文化財分科会で、原州法泉寺址智光國師塔を元の場所である江原道原州市の法泉寺址に移転することにした」と、21日明らかにした。

    高麗文宗(ムンジョン)時代に國師を務めた僧侶海麟(ヘリン、984~1070)の舎利を奉安した智光國師塔は、ユニークな構造と華やかな彫刻、優れた裝嚴装飾で、高麗僧塔の白米に挙げられる。しかし、日本植民地時代から現在までの108年間、あちこちに流れて経験した受難は、韓国近・現代史の痛みと軌を一にする。

    智光國師塔は、日本植民地時代の1911年、文化財収奪に血眼になった日本人の手によって解体され、法泉寺址から去った。当時、京城(キョンソン)市内の明洞(ミョンドン)にあった村上病院に運ばれた塔は、その翌年、ソウル中区南倉洞(チュング・ナムチャンドン)の和田邸宅の庭に再び移された。ついに同年5月、日本の大阪に搬出されることになった。朝鮮総督府の返還要求で1912年末に故国に戻ってきたが、いきなり景福宮(キョンボクグン)に置かれた。

    光復(日本植民地からの独立)後も試練は続いた。韓国戦争の時に爆撃を受けて大きく破損し、1957年には緻密な考証なしに急いで復元された。以後、1990年に国立故宮博物館(当時は国立中央博物館)の裏庭に移転して、20年間その座を守ってきた。しかし、2005~2015年に行われた文化財特別安全点検と精密安全診断の結果、塔のあちこちに亀裂や脱落現象などが確認された。

    結局、文化財委員会は、2015年9月、塔の全面解体・保存処理を決定した。2016年5月から大田(テジョン)国立文化財研究所で塔を保存処理している。研究所は今年末までに保存作業を完了する計画だ。現在法泉寺址には、108年前に別れた智光國師塔碑(国宝第59号)のみがぽつんと残っている。

    文化財庁は、「塔を元の場所に殿閣を立てて復元するか、法泉寺址の敷地に建設を進めている展示館の内部に置く案などを多角的に検討している」とし、「実際の移転は2021年ぐらいにならなければならないだろう」と明らかにした。

    柳原模

    http://www.donga.com/jp/home/article/all/20190622/1768523/1/
    東亜日報 June. 22, 2019 09:30

    引用元: ・【東亞日報】108年間の他郷暮らしをした智光國師塔が故郷に 植民地時代の1911年、文化財収奪に血眼になった日本人の手によって…[6/22]

    【お得意の作り話w 【東亞日報】108年間の他郷暮らしをした智光國師塔が故郷に 植民地時代の1911年、文化財収奪に血眼になった日本人の手によって…[6/22] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/02/12(火) 12:17:20.36 ID:CAP_USER
    no title


    1932年東京、日本陸軍観兵式で日王ヒロヒトに手榴弾を投げた李奉昌(イ・ボンチャン)義士関連記録物が文化財になります。

    文化財庁は「イ・ボンチャン義士宣誓文」と「イ・ボンチャン義士親筆手紙と封筒」、「イ・ボンチャン義士義挙資金送金証書」を文化財登録するとの予告を今日(12日)明らかにしました。

    イ・ボンチャンは日本と満州などを飛びまわって中国上海で白凡金九(キム・グ)に会った後、1931年12月13日、安重根(アン・ジュングン)の弟の安恭根(アン・ゴングン)の家で宣誓式を行って宣誓文に署名したと伝えられます。

    国語と漢文混用体で作成された宣誓文は横20.1センチ、縦32.3センチの大きさで、人名と日付はイ・ボンチャンが残しましたが、本文はいつ誰が書いたのか不明です。

    文化財庁はイ・ボンチャン義挙はユン・ボンギル義挙の起爆剤になった点で歴史的意味が大きいとし、イ・ボンチャン義士遺物はほとんど残っておらず希少価値もあると説明しました。

    チャン・ヒョクチン記者

    ソース:KBSニュース(韓国語) 「日王に爆弾投擲「イ・ボンチャン宣誓文、文化財なる
    http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4136492

    引用元: ・【韓国】 「日王に爆弾投擲」した李奉昌(イ・ボンチャン)義士の宣誓文、文化財に~本文はいつ誰が書いたのか不明[02/12]

    【テロリストを崇め奉る異常国家【韓国】 「日王に爆弾投擲」した李奉昌(イ・ボンチャン)義士の宣誓文、文化財に~本文はいつ誰が書いたのか不明[02/12] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/01(金) 07:17:32.34 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b605736-s0-c30-d0058.html

    2018年5月30日、韓国・朝鮮日報が「1600万ウォンの日本のフラシュマンの衣装が、韓国で文化財と同様の扱いを受けた」と報じ、韓国のネットユーザーの注目を集めている。

