まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:朝鮮族

    1: 荒波φ ★ 2018/10/29(月) 18:49:06.57 ID:CAP_USER
    2018年10月28日、海外網は、韓国ネットユーザーの間で、韓国で発生した凶悪事件はいずれも朝鮮族の中国人によるものとする風潮が起きていると報じた。

    記事は、韓国メディア・亜洲経済の報道を引用。今月14日にソウル市内のインターネットカフェで、被害者が30カ所余りを刃物で刺される凶悪な殺人事件が発生した。その際、同国のネット上では「犯人は朝鮮族の中国人」という情報が拡散。

    一方で警察当局は22日、29歳の容疑者について「本人およびその両親はいずれも韓国籍」と発表し、ネット上の情報を否定した。にもかかわらず、ネット上では依然として容疑者の身分証明や出生地の公開を求める声が後を絶たないという。

    アナリストによると、韓国社会では朝鮮族の中国人に対する偏見が根強く、その犯罪率が高いと認識されているとのこと。

    しかし、韓国の刑事政策研究院が2017年に発表した統計では、15年現在、10万人当たりの犯罪率で韓国人が3369人なのに対し、中国人は1858人と、韓国人の犯罪率の方が明らかに高いようだ。

    記事は、偏見に苦しむ韓国在住の朝鮮族中国人たちの声を紹介。

    韓国の社会評論家は「毎回、残忍な事件が起こるたびに、韓国人は本能的に『われわれがやったのではない』と考え、原因を外部に帰結する傾向がある。同胞でありながら韓国人ではないという特殊な地位により、朝鮮族の中国人が韓国人の嫌悪の対象や仮想敵になりやすくなっている」と指摘しているという。


    2018年10月29日(月) 16時50分
    https://www.recordchina.co.jp/b657177-s0-c30-d0135.html

    引用元: ・【韓国】 凶悪事件は「朝鮮族の中国人」の仕業にしたがる風潮 統計では10万人当たりの犯罪率で韓国人の犯罪率の方が高い [10/29]

    【全員朝鮮人だった件 【韓国】 凶悪事件は「朝鮮族の中国人」の仕業にしたがる風潮 統計では10万人当たりの犯罪率で韓国人の犯罪率の方が高い [10/29] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/29(日) 09:34:51.04 ID:CAP_USER
    「育ててあげる」... 「戸籍上の娘」性暴行した80代の男

    実子でなくても戸籍に載せた場合、「親族間の性暴行罪」を適用

    朝鮮族女性の子供を育ててあげると韓国に連れてきて、戸籍上の娘にして数回性暴行した人面獣心の80代の男性に実刑が宣告された判例を紹介する。最高裁判所は実子でなくても戸籍に載っている場合は「親族間の性的暴行罪」とみなして、加重処罰しなければならないと判断した。

    A氏(84)は2000年4月、ブローカーを通じてBさん(当時12歳)の母親と「A氏がBさんを養子として養育し、教育などの必要な支援をする」「A氏が死ぬまで一緒に暮らさなければならない」という趣旨で契約を締結した後、Bさんを韓国に連れて来た。 2002年には自分の妻の同意もなしに、Bさんを自分と妻との間に生まれた実子のように報告した。

    A氏は実際にBさんの生活費や教育費などを負担して生活している。しかし、この過程で彼はBさんを数回性暴行したことが分かった。結局、A氏は2000年9月から2002年4月までにBさんを、合計3回性暴行した疑いで裁判に持ち込まれた。

    裁判の過程でA氏は性的暴行容疑自体を否認したが、受け入れられなかった。裁判所は被害者Bさんの陳述に一貫性がある点などを考慮して、信憑性があると判断した。一方、A氏の陳述は次々に変わるなど信じ難いとした。 一審はA氏に懲役3年の実刑を宣告した。

    裁判所は「A氏は幼い被害者を自分の性欲を満足させるための性的玩具にして性暴行し始め、自分の戸籍に入籍させた後も性的暴行をするなど罪質が非常に悪く、反人倫的である」と指摘した。特に「A氏が犯行を全面否認し反省する態度を全く見せていないため、厳重な処罰が避けられない」と述べた。

    二審ではむしろA氏の刑をさらに増やし、懲役5年を宣告した。裁判所は「A氏の年齢が高齢で実刑の前科がないとしても、各種状況をくまなく考慮すると、一審が定めた刑より重い刑に処することが正しいと判断される」と説明した。最高裁もこのような二審の判断をそのまま受け入れた。

