まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:窃盗

    1: まるっとニュー 2019/07/11(木) 04:38:32.54 ID:CAP_USER
    「日本の銀行は金利が安いから、大金がタンス預金されている」。高級住宅街を中心に約8000万円相当の窃盗を繰り返したとして、韓国籍の男2人が逮捕・送検されました。

    逮捕された韓国籍の朱昌星容疑者(69)と金江龍容疑者(52)は去年11月から今年1月にかけて兵庫県や大阪府の2階建て住宅に侵入し、現金や指輪など盗む窃盗を計44件繰り返した疑いが持たれています。被害総額は約8120万円に上るとみられています。警察によりますと、2人は高級住宅地ばかりを狙い、インターホンを鳴らして不在を確認した上で窓ガラスを割って侵入し家中を物色していたということです。2人は「生活費のためにやった」と容疑を認めていて「日本の銀行は利子が安く日本人は大金をタンスに置いている。高級住宅に入れば大金が手に入る」と判断したと話しています。被害者の家のインターホンに録画された映像には2人以外の男も映っていて警察は逃走している男の行方を追っています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00022454-asahibc-soci
    7/8(月) 19:47配信 記事元ABCテレビ

    引用元: ・【社会】「日本は大金がタンス預金」高級住宅街ばかり窃盗44件8000万円被害 韓国籍の男2人を逮捕 他に逃走している男の行方追う[7/8]

    【早くビザなしやめろよ 【社会】「日本は大金がタンス預金」高級住宅街ばかり窃盗44件8000万円被害 韓国籍の男2人を逮捕 他に逃走している男の行方追う[7/8] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/28(金) 18:06:53.29 ID:CAP_USER
    no title

    【FNN PRIME 独自】

    今、鑑賞用にメダカを飼う人が増えていて、1匹数万円で取引されることもあるという。

    その人気に目をつけたのか、飼育場からメダカを盗んだ男が逮捕された。

    住宅の中にあるメダカの飼育場。

    水槽から、男が網でメダカをすくう。

    男はさらに、奥の水槽からも次々とメダカをすくう。

    6月12日、栃木・佐野市の住宅からメダカ20匹が盗まれた様子をとらえた映像で、警察はこの映像などから、韓国籍の村田明こと、李龍道容疑者(71)を窃盗の疑いで逮捕した。

    被害に遭った男性は、「だいたい2年前から1箱数百匹とか入っている箱を、そのまま1箱盗まれることが何回かあった」と話した。

    李容疑者は、「好きなメダカを飼ってみたかった」と容疑を認めている。

    記事先に動画有り
    https://sp.fnn.jp/posts/00419956CX/201906281201_CX_CX
    FNN PRIME 2019年6月28日 金曜 午後0:01

    引用元: ・【社会】網でメダカすくう男 犯行一部始終 「飼ってみたかった」韓国籍の男(71)を窃盗の疑いで逮捕[6/28]

    【盗り慣れてるわコレw 【社会】網でメダカすくう男 犯行一部始終 「飼ってみたかった」韓国籍の男(71)を窃盗の疑いで逮捕[6/28] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/27(火) 13:09:14.79 ID:CAP_USER
    今月18日、東京警察病院から逃走した韓国籍の男が、27日東京都内で身柄を確保され、窃盗の疑いで逮捕されました。男は窃盗事件で逮捕されたあと、けがの治療のために釈放中に逃走していて、警視庁は、10日間にわたって逃走していた足取りについて詳しく調べることにしています。

    逮捕されたのは、住所不詳で韓国籍の※金ゲン基容疑者(64)で、今月13日、中野区のすし店に侵入し、現金を盗んだ疑いが持たれています。

    金容疑者は、この事件で最初に逮捕された際、逃げようとして階段から転落して骨折し、東京警察病院で治療を受けていましたが、今月18日、逃走し、警視庁が指名手配していました。

    その結果、27日午前11時半ごろ、東京都内で金容疑者が見つかり、身柄を確保され、窃盗の疑いで逮捕されたことが捜査関係者への取材でわかりました。

    これまでの調べで、金容疑者はバスやタクシー、それに知人とみられる人物の車を使い、逃走した日の夜には川崎市のカプセルホテルに泊まり、逃走の2日後には名古屋市の薬局に侵入し、現金数万円を盗んだとみられています。

