まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:朝日新聞

    1: まるっとニュー 2020/07/25(土) 16:30:02.78 ID:CAP_USER
    朝日「軍艦島の徴用工」社説に疑義あり 女性センター長が質問状を出した根拠

    ●元島民も抗議

     朝日新聞は7月9日、「世界遺産対立 負の歴史見つめてこそ」との社説を掲載した。《世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」に関する展示をめぐり、日本と韓国の間で摩擦がおきている》問題を取り上げた。

    ***

     この社説に“事実誤認”の疑いが指摘されているのだが、その前に、なぜ日韓に《摩擦》が起きているのかをご説明しよう。

     朝日新聞が6月16日に掲載した記事「『徴用工差別ない』証言展示 韓国は抗議 政府が施設公開開始」などから、ポイントを引用する。

    【1】「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は2015年、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界遺産リストに登録された。

    【2】遺産は19世紀後半から20世紀の初頭にかけ、日本の重工業が発展した歴史を伝える。山口県や福岡県など8県に点在し、知名度が高いものに、静岡県の韮山反射炉や、長崎県の端島炭鉱=軍艦島、三菱長崎造船所、福岡県の三池炭鉱、八幡製鉄所などがある。


    【3】世界遺産委員会では、長崎・端島炭鉱に動員された徴用工の説明をめぐって日韓両政府が対立、諮問機関のイコモス(国際記念物遺跡会議)が勧告で「歴史全体について理解できる説明戦略」を求めた。

    【4】日本政府は「真摯に対応する」と約束し、「産業遺産情報センター」の設置準備を進めてきた。

    【5】20年6月15日、産業遺産情報センターが東京都新宿区で開所。センターの中では端島炭鉱や長崎造船所、八幡製鉄所などの歴史を解説した。

    週刊新潮WEB取材班
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18628516/

    引用元: ・【ジャーナリズム宣言】朝日新聞の事実誤認の偏向社説「世界遺産対立 負の歴史見つめてこそ」 軍艦島の元島民も抗議文を送る[7/25] [鴉★]

    【取材という名の嫌がらせの手口【ジャーナリズム宣言】朝日新聞の事実誤認の偏向社説「世界遺産対立 負の歴史見つめてこそ」 軍艦島の元島民も抗議文を送る[7/25] [鴉★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/23(月) 18:09:47.67 ID:CAP_USER
    ※機械翻訳

    [記者リン・クイイ(日本/東京22日)]朝日新聞の上級記者が台湾の国家門の封鎖の少し前に台湾を訪問しました。入国後、規則に従ってホテルで14日間の「自宅検疫」が行われました。 朝日関連Facebookファンスペシャルは、台湾での隔離体験を連載するために「隔離日記」を立ち上げたが、この行動は台湾に住む日本人を怒らせた。 台湾の伝染病予防資源の無駄遣いをわいせつと書く女性記者は、「日本人の恥」です。

    今月中旬に海外移民の件数が急増しました。パンデミックを避けるため、17日、原則として19日から非台湾人観光客の入国が禁止されることが発表されました。ニュースの後、朝日女性記者は18日タイから急いで行きました。 バンコクは緊急事態で台湾に飛び、19日、Facebookの朝日新聞アジア太平洋ファンページに「隔離日記」が公開されました。

    女性記者は当初台湾訪問の主な目的について詳しく説明していなかったため、「隔離日記」はすぐに台湾に住む日本人から批判を集めました。 一部の日本のネットユーザーは、現時点で台湾に来ることを選択することは台湾にトラブルを引き起こすだけだと述べた。また、他の国の流行防止ソースを使用して検疫の経験に関する記事を発表し、人々が新聞全体の基準に疑問を投げかけたと述べた。 女性記者は、国民を保護するために流行を防ぐために台湾がどれだけ費やしたかを理解していないようで、この行動は日本人である彼女を恥じています。

    (略)

    20日の検疫日誌には、入国時に温度検査と申告書記入のプロセスが導入されていたが、入国の時間は約3時間で、バンコクから台湾にかかった時間とほぼ同じで、女性記者がホテルを予約しなかったため、 多くの場合、レストランを探します。女性記者は、彼女が台湾を訪れたとき、彼女はほとんどの場合レストランに滞在し、自宅で検疫ホテルを受け取っていないと主張します。 台湾の22の郡と都市で、防疫ホテルと連絡先の電話情報があります。

