まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:若い

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/02(水) 22:54:15.65 ID:CAP_USER
    韓国の世界遺産エリアで、高齢者による売春が絶えないことをご存じだろうか。

    問題となっているのは、ソウル市鍾路(チョンノ)区に位置する宗廟(チョンミョ)周辺。

    朝鮮王朝歴代の王と王妃を祀った王家の霊廟で、1995年にユネスコ世界文化遺産に指定された建物だ。現在は、高齢者たちの憩いの場としても親しまれている。

    以前にも紹介した通り、この宗廟の周辺で、50代以上に見える女性たちが、高齢男性に売春を持ちかけているという。

    客に声をかける際、栄養ドリンク「バッカス」を差し出していることから、彼女たちは“バッカスおばさん”と呼ばれている。最近は売春婦が高齢化し、“バッカスおばあさん”も珍しくないらしい。

    20年以上、売春を続けているという75歳の女性は、こう証言している。

    「今は60代でも若い方。80代も、『バッカス』片手に大勢繰り出してるよ」

    バッカスおばあさんの存在は1990年代ごろから知られてきた。2016年には“バッカスおばあさん”を主人公にした映画『バッカス・レディ』も公開されている。

    ただ近年はその数が増えており、2013年から2016年の3年間で、全国の摘発件数が183件から603件と3倍以上に膨れ上がったというデータもある。

    彼女たちの性ビジネスは、カナダのメディア『VICE』やシンガポールのチャンネル・ニュース・アジア(CNA)などが取り上げたこともあり、宗廟を訪れた外国人観光客にも認知されているという。

    観光地のイメージダウンは避けられず、韓国ネット民も「外国でも放送されているなんて、恥ずかしい」「外国に発信されてしまったいま、高齢売春は根絶しなければ」などと嘆いていた。

    「バッカスおばあさんと売春してきた」

    そんなバッカスおばあさんは2018年、韓国で再び注目を集めていた。

    きっかけは、7月に“韓国の2ちゃんねる”と呼ばれる「日刊(イルガン)ベスト貯蔵庫」(イルベ)に、あるユーザーがアップした写真だった。

    このユーザーは「バッカスおばあさんと売春してきた」と書き込み、バッカスおばあさんとされる女性の裸の写真4枚を投稿したのだ。

    その投稿はネット上で物議を醸し、投稿者は翌8月に警察に検挙されている。

    警察の発表によれば、この投稿者は「関心を引きたくて写真を投稿した。本当に撮影した写真ではなく、他所から拾ってきた画像だ」と供述したという。

    真偽は明らかになっていないが、いずれにしてもこの問題をきっかけに改めてバッカスおばあさんに関心が集まったのは間違いないだろう。

    最近も、韓国メディア『韓国日報』が「無関心に蔑視…安全網がない“バッカスおばあさん”」と題した特集を組んでいた。

    バッカスおばあさんが絶えない理由

    ただ、それは裏を返せば、現在もバッカスおばあさんたちの売春が現在も続いているということでもあるだろう。

    なぜ、バッカスおばあさんたちが絶えないのか。

    その一因には、韓国が「高齢社会」(高齢者人口の比率が14~21%)に突入したこともあるだろうが、それよりも深刻なのは高齢者の貧困だという。

    韓国の65歳以上の相対的貧困率が2016年基準で43.7%に上る(韓国統計庁調査)なか、生活するために売春に手を出すしかないのが実情だという。

    前出の『韓国日報』の記事では、70代の女性がこう語っている。

    「売春で稼いだ金で、その日の夜ご飯のおかずを買うんだ。こんな歳になると、これから他の仕事を探すのも難しい」

    ちなみに、彼女たちの収入は性交渉までこぎつけても2~3万ウォン(約2000~3000円)程度らしい。

    こうした状況を改善すべく、取り締まりと処罰を強めるべきだとの声も聞かれるなか、警察も指導に力を入れているが、目の前の生活に困窮している彼女たちには効果が薄いようだ。

    韓国老人相談センターのイ・ホソン所長は、バッカスおばあさんたちへの公的な支援が不可欠だと指摘している。

    「基礎生活受給費(日本でいう生活保護)を受けられない高齢者たちは、社会の死角に隠れてしまっている。一般的な売春婦たちを対象にした自立支援活動も、高齢者たちにとっては何の意味も持たない」

