まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:紛糾

    1: Ikh ★ 2018/10/10(水) 09:13:52.74 ID:CAP_USER
     ジャカルタ・アジアパラ大会で8日に行われた競泳男子400メートルリレー(運動機能障害)で1着だった日本が失格となり、抗議により復活する一幕があった。その裁定に対する他国からの反発で再び紛糾したが、結局は日本の金メダルが確定した。

     関係者の話を総合すると、泳ぎ終わった選手にプールからの速やかな退出を求める規定に日本が抵触したとして、一度は失格となった。審判員が他国の選手と取り違えたという日本の抗議が認められ、成績が復活。3着だった韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」がその裁定を不服として抗議したが却下され、着順通りに順位が確定した。

     騒動を受け、競技委員長の判断により、同種目の表彰式は9日以降に延期された。(共同)

    ソース
    サンスポ 2018.10.9 10:48
    https://www.sanspo.com/sports/news/20181009/swi18100910480001-n1.html

    引用元: ・【スポーツ】アジアパラ大会競泳で日本の順位巡り紛糾…「コリア」が抗議

    【参加させると毎回をトラブル【スポーツ】アジアパラ大会競泳で日本の順位巡り紛糾…「コリア」が抗議 】の続きを読む

    1: 【B:117 W:64 H:86 (A cup)】 @なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 10:21:16.01 ID:???.net
     忠清北道議会が、中断されている山梨県議会との交流再開に向けた動きを見せ、論議を呼んでいる。
     日本の安倍政権による歴史の歪曲(わいきょく)、独島(日本名:竹島)の領有権主張、集団的自衛権の行使を容認する法案の強行採決などで対日感情が悪化している中で、交流を推進するのは「時期尚早」だと指摘する声が出ている。
     忠清北道議会が19日に発表したところによると、山梨県議会の石井脩徳議長をはじめとする議員12人が、来月3日に忠清北道を訪問するという。
     一行は李始鍾(イ・シジョン)道知事とイ・オング道議会議長を表敬訪問する予定で、この席に交流の再開を正式に要請する意向だという。
     山梨県議会は今年4月、忠清北道側に交流の再開を求めていた。当時、在日本大韓民国民団(民団)山梨県地方本部のチョン・ウク団長と同県甲府北ロータリークラブの会長が忠清北道を訪問した。
     一行はイ議長を表敬訪問し、交流事業の再開などの内容を盛り込んだ山梨県議会議長の親書を手渡した。
     これに対し、忠清北道議会は交流再開についての意向を表明していない。
    だが、同議会事務局は交流を再開する確証を得て、山梨県議会の一行の訪問を受け入れる準備を進めているという。
    このため、すでに内部では交流再開が決まっているのではないかとの話が出ている。
     同議会事務局の関係者は「山梨県議会との交流を再開することで、議長団の意見が一致したと聞いている」と語った。
     だが、同議会周辺では、交流再開に反対する声も根強い。一部の道議会議員たちは意見の取りまとめが十分に行われなかったという点を挙げている。
     セヌリ党に所属するキム・ボンフェ副議長は「山梨県議会の一行が忠清北道を訪問するという事実を知らなかった。いつ来るのか」と聞き返した。
     新政治民主連合のチェ・ビョンユン院内代表も「山梨県議会の一行が訪問するというのは知らなかった。イ議長と一部の議員たちが進めているようだ」と語った。
     その上で「今は交流を再開する時期ではなく、もっと時期を遅らせるべきだ。議員一人一人だけでなく、道議会全体が批判に直面しかねないだけに、慎重を期す必要がある」と付け加えた。
     民団体も交流再開に反対する意向を表明した。忠北参与自治市民連帯のイ・ソンヨン事務局長は「民族的な感情などを無視し、交流を再開するほど差し迫った状況ではない。
    日本が歴史を反省、謝罪していない状態で交流を進めるのは大きな問題がある」と指摘した。
     これに対し、イ・オング道議会議長は「まだ交流再開が決まったわけではない。山梨県議会から交流再開の申し入れがあった場合、検討した上で再開の有無を決定する方針だ」と話した。
     忠清北道議会は1992年、同道と山梨県の姉妹提携をきっかけに、同県議会との交流を進めてきた。だが、日本で歴史を否定する動きが高まってきた2008年以降、交流を中断した。
     07年、道議会の代表団15人が、山梨県主催の姉妹提携15周年記念式典に出席したのが、現在のところ両道県議会の最後の相互訪問となっている。
     12年、山梨県議会が関係修復の意向を伝えたが、忠清北道議会は「丁重に断った」という。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/07/20/2015072000954.html

    引用元: ・【韓国】忠清北道議会、山梨県議会との交流再開めぐり紛糾[07/20]

    【山梨側が擦り寄って行ってるじゃないか 【韓国】忠清北道議会、山梨県議会との交流再開めぐり紛糾[07/20]】の続きを読む

    このページのトップヘ