まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:日本

    1: Ikh ★ 2018/10/10(水) 09:13:52.74 ID:CAP_USER
     ジャカルタ・アジアパラ大会で8日に行われた競泳男子400メートルリレー(運動機能障害)で1着だった日本が失格となり、抗議により復活する一幕があった。その裁定に対する他国からの反発で再び紛糾したが、結局は日本の金メダルが確定した。

     関係者の話を総合すると、泳ぎ終わった選手にプールからの速やかな退出を求める規定に日本が抵触したとして、一度は失格となった。審判員が他国の選手と取り違えたという日本の抗議が認められ、成績が復活。3着だった韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」がその裁定を不服として抗議したが却下され、着順通りに順位が確定した。

     騒動を受け、競技委員長の判断により、同種目の表彰式は9日以降に延期された。(共同)

    ソース
    サンスポ 2018.10.9 10:48
    https://www.sanspo.com/sports/news/20181009/swi18100910480001-n1.html

    引用元: ・【スポーツ】アジアパラ大会競泳で日本の順位巡り紛糾…「コリア」が抗議

    【参加させると毎回をトラブル【スポーツ】アジアパラ大会競泳で日本の順位巡り紛糾…「コリア」が抗議 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/11/17(土) 19:15:56.74 ID:CAP_USER
    no title


    日本右翼指向のある政治家がガールズグループ「TWICE(トゥワイス)」のメンバー、ダヒョンを指定した。日本軍慰安婦ハルモニを助ける趣旨のTシャツを着た写真を掲載して反日活動家に追い込んでいる。

    日本自民党の政治家、小野寺まさるは13日、自身のツイッターを通じて「原子爆弾Tシャツを着た防弾少年団がNHK紅白歌合戦に出なくなった。これは朗報だ。だが良くないニュースもある」として販売収益金の一部が慰安婦ハルモニを助けるマリーモンドTシャツを着たダヒョンの写真を掲載した。

    引き続き彼はトゥワイスが昨年に続きNHK「紅白歌合戦」出場を取り上げて「NHKはこの様な反日活動家を出場させるのか」と不快感を示した。その後、小野寺まさるは該当発言について指摘する他のツイッタリアンたちにいちいち反論して論争に火をつけた。

    小野寺まさるはあるツイッタリアンが「慰安婦Tシャツを着た意図は分からないが、ダヒョンは反日ではない」と擁護するとすぐに「あなたはダヒョンではないでしょう。これについて見解を明らかにしてはいけない」と一蹴するかと思えば「反日左翼思想に利用されて何の意見も出せないのか」、「私の論点さえ理解できないようだ」と舌戦を広げた。

    それだけでなく彼はダヒョンが粘り強い日本活動と日本語を習って現地ファンたちとコミュニケーションしようとしており、反日活動家ではないというファンの意見にも「熱心に日本語を習ったことと慰安婦Tシャツを着たことは関係ない。そのように親日ならばこれに対する見解を出さなければならない」という返答文を残した。

    それこそTシャツ一枚に対し一国家の政治家と見るのが難しいほど幼稚だということだ。慰安婦ハルモニを助ける趣旨のTシャツ一枚を着たことをめぐり、反日活動家と誇張する誤りを犯したのはもちろん、個人が持つ思想を勝手に解釈して自国の音楽番組出演も防げと主張するこの執拗さは見るも醜いだけだ。

    トゥワイスはメンバー構成自体から反日思想とは距離が遠いグループだ。大阪出身のサナ、神戸出身のミナ、京都出身のモモなど日本人メンバーと共に組まれたグループなのに加え昨年はアリーナツアーなど韓国とともに日本を隅々まで回って現地ファンたちと会った。それだけでなく「ミュージックステーション」等をはじめとするラジオ、放送などに出演し日本国内ファンのための活動に総力を傾ける一方、来年は日本ドームツアーを控えた状況だ。

