まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:精神疾患

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/13(木) 09:55:47.46 ID:CAP_USER
    韓国の成人4人のうち1人は、精神疾患を1回以上経験していることが分かりました。

    保健福祉部が去年7月から11月にかけて全国の18歳以上の成人5102人を対象に実施した「2016年精神疾患実態疫学調査」によりますと、
    全体の25.4%がうつ病や不安障害、アルコール・ニコチン使用障害などの精神疾患を1回以上経験しているということです。

    疾患別でみますと、アルコール使用障害が12.2%でもっとも多く、次いでニコチン使用障害が10.6%、
    不安障害が6.7%、うつ病などの気分障害が3.3%の順でした。

    性別でみますと男性が28.8%、女性が21.9%で、男性の有病率が女性より高くなっています。

    一方、精神疾患を経験した人のうち、病院で相談や診療を受けたことがあると答えた人は22.2%にとどまっており、
    これを受けて政府は、精神健康サービスの利用率向上と精神疾患の早期発見や早期治療に向けた対策づくりを引き続き進めていく方針です。


    2017-04-13 09:42:30
    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=63227&id=Dm

    引用元: ・【韓国】成人の4人に1人 精神疾患を経験[04/13]©2ch.net

    【【やっぱ】韓国の成人の25.4%が精神疾患を経験、診療を受けた人は22.2%】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/02/14(火) 09:14:23.61 ID:CAP_USER
    「人面獣心」...窓ガラス破り侵入して強姦した後、「刑が重すぎる」

    「被害者は通っていた職場をやめて住まいも移動...手口は非常に危険」

    前如此、友人が住んでいる2階ワンルームに外壁を乗り越えて入って強姦したり、家出した同居女性を監禁して数回性暴行した男たちに、裁判所が相次いで実刑を宣告した。

    大田高裁第1刑事部は、強姦致傷の疑いで起訴されたA(24)氏の控訴審で懲役5年を宣告した原審を維持したと13日明らかにした。

    Aさんは昨年7月21日午前1時15分ごろ、大田市儒城区の元ガールフレンド(22)の2階のワンルームに外壁を乗り越えて入って服を脱がせた後、類似強姦するなどの傷害を負わせた疑いで起訴された。

    Aさんは、「原審の刑が重すぎて不当だ」とアピールした。

    しかし、裁判所は「被害者は通っていた仕事を辞めて住まいを移し、被告との接触を完全に遮断した状態で、被告人は許されていない」、「被害者が眠っていた夜中に外壁を乗り越えて2階の窓から入って窓ガラスを破って無断で侵入した行為は、手口が非常に危険である」と説明した。

    一方、大田高裁第1刑事部はまた、強姦と強制わいせつ、特殊監禁、傷害などの疑いで起訴されたB(35)さんの控訴審でも懲役5年と性暴力治療プログラム履修80時間を命じた。

    B氏は昨年2月18日午後3時ごろ、忠清北道鎮川郡のコンビニで家出した同棲女性C(33)さんを車に乗せた後、家に移動し、20日午後までに凶器で威嚇、殴るなどして監禁して8回にわたって性的暴行をしたり、わいせつ行為をした容疑で裁判に持ち込まれた。

    Bさんはまた、同意なしにCさんの車に位置追跡装置を取り付けた疑いも受けている。

    監禁されたCさんは、Bさんが眠っている隙に脱出した後、近くの飲食店の厨房に隠れて警察に通報した。

    Bさんは、「相互の合意の上で性的関係をし、被害者がうつ病障害などの精神疾患と精神異常や妄想の程度に達した」と主張しさえした。

    しかし、裁判所は「被告人は、同棲関係を清算しようと家を出た被害者の位置情報を追跡して探し出した後、凶器を使用して、監禁して暴力をふるったり、強姦して罪質が非常に悪い」と明らかにした。

    ソース:ノーカットニュース 2017-02-13 18:04(機械翻訳)
    http://www.nocutnews.co.kr/news/4733066

    引用元: ・【韓国】「合意の上で性的関係。被害者が精神疾患と精神異常、妄想に達した」…性暴行した男たちに相次いで実刑宣告[02/14] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国においては】性暴行した男たち「合意の上」「被害者が精神疾患と精神異常、妄想」「刑が重すぎる」】の続きを読む

    このページのトップヘ