まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:歴史

    1: まるっとニュー 2020/04/27(月) 22:16:02.96 ID:CAP_USER
    〈ウリマルの泉(우리 말의 샘) 1〉泉と湧水(샘과 샘물)

    2015年の9月、妻と京都から岐阜高山を巡る旅行に出かけた時のことだ。私が小学校時代によく遊びに行った京都の太秦にある広隆寺と蚕ノ社(かいこのやしろ)、嵐山を訪れた。

    京都で最古の仏教寺院である広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像を見学した後、蚕ノ社に向かった。蚕ノ社の境内にある元糺の池(もとただすのいけ)と称する泉を60年ぶりに見たかったからだ。

    蚕ノ社は、京都で最も古い神社の一つで、泉の中に正三角形に組み合わせた三柱鳥居(みはしらとりい)という珍しい鳥居があることで知られている。5世紀後半~6世紀、太秦を本拠地に養蚕(ようさん)・機織・酒造・治水など当時の最先端技術で、古代日本の国家形成に大きな影響を与えた朝鮮半島からの渡来人・秦氏ゆかりの神社である。

    広隆寺から蚕ノ社まで10分ほどなので、散策を兼ねて歩いて行くことにした。道すがら、泉に手足を浸すと諸病に良いと言われていたこの池で楽しく遊んでいた時のことを、恋人に会いに行くようなときめきを感じながら懐かしく思い出していた。

    入口の鳥居から泉までは100メートルほどで、泉のすぐ横に本殿がある。本殿の東側には蚕養神社(こかいじんじゃ、東本殿)があり、「蚕の社」の通称はこれに由来する。

    初秋の風を背に鳥居をくぐり、泉のある場所へと小走りで向かった。境内には人影もなく神秘的な静けさに包まれていた。そんな私に妻が、「何が忙しくてそんなに早足で行くの」と言った。「ついて来て!」とだけ言って先を急いだ。石畳を踏むコンコンという足音だけが静寂な境内に響いた。

    泉に着いた私は愕然とした。泉に水がない。干上がっていたのだ。泉の底は小枝や落ち葉で覆われていた。泉の命が尽きたのだ。泉の奥にある三柱鳥居が物寂しく立っていた。湧水の湧き出る神泉の池だと言われていた泉の姿がなんともあわれに思えた。

    意気消沈しながら次の目的地の嵐山に行こうと、京福電車嵐山線の蚕ノ社駅に向かった。駅の広報板を見ると、湧水のある昔の泉の写真が掲げてあった。その面影にしばし目をやりながら心を癒した。

    後で知ったが、泉が涸れてしまった現在でも毎年、夏の土用の丑の日に人工的に水を満たして禊(みそぎ)が行われ、参拝者が訪れるという。

    嵐山に向かう車中で、蚕ノ社の泉が涸れたのは人間が地下水を汲みすぎたからではないのかと思った。その時、蚕ノ社の泉の姿が在日朝鮮人社会のウリマルの姿と重なった。ウリマルがなくなった同胞社会、考えただけでも身震いがした。

    「ことばの泉」という語がある。この語は、ことばが次から次へと泉の水のように限りなく出てくることを例えたことばだ。これを「ウリマルの泉」と言い換えれば、ウリマルが次から次へと限りなく出てくることを例えたことばになるだろう。在日朝鮮人社会には、今まさにこの「ウリマルの泉」が必要なのだ。「泉の水」であるウリマルを、蚕ノ社の泉のように涸らしてはならない。泉が泉たる所以は、湧水が湧き出てくるからで、湧水の湧き出ない場所はもはや泉とは言えない。同じように在日朝鮮人社会からウリマルがなくなれば、在日同胞社会がなくなることになる。