    女性記者はまた、「金門に防疫ホテルはありますか」と尋ねた。 CDCの関係者は、公共交通機関の規制により、離島への移動をあきらめる必要があると述べました。女性記者も台南に行きたいと思っていましたが、旅が遠すぎて高速鉄道に乗ることができませんでした。 「Kieron」も完全に予約され、CDCの役人によって紹介された後、最終的に適切なレストランを見つけました。

    投稿は台湾人からあまりにも多くの批判を引き起こしたため、女性記者は2日目の検疫日記でも、4月に重要かつ貴重なインタビューが終了したことを説明しました。台湾に入国できないのではないかと心配していたため、私は早くから台湾でインタビューを受けました。 彼女が台湾に来たのは「検疫日記」を書くためではなかった。

    朝日女性記者は、2004年から05年に中国上海に、2005-07年および2010-13年に北京に駐在し、現在は朝日新聞の編集メンバーです(台湾通信社の執筆メンバーに似ています)。彼女は2017年6月からバンコクに駐在しています。 アジア総局は、朝日新聞の上級記者であり、有名な中国通です。

    中国武漢で肺炎が発生した後、女性記者は、1月の「意味を想像するだけで伝染病が拡大する」など、朝日新聞の「複数の出来事」コラムで中国の隠れた流行に関する多くのコメントを発表しました。 中国の医師Zhong Nanshanの事件は、2月に「隠された情報、量が増加しない限り嘘は続く」という見出しで提起され、中国のホイッスラーDr. Li Wenliangと市民ジャーナリストChen Qiushiによって送られた警告は中国によって抑制されたと報告している 事実。 朝日新聞での女性記者のコメントは、親中国人であり、奇妙で非常にまれであると考えられています。

    (中略)

    さらに興味深いのは、朝日関連のファンを批判したネットユーザーのほとんどが台湾に住んでいた日本人だったということです。彼らは台湾の流行予防策を支持し、女性記者の行動が台湾にトラブルを引き起こし、その力を発揮することを恐れていました 台湾の態度を支持する。

    https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3108732
    自由時報 2020-03-22 17:45:18

    https://i.imgur.com/ddWLkoM.jpg
    フェイスブックに台湾隔離日記を発行し、台湾に住む日本人を怒らせ、台湾の流行防止資源を浪費しているとして彼女を非難し、時代遅れの記事を発表した。

    吉岡桂子 Yoshioka Keiko 
    @Yoshioka_keiko
    https://mobile.twitter.com/Yoshioka_keiko?p=s

    ※関連記事
    台湾駆け込み朝日編集委員の「隔離日記」が大炎上
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59835
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【台湾・自由時報】日本の朝日新聞記者が台湾を訪れて「隔離日記」を書き、日本人を怒らせる:台湾を困らせないで[3/22]

    【痛快バカヒ、またやってる 【台湾・自由時報】日本の朝日新聞記者が台湾を訪れて「隔離日記」を書き、日本人を怒らせる:台湾を困らせないで[3/22]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/30(月) 18:13:42.67 ID:CAP_USER
    写真
    no title

    no title



    旭日旗は忘れられていない
    「韓国だけが特殊である」という誤解

    ●サッカーの世界では処分対象

     旭日旗について、また喧しい議論となっている。来年の東京オリンピックの組織委員会が、大会中の会場への持ち込みや掲示について、禁止する考えがないことを公式な見解として公にしたからだ。

     これについて、政府やマスメディアも含めて様々な議論が行われているが、サッカーの世界においてどのようにこれが決着したかは事実としてはっきりしている。

     過去たびたび会場内での掲示が問題となっていた旭日旗について、アジアサッカー連盟(AFC)は、「国家の起源に関する差別的シンボル、および政治的意見(discriminatory symbol relating to national origin and political opinion)」として、その意匠をサッカー会場で掲揚したことを処分対象としたのである。


