まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:犬

    1: まるっとニュー 2021/01/24(日) 02:20:05.90 ID:CAP_USER
    2021年1月22日、韓国メディア・韓国日報によると、韓国の国立大学で行われた研究に世界から批判の声が寄せられている。

    記事によると、世界的学術誌「フロスワン」は最近掲載された韓国・忠北大学獣医学部のパク・ギョンミ教授チームの論文を「研究倫理の問題により再評価している」と明らかにした。国際学術誌が研究内容ではなく、動物実験の過程における倫理問題を指摘し、当該論文の再評価を公に行うのは異例のことという。

    パク教授チームの研究は、健康な2匹の犬の眼球を摘出し、3Dプリント技術を使って開発したコンタクトレンズ形式の人工眼を入れるという方式で行われた。実験で使われた犬は2匹共、安楽死処分となった。この論文は忠北大の動物実験倫理委員会の承認を受け、フロスワン内のレビューを経て掲載されたが、多くの読者から「研究倫理問題」の指摘と、「実験に使われた動物の苦痛を和らげるための適切な措置が取られなかった」との批判が相次いだという。

    フロスワンのウェブページには「研究が単純に美容目的なら犬2匹を犠牲にした研究方法は正当化できない」「実験に使用された犬に対して麻酔や鎮痛管理がきちんと行われていたのか、その根拠がない」などの批判が書き込まれているという。記事は「美容目的に対する指摘が出たのは、パク教授チームの研究目的で『人工眼は美的にも優れている』『目が摘出された犬の顔は美しくない』などと言及されているためとみられる」と説明している。

    これについてパク教授は「単純に美的な部分のためだけの研究ではない」と説明。また「強力な鎮痛剤を術後2週間にわたって使用した」とし、「国内外で動物実験をめぐる社会的雰囲気が大きく変化したと感じた。今回のことをきっかけに多様な意見を聞き、実験計画を立てる前に倫理問題についてより深く考えたい」と話しているという。

    ある専門家は「韓国では委員会が実験倫理について判断するというより、内部承認のための機関として運営されている」とし、「英国などでは今回の実験に承認が下りない可能性が高い」と説明。その上で「今回の研究では健康な犬の目を摘出したが、その研究結果が実際のところ犬にとってどれほど役立つか、どれほど苦痛かということに対する検討が足りなかった」と指摘したという。

    これを見た韓国のネットユーザーからも「残忍過ぎる」「これは明らかな動物虐待だ」「獣医学部の教授が?本当に驚きだ。探せば本当に人工眼を必要としている犬がいただろうに」「人間は本当に残忍だということを改めて思い知らされた。人間と共に暮らす動物がかわいそう」「手術後に安楽死させたという事実も衝撃的。手術は失敗したのか?犠牲になった犬に申し訳ない」「教授に厳しい処罰を与え、業績や実績のために無分別に実験を行う人たちに警告を与えよう」など批判的な声が続出している。(翻訳・編集/堂本)

    Record China 2021年01月23日21時50分
    https://www.recordchina.co.jp/b869038-s0-c30-d0058.html

    引用元: ・【グルメ】韓国の動物実験、世界から批判殺到で異例の再評価に=「残忍だ」「犬に申し訳ない」[1/23] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【苦痛を与えれば与えるほど美味くなるとか言ってる民族【グルメ】韓国の動物実験、世界から批判殺到で異例の再評価に=「残忍だ」「犬に申し訳ない」[1/23] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/11/24(火) 09:01:14.46 ID:CAP_USER
     大切に育てると言い、珍島犬2匹をもらい受け、1時間後に食用にするため殺したとして在宅起訴されていたA被告(74)に対し、仁川地裁は23日までに詐欺と動物保護法違反の罪で懲役6月の実刑判決を言い渡した。また、犯行に加担した友人のB被告(76)、食肉処理場経営のC被告(65)はいずれも懲役4月、執行猶予1年の判決が言い渡された。

     A被告は今年5月17日、仁川市弥鄒忽区の建築資材置き場でDさんから珍島犬の3歳の母犬と1歳の幼犬を「食べないでしっかり育てる」という条件でもらい受けた。しかし、A被告はわずか1時間後に食肉処理場経営のC被告に12万ウォン(約1万1300円)を支払い、犬を殺した。A被告は前日、B被告から犬の代金として10万ウォンを受け取り、一緒に犬を殺し、滋養強壮用に食べることを申し合わせていた。

     仁川地裁は「A被告の詐欺行為を発端とする今回の事件で被害者がひどい精神的苦痛を訴えている」とした上で、被告は2000年にも詐欺罪で罰金100万ウォンを言い渡された前歴があり、犯行の手口や犯行後の状況からみて、厳しい処罰が必要だと指摘した。

     今回の事件は今年5月、被害者Dさんが青瓦台国民請願掲示板に「もらわれていった犬が2時間もたたないうちに殺された」と書き込んだことで明らかになり、インターネット上では請願に約6万人が賛同した。

    コ・ソクテ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/11/24 08:41
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/24/2020112480005.html

    引用元: ・【グルメ】珍島犬2匹をもらい受けて1時間で殺した74歳男に懲役6月=仁川地裁「もらわれていった犬が2時間もたたないうちに…」 [11/24] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【渡したのが間違い 【グルメ】珍島犬2匹をもらい受けて1時間で殺した74歳男に懲役6月=仁川地裁「もらわれていった犬が2時間もたたないうちに…」 [11/24] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/10/22(木) 20:47:39.39 ID:CAP_USER
    昨年、動物虐待の温床地帯であったプサン(釜山)北区の「(クポ)亀浦家畜市場」で救助された犬が22日、伴侶を見つけるために、米国に向かった。

