まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:直面

    1: まるっとニュー 2020/03/21(土) 14:10:53.47 ID:CAP_USER
    ※朝鮮日報の元記事(韓国語)
    飲酒者と痴呆老人にもあけられた部隊、'軍隊'としていてはいけない
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2020/03/18/2020031800013.html


    最近、韓国軍で喜劇のような「警戒失敗」事件が相次いで起きている。首都ソウルを守る防空陣地に泥酔した男が侵入したほか、海軍基地には認知症の高齢者が入り込んだ。

    朝鮮日報は「敵軍なら、皆殺しの危機に直面」と指摘。「世界の本物の軍隊に失礼」と軍紀の確立を促した。

    同紙によると、16日には首都防衛司令部に属する防空陣地に50代の男が侵入し、1時間にわたって闊歩(かっぽ)した。泥酔したまま、山菜を採ろうと垣根の下の地面を掘って入り込んだという。

    1月には認知症の70代の老人が何ら制止されることなく鎮海海軍基地の正門を通り抜け、1時間以上も歩き回った。

    正門には検問兵が3人いたにもかかわらず、電話をしたり車を監視したりしていて見逃したが、鎮海基地は警戒失敗を報告すらしなかった。

    これらのほかにも、今月7日には民間人2人が済州海軍基地の鉄条網を破って入り込み、デモを行った。

    2時間も基地を引っかき回し、記念写真まで撮った。基地がデモ隊の遊び場と化したのに、待機班は2時間後にようやく出動した。

    平沢基地では昨年、挙動不審者に逃げられてしまい、偽の犯人を仕立て上げて隠蔽(いんぺい)・捏造(ねつぞう)するという事件まで起きていた。

    一連の事態を朝鮮日報は「泥酔者や認知症の高齢者ではなく敵軍であったなら、皆殺しの危機に直面していただろう。これを軍隊と呼んだら、世界の本物の軍隊に対して失礼だ」などと非難。

    別の記事では「現政権発足後、軍首脳部が南北軍事合意など『平和ムード』に偏ったことが軍紀紊乱(びんらん)につながっているという指摘もある」と言及した。

    韓国の鄭景斗国防相は17日に緊急指揮官会議を開き、警戒失敗について「弁明の余地はない」「反省する」としつつ、「特段の対策」を強調。

    「改めて骨身を削る努力で警戒作戦システムを徹底して点検・補完し、作戦紀綱を確立するための特段の対策を整備せよ」と指示したが、韓国軍関係者は「事件が起こるたびに反省と補完を強調するが、一線部隊に下ってくる後続の指針は、いつも全く同じだったり形式的だったりする」と語った。

    鄭国防相の発言に関して、朝鮮日報は社説で「今や、この言葉を信頼する韓国国民はほとんどいないだろう。韓国軍は『軍事力ではなく対話で国を守る』という軍隊だ」と皮肉っぽく解説。

    「敵の顔色をうかがう、世界で唯一の軍隊でもある。北朝鮮が韓国を狙う弾道ミサイルを撃っても、『不詳』と言ってはぐらかす。この先、『警戒失敗』よりもっと大きな事件が起きてもおかしくはない」と危機感をあらわにした。


    2020年3月21日(土) 13時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b790957-s0-c10-d0059.html

    引用元: ・【韓国】 喜劇のような 「警戒失敗」 事件相次ぐ韓国軍、「敵軍なら皆殺しの危機に直面」 と韓国紙 [03/21]

    【それは予定通りの行動なんだろう【韓国】 喜劇のような 「警戒失敗」 事件相次ぐ韓国軍、「敵軍なら皆殺しの危機に直面」 と韓国紙 [03/21]】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/09/10(月) 16:33:39.47 ID:CAP_USER
    3年ぶりに中東呼吸器症候群(MERS)患者が発生し、ソウル市が危機を迎えている。10日、ソウル市は25の自治区の副区庁長を緊急招集して会議を開き、MERS患者A(61)が乗っていた飛行機に同乗した外国人の所在の把握に入った。

    ソウル市によると、現在ソウル居住者のうちMERS関連管理対象者はソウル大病院に隔離・治療中のAと密接接触者10人、日常接触者172人。日常接触者の中には外国人64人が含まれている。Aと同じ飛行機に乗って入国した外国人115人のうち居住地をソウルと明らかにした64人だ。

    ソウル市は自治区を通じて外国人64人の所在地を把握する方針だ。ソウル市のナ・ベクジュ市民健康局長は「自治区別に外国人が頻繁に訪れる宿舎を中心に宿泊客名簿と該当飛行機を通じて入国した外国人名簿を一つ一つ比較する予定」とし「1人も欠かさず所在地を確認する」と述べた。

    所在地が確認されれば能動監視に準ずる措置を取る。ソウル市の関係者は「当事者にMERS日常接触者であることを知らせ、1対1で管理する専門公務員を配置した後、毎日5回ほど電話相談を実施して症状を綿密に確認する」と話した。

    朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長も9日午後、MERS対応緊急会議を開き、これをフェイスブックを通じて生中継し、外国人の日常接触者に対する管理を特別指示した。