    こうした中、ダヒョンの慰安婦Tシャツ着用は韓日両国間の不幸な歴史の犠牲になっても正しい謝罪を受けられない慰安婦ハルモニを助けようという意味だ。すなわち孟子がおっしゃった人間なら当然持っているべき他人を助けようと思う心、惻隠之心(そくいんのこころ)の発露とみるべきだ。その心を反日思想に染まっていると判断する論理なんて。拡大解釈というのも行き過ぎで自国国民の意見も聞かないからそれこそ嘆きの壁に異ならない。

    現在、日本右翼の人々は防弾少年団の光復節Tシャツまで含んであらゆる過去の言動を引き出してK-POPアーティストをどうにか反日要人に追い立てたい形だ。こうした中、過去の帝国主義時期の蛮行は考えずK-POPアーティストに日本国民がだまされている、といったフレームまで作った。

    先に言及した「惻隠の心」のように被害者の振舞いをする日本右翼の人々にも孟子様のお言葉が必要に見える。羞悪之心(しゅうおのこころ)、自分たちが正しくないことを恥じ、他人の正しくないことを憎む心。果たして日本極右に人間ならば当然持たなければならないこの様な心が存在するのか。

    東亜ドットコム・クァク・ヒョンス記者

    ソース:スポーツ東亜(韓国語) [DA:問題]ダヒョン慰安婦Tシャツ=反日活動?誇大妄想も病気
    http://sports.donga.com/3/2002000004/20181116/92908908/2

    引用元: ・【韓国】 TWICE慰安婦Tシャツ=反日活動?~日本の右翼、誇大妄想も病気[11/16]

    【共存できるような存在じゃない【韓国】 TWICE慰安婦Tシャツ=反日活動?~日本の右翼、誇大妄想も病気[11/16] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/13(木) 23:59:09.37 ID:CAP_USER
    香港サウスチャイナ・モーニング・ポストは11日(現地時刻)、大阪のAirbnbを利用し、宿舎にゴミを捨てて退出した中国人女性観光客Aさんら3人に対しネットユーザーからの非難が相次ぎ、結局Aさんらは謝罪したと13日、報じた。

    宿舎を5日間利用したAさんらは、退出する際にゴミを全く片づけず、部屋の中に物を散らかしっぱなしにして出ていった。3人が退出した後、整理するために宿舎にやってきた主人のチェン(Cheng)さんは「ゴミが散らかったままになっていて腐った食べ物のひどい臭いがしていた」とし「このような状況は一度も見たことがなかったため当惑した」と話した。

    清掃費として約49万ウォンの見積もりが出ると、チェンさんは宿泊客に費用を要求した。しかし、3人は「宿泊費はもう支払っている。自分の家ではないので清掃費は払えない」と言って清掃費の支払い要求を拒否した。

    チェンさんはこれを受けてインターネットに3人に対する情報とあわせて今回の顛末を掲載し、ネットユーザーは3人の個人情報を捜し出して電話をするなど非難を浴びせた。結局、3人は11日、中国SNSの微博(ウェイボー)を通じて「私たちが悪かった。今からでも許しを請いたい。問題解決のために最善を尽くす」と謝って追加料金を支払ったという。

    ソース:中央日報日本語版<日本の宿舎にゴミを山のように捨てていった中国人が公開謝罪>
    https://japanese.joins.com/article/123/245123.html

    引用元: ・【国内】 日本の宿舎にゴミを山のように捨てていった中国人が公開謝罪~民泊の主人が個人情報をネットに公開した結果[09/13]

