まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:本

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/08/20(月) 09:38:12.26 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 日本で出された著書を手に「四国八十八カ所は心の道しるべです」と語る崔象喜さん=愛媛県今治市旭町で2018年8月16日、松倉展人撮影
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    韓国・ソウル在住の旅行作家、崔象喜(チェ・サンヒ)さん(42)が今月、四国遍路の体験や出会いへの感謝をつづったエッセー「韓国女子 涙と絆の四国八十八ケ所参り」を日本で出版した。崔さんは八十八カ所の「歩き遍路」を7回達成。遍路道の案内役や巡礼作法を手ほどきする霊場会公認の「先達(せんだつ)」に2013年、外国に住む女性で初めて認定された。

    崔さんが初めて四国遍路に出たのは10年のこと。その4年前に父が亡くなり、経営した店の倒産、大金を貸した知人の失跡なども重なって「途方に暮れた」時期だった。

    当時は日本語がほとんどできず、宿を予約するにも旅の人に地図を見せ、身ぶりで電話を頼んだ。それでも「恩送りだから」と、かつて旅先の韓国で地元の人に世話になったという日本人の遍路がそっと部屋代を払ってくれた。15キロの荷物を背負っての旅。「遍路ころがし」と呼ばれる難所では、「私のかばんと交換して背負いましょうか」と、ベテラン遍路の助けを受けた。

    「国籍も性別も地位も関係ない。白衣を着ているだけでみな平等の『お遍路さん』になれる」。翌年には韓国語のインターネット交流サイト「同行2人」での情報発信も始め、会員は900人近い。遍路が自由に利用できる休憩所作りに取り組む「四国霊場八十八ケ所ヘンロ小屋プロジェクト」にも参加し、日韓で多くの義援金を集めてきた。
     
    今回は16年に韓国で出版し、2000部以上を売り上げた「四国を歩く女」に加筆した。韓国でこの本に出会って四国遍路に出る人もおり、崔さんの本は遍路旅の「先達」となっている。
     
    「私は一人で出発したが、一人ではなかった」「弘法大師に呼ばれている感じ。宿命のように毎年歩いている」。崔さんの思いだ。
     
    同書は牧山公美訳、アートヴィレッジ刊。税込み1500円。【松倉展人】

    ソース:毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180820/k00/00e/040/178000c

    引用元: ・【四国八十八ケ所】】韓国人女性が遍路本、日本で出版[08/20]

    【仏像返せや【四国八十八ケ所】】韓国人女性が遍路本、日本で出版[08/20] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/18(水) 22:58:19.95 ID:CAP_USER
    遠くて近い国。釜山(プサン)なら済州島より対馬が近い。近い国ながらも日本大使館の向かい側にきちんと韓服を着た無表情な短髪少女を置いて顔を赤らめる国が日本だ。その日本についてイ・スジン教授の「本で見る日本」で見る<編集者注>

    no title

    ▲『南倭工程』チョン・ギョンイル著、2011年12月ⓒダ・ヴィンチブックス

    チョン・ギョンイルの『南倭工程』(ダ・ヴィンチブックス、2011)を複雑で息苦しくて不安な気持ちで読んだ。著者が7年かけて徹底した研究の末に出した結論が十分驚くべきだった。「日本はまちがいなく2045年に韓半島を再侵略する」という主張。

    この主張は根拠のない挑発ではなく、韓国史と日本史を徹底的に研究して巨視的観点で客観的な歴史的証拠とパターンを通じて引き出した衝撃的なほど正確な予測だ。

    この本をきちんと読めば分かが、韓半島と日本の地政学的悪縁によって形成された古代から現代まで、日本の韓半島に向かった残酷行為がまさに「倭寇」という日本特有の殺戮海賊集団による不幸であることを明らかにしている。

    古代三国時代から高麗、朝鮮を経て大韓帝国の強制併合に至るまで日本の一方的で残酷だった韓半島侵略史が古代の倭寇から始まったことを静かな語調で伝える著者の文体がかえって日本の形をより一層りつ然と感じられるようにする一助になっている。

    実際、日本自衛隊は米国や中国と対等に対抗できる程の巨大軍事組織勢力に育ち、アジア最強と言っても過言ではない。古代の倭寇が中世の朝鮮を7年間も蹂躙した壬辰倭乱と丁酉災乱、また、近代や現代になって帝国主義勢力で巨大になった倭寇が36年間どれほど韓半島を疲弊させたのか?こう見れば日本自衛隊は日本の倭寇的習性が最も尖鋭に拡大した実質的な脅威であるわけだ。

    韓国は北朝鮮と日本を同時に相手にしなければならない途方もない負担を抱えていることになる。実際の状況がこうであるにもかかわらず、韓国人は日本と日本人たちについてまだ心情的優越意識だけに捕われて事態の本質を正しく見られずにいる。明らかに日本は韓半島から多くの文物を受け入れて国家を形成し文明化された。しかし、いつまで精神的優越感と心情的満足感に目が見えなくなっていて、日本を正しく見ることができるだろうか?

