まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:暴言

    1: まるっとニュー 2019/10/07(月) 20:05:10.77 ID:CAP_USER
    【チョソン・ドットコム】緊急通報電話の112番に1年間で5000回以上も電話をかけ、警察官に暴言を吐いた50代の男性が身柄を拘束された。

     済州東部警察署は、情報通信法違反の疑いで54歳の男性の身柄を拘束した。同署が7日に明らかにした。警察によると、この男性は昨年9月から今年10月2日まで、112番に5000回以上も電話をかけ、600回にわたり暴言を吐いた疑いが持たれている。

     警察の調べに対し男性は「寂しくて112番に電話したが、警察が苦しさを聞いてくれなくて暴言を吐いた」という趣旨の供述をしていると伝えられている。

     男性は先月12日、同容疑で警察に摘発された。過ちを悔いる様子を見せたため「訓戒放免」の処分を受けたが、今月2日夜、再び112番に200回以上も電話して暴言を吐き、逮捕された。これに先立ち2014年には「俺を連行しろ」と虚偽の通報電話をかけ、公務執行妨害の容疑で執行猶予を言い渡されていたという。

     警察は追加の取り調べを終え次第、起訴意見を付けて男性を検察に送致する計画だ。

    イ・ジウン・インターン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/07/2019100780212.html
    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 2019/10/07 17:41

    引用元: ・【韓国】「寂しくて…」 緊急通報番号に5000回電話して暴言、50代男性逮捕[10/7]

    【嫌がらせの方向には労力を惜しまないなあ【韓国】「寂しくて…」 緊急通報番号に5000回電話して暴言、50代男性逮捕[10/7] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/17(火) 06:02:13.09 ID:CAP_USER
    (※動画はソース元で)

    <アンカー>
    「韓国が旭日旗を政治的に利用している」、「韓国が謝罪しなければならない」、日本のあるテレビ時事番組から最近出た発言です。来年の東京オリンピックとパラリンピックに登場する旭日旗の応援、旭日旗メダルに我々が抗議すると、すぐさま逆に暴言で言い返したのです。

    オン・ヌリ記者です。

    <記者>

    <立川志らく(日本の評論家)>
    「旭日旗が嫌だという人は日本の国旗も嫌だろうし、観客席に日本人が座っていても過去を思い出して嫌でしょう」

    来年の東京障礙人オリンピック、すなわちパラリンピックのメダルが旭日旗に似ているという、我が国の抗議の消息を伝えた日本のテレビ番組。

    日本のパネラーは、旭日旗は日本を象徴する日本国旗と同じであるという主張をしました。

    また、旭日旗は政治的な意味はないと言いながら、むしろ韓国が政治的に利用していると説明しました。

    <八代英輝(日本の弁護士)>
    「2011年から急に韓国が(旭日旗を)政治的に利用し始めました。我々はそれを世界に訴え続けなければならないと思います」

    さらに誤った抗議をした韓国の謝罪が必要だという、盗人猛々しい発言も吐き出します。

    <立川志らく(日本の評論家)>
    「だから、抗議した人はちゃんと謝罪しないと。“本当に申し訳ありません” と言わないと」

    しかしこのメダルに対しては、中国も紋様が旭日旗を連想させると問題提起しました。

    戦争と侵略の象徴、そのため旭日旗はアジア諸国に歴史的な傷と苦痛を蘇らせますが、日本の一部の者はこの旗が戦犯旗であることを否定して、韓国の対応を単なる反日感情であると受け入れています。

    このような認識はテレビ番組だけでなく、安倍政権全般に広がっています。

    新たに赴任した日本の橋本聖子オリンピック担当大臣は、「旭日旗の競技場持ち込みは問題ない」と再確認して、東京オリンピック競技場の旭日旗応援はより一層具体化されています。

    このような状況で国際オリンピック委員会IOCは、「旭日旗を事例別に判断する」という原則的な立場のみを繰り返していて、国際パラリンピック委員会IPCは、「パラリンピックのメダルは美しい扇子の模様」とし、日本の主張を擁護しています。

    ソース:JTBC(韓国語)
    http://news.jtbc.joins.com/article/article.aspx?news_id=NB11880286

    引用元: ・【韓国JTBC】「韓国が旭日旗を政治的に利用」~日本のテレビ番組が盗人猛々しい暴言[09/17]

