まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:罰金

    1: まるっとニュー 2019/11/29(金) 19:09:57.04 ID:CAP_USER
    民族差別をあおるヘイトスピーチを繰り返し、京都市の朝鮮学校の名誉を傷つけた罪に問われた在特会=「在日特権を許さない市民の会」の元幹部に対し、京都地方裁判所は無罪の主張を退け、罰金50万円の有罪判決を言い渡しました。

    在特会の元京都支部長、西村斉被告(51)は、おととし4月、京都市南区の公園で「朝鮮学校は日本人を拉致している」、「校長は指名手配されている」などと拡声機で繰り返し発言し、その様子をインターネット上に配信したとして、名誉毀損の罪に問われました。

    裁判で西村被告は「学校を支配する朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会に抗議しようとしただけだ」などと無罪を主張していました。

    29日の判決で京都地方裁判所の柴山智裁判長は「被告の発言は、京都の朝鮮学校の校長が日本人を拉致したとするもので、真実性の証明がなく、名誉毀損にあたる。拡声機を使用したり動画で配信したりした行為は伝ぱ性が高く軽視できない」と指摘し、無罪の主張を退けました。

    一方で「拉致事件に関する事実関係を明らかにするという目的で行為に及んだもので、公益を図る目的はあったと認められる。懲役刑を選択すべき程度に重いものとはいえない」として、罰金50万円を言い渡しました。

    検察の求刑は懲役1年6か月でした。

    被告弁護団「表現の自由の萎縮につながる可能性がある」
    no title


    西村被告の弁護団が判決のあと記者会見を開き、徳永信一主任弁護士は、「本人は『主張が認められず残念で、市民活動家が街頭で演説ができなくならないか危惧している』と話していた」と述べました。

    そのうえで、裁判所の判断については、「発言の公益性を認めたことについては評価できるが、内容の解釈については主張が認められず、言論活動における表現の自由の萎縮につながる可能性がある」と話しました。

    西村被告は判決を不服として控訴したということです。

    朝鮮学校側「子どもたちの痛みに触れられず 不当な判決」
    no title


    判決を受けて、京都市の京都朝鮮学園は弁護士会館で記者会見を開きました。

    京都朝鮮学園の柴松枝理事は「きょうの判決が根深い民族差別の解消につながるきっかけになると期待していたが、京都の朝鮮学校の子どもたちの痛みや苦しみ、不安について触れられず、残念でたまらない。不当な判決だ」と話しました。

    学校側の弁護団の冨増四季弁護士は「公園でヘイトスピーチを行うという手法に公益性があると言えるのか、ヘイトクライムの本質を見失っているもので、強く非難したい」と話していました。

    京都府 ネットなどへの差別的書き込みをモニタリング

    ヘイトスピーチは、最近ではインターネットやSNSを使って拡散されるケースが増えています。

    いったん書き込みが投稿されてしまうと、次々と転載されるため、削除は難しく、以前に比べて被害はより深刻になっていると指摘されています。

    京都府はこうした状況を把握するため、京都府立大学に委託して差別的な書き込みを見つけ出すモニタリングを5年前から行っています。

    差別的なことばなど200以上をキーワードとしてパソコンの専用プログラムに登録し、インターネットの掲示板やブログ、動画共有サイトなどの書き込みを検索します。

    書き込みの数が多く、すべてを確認することができないため、京都府内の地名や駅名が含まれたものに限定していますが、それでも年間で1万件から2万件がヒットするということです。

    その中から、職員たちが前後の文脈を読み込むなどしながら、人権侵害にあたると思われる書き込みを抽出し「表現の自由」も考慮しながら慎重に確認を重ねたうえで、特に悪質とみられるものを法務省を通してプロバイダーに削除要請しています。

    去年は、1年間におよそ1万2000件の書き込みがヒットし、そのうち25件を法務省に通報したということです。

    京都府人権啓発推進室の藤巻秀和参事は「毎年のように新規の書き込みがされ、いたちごっことなり、なかなか一自治体では厳しい部分がありますが、わずかでもできることをやっていこうと取り組んでいます」と話していました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191129/k10012195751000.html
    NHKニュース 2019年11月29日 17時20分

