まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:約束

    1: まるっとニュー 2020/06/27(土) 01:25:57.49 ID:CAP_USER
    韓国のユネスコ大使 産業革命遺産巡り日本を批判=「委員国に説明」
    産業革命遺産巡り日本を批判=「委員国に説明」

    【パリ聯合ニュース】国連教育科学文化機関(ユネスコ)韓国代表部の金東起(キム・ドンギ)大使は25日、現地の韓国メディア特派員と懇談し、2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」(23施設)に関連し、「日本は人類共同の文化遺産に関して公の場で約束した内容を順守しなければならないということを、世界遺産委員会の21の委員国に伝えている」と述べ、世界遺産委員会が開催されれば韓国政府が要求した内容が正式に議論されるとの見方を示した。

     産業革命遺産には、長崎市の端島炭坑(軍艦島)など日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が労働を強いられた7施設が含まれている。世界遺産登録の際に日本は、朝鮮半島出身者などが意思に反して一部の施設に連れて来られ、厳しい環境で働かされたとしながら、犠牲者を記憶するための情報センター設置などを進めると表明した。

     しかし、今月15日に一般公開が始まった産業革命遺産を紹介する産業遺産情報センター(東京都新宿区)は、強制徴用を否定する証言や資料を展示している。韓国政府は日本が約束した措置を履行していないとして強く抗議した。

     康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は22日にユネスコのアズレ事務局長に宛てた書簡で、産業革命遺産の世界遺産登録取り消しの可能性を含め、世界遺産委員会が日本に忠実な措置の履行を促す決定文を採択するよう、積極的な協力と支持を要請した。

     金氏はこの日の懇談会で、産業遺産情報センターが強制徴用の事実を記載していないことについて、「日本は本人たちの言ったことを守らず、世界遺産委員会の権威も無視した」「日本のイメージを自ら失墜させている」などと強く批判した上で、「日本は直ちに措置の履行に乗り出すべきだ」と求めた。こうした立場で世界遺産委員会の委員国の大使たちと接触しているという。

     世界遺産委員会は世界遺産条約に基づき設置された政府間委員会で、21カ国からなる。韓国と日本は委員国ではない。今年の委員会開催は6月29~7月9日を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期された。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/26/2020062680055.html

    引用元: ・【国際】韓国のユネスコ大使「日本は約束を守れと21の委員国に伝えている」 [動物園φ★]

    【 約束守れない韓国人がそれを言うの? 【国際】韓国のユネスコ大使「日本は約束を守れと21の委員国に伝えている」 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/12/03(火) 21:49:36.05 ID:CAP_USER
    2019年12月2日、15年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の勧告事項に対する2回目の進捗状況報告書が発表された。これについて韓国政府は「韓国人に対する強制労働の認定や犠牲者を追悼するための措置に関する事項が含まれていなかった」と指摘した。

    韓国・聯合ニュースによると、韓国の外交部当局者は3日、同報告書について「17年の1回目の報告書と大きく変わった内容はない」と述べた。同部報道官も論評を出し、「日本は韓国人の強制労働を認め、犠牲者を追悼するための措置を取ると約束したにもかかわらず、今回の報告書にも関連の内容はなかった」として遺憾の意を示した。

    また「世界遺産委員会は当事者国間の対話を勧告したが、日本が韓国の対話要請に応じず一方的に同報告書を作成し、提出したことについても失望を禁じ得ない」と批判。その上で日本に向け「国際社会と約束した強制労働の犠牲者を追悼するための措置を誠実に履行すること」「関連の対話に迅速に応じること」を要求したという。

    これを受け、韓国のネットユーザーからも「日本はいつになったら歴史を直視する?」「日本は平気で約束を破るから信じられない」「日本が歴史を反省することはないし、正しい歴史を伝えることもないだろう」など批判的な声が上がっている。また「日本製品を買う人たちは反省するべき」「韓国国民は日本の歴史教育が正常化される日まで日本不買運動を続けなければならない」と訴える声も。