    在日朝鮮人社会においてウリマルは「泉の水(샘물)」で、ウリ学校や総連組織、在日同胞は「泉(샘)」に例えることができよう。

    在日4~5世の子どもたちが、ウリ学校でウリマルを使って楽しく勉強し、話している姿は、まさに湧水が湧き出る泉そのものの姿ではないだろうか。ウリ学校や同胞社会という「泉」にウリマルという「泉の水」が絶え間なく湧き出るようにすることが、今私たちに強く求められている。そうすることがウリ学校や同胞社会を守ることになるからだ。極論すれば、朝鮮民族の一員としての在日朝鮮人の運命は、同胞社会でウリマルを絶やすことなく使用していくか否かにかかっていると言える。

    https://www.chosonsinbo.com/jp/2020/04/sinbo-j_200424/

    引用元: ・【話題】在日コリアン「在日社会がなくならないようするのは私達の意志と行動次第だ。朝鮮民族の一員として私達の歴史を創ろう」[4/27] [鴉★]

    【てめーの国でやれよ笑 【話題】在日コリアン「在日社会がなくならないようするのは私達の意志と行動次第だ。朝鮮民族の一員として私達の歴史を創ろう」[4/27] [鴉★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/04/05(日) 19:46:43.51 ID:CAP_USER
    |映画『チョソンジュモク』、来る9日公開
    |日帝強占期を背景に、朝鮮学生とヤクザの対決を描いた正統派アクション

    (写真)
    no title

    _______________________________________________________

    歴史に残らなかった最も熱い対決を描いた『チョソンジュモク(朝鮮拳)』の公開が来る9日に決定して、ポスターと予告編が公開された。

    映画『チョソンジュモク(朝鮮げんこつ)』は激動の日帝強占期を背景に、朝鮮学生の朝鮮拳の第一人者であるチェ・ガンイルと、反日である読書会の解体を目論むヤクジャ(ヤクザ)のケンジ一味の対決を描いた正統派アクション映画である。

    映画のタイトルロールを務めるイ・スンウクは、『コンジアム(昆池岩)』の主演を演じた新鋭。実際にスポーツマンと呼ばれるイ・スンウクは、映画の最初から最後まで代役やCGを使わずに全てのアクションをこなし、監督とスタッフから絶賛を受けたという。 それだけではなく、『チ ンウン(千勝)』でレベルの高いアクションを披露したイム・スンジュンと、『パラム(風)』に出演したチョ・ヨンジンなどが映画に合流して、映画の完成度を高めた。

    (以下、略)

    ソース:文化ニュース(韓国語)
    http://www.mhns.co.kr/news/articleView.html?idxno=404998

    引用元: ・【韓国映画】歴史に残らなかった反日闘争?・・・映画『チョソンジュモク(朝鮮拳)』、来る9日公開[04/05]

    【そんな歴史は存在しないんだよ 【韓国映画】歴史に残らなかった反日闘争?・・・映画『チョソンジュモク(朝鮮拳)』、来る9日公開[04/05]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/22(日) 13:20:42.10 ID:CAP_USER
    韓国文化、歴史に触れよう ハングル講座受講生を募集

     佐賀市の在日韓国民団県地方本部は4月から始まるハングル講座の受講者を募集している。半年間のプログラムで、韓国人の大学講師による指導のほか、料理教室やフィールドワークなどで韓国の文化や歴史にも触れられる。申し込みは27日まで。

     入門、初級、中級課程があり、簡単な日常会話からビジネス向けまで学ぶ。キムチ作りや民族衣装チョゴリの試着体験、歴史学習のための県内のフィールドワークも予定している。

     同本部の朴弘正団長は「生徒と生徒の輪を広げることに重点をおいている。イベントやフィールドワークも楽しみながら学ぶことができる」と魅力を話した。

     場所は佐賀市神野東の韓国会館(同本部2階)。入門は4月7日から毎週火曜、初級は同8日から毎週水曜、中級は同9日から毎週木曜に開催。時間は入門と初級が午後7時から、中級は午後7時半から。定員は各課程10人で、受講料は月4000円(初回に半年分前納)。開講から2回までは見学もできる。

    佐賀新聞
    https://www.saga-s.co.jp/articles/-/502866

    引用元: ・【佐賀新聞】韓国文化、歴史に触れよう 在日韓国民団でハングル講座受講生を募集[3/22]

