まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:留学生

    1: ニライカナイφ ★ 2018/04/04(水) 18:00:44.07 ID:CAP_USER
    ◆中国人留学生が反感を買う理由、欧州メディアが相次ぎ報道―米華字メディア

    2018年4月2日、米華字メディアの多維新聞は、中国人留学生がその滞在国で反感を買う理由について、欧州のメディアが相次いで伝えていることを紹介した。
    記事によると、フランスの華字紙・欧州時報は、「西側諸国に留学している中国人学生は注目を浴びる存在だ」とし「そうした注目は、好意的なものであれ、悪意のあるものであれ、中国人留学生が普遍的に抱えている問題を明らかにしている」と指摘。

    「中国人留学生に対する非難は突出している。
    中国人留学生は授業で積極的に発言せず、教室内で中国人同士で固まる傾向が強い。
    現地の教師や学生らに『だらしない』『排他的』などの悪いイメージを与えている」と伝えている。

    スペイン紙エル・パイスは、中国人留学生に関する特集記事で、中国人留学生の印象について地元の学生から「彼らは同国人同士で固まり、自分たちには理解できない中国語で話している。
    だが教師が何か質問すると、彼らはすぐに無口になる」という意見が多く出ていることを紹介した。

    オーストリア紙クリアも、中国人留学生の語学力について「語学証明書に記載された成績は高いが、会話力は驚くほど低い。
    学業や生活に悪影響を及ぼさないためにも、語学証明書に相当する会話力を身につけるべきだ」と指摘しているという。

    Record china 2018年4月4日(水) 5時20分
    http://www.recordchina.co.jp/b589188-s0-c30.html

    引用元: ・【Record china】中国人留学生が反感を買う理由、欧州メディアが相次ぎ報道…『だらしない』『排他的』などの悪いイメージ[04/04]

    【【Record china】中国人留学生が反感を買う理由、欧州メディアが相次ぎ報道…『だらしない』『排他的』などの悪いイメージ[04/04] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/15(木) 09:32:38.30 ID:CAP_USER
    「猫の手も借りたいほど」人手不足で違法雇用疑い 大阪の食品会社社長を逮捕

    大阪府警生野署は13日、ベトナム人留学生らを違法に働かせたとして、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで大阪市生野区の食品製造会社「ダイユー食品」社長で韓国籍の孫東出容疑者(49)=同市東住吉区杭全=や社員ら計4人を逮捕した。孫容疑者は「人手不足で猫の手も借りたいほどの状態だった」と供述している。

    生野署によると、同社は工場などで約50人が働き、外国人が多いという。従業員には、秋田県から失踪していたベトナム人の技能実習生が含まれていた。実習生は虚偽の内容で大阪入国管理局に難民申請をしており、同局がダイユー食品での不法就労を突き止め、府警に情報提供した。

    生野署は13日までに、違法に働いたとして入管難民法違反の疑いで、実習生を含むベトナムや中国籍の男女9人を逮捕、書類送検した。孫容疑者らの逮捕容疑は、国が定めた上限時間を超えて、ベトナム人の男2人にキムチの包装などの仕事をさせた疑い。

    ソース:SankeiBiz 2018.2.14 11:36
    https://www.sankeibiz.jp/compliance/news/180214/cpb1802141136001-n1.htm

    引用元: ・【大阪】留学生らを違法に働かせた(キムチの包装など)として、「ダイユー食品」社長で韓国籍の孫東出容疑者(49)らを逮捕[02/15]

    【【大阪】留学生らを違法に働かせた(キムチの包装など)として、「ダイユー食品」社長で韓国籍の孫東出容疑者(49)らを逮捕[02/15] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/12(木) 05:35:49.27 ID:CAP_USER
    オーストラリアでは多くの中国人学生が学んでいるが、このところ、授業における西洋的な価値観や中国に対する見方に反発する彼らの行動が大学側を悩ませている。特定のグループにより、キャンパスにおける言論の自由が制限されるという不安が、豪の大学で広がっているようだ。

