まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:望む

    1: まるっとニュー 2019/11/16(土) 14:59:02.87 ID:CAP_USER
    no title


    11月23日から26日までローマ法王フランシスコは日本を訪問する。
    (中略:日程など)

    日本の「法王マーケティング」戦略

    1945年8月6日と9日に広島と長崎に落ちた原子爆弾で15万から24万 6千人が死亡したと推定される。日本は実在の核による被害を受けた。核兵器開発後、初めて核の恐怖を体験した国が日本だ。そして福島の原発事故で核の災難を経験した国がまさに日本だ。ロシアのチェルノブイリ惨事後、最も近く核の危険を体験した国家がまさに日本だ。

    しかし、私たちは歴史的事実と真実を第二次世界大戦当時、日本が犯した国際的蛮行と暴力、人命大量殺傷と化学戦など、ぞっとする状況から再び始めなければならない。日本は自分たちが犯した罪悪を忘れたかったし、消したかったし、歪曲したかった。自分たちの歴史から、このような国際社会の不名誉と汚辱の歴史を消したかったのだ。

    no title

    ▲日本軍「慰安婦」被害者の話を扱った映画<鬼郷>スチールカット

    第二次世界大戦のうち731部隊の生体実験場、間島(カンド)大虐殺、関東大虐殺、南京大虐殺(35万)、旅順大虐殺(2万)、マニラ大虐殺(10万)、ミリ環礁虐殺、バターン死の行進、ビルマ大虐殺(100万推算)、ビハール号事件、サイパン戦闘、サンダカン死の行進、燼滅作戦、シンガポール華僑虐殺、沿海州4月惨事、霧社事件などアジアのほとんどすべての国家で虐殺と強姦、暴力と強制徴用で野蛮な戦争を起こした日本が長崎と広島の原爆で犠牲になった人々を盾にして国際的な免罪符を受けようとする意図は真に嘆かわしい。

    さらに日本の代表的軍事都市であった広島と長崎には強制動員された朝鮮人が多く、そのため広島で3万人、長崎で1万人の朝鮮人が被爆で亡くなったと推定される。

    ところが歴史的反省のない日本戦犯たちの前で法王がミサをする姿を世界の人々がテレビを通して見せられ、2020年東京オリンピックで、彼らは戦争の被害を乗り越えた日本の栄光と新しい武装を世界に宣伝するだろう。

    歴史的謝罪や反省のない日本に免罪符を与える法王の訪問と特別ミサは日本政府の政治的野心を正当化するしくみに利用されることが十分予想されるから、法王庁はアジア地域の国家の理解を整えて日本訪問を企画しなければならないだろう。
    (後略)

    ソース:カトリック・プレス(韓国語)<平和の使徒フランシスコ法王の日本訪問‐日本の‘法王マーケティング’戦略、免罪符を望むのか>
    http://catholicpress.kr/news/view.php?idx=6225

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573827717/
    ★1のたった時間:2019/11/15(金) 23:21:57.53

    引用元: ・【韓国】 平和の使徒・フランシスコ法王の日本訪問~日本戦犯たちの前で法王が行うミサ、免罪符を望むのか★2[11/15]

    【憎しみの感情でしか生きられないのかな 【韓国】 平和の使徒・フランシスコ法王の日本訪問~日本戦犯たちの前で法王が行うミサ、免罪符を望むのか★2[11/15] 】の続きを読む

    1: もろ禿HINE! ★@無断転載は禁止 2016/12/18(日) 17:49:12.88 ID:CAP_USER
    韓国の親が娘に望むのは何より容姿!では息子には?=韓国ネ... - Record China
    http://www.recordchina.co.jp/a157586.html


    2016年12月13日、韓国の親たちに、「子どもに何を期待しているか」を尋ねた調査結果が出た。韓国・聯合ニュースなどが報じた。

    韓国育児政策研究所は13日開いたフォーラムで「韓国人の子どもの養育観研究」結果を公開した。これによると、親たちが息子に秀でてほしいと望む点で最も多かったのは「社会性(対人関係・リーダーシップ)」で37.3%の親が選択した。前回08年の調査で21.8%の親が選択した「学業成績」は今年は13%に減り、反対に音楽・美術・スポーツなどの「芸術・スポーツ面での素質」が1.8%から4.1%に増加した。