    その他、韓国政府に対して「だまされた韓国政府にも非がある」「韓国政府が無能だっただけ」「今回もまた遺憾を表明するだけ?。情けない」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)
    https://www.recordchina.co.jp/b764099-s0-c10-d0058.html
    日本の世界遺産報告書に韓国が遺憾の意「約束守って」

    引用元: ・【国際】韓国「日本は約束守って」[12/3]

    【白昼夢みて現実と勘違いすんな【国際】韓国「日本は約束守って」[12/3] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/03/20(水) 10:56:05.67 ID:CAP_USER
    国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会が、日本が「明治日本の産業革命遺産」を世界遺産に登録しながら約束した強制徴用の事実を伝える後続措置履行に対して「忠実に見守っている」と明らかにした。 

      これに先立ち、日本政府は2015年に端島(軍艦島)・高島・三池などの炭鉱や八幡製鉄所など「明治日本の産業革命遺産」をユネスコ世界遺産に登録しながら、朝鮮人強制徴用の事実を伝える情報センター設置など後続措置を約束したが、今まで履行しないでいる。 

      誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は「昨年12月にこのような状況を指摘する内容の手紙をユネスコのオードレ・アズレ事務総長と世界遺産委員会委員国21カ国に送った」とし「最近、ユネスコから回答を受け取った」と伝えた。 

      徐教授は手紙を送った当時、日本が約束を履行しない現場(端島・高島・三池炭鉱や八幡製鉄所など)を自ら現地調査して撮影した写真資料を同封した。 

      ユネスコは返信で「情報および意見を求めるために、われわれは管轄当局であるユネスコ日本代表部に貴下の手紙を伝達した」とし「われわれは諮問機関と協力して、世界遺産委員会の決定を実行することと同時に忠実に見守っている」と答えた。 

      あわせて徐教授は今年4月に端島炭鉱を訪問した後、強制徴用事実を知らせる後続措置の有無を確認して、再びユネスコに状況を伝える写真と映像などを送る計画だ。 

      徐教授は「日本は明治日本の産業革命遺産をユネスコ世界遺産に登録した後、約束の履行はせずにただ観光地としてのみ広報している」とし「このような現実をユネスコに繰り返し伝え、日本政府を圧迫していく」と話した。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=251466&servcode=a00&sectcode=a10
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年03月20日 10時32分

    引用元: ・【徐敬徳教授】日本の世界遺産内の強制徴用表示…ユネスコ「約束履行を見守っている」[3/20]

    【商売で反日やってる詐欺師教授 【徐敬徳教授】日本の世界遺産内の強制徴用表示…ユネスコ「約束履行を見守っている」[3/20] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/29(火) 20:15:21.41 ID:CAP_USER
    2017年8月29日、韓国・聯合ニュースなどによると、離婚をめぐって韓国人の妻や親族と対立し、義姉を殺害した60代の日本人の男が韓国で警察に逮捕された。

    ソウル近郊、河南(ハナム)市の警察署は同日、殺人などの容疑で日本国籍の無職の男(69)を逮捕し取り調べていることを明らかにした。警察によると、男は28日午後8時30分ごろ、河南市内の義姉Aさん(69)宅で、あらかじめ用意した鈍器でAさんを殴り殺害した疑いが持たれている。

    また犯行直後、Aさんを訪ねてきた自身の妻Bさん(65)にも攻撃し、けがをさせた疑いがある。男は駆け付けた警察官に現行犯逮捕され、犯行をすべて認めているという。

    男は警察の取り調べで、金銭問題で妻と口論が続き、妻の実家の親族らが「離婚してくれたら日本に帰れるよう経費を支払う」と約束したが、その約束が守られなかったことから犯行に及んだと供述している。

    男は2010年に日本でBさんと出会い結婚、12年から韓国で暮らしてきたが、最近になって妻から離婚を求められ、さらに家に入れてもらえなくなり数日間、野宿生活もしたという。男は犯行に先立って裁判所に離婚裁判の訴状を提出していた。

    この報道には韓国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられており、「自国民保護を後回しにして外国人ばかりかばうからこんなことになるんだ!」との怒りのコメントが最多の共感を得ているほか、「無期懲役で食べさせるのももったいないな」「その年で結婚したのが間違い。愛人にしておけばよかったのに」と男への厳しい声もみえる。