    【【国内】 日本の宿舎にゴミを山のように捨てていった中国人が公開謝罪~民泊の主人が個人情報をネットに公開した結果[09/13] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/02(日) 16:17:30.54 ID:CAP_USER
    http://www.newscj.com/news/photo/201809/newscj_%EC%B2%9C%EC%A7%EC%9D%BC%EB%B3%B4_551153_546832_2916.jpg
    http://www.newscj.com/news/photo/201809/newscj_%EC%B2%9C%EC%A7%EC%9D%BC%EB%B3%B4_551153_546823_432.jpg
    ▲1923年9月1日、東京をはじめとする関東地域に震度7.0以上の大地震が起きるとすぐに荒々しくなった民心をなだめるために日本は朝鮮人を犠牲の羊とし、デマを広めて自警団などが凄惨に殺害した様子。(提供:チョン・ソンギル写真研究者)(c)天地日報2018.9.1
    http://www.newscj.com/news/photo/201809/newscj_%EC%B2%9C%EC%A7%EC%9D%BC%EB%B3%B4_551153_546833_3524.jpg
    ▲関東大地震により安全な地域に逃げようと列車に乗るために混乱した姿(提供:チョン・ソンギル写真研究者)(c)天地日報2018.9.1
    http://www.newscj.com/news/photo/201809/newscj_%EC%B2%9C%EC%A7%EC%9D%BC%EB%B3%B4_551153_546834_363.jpg
    ▲関東大地震により列車線路が崩れた姿(提供:チョン・ソンギル写真研究者)(c)天地日報2018.9.1

    関東大地震朝鮮人大虐殺事件95周年をむかえて関連未公開写真4点を公開する。1923年9月1日、東京、横浜を中心に日本関東地域に震度7.0以上の直下型地震が発生して廃虚になるほど被害が深刻だった。当時、地震は日本の経済が良くない恐慌状態で発生したので民心の墜落が心配された。これに日本政府は直ちに戒厳司令部を設置し地震による経済破綻で鬱憤がさく烈した民心をなだめるため犠牲の羊を朝鮮人に回した。

    日本戒厳司令部は「朝鮮人が暴動を起こす」「朝鮮人が放火した」「朝鮮人が井戸にドクを入れた」等のデマをまき散らした。戒厳司令部は無電やビラ、ポスターなどをばらまいて関東一帯の朝鮮人が隠れる場所がないように助長する役割を果たし、刑務所に収監中の囚人までみな送りだして自警団を構成させ、大虐殺を行うようそそのかした。

    これらによって虐殺された朝鮮人は6千人余り(独立新聞発表)で多くて2万3000人以上(ドイツ文献など)だ。公開された写真は当時の地震の威力がどれほどすごかったのかを知らせ無残に凄惨に虐殺された姿は話す言葉を失わせる。

    1948年、国連総会ではジェノサイド(genocide、集団虐殺)に関する協約が承認されて人種・理念などの対立を理由に特定集団を大量虐殺する行為を犯罪と定義する国際法を通過させた。これに中国の南京大虐殺とナチによるユダヤ人虐殺が最初にジェノサイド犯罪に適用された。

    関東大地震大虐殺事件はジェノサイドと認定されなければならない重大な事件であるのにまだ政府次元の動きがない。
    (中略)

    これらの写真は当時、日本にいた外国人が衝撃的な現場を見てカメラに収めた写真だ。それでもこの衝撃的な場面は90年近く流れる間、アルバムの中に平凡に保管されていたし、これをチョン・ソンギル写真研究者がうわさをたよりに捜したあげく救うことになった。

    そのおかげで私たちは子孫として日本の当時の蛮行を明らかにして凄惨に死んだ先祖の悔しさをほぐすことができる証拠資料を得ることになったのだ。

    チョン研究者は関東大地震事件の実体を明らかにするために500枚余りの写真を本に綴って5年間の作業を通じて最近発行した。チョン研究者は「我が国の政府は立証できる根拠と証拠資料があるにもかかわらず記憶さえしなくなっている」と嘆きながら「今年は関東大地震が発生して95周期になる年だ。今も日本の朝鮮人大虐殺事件が明白なジェノサイドであることを明らかにしなければならない時」と強調した。

    引き続き「私たちの同胞が、私たちの先人らが理由も知らずに凄惨に死んでいかなければならなかったその怨恨を今からでも解いて差し上げなければならない」とし、「1世紀すぎる前にこれができなければこの事件はそのまま埋められることになる。日本が朝鮮人に向かって犯したその蛮行を速く明らかにして正しくなされた謝罪を受けることが今を生きる私たちがするべきこと」と促した。

