まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:老人

    1: まるっとニュー 2019/08/27(火) 22:12:22.01 ID:CAP_USER
    仁川の蘇莱浦口魚市場で、サンナクチ(テナガダコの踊り食い)を食べていた70歳の老人が、気道を詰まらせて死亡した。

     仁川ノンヒョン警察署が27日に明らかにしたところによると、23日午後0時40分ごろ、仁川市南洞区にある蘇莱浦口魚市場内の食堂で、Aさん(71)が倒れているのを食堂の店員が発見し、119番通報したが、Aさんはすでに死亡している状態だった。店員は「タコを食べていたおじいさんに呼吸困難の症状が出ている」と通報したという。

     救急隊は死亡原因について、気道閉鎖による窒息死とみている。警察の調査の結果、Aさんはこの日、知人2人と食堂で酒のつまみとしてサンナクチを食べていたところ、突然倒れたことが分かった。警察の関係者は「食堂内の監視カメラを見ると、Aさんが突然倒れて救急隊が来る様子を確認することができる」として「犯罪が疑われる点はないとみて、この件を終結させる予定」と話した。

    ユン・ミンヒョク記者

    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019082780221
    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 2019/08/27 20:51

    引用元: ・【タコの踊り食い】仁川・蘇莱浦口で70代老人 気道詰まらせ踊り死に「犯罪が疑われる点はないとみてこの件を終結させる予定」[8/27]

    【風物詩やん 【タコの踊り食い】仁川・蘇莱浦口で70代老人 気道詰まらせ踊り死に「犯罪が疑われる点はないとみてこの件を終結させる予定」[8/27] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/05/12(日) 17:21:30.09 ID:CAP_USER
    記事入力2019.05.12。 午後3:23

    1人が死亡、8人重傷、4人軽傷...重傷者のうち1人が危篤

    仏様の日(12日)の昼12時50分ごろ、慶尚南道梁山市通度寺近くで高齢運転者が乗っていた乗用車が人々を襲って13人の死傷者が発生した。
    1人が死亡、8人が重傷、4人軽傷を負った。

    12日、慶尚南道警察庁などによるとこの日、通度寺正門(ヨウンチュクサンドア)を過ぎて20m上にある橋でキム某(75)氏が乗っていた
    チェアマン乗用車が突然右の歩道に向かって向いて人々を襲った。(中略)

    この事故で身元が確認されていない40代女性が病院に搬送されたが、心停止で死亡した。 (以下略)

    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=025&aid=0002906227&date=20190512&type=1&rankingSeq=2&rankingSectionId=102

    引用元: ・【韓国】75歳の運転する自動車が暴走 1人死亡 12人負傷 8人重傷 1人危篤

    【老人暴走事故の起源【韓国】75歳の運転する自動車が暴走 1人死亡 12人負傷 8人重傷 1人危篤 】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=5,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/07/24(月)10:27:07 ID:???

    やはり、情報弱者の老人が見事に騙された結果に・・。
    #仙台市長選 #偏向報道
    no title

    午後10:48 ・ 2017年7月23日
    2,806件のリツイート
    1,833件のいいね
    https://mobile.twitter.com/sentarojpn/status/889120037092507648

    引用元: ・【twitter画像】仙台市市長選→やはり、情報弱者の老人が見事に騙された結果に [H29/7/24]

    【【赤い杜の都の選挙結果】(twitter画像)仙台市市長選→やはり、情報弱者の老人が見事に騙された結果に】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/02/05(日)19:41:18 ID:???
    70代の韓国人の老人..8才の女の子への常習性暴行で衝撃

    シカゴ地域で70代の韓国人の高齢者が過去5年間
    8歳の女の子の子供を性暴行してきたことが明らかに衝撃を与えている。

    デイリーヘラルドの報道によれば、郊外のモートングローブに居住する今年76才のチャン・イ(Chang Lee)氏は先月31日、
    4件の性暴行の容疑(predatory criminal sexual assault)で検察に起訴された。