    現実的に日本と韓国の経済的差と技術的格差だけでも韓国は日本と対等は言えない。その上、日本と日本人は決して韓国人が自慢してはばからない礼儀で治めるほどの国家も国民でもない。国際政治でしつけと相互尊重は自分が相手ぐらいの力を整えている時だけ効力がある。弱小国はいつも強大国の利益によりいくらでも侵略と植民地化が反復される可能性があることを知らなければならない。

    いつになったら、日本と日本人の本質を正しく見てまともに備えることができるだろうか?韓国で若者らの間に自然発生的親日派が生じており、若い世代の日本に対する漠然としたあこがれでも、日本帝国主義を体験した既成世代のその時期に対する郷愁などが明確に大きな負担であることは間違いない。従って個々の韓国人らが日本と日本人の本質について正しく知ろうと思うならば日本と日本人の本質に敷かれている倭寇的属性を先に分からなければならない。
    (後略:倭寇の説明。イスラエル等)

    イ・スジン教授

    ソース:デイリーズ(韓国語) [本で見る日本①]日本の韓国再侵略仮設と世界作動方式からマリン来たヘリコプター墜落
    http://www.dailies.kr/news/articleView.html?idxno=10528

    引用元: ・【本で見る日本】 21世紀の倭寇・日本自衛隊が韓国を再侵略する~チョン・ギョンイル著『南倭工程』[07/18]

    【【本で見る日本】 21世紀の倭寇・日本自衛隊が韓国を再侵略する~チョン・ギョンイル著『南倭工程』[07/18] 】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/01/25(水)13:00:27 ID:???
    韓国体育会、アパホテルに本撤去要求 大会組織委に書簡

     来月開幕する冬季アジア札幌大会の選手らが宿泊する「アパホテル&リゾート札幌」
    (札幌市南区)の客室に、南京事件について否定的な書籍が置かれていることをめぐり、
    韓国体育会は25日、書籍を撤去するよう求める書簡を大会の組織委員会に送ったと発表した。

    (略)

     一方、韓国メディアは問題の書籍には慰安婦問題についても否定的な内容が含まれていると報じ、
    日本政府が対応していないとして批判的に伝えている。(ソウル=東岡徹)

    全文 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK1T3F4ZK1TUHBI00M.html

    関連
    【韓国】札幌アジア大会選手団の宿泊先にアパホテル 対応協議へ [H29/1/24]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485305235/l50

    引用元: ・【政治】韓国体育会、アパホテルに本撤去要求 大会組織委に書簡 [H29/1/25]

    【【便乗するのが好きな奴】韓国体育会、アパホテルに本撤去要求 アジア大会組織委に書簡】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 01:10:03.58 ID:CAP_USER.net
    読書日記
    今週の筆者は社会学者・上野千鶴子さん 「ネトウヨ」とは何者か?
    毎日新聞2015年12月15日 東京夕刊

    カルチャー
    本・書評
    紙面掲載記事

    東京都武蔵野市の藤村女子中・高等学校で、関口純撮影

     情弱こと情報弱者のわたしが読んでもわかる、ネットの本が出た。

     ニコニコ動画の発信元、ドワンゴの川上量生さんが書いた「鈴木さんにも分かるネットの未来」。「鈴木さん」とは、
    スタジオジブリのプロデューサー、鈴木敏夫さんのことだ。日本の伝統工芸のようなアニメには詳しいが、ネットには
    弱い。プロデューサーの勉強のために鈴木さんに師事した川上さんは、鈴木さんから代わりに、デジタルデバイド
    (情報格差)の上の年齢の「ぼくにもわかる」ネットについての本を書いてくれ、という要請を受けた。鈴木さんは
    わたしと同い年。鈴木さんにわかればわたしにもわかるだろうと思って、読んだ。