    【嘘を教えるイベントなんて迷惑【佐賀新聞】韓国文化、歴史に触れよう 在日韓国民団でハングル講座受講生を募集[3/22]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/11/06(水) 20:57:17.52 ID:CAP_USER
    ※登録記事

    no title


    太平洋戦争中に天理市につくられた「大和海軍航空隊大和基地(柳本飛行場)」の歴史を学ぶ現地研修会(ソサン市民とつながる天理市民の会主催)が3日、同市などで行われた。過去の歴史に学ぼうとする市民ら約20人が参加し、同会メンバーとともに飛行場の痕跡をたどった。

     参加者はJR長柄駅に集合した後、同会の高野真幸事務局長(68)の案内で滑走路のコンクリートの一部や防空壕跡などを順に見学。市民団体が設置した飛行場の説明板前では、朝鮮人や在日朝鮮人が建設にかかわったことや、飛行場への空爆によって小学生が亡くなったことなどが説明された。…

    https://www.nara-np.co.jp/news/20191104104054.html
    奈良新聞 2019.11.04

    関連記事 「解放新聞」(2019.06.17-2911)
    強制連行の歴史で「説明板」を再設置~日韓の市民が連帯 奈良・天理市

    引用元: ・【ソサン市民とつながる天理市民の会主催】たどり知る戦争の歴史 - 滑走路一部など見学/天理 柳本飛行場跡 現地研修会[11/4]

    【今度はこれで謝罪と賠償要求してくるんだね 【ソサン市民とつながる天理市民の会主催】たどり知る戦争の歴史 - 滑走路一部など見学/天理 柳本飛行場跡 現地研修会[11/4] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/10/07(月) 21:31:15.74 ID:CAP_USER
    ソウルで「慰安婦像・徴用工像設置反対」の街頭集会を主導した韓国人弁護士、金基洙(キム・キス)氏が緊急来日した。東京都内で6日開かれたシンポジウム「韓国『徴用工』問題の真実」に参加し、文在寅(ムン・ジェイン)政権の異常性や、文政権打倒を掲げた大規模集会の盛り上がりについて報告した。

     「歴史の事実を踏まえない徴用工などの銅像は政治的造形物だ。政治的造形物にあふれる国は全体主義国家だ」

     金氏は、約400人が集まったシンポジウムでこう語った。韓国内には、慰安婦像が乱立しており、徴用工像も増えている。韓国では「あるがままの過去史」より「あってほしい過去史」が重視されるという。

     「徴用工」の労働状況については、国連で「賃金の民族差別はなかった」と発表した落星台(ナクソンデ)経済研究所研究員、李宇衍(イ・ウヨン)氏の「『強制徴用』の神話」という動画も放映された。

     シンポジウムを主催した、歴史認識問題研究会会長の西岡力・麗澤大客員教授は、戦時労働者の生活水準を示す史料を紹介しつつ、「(徴用工を)奴隷のように酷使した事実はない」と説明した。

     ソウル中心部の光化門(クァンファムン)広場では3日、家族や周辺の疑惑が続出するチョ国(チョ・グク)法相の辞任や、文政権の打倒を訴える大規模集会が開かれた。主催者は参加者を「300万人」と発表した。

     金氏は「デモは史上最大の集結をみた。チョ氏一家の不正より、社会主義者を法相にしたことに怒っている。『左派vs右派』ではなく、『自由民主主義と全体主義の戦い』と理解すべきだ」「保守派の書籍が、ベストセラー1位から10位のうち半分を占めている」と語った。

     西岡氏は「(文政権は)1980年代に革命を起こそうと考えた人が政権を握った。検察が抵抗し、少なくとも50万人が自ら街に出ている。日本も全体主義と戦う保守派と連帯すべきだ」と締めくくった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17196269/
    2019年10月7日 17時11分 記事元 ZAKZAK(夕刊フジ)

    引用元: ・【韓国人弁護士】「徴用工の真実」を報告 「歴史の事実を踏まえない銅像は政治的造形物」[10/7]

    【韓国の問題なんだから韓国内でなんとかせんと【韓国人弁護士】「徴用工の真実」を報告 「歴史の事実を踏まえない銅像は政治的造形物」[10/7] 】の続きを読む

    このページのトップヘ