    薬局の防犯カメラに特徴がよく似た姿が写っていたということです。

    警視庁は、10日間にわたって逃走していた足取りについて詳しく調べることにしています。

    (※ゲンはさんずいの右に「元」)

    ソース:NHKニュース<警察病院から逃走 韓国籍の男を窃盗の疑いで逮捕 警視庁>
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190827/k10012050381000.html

    関連スレ:【おかっぱカツラで犯行】上半身裸で確保の瞬間 その後逃走した指名手配の韓国籍(男)キム・ウォンギ容疑者(64)はいまどこに[8/20]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566311259/

    引用元: ・【国内】 警察病院から逃走していた韓国籍の男、都内で逮捕~窃盗容疑[08/27]

    【取り巻きも含めて祖国に強制送還をお願いします。【国内】 警察病院から逃走していた韓国籍の男、都内で逮捕~窃盗容疑[08/27] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/04/19(金) 09:20:59.66 ID:CAP_USER
    配達員が少し場を離れている間にオートバイの保管箱に入っていた食べ物が消える事件が頻発して、警察が犯人を捕まえてみれば手配中の性暴行事件の容疑者だった。

    去る4日に光州広域市西区のあるワンルーム密集地域で出前をしていたA氏は荒唐無稽な出来事を経験した。

    出前を家に持っていくためオートバイから降りて少し場を離れている間、オートバイの保管箱に入っていたハンバーガーなど食べ物が消えていたのだ。

    この一帯では去年12月から4月始めまで、配達オートバイの保管箱にあったチキン、ピザ、キムチチゲなどが突然消える出来事が頻発していた。

    このような窃盗が続けて発生すると警察は出前が頻繁なワンルーム一帯を集中的に捜索した。

    防犯カメラの分析を通じて容疑者の聞き込みした警察はB(46)氏を去る5日に出前窃盗犯として捕まえた。

    B氏は警察の調査で「ホームレス生活をして腹が空いており、このような事をした」と供述した。

    B氏は生計型犯罪で軽い処罰をされる所だったが、彼に対する身元照会の結果が出て状況が変わった。

    B氏は性暴行事件で手配されていた犯罪容疑者だったのだ。

    光州西部警察署はB氏を直ちに検挙して窃盗の疑いで立件した後、身柄を富平警察署に引き継いだ。

    警察関係者は18日「警察の追跡を逃れるために食べ物を盗んで食べて隠遁生活をしていたものと見られる」として「再び別の追加犯行に繋がる前に検挙することができて良かった」と説明した。

    2019-04-18 14:43:41
    https://www.segye.com/newsView/20190418508442

    引用元: ・【韓国】出前窃盗犯のホームレスの正体は?[04/18]

    【なんというテンプレ【韓国】出前窃盗犯のホームレスの正体は?[04/18] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/05/31(金) 22:11:49.48 ID:CAP_USER
    関西中心にガソリンスタンドや病院で盗みを繰り返したとして、大阪府警捜査3課は30日、窃盗などの疑いで大阪市生野区新今里の韓国籍、金知樹(きんちじゅ)被告(47)=窃盗や傷害罪などで起訴=ら計4人を逮捕、送検したと発表した。

     金容疑者は昨年9月、同区で警察官が不審車2台に計7発発砲した事件で現場から逃走したが、その後、府警が身柄を確保し余罪を捜査していた。

     同課によると、金容疑者らは平成28年11月~30年8月にかけ、大阪や兵庫、京都など7府県の病院やガソリンスタンドで、現金や金庫を狙って窃盗を繰り返したという。同課は計246件、約5400万円相当の被害を裏付けた。

     金容疑者は昨年9月12日未明、生野区内の路上で、追跡してきた府警のパトカーに乗用車を衝突させ、警察官を負傷させたとして逮捕、起訴されている。警察官が車に向けて発砲したが、金容疑者はその場から逃走。府警は同月26日に金容疑者を逮捕した。

    https://www.sankei.com/west/news/190530/wst1905300013-n1.html
    産経WEST 2019.5.30 12:07

    引用元: ・【社会】生野発砲事件で逃走の韓国籍の男 多数の窃盗容疑でも立件-大阪府警[5/30]

    【確実に強制送還しろよ! 【社会】生野発砲事件で逃走の韓国籍の男 多数の窃盗容疑でも立件-大阪府警[5/30] 】の続きを読む

    このページのトップヘ