     2017年に川崎フロンターレがアジアチャンピオンズリーグのアウェイでの韓国戦において、この旭日旗を応援に使用した川崎フロンターレのサポーターがおり、これに抗議する韓国サポーターとトラブルになったのが、この直接のきっかけである。これに対して、日本サッカー協会とJリーグの上位組織である、AFCは、執行猶予付きながら無観客試合を1試合、そして罰金1万5000ドル(約170万円)のペナルティを課した。これは日本のチームが国際試合で下された処分としては、前例のない重いものである。
     川崎フロンターレはこの処分を不服として上訴した。しかし、これはすぐに棄却された。よって処分は確定している。

     オリンピックはもちろんサッカーだけの大会ではない。しかしサッカー競技はオリンピックでも国際サッカー連盟(FIFA)の管轄の下に行われる。そうなれば、下位組織のAFCが下した判断は、そのままオリンピックのサッカー競技に準用される可能性が高い。AFCが下した判例はFIFAの倫理規定や懲罰規定がもとになっているからだ。

    ●旭日旗に「政治的な意味はない」か


     オリンピックでは、政治的な中立性を担保するために、「オリンピック開催場所、会場、他のオリンピック・エリアにおいては、いかなる種類の示威行動または、政治的、宗教的、人種的な宣伝活動も認められない」とオリンピック憲章に明記してもいる。

     一方で、「旭日旗はいかなる政治的な意味ももたない」というのが、最近の政府の見解になっているらしい。しかし、それはあくまでも日本政府の主張であり、あわせて先に川崎フロンターレ側の上訴の主張でもある。国際社会と日本の認識がズレているというのは別に珍しいことではない。そして実際にサッカーの世界ではこの日本の認識は通用しなかったということだ。

     ただし、もちろんこれは会場などで、トラブルになった場合だ。旭日旗が翻っても、問題化しなければそのまま許されることになるだろう。実際にサッカーにおいても、現在も旭日旗は普通に使われている。ただし、海外のチームとの対戦、ことに東アジアのチームとの対戦は別扱いである。このようなケースの場合、現場では日本サッカー協会もJリーグも事実上ファン・サポーターに様々な働きかけをして自粛を促しているのが実際のところである。

    朝日新聞:論座
    https://webronza.asahi.com/national/articles/2019092500005.html?page=2

    引用元: ・【朝日新聞】「韓国だけが特殊である」という誤解 旭日旗は差別的シンボル[9/30]

    【朝日の社旗は差別的シンボル【朝日新聞】「韓国だけが特殊である」という誤解 旭日旗は差別的シンボル[9/30] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/05/29(水) 18:12:59.14 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190529-00012086-bunshun-int

    「文在寅大統領は徴用工にお金を渡せ!」被害者団体の訴えが韓国社会で黙殺されている から続く

    〈「日本は進んで出来る協力を断らないで欲しい」と訴えつつ、韓国側にも「日本に不可能な要求をすべきではない」とくぎを刺す。「すべては被害者と正義、そして韓日の健全な未来のため。闘う相手は日本ではない。時間だ」〉

     2005年8月15日の朝日新聞の(ひと)欄で、その勇ましい発言を紹介されたのは韓国人弁護士のチェ・ポンテ氏(崔鳳泰)だった。

    〈「大統領より被害者の方が上だと思い、つい政府も敵に回してしまう」と笑う。〉

     記事では正義を貫く好漢としてチェ・ポンテ氏を特集していた。この記事を執筆しているのは、朝日新聞の慰安婦報道などで活躍した市川速水記者(現・編集委員)だ。
    「在野で被害者のために働く」と公言していたが……

     それから十数年、正義を貫く好漢は日本企業に刃を向け、日韓関係を史上最高レベルまで悪化させた仕掛け人の一人としてその名を知られるようになる――。

     チェ・ポンテ氏は、韓国・大邱(テグ)出身でソウル大学校法科大学を卒業している。東京大学に留学経験がある日本通でもある。

     彼が一躍有名になったのは、盧武鉉政権下で発足した強制動員被害真相糾明委員会の事務局長に任命されてからだった。

    「日帝強占下強制動員被害真相糾明等に関する特別法に基づき設置された真相糾命委員会では、被害実態の調査、被害者、遺族の認定などに取組んだ。盧武鉉、小泉会談で決まった日本に残る民間徴用犠牲者の遺骨返還問題の際にはチェ・ポンテ氏も事務局長として日本にたびたび来日し、遺骨収集などの交渉で手腕を発揮していました」(ソウル特派員)