    動物保護団体と釜山動物虐待防止連合によると、この日亀浦家畜市場で救助された犬のうち、飼い主を探せなかった最後の50匹は、インチ ン(仁川)国際空港を出発し、米国で新しい家族を探すことになる。

    この日、海外の動物受け入れを主管するヒューマン・ソサエティ・インターナショナル(HSI-KOREA)は、亀浦家畜市場の犬以外にも、他の地域で救助された150匹の犬を合わせて、計200匹を海外に届ける。

    犬のほとんどはしばらくの間、米国現地の臨時保護施設に預けられる。その後、HSIがパートナー団体、保護施設と協力して順次救助された犬とともに暮らす伴侶を探す予定だ。

    WoW!Korea 10/22(木) 19:36
    Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
    https://news.yahoo.co.jp/articles/44ab9f5e392401969fd5d58641deffd71477dc4a

    「良い家族と出会えますように」…虐待を受けて救助された犬が伴侶を求めて米国に出発=韓国(画像提供:wowkorea)
    no title

    引用元: ・【犬脱韓国】「良い家族と出会えますように」…虐待を受けて救助された犬が伴侶を求めて米国に出発 飼い主を探せなかった50匹 [10/22] [新種のホケモン★]

    【食われるもんな 【犬脱韓国】「良い家族と出会えますように」…虐待を受けて救助された犬が伴侶を求めて米国に出発 飼い主を探せなかった50匹 [10/22] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/04/24(金) 21:57:39.80 ID:CAP_USER
    ● 「犬食うのやめろ」 NYのアジア系差別、コロナで急増


     新型コロナウイルスの感染が広がる米ニューヨーク(NY)市で、アジア系市民への差別的な行動が急増している。背景には、新型コロナが「アジアから持ち込まれた」との偏見があるとみられ、市は対策チームを立ち上げて対応に当たっている。


     NY市マンハッタンで韓国レストラン「済州ヌードルバー」を営むダグラス・キムさん(41)は4月10日、客から1枚の写真をネット上で受け取った。


     「犬を食うのはやめろ」


     店の入り口部分に、黒のペンでこう落書きされていた。米国では以前から、アジア系の人に対してこうした言動が差別的に用いられてきた。

    ただ、新型コロナが中国・武漢の海鮮市場から広がったという指摘が出てから、さらに増えているとも言われる。

    https://www.asahi.com/articles/ASN4R52PBN4QUHBI00H.html

    引用元: ・【朝日新聞】「犬を食うのやめろ」 NYのアジア系差別、コロナで急増[4/24]

    【アジアを巻き込むんじゃねーよ 【朝日新聞】「犬を食うのやめろ」 NYのアジア系差別、コロナで急増[4/24]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/12/06(金) 10:43:46.44 ID:CAP_USER
    韓国、犬の虫下し薬でがん治療 患者相手に違法な輸入代行まで
    2019年12月5日(木)18時30分
    ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

    ニューズウィーク日本版
    <わらにもすがりたい患者には、いつか治るという心のよりどころが必要だが......>

    犬用の虫下し薬ががんに効く!? そんなウソのような話が韓国で話題となっている。この話題は、当初がん患者のコミュニティーサイトを中心に口コミで広がっていたが、お笑い芸人キム・チョルミンが、この虫下し薬を購入し服用していることをSNSでアップしたことで一気に注目されるようになったのだ。

    今年8月、キム・チョルミンは肺がんのステージ4と診断されたことを自身のフェイスブックで公表した。その後、肺以外にも骨、リンパ腺、肝臓にも転移したが、ファンから薦められた犬の虫下しの服用を始めたという。

    現在、服用開始してから10週目。本人のSNSによると服用開始7週目の時点で、血液検査の数値は正常となり、肝臓の数値も以前に比べ安定し良好だという。果たしてこの犬用の虫下し薬の効果は本物なのだろうか?

    人気に目をつけた個人輸入での転売も

    前述のがん患者のコミュニティサイトへの投稿を見ると、虫下し薬の成分「フェンベンダゾール」ががん治療に有効性を発揮するという。もちろん、今のところその効果は、医学的に証明されていない。

    それでも商品を求める患者は後を絶たず、韓国内では品薄状態が続いており、海外のショッピングサイトから個人輸入する人も増えていて、ネットで「フェンベンダゾール」で検索をかけてみると、輸入物を販売する広告がずらりと登場する。

    しかし、動物用の薬は「動物薬品等取扱規定法」により、許可された動物病院及び、動物薬局でのみ販売可能と決まっている。もしも、無許可で個人販売している場合には、5年以下の懲役か5千万ウォン(約450万円)以下の罰金にあたる違法行為だ。また、合法的に手に入れたとしても、そもそも動物用の薬であるため、飲み合わせなどによって人体に悪い影響を与えてしまうかもしれない。

    また、最近では動物用の虫下しが品薄で手に入らないため、人間用の虫下し薬を購入する人が増え、売り上げを伸ばしているという。動物用にしても人間用にしても、医師の許可なく大量に服用するがん患者が出てくるのではないかと心配されている。
    https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/technology/2019/12/post-13548.php?page=1

    引用元: ・【国際】韓国、犬の虫下し薬で人間のガン治療 [12/6]

    【これアメリカ人が広めてるやつやろ? 【国際】韓国、犬の虫下し薬で人間のガン治療 [12/6] 】の続きを読む

    このページのトップヘ