    【日本に対するヘイトや差別的行為【韓国JTBC】「韓国が旭日旗を政治的に利用」~日本のテレビ番組が盗人猛々しい暴言[09/17] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/21(木) 20:28:05.16 ID:CAP_USER
    韓国の文化体育観光省は、去年2月のピョンチャン(平昌)オリンピックで銀メダルを獲得した韓国のカーリング女子チームの当時の監督らが、選手の賞金を横領したり、選手に暴言を吐いたりしていたとする調査結果を発表し、今後、関係者を警察に告発する方針です。

    ピョンチャンオリンピックで銀メダルを獲得した韓国のカーリング女子チームはスキップのキム・ウンジョン選手が「めがね先輩」の愛称で親しまれたほか、準決勝で日本と熱戦を繰り広げ、人気を集めました。

    選手たちが去年11月、記者会見して、当時の監督や、その父親でカーリング競技連盟の副会長が、不正を働いているなどと訴えたため韓国文化体育観光省が調査に乗り出し、21日、結果を発表しました。

    それによりますと、前監督らは、選手たちの賞金300万円余りを横領したり、選手たちに渡すべき後援金などを支給しなかったりしたとしています。

    また、選手たちに暴言を吐いたり特定の選手を練習から排除したりするなど、選手たちが「人権侵害だ」と訴えた内容のほとんどが事実だったとしています。

    調査結果を受け、韓国文化体育観光省は、関係者を処分するとともに警察に告発する方針です。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190221/k10011823031000.html
    NHK 2019年2月21日 19時39分

    引用元: ・【韓国文化体育観光省】韓国カーリング女子の監督ら 賞金横領や暴言… 警察に告発へ[2/21]

    【自分より立場が低いものは奴隷【韓国文化体育観光省】韓国カーリング女子の監督ら 賞金横領や暴言… 警察に告発へ[2/21] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/25(火) 12:37:23.42 ID:CAP_USER
    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2018/09/21/2018092101813_0.jpg

     昨年5月に京畿道のある小学5年の教室で男子の児童が授業中に騒ぎ立てた。40代の女性教師Aさんが「静かにしなさい」と注意すると、児童はかえって「授業に関する話だったのに、どうして注意されなければならないのか」と、Aさんをにらみ付けた。これに対し、Aさんが叱り付けると、児童は「きさま!」と大声で叫びながら近寄ってきて、Aさんの顔を拳で殴った。慌てたAさんは教室の中に設置されていた電話機に手を掛けようとすると、児童が電話機のコードを引っ張り、床に投げ付けた。この一連の出来事を同じクラスの児童たちは全て見守っていた。

     Aさんは歯にひびが入り、打撲を負ったものの、物理的苦痛よりも精神的なショックの方がより大きかった。ストレスでうつ病になった。児童の父兄は謝ろうとしなかった。「息子が普段からAさんのせいでストレスを受けていたことが、そもそもの原因」と主張し、息子を理解してくれるよう求める嘆願書を周囲の父兄から集め、学校に提出した。Aさんは児童の家族を相手取って民事訴訟を起こし、最近父兄から1500万ウォン(約150万円)の賠償金を受け取った。

     教師を殴り、暴言を吐く小学生が増えている。これまで教師に対してこうしたことを行うのは主に体格の大きな中高生たちだったが、年々「恐ろしい小学生」が増えているのだ。

    ■教師を殴る小学生の人数、高校生を上回る

     8月30日、共に民主党のパク・チャンデ議員が教育部から受け取った「最近5年間の教権侵害現況」と題する資料によると、小学生が教師に対し、殴ったり暴言を吐いたりセクハラしたりする「教権侵害」が大幅に増えていたことが分かった。小学生による教権侵害件数は、2013年の58件から17年には167件とざっと3倍に膨らんだ。同期間に中学生による教権侵害件数は3分の1(2937件から1008件)、高校生による教権侵害件数は2分の1(2567件から1391件)に減ったのとは対照的だ。件数そのものは相変らず中高生が多いものの、増加率やそのスピードは小学生の方が大きい。

     特に小学生が教師を殴った「暴行」件数は、2013年に6件にすぎなかったものの、昨年は36件と6倍に増えた。これは、同年に高校生が教師を殴った件数(34件)よりも多い。教師に暴言を浴びせるケースも5年で2倍以上となっている。(19件から40件)
    (中略:■児童を恐れる教師■児童たちの間でも暴力)