    一方、娘に秀でてほしいと望む点では容姿・身長・体重などの「身体的条件」が31.3%の回答を得て1位、2位には「性格・態度」が31.2%と僅差で続いた。08年の調査も順位は同じだが、「身体的条件」は28.4%から、「性格・態度」は22.9%からいずれも大きくポイントを伸ばした。一方、娘に関して「学業成績」を選んだ親は19.3%から13.2%に減少、「芸術・スポーツ面での素質」も7.5%から5.1%に減った。

    この結果を受け、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

    「笑える。親自身がきれいで成功してなきゃそういう子は生まれないよ。何を期待してるんだ?」
    「遺伝子は変わらない」
    「鏡を見れば答えは出る。娘の顔のせいにするな。責任は親にある」

    「娘は容姿って…韓国には分かってない親が実に多いんだな」
    「親自身が子どもに外見至上主義を求めているということ?」
    「子どもが親に望むのはただ一つ。力のある両親」
    「何も期待しないことが子どものためだよ」

    「いい性格、健全な生活観、健康、社会性、容姿、優れた頭脳…いろいろあるけど一番は『ラッキーな人』じゃないかな?」
    「不細工な女性は、韓国で平凡に生きていこうという考えを捨てなきゃいけない」
    「親は、自分たちみたいになってほしくないと期待してるんだね」(翻訳・編集/吉金)

    引用元: ・【韓国】韓国の親が娘に望むのは何より容姿!では息子には?=韓国ネット「遺伝子は変わらない」[12/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【見せかけだけ良ければいい】韓国の親が娘に望むのは何より容姿!では息子には?】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 19:18:02.38 ID:???.net
    慰安婦:朝鮮日報東京特派員が考える根本的な解決策10/23
    http://www.chosunonline.com/index.html

    【コラム】慰安婦問題の根本的な解決策
    元慰安婦のハルモニ(おばあさん)、ごめんなさい

     15年前、ソウル・鍾路警察署の「番記者」だった。2月末、警察署の壁に「水曜集会」の案内文が
    掲示されていた。三一節(3月1日の独立運動記念日)が水曜日で、その日にちょうど集会が400回を
    迎えると書かれていた。京畿道広州の「ナヌムの家」に行き、元従軍慰安婦のおばあさんたち9人に
    会い、三一節の朝の社会面トップ記事を書いた。

     私はその時、おばあさんたちの話に憤慨し、社会面トップ記事を書くのに発奮した。憤慨する人が
    増えれば、難しい問題も早く解決するだろうと考えていた。記者の使命はできるだけ多くの人々を
    私と同じように憤慨させることにあり、そこまですれば任務は終わると簡単に思っていた。それは
    純粋だったからだろうか、それとも愚かだったからだろうか。

     あの日お会いしたおばあさんたちの多くが亡くなった。

     「がんで先に亡くなった方に『どうにももう生きられそうにないから、私の分まで頑張って』と
    言われた」と言っていた金順徳(キム・スンドク)さん(1921-2004年)。亡くなる前まで集会に
    参加し、11年前の夏に亡くなった。

     「もっと年老いたら這ってでも集会に行く」と言っていたノ・チョンジャさん(1920-2004年)。
    金順徳さんが亡くなった2カ月後にこの世を去った。

     「冬に集会に出るのが一番つらい」と言っていたパク・オクリョンさん(1919-2011年)。
    2010年の冬は越したが、翌年の春に亡くなった。

     「あとどれだけ記者に会い、胸をえぐるような昔の話を繰り返せば、謝罪が受けられるのか」と
    言っていたイ・ヨンニョさん(1926-2013年)。その言葉を言った後に涙をこぼしていたが、
    2年前の夏に亡くなった。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/23/2015102300610_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】慰安婦問題の根本的な解決策 韓国が日本より強くなることで望む解決策を得ることができる

    【ウソを言うのをやめたら解決するよ 【朝鮮日報】慰安婦問題の根本的な解決策 韓国が日本より強くなることで望む解決策を得ることができる】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/08/10(月)12:49:01 ID:A8x
     9日の長崎原爆の日、長崎市の田上富久市長は平和宣言の中で、安保関連法案について言及し、慎重審議を求めるとした。
    安保法関連案が戦争リスクを高める、という認識を示したことになる。
    一方、安倍首相は、長崎市内で被爆者団体の代表5人と面会し、「日米同盟を完全にしましたと世界に発信することで戦争リスクを減らす」という認識を示した。