    一方、A氏に対する裁判では、A氏とBさんの関係を親族と見ることができるかどうかも争点になった。親族間の性暴行犯罪は加重処罰になるからだ。最高裁はA氏の妻がBさんを養子縁組することに同意しなかったとしても、取り消し手続きを踏まなければ親族と見ることが正しいと判断した。

    最高裁は、「妻がいる人が養子縁組をしたときに一人だけの意思で申告して受理された場合、養子縁組が無効になり妻が養子縁組の取り消しを請求することができる」、「しかし、その取り消しが行われない限り、養子縁組は有効に存続される」と説明した。

    ◇関連条項

    性暴行犯罪の処罰及び被害者保護などに関する法律(2011年廃止)

    第7条(親族関係による強姦など)

    ・親族関係にある者が刑法第297条(強姦)の罪を犯したときは、5年以上の有期懲役に処する

    性暴行犯罪の処罰などに関する特例法

    第5条(親族関係による強姦など)

    ・親族関係者が暴行や脅迫で人を強姦した場合には、7年以上の有期懲役に処する。

    ソース:マネートゥデイ 2017.10.28 05:06(韓国語)
    http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2017102611268253261

    引用元: ・【韓国】「育ててあげる」…養子にした朝鮮族の娘(12)を性暴行した男(84)に懲役5年を宣告[10/29]

    【【とてつもなく異常】「反省する態度を全く見せていない」養子にした朝鮮族の娘(12)を性暴行した男(84)】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/12(木) 06:01:34.22 ID:CAP_USER
    2017年10月9日、新華網は、東京・池袋で中国人相手の不動産仲介業を営む朝鮮族の中国人を紹介する記事を掲載した。

    吉林省吉林市からやって来た朝鮮族の男性、金龍(ジン・ロン)さんは33歳。地元の大学を卒業してから東京の大学に留学し、卒業後に中国人が経営する不動産仲介会社に就職した。そして、2年前に2人のパートナーとともに自らの会社を立ち上げた。

    オフィスは在日中国人が密集する池袋駅付近のビル内にあり、従業員はほとんど中国人。顧客ももっぱら中国人で、微博、微信などの宣伝や、既存客の紹介でやって来るという。

    日本における不動産購入の仲介料は3%で、しばしば値引きすることもある。そんな中、月の成約件数が1桁というのは厳しそうだが、物件の多くは億単位の価格で、効果的に利益を挙げられるという。しかも、正規の登録を得た仲介会社のため、一定の費用を支払うことで公共の物件情報ネットワークを利用することができるという。

    金さんを取材した新華網の記者は、金さんと同郷で留学時代の先輩である朝鮮族一家の物件探しに同行。一行は埼玉県川口市に足を運んだ。川口市は池袋から電車で20分ほどの距離にあるため、在日中国人にとっては理想的な地域だという。

    ただ、金さんによれば「以前、3000万円あまりで買えた川口の物件が、今は4000万円あまり出さないと買えない」とのこと。東京五輪を控えて東京やその近郊の不動産価格は上昇しているようだが、その先輩は「高齢化が進むことで住宅余りが出るのではないか」と懸念する。五輪後の不動産価格の行方は、個人によって見方が異なるようである。

    金さんは「観光や診療で日本にやって来た人は、日本の不動産投資についても考えるだろう」とし、業務範囲を観光サービス業や医療仲介業にまで拡大。先日、上海にコンサルティング会社を設立した。今後さらに中国国内の子会社を増やすなど、業務拡大に努めると話しているという。(翻訳・編集/川尻)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13730700/

    関連記事
    日本の不動産を「爆売り」する中国人、その原因は?―中国メディア
    http://www.recordchina.co.jp/b191791-s0-c20.html

    引用元: ・【中国メディア】日本で不動産仲介業を始めた朝鮮族の若者[10/12]

    【【顧客ももっぱら中国人】日本で不動産仲介業を始めた朝鮮族の若者】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/02/27(月) 09:20:06.20 ID:CAP_USER
    「中国で性暴行」朝鮮族、犯罪記録偽造して永住権申請