     政府委員の立場として当時から強制動員や徴用工問題に取組んでいた。

    「当時のチェ・ポンテは被害者を助けていたし、多くの会議を開くなど尽力をしていた。『私は公務員よりも、在野で被害者のために働く』と公言していました」(韓国紙記者)

    以下ソース

    引用元: ・【日韓】朝日新聞が持ち上げた韓国の“青年弁護士”が、徴用工裁判で反日活動家になるまで[05/29]

    【また問題紙の朝日かよ 【日韓】朝日新聞が持ち上げた韓国の“青年弁護士”が、徴用工裁判で反日活動家になるまで[05/29] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/05/31(金) 17:10:32.03 ID:CAP_USER
     朝日新聞のオピニオンページに、論説委員が実名で書く、「社説余滴」という欄がある。2月22日と5月12日のそれは、元ソウル支局長も務めていた、箱田哲也記者によるもので、約2カ月弱をはさんで、論調に変化が見られるのが興味深い。見出しは、2月が「無知から始まる『正義』の衝突」で、5月が「韓国、自縄自縛の対日外交」である。

     2月は、冒頭で「どちらが無礼で盗っ人たけだけしいのか。日本と韓国はいま、国の威信を背にしたメディアも加わり、無制限一本勝負の様相だ。日韓とも正義は我にありと信じ、なぜかくも我々を挑発するのかと純粋にいぶかる」と言っている。

     のっけから間違ったことを言っている。韓国側は一方的に挑発しているが、日本側は政府もほとんどのメディアも、まったくと言っていいほど闘っていない。

     さらに、「対立の戦端を開くのは総じて隣国に対する無知である。天皇が元慰安婦に謝れば問題は解決する、とした韓国国会議長の発言はその典型だ」という。

     次いで、7年前の李明博(イ・ミョンバク)大統領の天皇発言を踏まえたうえで、「かねて徴用工問題などで、加害者でありながら被害者然と振る舞う日本政府への不満は募っており、久々の『天皇発言』となったのだろう。一方で、これら韓国発の言動を、何でもかんでも『反日』の一言で片付ける日本の言説もまた、無知のそしりを免れまい」と、国会議長に理解を示しながら、日本を糾弾する。

     要するに、2月の社説余滴は、「両方が悪い」論であるが、韓国側が一方的に悪いのに、両方悪いということは、完全に韓国に味方しているとしか思えない。

     5月は、2月とはかなり趣が変わって、北朝鮮に裏切られ、経済も振るわず、対日関係も最悪という、文在寅(ムン・ジェイン)政権の八方ふさがり状態が、比較的正確に解説されている。

     しかし、対日外交が失敗した原因を、「正確な日本関連情報が即座に提供されないという構造的な問題」としているが、これは明らかに違う。正確な情報以前に、韓国の世論におもねって、日本たたきに邁進(まいしん)してきた結果である。

     なお、この「社説余滴」の中で、前述した論旨と逆のことを述べるための接続詞「ただ」が、2カ所使われている。

     1つは、「ただ、文政権は『根っからの反日』『日本を無視』といった、日本で広がる安直な言説は、大半が誤りか正確さを欠く」であり、もう1つは、「ただ、文政権の内側に深く刺さっていないのは日本とて同じこと。加えて定まらぬ文政権の足元を見て、歴史に後ろ向きを決め込む安倍政権の責任は大きい」である。

     日本を批判しないと気が済まない、朝日的論調の典型と言わざるを得ない。

     酒井信彦(さかい・のぶひこ) 元東京大学教授。

    ソース:zakzak<【朝日新聞研究】韓国報道に見る「朝日的論調」の典型 日本批判しないと気が済まない>
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190531/soc1905310001-n1.html

    関連スレ:【韓国、トランプ大統領の演説に注文】日本海「東海と併記をしなければならない」原則的な立場から「苦言」を呈した(朝日新聞)[5/30]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1559209218/

    引用元: ・【朝日新聞研究】 韓国報道に見る「朝日的論調」の典型 日本批判しないと気が済まない[05/31]

    【情報テロ活動、情報工作機関なんだし【朝日新聞研究】 韓国報道に見る「朝日的論調」の典型 日本批判しないと気が済まない[05/31] 】の続きを読む

    このページのトップヘ