    しかし意外にも多いのが、殺人犯となってしまった日本人に同情する声だ。

    「行き場もないはずの旦那さんを家に入れないなんてあんまりだ」「異国で野宿生活とは…悪い感情を持って当然だよ」「奥さんのやり方がひど過ぎる」「日本に帰る交通費くらい渡せばよかったじゃないか。外国で言葉も通じず仕事もできず、どうしろって言うんだ?」など、「殺人事件は妻やその親族自身が招いたもの」とするコメントが目立つ。

    また、「きっと身ぐるみ剥がされたんだろう。かわいそうな人だ」と、男が妻や親族からだまされていたのではとの指摘や、「日本人が我慢できないというのはよほどのこと」と、日本人の特性に言及するコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/b188976-s0-c30.html

    no title

    写真は韓国のパトカー。

    引用元: ・【韓国】韓国の日本人夫が義姉を鈍器で殴り殺害=韓国ネットからは男に同情の声も「日本人が我慢できないというのはよほどのこと」[8/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【南朝鮮人女に騙される日本人男 】「約束が守られなかった」韓国の日本人夫が義姉を鈍器で殴り殺害】の続きを読む

    1: 転載したら抗議に行くよ@Ttongsulian ★@無断転載は禁止 2016/11/30(水) 13:50:06.51 ID:CAP_USER
    次世代潜水艦導入業務を担当して潜水艦の試運転評価を操作して退役後の就職を
    約束させた領官級将校に懲役刑が宣告された。

    ソウル中央地法刑事合意30部(シム・ダム部長判事)は29日、予備役海軍大領の
    イム某被告(57)と予備役空軍少領のソン某被告(45)に賂物収受罪(ワイロの約束)を
    認定して懲役2年に執行猶予3年をそれぞれ宣告した。

    彼らは現代重工業が建造したチャンポゴ-Ⅱ 1次事業の潜水艦3隻(1800t)の試運転
    評価関連業務を担当しながら現代重工業に便宜を図った代わりに退役後の就職を
    約束させた嫌疑で起訴された。

    実際に現代重工業は潜水艦を軍に引き渡したあと彼らを部長などに採用したことが
    分かった。

    裁判部は「被告人は現代重工業に就職しながら通常的な特別経歴採用と違って
    入社願書を出しておらず、会社側に先に就職を要請した」とし「被告人に対する
    就職の約束と職務が対価関係にあることを認定することが出来る」と指摘した。

    続いて「被告人の行為は職務に関する公正性と不可買収性、国民の信頼を毀損した
    だけなく、自身らが担当した防衛事業が国家安保に及ぶ影響を忘却した行為」として
    「それなのに就職の経緯に対して納得し難い弁明に一貫するなど反省する姿を見る
    ことが出来ない」と量刑の理由を明らかにした。

    2016/11/29 17:49
    http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20161129010019964


    <<一部抜粋>>

    ただし裁判府は彼らが潜水艦導入の過程で潜水艦の欠陥を黙認したり、一部の
    試験運転を免状するやり方で事を処理して国家に300億ウォン台の損害を与えた
    嫌疑(特定経済犯罪加重処罰法上の背任)は「犯罪の証明が成されなかった」と
    無罪と判断した。

    2016/11/29 15:52
    http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=3385610

    【韓国/軍事】 海軍潜水艦「安重根艦」のプロペラ(スクリュー)に151個の亀裂が見つかり、不良品だと発覚[9/22]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1442927455/
    【産経】ドイツ生まれの韓国潜水艦のトラブル数が決める? 豪州次期潜水艦をめぐる日独受注戦 開発元のドイツも頭痛[12/14]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1450093206/
    【韓国/軍事】「潜水できない潜水艦」を購入した海軍、将校がドイツの関連企業から性接待を受けた疑惑[04/21]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1461209991/

    引用元: ・【韓国/軍事】退役後の就職を約束させて次世代潜水艦導入で「不正評価」…予備役将校に懲役刑[11/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【こんなのばっか 】韓国海軍将校、退役後の就職を約束させて次世代潜水艦導入で「不正評価」】の続きを読む

    このページのトップヘ