    中国公安局が発行する犯罪記録証明書を偽造して、韓国の永住権を受けようとした中国同胞たちが大量に警察に摘発された。

    彼らの中には、過去、中国での性的暴行の疑いで懲役刑を受けた朝鮮族も含まれていた。

    仁川地方警察庁国際犯罪捜査隊は、私文書偽造や偽計による公務執行妨害などの疑いでイ氏(55)とハ氏(41・女)などの中国同胞2人を拘束したと26日、明らかにした。

    警察はまた、イ氏などに中国の犯罪記録証明書を偽造して欲しいと依頼した朝鮮族コ氏(50)を拘束してエ氏(42)など、残りの朝鮮族20人も同じ疑いで書類送検した。

    イ氏とハ氏は、2015年5月から昨年12月までに中国の現地ブローカーを通じ、韓国の永住権を発給できるようにコ氏などの朝鮮族21人の犯罪記録証明書を偽造した疑いを受けている。

    国内でそれぞれ旅行代理店を運営していたイ氏とハ氏は、6~7年前に帰化した朝鮮族出身で、偽造証明書1枚あたり70万~100万ウォンを受け取った。

    イ氏などに犯罪記録証明書の偽造を依頼した朝鮮族は皆、過去に中国で犯罪を犯した前科があるが、この中には強盗・強姦事件で懲役刑を宣告された朝鮮族も含まれた。

    彼らは訪問就業ビザ(H-2)で、国内に滞在して永住ビザ(F-5)を得るためにインターネット広告や知人の紹介を受けてイ氏とハ氏を訪ねた。

    しかし、ビザの審査の過程で摘発され、すべて永住ビザを受けることはなかったと警察は明らかにした。

    中国公安局が発行する犯罪記録証明書は、国内の犯罪歴の資料と類似した形態である。

    法務部は2012年に20代の女性を性暴行しようとして失敗し、殺害して遺体を毀損した「オ・ウォンチュン事件」をきっかけに永住権を申請するすべての外国人に、犯罪経歴が含まれている証明書を当該国の韓国大使館の認証を受け、出入国管理事務所に提出するようにした。

    警察は、偽造した中国の犯罪記録証明書を利用して永住権を取得した朝鮮族が、国内にさらに居るかもしれないと見て捜査を拡大している。

    警察関係者は「被疑者は駐中韓国大使館と出入国管理事務所がいちいち関連書類を確認していない抜け穴を狙った」、「犯罪記録証明書の確認を徹底するように外交部に勧告する」と語った。

    ソース:京郷新聞&傾向ドットコム 2017.02.26 14:42:01(機械翻訳)
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201702261442011&code=940202

    引用元: ・【韓国】「中国で強盗・強姦」の朝鮮族。犯罪記録を偽造して韓国の永住権申請、警察が大量摘発[02/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世界中でコレやってる】「中国で強盗・強姦」の朝鮮族、犯罪記録偽造して永住権申請】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 14:13:45.58 ID:CAP_USER
    2016年9月13日、韓国南部の済州島で、複数の中国人観光客がレストランの女性店主に暴力を振るう映像がネット上で拡散し物議を醸している問題で、駐済州中国総領事館は「当事者はどちらも中国人であることが分かった」と説明した。環球時報が伝えた。

    事件が起きたのは9日午後10時半ごろ。中国南京市から済州島を訪れた観光客8人が持参した酒を飲もうとして店主に止められトラブルに発展した。

    総領事館は、韓国の警察当局からの情報として、店主は中国東北地方出身の60代の朝鮮族で、当事者はどちらも中国人だということが分かったと説明した。

    事件を撮影した映像には、観光客らに頭を酒瓶で殴られた女性店主が倒れたり、止めに入った韓国人客も殴打される様子が映っており、警察は集団暴行事件として捜査している。

    女性店主は入院して治療を受けており、総領事館は加害者に対し、誠意を持った対応と和解を勧めているが、被害者が受け入れなければ、訴訟に発展することが予想されるとしている。

    警察の捜査結果がいつ出るのかについて、総領事館は「不明だが、今後の動向を注視している」と説明している。

    Record china 配信日時:2016年9月14日(翻訳・編集/岡田)
    http://www.recordchina.co.jp/a150355.html

    関連(というか元記事)
    【韓国】済州で中国人観光客8人が注文した食事代金を払わず出て韓国人店主の親子と客ら4人に集団暴行[9/13] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1473746707/

    引用元: ・【韓国】中国人観光客が韓国済州島のレストランで女性店主に集団暴行、被害者も中国人(朝鮮族)だったことが判明[9/14] [無断転載禁止]©2ch.net

    【中国人観光客がレストランで女性店主に集団暴行。酒瓶で殴られた店主も中国人(朝鮮族)】の続きを読む

    このページのトップヘ