    2018年も物議を醸していたバッカスおばあさん。

    宗廟が世界遺産の権威を取り戻すためにも、より根本的な対策が求められている。

    (人気記事:韓国で慰安婦を「売春婦」と主張したらどうなるのか。とある女性教授の“末路”とは)
    http://s-korea.jp/archives/14738?slink=1

    (文=S-KOREA編集部)

    http://s-korea.jp/archives/51639
    S-KOREA 2019年01月02日

    引用元: ・【バッカス】韓国の世界遺産周辺で絶えない“売春おばあさん”。「60代でも若い方」という彼女たちは今…[1/2]

    【そのうち従軍慰安婦と言い出すよ 【バッカス】韓国の世界遺産周辺で絶えない“売春おばあさん”。「60代でも若い方」という彼女たちは今…[1/2] 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2018/10/20(土) 20:08:19.51 ID:CAP_USER
    ■「若い女性のレイプは毎日」新疆ウイグル収容施設からの出所者明かす
    https://www.epochtimes.jp/2018/10/37153.html
    no title

    再教育施設に収容されたカザフスタン籍のウイグル族オミール・ベクリさん(右奥男性)は、収容施設内では拷問を受けたと大紀元に明かした(本人提供)

    中国新疆ウイグル自治区には超法規的収容施設があり、100万人以上が強制収容されていると、米国務省や国連が懸念を示してきた。大紀元の取材に応じた、ウイグル族の出所者や家族は、施設内では拷問や撲殺、若い女性たちに対するレイプが繰り返されていると語った。

    ・動物のように鎖でつながれる
    「拷問はとてつもなく非人道的で、とても耐えられるものではない」とオミール・べクリさん(42)は大紀元に語った。収容されているウイグル人たちは「動物のように鎖でつながれ」、身体が「うっ血して腫れ上がるほどたたかれる」という。

    新疆ウイグル生まれのベクリさんは2017年3月、新疆の首都ウルムチから180キロ離れた両親の住む山村にいたところ、押しかけた警官に黒い袋をかぶせられ、強制連行された。

    中国籍だったべクリさんは、12年前にカザフスタン国籍を取得したカザフ在住者。当時、観光についての国際会議に参加するため、ウルムチを訪れていた。

    べクリさんは中国警察に7カ月間拘留され、その後20日間、再教育施設に入所した。拘束は「共産党と習近平主席への賛歌を歌うことを拒否した」ためだという。

    拷問について、「恐怖を与え心身を虚弱にさせる。屈服させて従わせるようにする」とべクリさんは述べた。また、ベクリさんは収容所で、ウイグル人が拘禁されている部屋から遺体が引きずられて運ばれていくのを目撃したという。「おそらく撲殺されたのだろう」とべクリさんは述べた。

    ・「若い女性のレイプは毎日」
    15カ月間の収監ののち、9月に出所したばかりのカザフスタン国籍ウイグル族の女性(54)は、収容所では若いウイグル族の女性が毎日のようにレイプされており、もし拒絶したら殺すと脅されていたと、大紀元に語った。

    「若い女の子たちが一晩中むさぼられていました。もし抵抗すれば、何か(薬物)注射して殺すぞ、と脅されていました」。この匿名の女性は、実際に2人の女性が注射されて死亡したのを見たという。さらに、収監中の女性たちには避妊薬が与えられていた。

    女性によると、収容所には小部屋があり、最初は40~50人収容されるが、5~10人ずついなくなり、やがて部屋は空っぽになるという。「いなくなった人は戻ってきません。いつも数十人は殺されているはず…」。

    中国共産党政府は公式見解として、海外の人権団体や米政府から指摘された施設について説明を二転三転させてきた。最初は「存在しない」「でっち上げ」などと存在そのものを否定。次に「過激派思想を矯正する再教育施設」。この10月には、新疆の党委員会が「職業訓練センター」と法的に定め、大量拘束を正当化した。
    >>2以降につづく

    (文=イザベル・ヴァン・ブルーゲン/翻訳編集・佐渡道世)

    引用元: ・【東トルキスタン】 「若い女性のレイプは毎日」新疆ウイグル収容施設からの出所者明かす[10/20]