     筆者は、過去の戦争に関するデータから、集団的自衛権の行使を認めるほうが、防衛コストが75%安くなって、
    最大40%も戦争リスクを減らすという実証分析結果を示してきた。
     もともと筆者は、データや事実に基づき物事を判断するので、集団的自衛権の行使が戦争リスクを高めるというデータがあるなら、筆者も安保関連法案に反対する。
    ただし、ほとんどの国が集団的自衛権の行使に賛成していることからもわかるように、そうしたデータはないだろう。

     それを前提に、憲法9条について考えたい。日本の左派勢力がいう「憲法9条の価値」は、海外にはどう映るだろう。
    憲法9条について「戦争をしないためのもの」と外国人に説明すると、「戦争をしないのは結構なことだが、それは侵略戦争のことだろ。
    侵略戦争をしないというのなら、第一次世界大戦後に締結されたパリ不戦条約以降、世界の多くの国は侵略戦争をしていない」といわれる。

     ここでもし、日本の一部の憲法学者のように「いや、自衛戦争まで否定すべきだ」なんていったら、
    自衛戦争まで否定するのは国家としてクレイジーといわれてしまう。
    「自衛戦争までは否定しない」といえば、「それはそうだろう」との反応が返ってくる。
    そして、先制攻撃をしないが、やられたときはやり返すという自衛戦争をするというのは「理にかなったいい戦略だ」といわれる。

     ただ、「戦争を防ぐということであれば、なぜ集団的自衛権を認めないのか」となるだろう。
    戦争を防ぐためなら自衛も他衛も区別しないのが国際常識(実は国内法でも正当防衛では区別していない! )となっており、
    集団的自衛権の行使を否定するということは、国際社会では考えられないからだ。

     というわけで、憲法9条は外国から見れば、否定はされないが、理解はされない。憲法9条だけでは、戦争リスクを減らすことにつながらないからだ。
    そこで、戦争リスクを減らすためには、①~⑤が必要になる。

     国際政治・関係論では、①同盟、②軍事力をリアリズムが主張し、③民主化、④経済依存度、⑤国際機関はリベラリズムが主張してきた。
    ①同盟、②軍事力は自国でなんとかできるが、③民主化、④経済依存度、⑤国際機関は相手国に大きく依存するので、相手任せでもある。
    いずれにしても、自国でできることと相手国に働きかけることが、平和のための車の両輪である。

     そして、①同盟、②軍事力を主張するリアリズムは政治的には右、③民主化、④経済依存度、⑤国際機関を主張するリベラリズムは左が多い。

     日本の多くの左派勢力は、こうしたデータを無視した感情論をいう。
    しかし、一部であるが、「貿易依存度を高めれば戦争リスクを減らせるなら、安保関連法案ではなく、対中貿易を促進すればいい」という意見のいう人もいる。
     こういう主張の人は④の「経済依存度」だけに焦点を当てているようだ。
    別に④を否定するわけではないが、①同盟も否定することはない。一緒にやればいい。

    筆者にとって奇妙なのは、日本の左派が平和のために③の「民主化」を求めるなら多少は理解できるが、民主化についてさっぱり発言しないことだ。
    「憲法9条堅持」を唱えておけばそれでいいのだという、「お花畑思考」なのだろう。

     国内の左派勢力が平和を望むのであれば、中国の民主化を叫ぶべきであるが、そうした意見はなかなか聞こえてこない。まったく不思議だ。
    そればかりか、国内の左派勢力は立憲主義を根拠に集団的自衛権の行使に反対するが、
    立憲主義とは相容れない中国がまったく同じ主張をしている(日本の集団的自衛権の行使に反対している)ことに違和感を感じないのだろうか。

     中国の憲法には、まず共産党があって、人々はその指導を受けるとも書かれている。これは立憲主義ではない。さらに、平和憲法条項もなく、
    中国の軍隊である人民解放軍は共産党の軍隊と明記されている。
    日本の左派勢力は、安全保障関連法案に反対する前に、まず中国に対して民主化するように訴え、日本の憲法9条のようなものをつくれというべきなのだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00044636-gendaibiz-int
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00044636-gendaibiz-int&p=2
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00044636-gendaibiz-int&p=3

    引用元: ・【現代ビジネス】高橋陽一「お花畑左派勢力への疑問。日本の平和を望むなら、安保批判より独裁国家中共に民主化求め中国にも憲法9条を広めるべきだ」[8/10]

    【大事なことだね 【現代ビジネス】高橋陽一「お花畑左派勢力への疑問。日本の平和を望むなら、安保批判より独裁国家中共に民主化求め中国にも憲法9条を広めるべきだ」[8/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