    記事によると、日本のヤフーオークションで先月8日、1986年の「超新星フラッシュマン」のリーダー・レッドフラッシュの衣装が155万3000円で落札された。オークションに出品された衣装は、レッドフラッシュ役を担当した垂水藤太が実際に着用した赤いヘルメットと宇宙服、ベルト、手袋で、落札者は韓国人だった。

    その後、オークション会社が韓国に品物を送ろうとしたところ、関税庁は落札者に約400万ウォン(約40万円)の税金を支払うよう通告。これに対し、落札者は「レッドフラッシュの衣装は世界で唯一のもの。関税法上の収集品に当たるため、課税対象でない」と反論した。

    日本の戦隊モノの衣装が関税庁の品目分類に入ったのは今回が初めてだった。そのため、関税庁は約1カ月かけて調査を行い、レッドフラッシュの衣装が収集品に当たるかどうかについて議論。そして「レッドフラッシュの衣装は放送史を研究できる史学に関する収集品」との結論を出したという。

    関税法上の収集品は、関税が賦課されない。収集品には化石やミイラなどの遺跡、または希少性の観点から興味を引くものが該当する。これまで韓国に入ってきたものの中では、ベーブ・ルースの野球バット、チャーリー・チャップリンの帽子、エルヴィス・プレスリーのジャケット、エリザベス・テイラーが映画で着用したガウンなどが収集品として認められた。関税評価分類院関係者は「収集品の判定の際に最も重要なのは希少性」とし、「材質で判断すると、フレッシュマンの衣装の価値は数万ウォンに過ぎないが、撮影当時の俳優が実際に着用した唯一の衣装という点で希少性が高い」と説明したという。

    一方、落札者はインターネット掲示板に「関税庁担当者や仁川の税関担当者と100回以上電話で話し、1カ月以上にわたって協議した結果、フレッシュマンの衣装が収集品と認められた」と書き込んだ。これに対し、他の収集家たちからは「大韓民国のコレクションの歴史に新たなページを刻んだ。オタクがやり遂げた」と喜ぶ声が寄せられたという。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「フラシュマンは戦隊モノ3大名作の1つ」「韓国で大ヒットし、多くの人の記憶に残る作品だからね」「判断に1カ月もかかるなんて。フラシュマンを知らなかったの?本物なら当然、歴史的価値がある」「価値はある。子どもから大人までみんなが観ていたのだから」など、関税庁の判断に理解を示す声が寄せられている。

    一方で「フラシュマンが文化財?信じられない」「理解できない国だ」と驚く声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

    引用元: ・【韓国】日本の戦隊モノの衣装、韓国で“文化財扱い”に?=韓国ネット「本物なら価値あり」「理解できない」[06/01]

    【【韓国】日本の戦隊モノの衣装、韓国で“文化財扱い”に?=韓国ネット「本物なら価値あり」「理解できない」[06/01] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/10/17(火) 17:19:20.96 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/0kBoAHH.jpg
    16日、環球網によると、韓国で国宝級と評価される「訓民正音解例本・尚州本」をめぐる所有権問題が社会の注目を集めている。資料写真。

    2017年10月16日、環球網によると、韓国で国宝級と評価される「訓民正音解例本・尚州本」をめぐる所有権問題が社会の注目を集めている。大邱地方裁判所尚州支院の調停委員が国の所有権を指摘する中、同文化財を収蔵する古書取扱業者の男性(54)は国に1000億ウォン(約100億円)を要求。これに対し、国側の弁護士は「要求が適切なら考慮の余地はあるが、1000億ウォンなんてとんでもない」との考えを示している。

    記事が韓国・聯合ニュースの報道として伝えたところによると、男性は「政府はおよそ50億ウォン(約5億円)を支払うことに同意したが、(この金額で)引き渡すことはできない」と表明、尚州本の所有権が国にあるとの指摘にも納得していない。一方、韓国文化財庁の関係者は「国が50億ウォンの支払いに同意」という男性の言い分を否定するコメントを出している。

    記事によると、この男性は過去に元の所有者(故人)から尚州本を盗んだと起訴されたことがある。裁判で主張を認められた元所有者は生前、尚州本を国に寄贈することに同意していたという。(翻訳・編集/野谷)


    Record China 2017年10月17日 16時30分
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=193995&ph=0

    引用元: ・【Record China】「5億円は少なすぎる」、韓国の文化財収蔵者が政府に100億円要求―韓国メディア[10/17]

    【【ドロボウが所有権を主張】「5億円は少なすぎる」韓国の文化財収蔵者が政府に100億円要求(大邱)】の続きを読む

    このページのトップヘ