    ◆物言う中国人学生、教授に抗議

    中国人学生と大学側の衝突で、最近多くのメディアに取り上げられたのは、「一つの中国」を巡るものだ。BBCによれば、豪ニューキャッスル大学の授業で「台湾は独立した国」という見解を示した教授に対し、中国人留学生たちが(教授の発言は)不快であり、教授は(クラスにたくさんいる中国人学生に)敬意を示すべきと抗議した。

    これに対し教授は、自分の考えでは台湾は別の国だとし、「あなたが私の考えに感化されたくないのであれば、あなたも私の意見に影響を与えようとすべきではない」と反論した。学生の1人が会話を録画しウェブサイトやソーシャルメディアに投稿したことで、注目を集める事態となった。

    この事件を受けて大学側は、授業の教材は第三者団体のレポートを参考文献として引用したもので、レポートでは「国(country)」と「地域(territory)」の両方の意味で国という言葉が使用されていた、と釈明している。また、教師と学生双方が文化的差異と敏感さに敬意を表することを期待すると述べ、動画が密かに撮られ表に出たことは残念だとしている(BBC)。

    ◆行動は政府の支持ではなく学生の意志

    豪ニュースサイト『new.com.au』は、このところ中国人学生が西洋的な教授法や考え方に公然と不満を述べ、公に謝罪や授業の進め方の変更を要求するようになっていると述べ、オーストラリアにおける中国の影響力の高まりを懸念している。

    BBCによれば、中国政府が学生に行動するよう圧力をかけていると疑う地元メディアもあり、今回の事件もその一つという見方もある。

    しかし、豪ローウィー研究所のメリデン・ヴァラル氏は、学生の抗議行動は、彼らが自ら選んだものだとする。1989年の天安門事件以来、中国ではイデオロギーが強化され、学生たちは中国政府におもねる信念を吹き込まれて育っている。

    多くの学生が領土や主権には強い意識を持ち、長年に渡り中国は外界の犠牲になって来たと信じているため、外国から「台湾は独立国」と言われれば、非常に感情的になり、客観的な議論は困難だと説明している(news.com.au)。

    一方、シドニー工科大学(UTS)の豪中関係研究所のジェームス・ローレンスソン教授は、ローウィー研究所のメディア『Interpreter』に寄稿し、学生の行動を政府のプロパガンダのせいにするのは、事実とフィクションが区別できる中国人の能力を過小評価しているという意見を支持する。

    領土的主権に関しては、彼らは全会一致で政府の主張を支持するが、官僚の腐敗、環境汚染、格差といった問題では、多くの中国人が政府を酷評していると述べ、白黒はっきりさせたいオーストラリア人と違い、ほとんどの中国人はより実際的だと述べる。

    同氏は、中国人学生は彼らが中国共産党の手先であり人質だという意見を拒絶しているのに、地元メディアが学生達の行動や発言を中国の脅威という狭い既成概念にむりやりはめ込もうとしていると指摘。それによって学生たちが包囲されていると感じることが問題だとしている。

    ◆表現の自由は双方に大切。問題解決が急務

    モナッシュ大学の講師、ジョナサン・ベニー氏は、中国人学生が意見を言うことに問題はないが、彼らが教師や他の学生が批判的意見を言うことを止めようとすることが問題だとする。一部の大学では、中国人学生への差別的な落書きなども見つかっており、反中感情の広がりも心配されている(BBC)。

    ローレンスソン教授は、現在オーストラリアには30以上の大学に10万人以上の中国人学生が学んでいると述べる。表現の自由はすべての学生にとっての本質的価値だが、中国人学生はオーストラリアに収入と文化的多様性をもたらす歓迎すべき存在であり、問題は解決するべきだとしている。

    http://blogos.com/article/251674/

    引用元: ・【オーストラリア】大学悩ます「反発する」中国人留学生 授業内容の変更や謝罪要求も[10/12]

    【【留学という名の侵略だろ】中国人留学生が圧力をかける「言論の自由」】の続きを読む

    1: Boo ★ 2017/12/20(水) 18:30:11.97 ID:CAP_USER
     東京で昨年11月に起きた中国人留学生殺人事件の裁判員裁判に中国メディアが殺到する異例の事態が起きている。東京地裁で開かれた20日の判決公判には35席の傍聴券を求めて中国メディアや中国人留学生ら294人が列を作った。一人娘を失った被害者の母親に対し、インターネット上で「一人っ子」世代の若者らの同情が集まったためだ。司法の独立など日本の法制度との違いから感情論も目立ち、国営メディアが沈静化に動いている。