    この席で朴市長は「包囲網からもれる人が1人でもいればまた別の問題になる。大変な社会的波及と行政浪費など悪夢を繰り返さないよう、搭乗客全体を隔離措置することを求める」とし「航空機に搭乗した外国人の所在もすべて確認すべき」と強調した。

    一方、ソウル市は10日から日常接触者に対する管理を従来の「受動監視」から「能動監視」に転換した。受動監視は日常接触者に感染が疑われる症状が表れた場合に管轄保健所に申告する方式だが、能動監視体制では日常接触者に1対1担当公務員を配分し、該当公務員が毎日5回以上の電話をして状態を確認する。


    2018年09月10日14時26分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/973/244973.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【韓国】 MERS危機に直面したソウル市…「外国人同乗者64人を探せ」 [09/10]

    【【韓国】 MERS危機に直面したソウル市…「外国人同乗者64人を探せ」 [09/10] 】の続きを読む

    1: ばかばっか ★@無断転載は禁止 2016/07/19(火) 11:37:22.54 ID:CAP_USER
    韓国の中高生の162人に1人が同性との性的接触を持った経験があることが分かった。

    サムスンソウル病院産婦人科のチェ・ドゥソク、イ・ドンユン両教授による研究チームは、疾病管理本部が毎年、中高生の男女約8万人を対象に実施する「青少年健康状態オンライン調査」の5年分(2008-12年)のデータを分析した。
    研究チームによると、調査に応じた中高生37万3371人のうち2306人(0.6%)が「同性とキス、愛撫、性関係などの接触を持った経験がある」と答えた。
    うち男子は19万3375人のうち1360人(0.7%)、女子は17万9996人のうち946人(0.5%)だった。

    「異性との性的接触を持った経験がある」との回答は12万7594人で全体の34.1%だった。
    男子(31.2%)よりも女子(37.4%)の方が高かった。

    同性による性的接触を経験した生徒らは、異性間の性的接触を経験した生徒に比べ、飲酒、喫煙、薬物使用など有害な要素に接触するケースが多いことも分かった。
    同性間で性的接触があると答えた青少年の75.7%は飲酒、59.4%は喫煙の経験があった。
    これは異性間の性的接触経験がある生徒らと比べると、飲酒が2.8倍、喫煙が4.2倍の高さだ。

    同性間の性的接触経験がある青少年が薬物使用や暴力に直面するリスクも他の学生と比べそれぞれ13.5倍、9.8倍も高かった。
    また、「ゆううつさを感じた」との回答は60.9%、「自殺を考えたことがある」との回答は60.2%に達し、「自殺を試みたことがある」との回答も26.4%あった。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/19/2016071900898.html

    ニュース速報+ http://daily.2ch.net/newsplus/
    ニュース国際+ http://potato.2ch.net/news5plus/
    痛いニュース+ http://potato.2ch.net/dqnplus/
    PINKニュース+ http://phoebe.bbspink.com/pinkplus/

    引用元: ・【社会】韓国中高生の162人に1人が”同性と性的接触” 不良ほど同性経験の傾向も[07/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国人研究チーム「同性間性的接触者は、有害リスクに直面」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/02(水) 12:12:02.25 ID:CAP_USER.net
    2015年12月02日08時35分
    [中央日報/中央日報日本語版]

    韓国政府は日本の自民党の歴史検証機構の設置について「歴史の真実を歪曲と日本国内の一部の歴史修正主義の流れを後押しする方向に悪用されるならば、国際社会で、
    より大きな反発に直面することになるだろう」と1日、明らかにした。

    趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)外交部報道官はこの日午後、外交部庁舎で行われた定例記者会見で「日本の政界の動向を鋭意注視している」として、このように話した。

    日本の自民党は29日、19世紀末の日清戦争後の過去の歴史を検証する「歴史を学び未来を考える本部」をスタートさせた。これは第2次世界大戦のA級戦犯を処罰
    させた極東軍事裁判(東京裁判)や日本軍の慰安婦問題、南京大虐殺などの過程を検証することになる。戦後秩序を否定して過去の歴史を再び修正しようとするのではないか
    という憂慮を呼び起こしている。

    国際通貨基金(IMF)の中国の人民元に対する特別引き出し権(SDR)の主要通貨(バスケット)への編入決定については、「政府は人民元の国際化に先制的に対応
    するためこれまで中国との通貨・金融協力を強化してきており、今後もこのような協力を持続する予定」と明らかにした。趙報道官は「元貨のIMF特別引き出し権バスケット
    編入で国際取引・国際金融市場で人民元の活用がさらに拡大すると見られ、これに伴い中国の世界経済的地位も大きく上昇するものとみられる」としてこのように話した。

    http://japanese.joins.com/article/148/209148.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【話題】韓国政府が日本に警告「日本の自民党の検証機構、国際社会のより大きい反発に直面するだろう」

    【さすが歴史学者を裁判にかける国 【話題】韓国政府が日本に警告「日本の自民党の検証機構、国際社会のより大きい反発に直面するだろう」】の続きを読む

    このページのトップヘ