    キム・ヒョンジン記者

    ソース:天地日報(韓国語) [関東(クァンドン)大地震事件95周期]日本の朝鮮人大虐殺、明白な「ジェノサイド「であることを明

    関連スレ:【関東大震災】 「関東大地震朝鮮人虐殺は独立運動のせい」~日本極右政治家が根拠のない主張[09/02]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535868289/

    引用元: ・【関東大震災】 日本の朝鮮人大虐殺は明白な「ジェノサイド」である~未公開写真4点を公開[09/01]

    【【関東大震災】 日本の朝鮮人大虐殺は明白な「ジェノサイド」である~未公開写真4点を公開[09/01] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/19(水) 00:58:42.62 ID:CAP_USER
    日本のインターネット右翼の嫌韓発言に対立して戦ってきた日本市民団体が、『ソンプル(善良コメント)』運動を行う韓国団体が与える『インターネット平和賞』の最初の受賞者となった。

    ソンプル財団ソンプル運動本部(理事長=ミン・ビョンチョル)は18日、日本の神奈川県 川崎市で記者会見をき、日本の人権市民団体『ヘイトスピーチを許さない・かわさき市民ネットワーク(実践部門)』と、日本のサイバー倫理伝道師である小木曽健氏(45歳=教育部門)を第1回『ソンプル・インターネット平和賞』の受賞者に選定したと明らかにした。

    ソンプル運動本部は来月11日、漢陽(ハンヤン)大学校・HIT大講堂で授賞式を開き、賞状とメダル、賞金を授与する。

    採用ポータルサービス企業のスカウトが後援するこの賞は、キム・ジョンリャン国際人権擁護韓国連盟理事長、1985年のノーベル平和賞受賞団体である核戦争防止国際医師会議(IPPNW)のティルマン・ラフ共同代表などが審査委員として受賞者を選定した。

    (写真)
    no title

    ▲ ヘイトスピーチを許さない『かわさき市民ネットワーク』の関田寛雄会長(90歳=前列左から2番目)がペ・ジュンモ(チョング社理事長)、ミン・ビョンチョル(ソンプル財団ソンプル運動本部)、ミン・ビョンド(スカウト会長)と記念撮影をしている。

    かわさき市民ネットワークは、外国人に対するヘイトスピーチ(hate speech=特定集団に対する公の差別・嫌悪発言)を追放するため、日本の165の人権団体が集まって作った団体である。

    2016年からSNSを通じてヘイトスピーチ反対運動を展開して極右団体の集会を阻止する一方、ヘイトスピーチ抑制のための法案と条例制定を求めてきた。

    この団体の関田寛雄会長(90歳)は、「現在、日本で起きているヘイトスピーチは明白な人権侵害行為」と言いながら、「我々はヘイトスピーチに対抗して人間の尊厳性を回復し、平和を追求する活動を展開している」と述べた。

    小木曽健氏は2千回にわたり、40万人以上にサイバーブリーング(cyber-bullying=インターネット上のいじめ)予防のためのインターネットエチケット教育を実施した。

    彼は、「インターネット上の虚偽事実流布は相手に致命的な傷を残す」とし、「面と向かって言えないような言葉なら、インターネットでも言ってはいけない」と強調した。

    (写真)
    no title

    ▲ 記者会見で発言する小木曽健氏(45歳)。

    ソース:NAVER/東京=聯合ニュース(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=001&aid=0010350825

    引用元: ・【韓国】「嫌韓」の悪質な書き込みと戦った日本の市民団体に『第1回・インターネット平和賞』=韓国団体[09/19]

    【【韓国】「嫌韓」の悪質な書き込みと戦った日本の市民団体に『第1回・インターネット平和賞』=韓国団体[09/19] 】の続きを読む

    このページのトップヘ