    引用元: ・【朝鮮学校側 不当な判決】ヘイトスピーチで名誉毀損罪 在特会元京都支部長、西村斉被告に罰金50万円の有罪判決-京都地裁[11/29]

    【日本人に対する差別だよな 【朝鮮学校側 不当な判決】ヘイトスピーチで名誉毀損罪 在特会元京都支部長、西村斉被告に罰金50万円の有罪判決-京都地裁[11/29] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/04/22(月) 11:02:14.88 ID:CAP_USER
    韓国のソウル市漢江公園でここ最近とんでもない苦情が寄せられているという。

    それは若者が夜な夜な公園にテントを張り深夜に猥褻な行為、いわゆる性行為をしているのだという。それだけではなくゴミも増えゴミ削減と健全化のためにソウル市は4月21日に改善対策を発表した。

    公園でテントを張って性行為をしているのはお金が無い若者。近隣住民や普通に公園を使いたい人から多くの苦情が寄せられているという。

    そんな状況に対策として夜7時以降はテントを撤去するようにと命じ、またテントの入口や窓を2箇所以上開放するようにとした。

    もしこれらを破った場合は法令に基づいて100万ウォン(約10万円)の罰金を科すとしている。

    この公園はテント使用な公園であるが、使用可能な箇所を縮小する計画で、テントの大きさも縦・横2メートル以下に制限。

    今回の件でソウル市は4月22日の月曜日から取り締まる人員230人を投入し、1日8回以上のパトロールと指導を行う。

    またゴミ問題も大幅に強化し、今後漢江公園でイベントを行う団体は清掃計画書と清掃保証金を払わないといけない。


    2019/04/21 19:40:10
    https://gogotsu.com/archives/50208

    引用元: ・【韓国】 公園でテントを張り猥褻行為する若者が続出 そのためテントを閉めた場合は罰金10万円に [04/22]

    【あるのは旺盛な性欲だけw 【韓国】 公園でテントを張り猥褻行為する若者が続出 そのためテントを閉めた場合は罰金10万円に [04/22] 】の続きを読む

    1: 【B:79 W:90 H:84 (A cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/07(土) 19:42:11.37 ID:CAP_USER
    おいこら

    (写真)
    no title


    ゴミ拾いをする『青い服』の人たち。世界中の人々が彼らに注目している。

    2018ロシアワールドカップで驚くべき結果を見せ、異変を起こした主人公は日本代表チームだった。

    しかし主人公は他にもいた。観衆を埋め尽くした日本人の成熟した観覧文化も際立った。

    試合で勝利しようが敗北しようが重要ではなかった。日本人は試合終了後に席を離れてゴミを拾う姿を見せた。

    本当に素晴らしく、模範とすべき姿と全人類が感嘆した。

    (写真)
    no title


    日本人の市民意識はもちろん見習うべきだが、自我陶酔が度を越えて眉をひそめさせたりした。

    実際にゴミを拾う日本人の姿が称賛を受け始めると、日本の放送局はすぐに『日本人固有の特徴であり文化』と称し始めた。

    以降、他の人々がゴミを拾う姿を見れば、「日本を見習ってゴミを拾う」と持ち上げた。

    酷い場合、日本を真似ていると憶測した。いや、日本人でなければゴミが拾えないと思っているのだろうか?