     思いがけない収穫は「ネトウヨ」と呼ばれるひとびとの生態について知ったことだ。ネット界の住民は名前も性別も
    年齢も不詳。よくわからないひとびとだが、まだネット界が開拓地だったころの住民たちは「リア充(じゅう)」を
    仮想敵としてヴァーチュアルな世界にニッチを求めた人々らしい。「リア充」とは「リアリティ(現実生活)が充実
    した人」の略称。男なら学歴があって職があって女にもてて、明るい生活を送っているひと。そんなひと、どこに
    いるんだ?と思うが、妄想の産物だからしかたがない。「非リア(充)」を自称するひとたちは正義を掲げる
    マスコミを「マスゴミ」と毛嫌いし、ことごとくそれと対立した。何であれ、マスコミと反対のことを言えばよいという風潮が生まれた。

     若手の政治学者、山崎望さん編の「奇妙なナショナリズムの時代」に収録された社会学者、伊藤昌亮さんの「ネット
    右翼とは何か」の分析によると、このネット界の空気が「嫌韓・嫌中」と結びついたのは歴史の偶然によるという。
    反マスコミの空気は2002年の日韓サッカー・ワールドカップを契機に「反日メディア」朝日新聞批判にも
    結びついたが、同時に韓流ドラマを過剰に放映する(と彼らには思えた)2011年のフジテレビへの抗議デモ
    にも結びついた。その頃までは、ネット界の住民は自分たちがリアルの世界では報われない少数派だという
    自意識を持っていたようだ。

     だが、川上さんは、次の新世代のネットユーザーは、ヴァーチュアルとリアルとを区別しない相互乗り入れ型の
    ネットの利用者たちであり、この層が膨大になったので、「ネトウヨ」世代はネット界でも少数派になったという。

    http://mainichi.jp/articles/20151215/dde/012/070/010000c


    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1450617626/
    。、

    引用元: ・【毎日新聞】ネトウヨとは何者か?まともに本や新聞を読まずに扇情的な見出しにだけ反応する人々なのだ★7

    【新聞は情弱 【毎日新聞】ネトウヨとは何者か?まともに本や新聞を読まずに扇情的な見出しにだけ反応する人々なのだ★7】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 11:11:13.50 ID:CAP_USER.net
    はすみとしこの世界
    December 19 at 5:44pm ・

    ☆ぱよぱよち~ん!☆

    いよいよ「そうだ難民しよう!」が本日発売になりました!
    予想以上の人気で正直ビックリしています。
    また、皆様方のおかげで、発売前重版となりました。
    お買い上げいただきました皆様、本当に有り難う御座います。
     
    私の「最高の応援団」のお2人へは、昨日、お礼のお手紙を添えて発送いたしました。残念ながら、土日なので月曜日にはお手元に届くのではないかと思います。
     
    議員会館で「販促記者会見?」を有田芳生参議院議員の口添えで行うそうですので、お時間がある方は、会場に行って論破してきてください。
    私も行きたいのですが、私は、ペルソナ・ノン・グラータのようですので。
     
    冗談はさておき、「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」と「のりこえネット」が、21日16時から
    参議院議員会館で刊行に抗議する共同記者会見を行うそうです。 西早稲田の皆様、新大久保の皆様、ご苦労様です!
     
    「戦争法案反対!」と言っている人達と同じ思考回路の様ですね!
     
    『存在しない相手』に向かって、必死になって全力で戦っている姿、本当に勇ましく思いますね!「ヘイト本」という
    存在しないものに対して、わざわざ、国会議員まで必死になって共同記者会見って、本当に暇で仕方ない方々なんですね。平和な国、日本!
     
    議員会館って、国費(血税)で建てられた建物ですが、存在しない物に対する抗議に使うって、本当にレベルが・・・。
    こんな人達に参政権を与えるとどうなるんでしょう?

    ご注文いただいていて、まだ、お手元に届いていない方も多いようですが、2~3日で届くと思いますので、お楽しみに♪
    重ね重ね、皆様に感謝いたします。

    https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1281039415255544&id=984279651598190

    no title

    no title

    引用元: ・【話題】はすみとしこが「最高の応援団」の李信恵と有田芳生に本とお礼の手紙を送付

    【是非とも英語版で出版してください【話題】はすみとしこが「最高の応援団」の李信恵と有田芳生に本とお礼の手紙を送付】の続きを読む

    このページのトップヘ