    ■小学生はなぜこうなってしまったのか

     小学生による暴力行為が増えたことは、全般的に生徒たちの身体の発育が早くなった上、ユーチューブなど扇情的で暴力的なコンテンツに幼少時から容易に接するようになったことが少なからず影響を与えている、といった見方が多い。韓国教員団体総連合会(韓国教総)のイ・ホジュン教権強化局部長は「最近小学生たちもスマートフォンを多用するようになったが、暴言や暴力が何気なく使用されている動画に幼いころからさらされている」と説明する。最近教師や父兄の間では、「中2病」(思春期が始まる中2のころに攻撃的な態度が顕著になる現象)ではなく、「小4病」といった単語まで聞かれるようになった。

     仁川市で小学5年を担当している教師のキムさん(は「子どもたちの行動を指摘すると、『だからって何ですか。殴ろうとでも言うんですか』といった具合にちゃかし、SNS(会員制交流サイト)に担任の悪口を書き込む子どもたちがあまりにも多く見受けられる。中高生はそれでも遂行評価(提出課題)や学生部記録(通知表のようなもの)があり、ある程度統制できるが、小学生は統制するすべがほとんどない」と肩を落とす。

     法務法人「現在」のチョン・スミン弁護士は「以前までは小学生のちょっとした反抗程度に受け止められてきた問題も、今では父兄や児童、教師までが敏感に感じだしたことで、全般的にも以前より苦情が増える傾向にある。特に小学生の場合は、まずは親が敏感に受け止め、正式的な手段に乗り出そうと積極的な介入を見せるケースが多いため、暴力に対する苦情件数は中高生よりも急速に増加している」と説明した。

    パク・セミ記者 , ヤン・ジホ記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<教師に暴行・セクハラ…韓国で「恐怖の小学生」が急増>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/21/2018092101849.html

    関連スレ:【話題】在日コリアン小学生ら355人が韓国ソウルで体験学習 母国の歴史・文化学ぶ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1532913459/
    【韓国】「ののしり言葉」を乱用する韓国の小学生[08/26]
    https://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1345960919/

    引用元: ・【韓国】 教師に暴行・セクハラ、「恐怖の小学生」急増 5年で3倍~小さい頃から暴言や暴力に接する機会増え[09/24]

    【親見て育ったんだろうな 【韓国】 教師に暴行・セクハラ、「恐怖の小学生」急増 5年で3倍~小さい頃から暴言や暴力に接する機会増え[09/24] 】の続きを読む

    1: ろこもこ ★ 2018/07/24(火) 18:11:40.10 ID:CAP_USER
    https://news.goo.ne.jp/article/skorea/entertainment/skorea-43234.html

    【ニュース提供=スポーツ・ソウル】『プロデュース48』に出演しているAKB48のメンバー後藤萌咲が、悪質なコメントを受け涙を流した。

    後藤萌咲は7月21日、日本のライブ動画配信サービス『SHOWROOM』を通じてファンとコミュニケーションをとった。

    この配信中に、一部の韓国のネット民が、日本語に翻訳した無差別的な悪質な書き込みとセクハラ発言を行った。

    これを見た後藤萌咲は、涙を流した。最初は手で涙をふいたが、すぐにタオルで顔を覆って慟哭し始めた。

    その後、落ち着きを取り戻した後藤萌咲は、「応援していただいている分、それに応えないといけない。その期待に応えられるようにがんばるしかない。全力で挑みたい。突然泣いちゃってごめんなさい。悔いがないようにやりきる」と覚悟を伝えた。

    この映像は、各種オンラインコミュニティを通じて拡散され、度を越えた悪質な書き込みを行ったネット民たちに対する批判の声が高まっている。

    一方、Mnet『プロデュース48』に出演中の後藤萌咲は、7月13日の順位発表で6位に入った。

    (文=S-KOREA編集部)

    引用元: ・【芸能】AKB48後藤萌咲、韓国ネット民から暴言を浴びて生配信中に号泣。セクハラ発言も…[07/24]

    【【芸能】AKB48後藤萌咲、韓国ネット民から暴言を浴びて生配信中に号泣。セクハラ発言も…[07/24] 】の続きを読む

    このページのトップヘ