    起訴状によれば、今年14才である被害者は最近、自分の母親に6年前の去る2011年7月から昨年11月まで常習的に
    イ氏から性的虐待を受けていた、と打ち明けた。
    イ氏は被害者である子供を性暴行した後は、この秘密を両親に漏洩すれば自分は悲しくて死ぬことになるだろう、
    と脅迫し、代わりに毎月500ドルを慰労金として与える、と話したことが分かった。
    イ氏は警察の調査でも自身は高齢でまもなく亡くなるはずなので拘置所で命を終えたくない、
    という言葉を何回も言及したことが分かった。

    (略)

    イ氏は現在250万ドルの保釈金が策定されたまま拘置所に収監中で、有罪が全部認められた場合、
    少なくとも24年から最高240年の実刑が宣告されることになる。

    全文 ラジオコリア 韓国語
    https://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=250626


    ◆◆◆ 東亜+ スレ立て依頼所 ★6 ◆◆◆
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1483031389/583

    引用元: ・【事件】70代の韓国人の老人..8才の女の子への常習性暴行で衝撃 [H29/2/5]

    【【まじひくわー 】「拘置所で死にたくない」70代の韓国人の老人、8才の女の子に5年間性暴行】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/09/05(月)22:04:39 ID:nyG

    一部を抜粋

    京畿道始興市の小学6年生のキムさん(12)=女子=は今年7月初め、両親に「ここから遠く離れた中
    学校に行かせてほしい」と泣きながらお願いした。「普段から自分をひどくいじめる同じクラスの同
    級生と同じ中学校へ行きたくない」との理由からだった。キムさんの3人の同級生は、ここ数カ月間に
    わたってキムさんの目を覆い、消しゴムやのりなどを無理やり口に入れたり、スカートをめくったり
    するなど、いじめを続けたという。このためキムさんは、学校でシャープペンシルやカッターで4回
    にわたって手の甲を切った。キムさんは「幽霊になって私をいじめた同級生を殴ってやる」と話して
    いる。

    ソウル市冠岳区の小学5年生のユンさん(11)=女子=は最近「毎日同じクラスの4人の生徒に200回
    近くいじめられた」とソウル冠岳警察署に届け出た。ユンさんは「これらの同級生から濡れた手で両
    の頬を十数回殴られ、耳元で『殺してやる』とささやかれ、いじめられた」と話す。警察は7月26日、
    ソウル家庭裁判所にこの事件を送致した。ユンさんの両親は「娘は後遺症で自分の部屋から出ようと
    しない」と話している。

    最近教師と父兄の間では「『中2病(思春期の中学2年生の頃に攻撃性が高まり、周囲と葛藤を経験す
    る現象)』ではなく『小4病』に気を付けなければならない」という言葉が交わされている。ソウル
    大学心理学科のクァク・クムジュ教授は「小4病は身体的な発育が早まり、小4-6年生に思春期を経
    験する生徒たちが増えた上、インターネットを通じて暴力的なコンテンツに容易に接することで現れ
    た現象と思われる」と説明する。

    一部の父兄は「子どもがちょっと悪口を言ったからといって学校や警察に届け出て処罰を下すことが
    正しいことなのか」との反応を見せ、被害を受けた生徒の父兄と摩擦を引き起こしている。東国大学
    警察行政学科のイ・ユンホ教授は「校内暴力を子どもたちのいたずら程度に軽く考える認識が問題だ。
    小学生たちの悪口や『村八分』のような行動もれっきとした暴力行為という認識を持って子どもたち
    を教育しなければならない」と話した。

    キム・ミンジョン記者

    省略部の詳細はソースで
    Chosun online 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/02/2016090201557.html

    引用元: ・【韓国】恐怖の「小4病」、韓国で校内暴力が低年齢化:急増する「暴走老人」、韓国で高齢者の犯罪が社会問題に[9/4]

    【韓国で大規模なモラルハザードが進行中。校内暴力が低年齢化。凶悪犯罪の7.5%が老人】の続きを読む

    このページのトップヘ