    (写真)
    no title


    そのため調べた。 本当にごみを拾う成熟した市民意識は日本人が元々持っていた文化的特性なのか、何が日本人にゴミを拾わせるのか。

    日本旅行に行った人なら分かるはずである。街は本当に綺麗である。小さな紙切れを捨てたら恥ずかしいくらいにゴミが全くない。

    観光地だけの話ではない。狭い路地の間を歩いて見てもゴミは全くない。

    しかし、少しだけ詳細に見ればその理由が分かる。街には『ゴミ無断投棄警告』という標識が至る場所にあるのだが、警告文が殺伐としている。

    (写真)
    no title


    『ゴミの不法投棄は1,000万円以下の罰金、または5年以下の懲役』

    1000万円。韓国ウォンにすると約1億ウォンに相当する金額である。そうなのだ。日本はゴミを出す行為を軽犯罪以上に処罰している。

    去る2003年から日本の環境省は、不法廃棄物の処理を根絶して環境を守るため、不法投棄未遂罪と政府の現場検査権を新設した。

    そして法人の不法投棄の罰金に最高1億円(約10億ウォン)処するなど、処罰を大幅に強化した。

    また一般廃棄物の不法投棄に対する罰金も1,000万円に強化した。

    ソース:インサイト(韓国語)
    http://www.insight.co.kr/news/164796

    (前スレ)
    【韓国】「罰金が怖くてゴミを捨てられない日本人」~調べてみたら市民意識ではなかった[07/07]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1530931032/
    ★1投稿日:2018/07/07(土) 11:37:12.06

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】「罰金が怖くてゴミを捨てられない日本人」~調べてみたら市民意識ではなかった★2[07/07]

    【【韓国】「罰金が怖くてゴミを捨てられない日本人」~調べてみたら市民意識ではなかった★2[07/07] 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/03(日) 19:41:44.06 ID:4BQMMU4Q0● BE:284093282-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ■日食堂運営韓人夫婦脱税で罰金100万ドル
    [LA中央日報]

    日本食レストランを経営していた韓人夫婦が脱税容疑で摘発されて、およそ100万ドルに達する罰金刑が言い渡された。

    連邦司法省は、ミシガン州オーチャードレイク「スシ・サムライ」日本食店オーナーの韓人チャン某(46)さん夫婦に、98万479ドルの罰金刑が下されたと明らかにした。彼らは15日の公判で、追加罰金と実刑を宣告される可能性がある。

    検察によると、「スシ・サムライ」という店を経営してきたこの夫婦は、ゼファー(zapper)と呼ばれるコンピュータプログラムを利用して、顧客の支払い記録を削除する手法で売り上げを偽った。2012~2016年の4年間では250万ドルの売上報告を怠った。

    今年の4月に起訴された彼らは、10月の人定尋問で64件の重罪容疑について有罪を認めた。

    ビル・シュエット司法長官は、「顧客が支払った売上税を横領した疑いで、彼らに強い処罰が下された」とし、「私益のために税法に違反する行為が、厳しい結果としてかえってくることを示す事例になるだろう」と強調した。

    イウス記者

    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=5836234

    引用元: ・【悲報】日本食レストラン「スシ・サムライ」経営の韓人夫婦、脱税で罰金100万ドル

    【【こういう図々しさがホント嫌い】日本食レストラン「スシ・サムライ」経営の韓人夫婦、脱税で罰金100万ドル (ミシガン) 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/26(火) 23:38:11.48 ID:CAP_USER
    中国当局は、中国版のツイッターやLINEなどについてデマやポルノなどの不適切な情報が十分に規制されていないとしてインターネット大手3社に罰金を科す行政処分を下したと発表し10月の共産党大会を控えネット上の言論統制を強めています。

    中国の北京と南部・広東省のインターネット管理当局は、25日、中国版ツイッターの「ウェイボー」と中国版LINEの「ウェイシン」、それに最大手の検索サイト「バイドゥ」の掲示板をそれぞれ運営するネット大手3社に対して、ことし6月に施行されたインターネット安全法に違反したとして、罰金を科す行政処分を下したと発表しました。

    発表は3社が利用者が発信するデマやポルノ、テロなどに関する情報を十分に規制しなかったとしていて当局は、各社に管理責任を果たすよう求めたとしています。

    中国では当局が新聞やテレビの内容を規制していることもあって、ネット上が数少ない意見表明の場となっていますが、書き込みが政府や共産党にとって都合の悪い内容と見なされれば次々と削除されています。

    今回、大手3社が処分を受けたことでインターネット各社が、今後、利用者の発信内容を制限する動きを強めることも予想されていて、10月18日に始まる5年に1度の共産党大会を控え中国当局はネット上の言論統制を強める姿勢を明確にしています。

    9月26日 4時56分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170926/k10011156241000.html

    引用元: ・【中国】 ネット大手3社 を「情報規制不十分」で罰金[9/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【こんな国が理想のパヨク共】 中国のネット大手3社、「情報規制不十分」で罰金処分】の続きを読む

    このページのトップヘ