     20日の判決は中国メディアがネットで速報し、中国から派遣された記者が地裁前から生中継で解説するなど大きく報道された。事件は東京都中野区のアパートで昨年11月、大学院生の江歌さん(当時24歳)を殺害したなどとして中国籍の陳世峰被告(26)を起訴。家令和典裁判長は、懲役20年(求刑同20年)の判決を言い渡した。江さんは陳被告の元交際相手の女性と同居しており、2人のトラブルに巻き込まれた。

     ネットニュース「梨視頻」日本編集部の周文晶編集長によると、11日の初公判で生配信した地裁前からのリポートは約1500万人が視聴したという。

     江さんの母親は死刑を求めて、東京の街頭やネットでの署名活動で450万筆以上を集めた。池袋などで署名活動に加わった上海出身の女子留学生(23)は「一人っ子政策が長く続いた中国は子どもが1人だけという家庭が多い。自分の親と重なり、かわいそうになった」と話した。

     王雲海・一橋大大学院教授(刑事法)は多くの中国メディアから「死刑判決を求める中国の民意がなぜ無視されるのか」と繰り返し尋ねられた。中国では「司法の独立は西側の誤った思想」(周強・最高人民法院院長)とされ、社会的に注目される事件では治安を重視する共産党の意向は無視できない。「『人民の意思』の名目で厳罰が科されることは珍しくない」という。

     死刑を求める世論が過熱気味なことから、中国共産党機関紙・人民日報も「素朴な正義感に価値はあるが、限界もある」と沈静化に乗り出した。

     中国人の海外留学生は2015年度で126万人、世界各国の留学生総数の4分の1を占める。海外で事件に巻き込まれる件数も多い。日本留学経験のある中国メディア記者は「外国との法制度の違いを読者に理解してもらう必要性は高まっているが、海外の情報を得にくい現状では容易ではない」と話した。【上海・林哲平、武内彩】

    以下省略
    https://mainichi.jp/articles/20171221/k00/00m/030/027000c

    引用元: ・【国内】中国人留学生殺人で東京地裁に傍聴殺到 司法違い感情論も[12/20]

    【【つくづく価値観を共有できない国 】「日本の司法は中国の民意を無視」中国人留学生同士殺人事件で中国メディア】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=10,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/11/25(土)11:44:49 ID:???
    軍事利用されるおそれのある、国土交通省のヘリコプターに搭載されていた赤外線カメラを中国に不正に輸出したとして、
    警視庁は22歳の中国人留学生を書類送検しました。

    書類送検されたのは都内の大学に通う22歳の中国人留学生です。
    警視庁の調べによりますと、留学生は去年5月、軍事用の航空機にも搭載できる赤外線カメラ1台を国の許可を受けずに
    香港に不正に輸出したとして外国為替および外国貿易法違反の疑いが持たれています。

    警視庁によりますと、このカメラは国土交通省のヘリコプターに搭載されていたもので、おととし9月、廃棄を決めて業者に
    処分を委託したということです。

    留学生は去年2月、埼玉県越谷市のリサイクル業者がインターネットのオークションにカメラを出品しているのを見つけ、
    およそ55万円で落札し、チャットで知り合った中国の軍事用品販売会社の男性におよそ250万円で売ったということです。

    カメラはアメリカ製でアメリカ軍のヘリコプターなどにも搭載され、およそ3000メートル先まで撮影することができるということです。

    調べに対し留学生は「お金に困ってやった。売り上げは生活費や学費に充てた」と供述し、容疑を認めているということです。

    (以下略)

    NHK/11月24日 20時28分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171124/k10011234391000.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 77◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509427909/

    引用元: ・【不正輸出】 軍事利用可能なカメラ 中国人留学生が不正輸出か「金に困り」[H29/11/25]

    【【また留学生と言う名の工作員かよ】 中国人留学生、「金に困り」軍事利用可能なカメラを不正輸出(警視庁)】の続きを読む

    このページのトップヘ