    【ナチスどころじゃない非道 【東トルキスタン】 「若い女性のレイプは毎日」新疆ウイグル収容施設からの出所者明かす[10/20] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/05(日) 10:57:11.06 ID:CAP_USER
    バッカスおばあさんと老いたバッカスおばさん.. 「基礎年金では生きられない..20年を超えました」

    宗廟公園の高齢者、性売買再び猛威。全国3年で3倍急増

    「国がくれる基礎年金20万ウォンでは暮らすことができない。」

    https://img1.daumcdn.net/thumb/R658x0.q70/?fname=https://t1.daumcdn.net/news/201711/01/seoul/20171101191103857znwj.jpg

    宗廟公園の高齢者、性売買再び猛威...全国3年で3倍に急増 - 出典=映画「殺した女」スチールイメージ

    1日、ソウル鍾路区宗廟広場公園で出会ったおばあさんA(75)さんは、疲労改善飲料を持って公園に出てきた理由を尋ねると、こう答えた。 Aさんは20年以上にわたって「商売」をしてきたと打ち明けた。歳月が流れ、いわゆる「バッカスおばさん」はいつのまにか「バッカスおばあさん」になっていた。 Aさんは、「もう60代でも若い年齢だ。 80代もバッカスを持ってたくさん出ている」と話した。

    高齢化社会に突入し、「高齢者の性売買」問題が再び頭をもたげている。特に宗廟一帯で警察の取り締まりが減った隙に「バッカスおばさん・おばあさん」の動きがさらに活発になっている。宗廟近くの路地で50代以上に見える女性が片手に飲み物を持って徘徊する姿を発見することは難しくなかった。 この9月に改装工事を終えた世運商店街周辺でも脇に小さな袋を一つずつ挟んだ女性が、高齢者たちに話をかけながら飲み物を渡している姿がよく目についた。宗廟近くのある酒場のオーナーは「取り締まりを地道にしないから、また以前のように増えてきた」、「バッカスおばあさんが客として来た高齢者たちを連れ出して、商売の邪魔になる」と不平をもらした。

    ●鍾路3街駅近くでも堂々と行われて

    鍾路3街駅近くでも高齢者の性売買が堂々と行われていた。濃い化粧をした60代の女性Bさんは「数万ウォンずつ稼いで暮らす環境で、取り締まりを受ければ何倍もの罰金を払わなければならない」、「モーテルに行って受け取ったお金を奪われ、財布まで盗まれたこともあるが申告できなかった」と述べた。

    ユネスコ世界文化遺産に登録された宗廟を見るために訪れた外国人の中には、ここで高齢者の性売買が行われているという事実を知っている人もいた。この1月、シンガポールのチャンネルニュースアジア(CNA)は、「韓国のおばあさん売春婦」というタイトルのドキュメンタリーを放映した。

    警察の高齢者性売買摘発件数も、最近急増したことが分かった。取り締まりが強化された2013年の全国183件から昨年603件、3年の間に3倍以上に増えた。警察は取り締まりを通じた刑事処罰より、相談センターを通じた啓蒙で問題を解決するという方向に重きを置いている。しかし、処罰が軽いことから、根絶は容易でないという指摘も出ている。

    ●「啓蒙に重きを置いたため、根絶は難しい」

    ソウル市のお年寄り相談センターの関係者は、「警察と連携して相談業務を行うことにしたのは事実だが、実際の相談件数はほとんどない」と述べた。高齢者が自らの容疑を認め、相談を受ける人が誰もいないからである。

    https://t1.daumcdn.net/news/201711/01/seoul/20171101191104099ciic.jpg

    専門家らはこのような高齢者の性売買問題は単に性欲の問題ではなく、「貧困の問題」に帰結されると口をそろえる。イ・ホソン韓国高齢者相談センター長は、「法的扶養義務がある子供がいて、基礎生活需給対象にならない高齢者は、経済的死角地帯に置かれている」、「一般売春女性を対象としたリハビリ支援策は、高齢者たちには何の意味もない」と指摘した。ソク・ジェウン翰林大社会福祉学科教授は、「高齢者の人口が増えることによって、既存の敬老堂や福祉館で交わることが出来ない高齢者が増えてきている」、「異質な高齢者集団のためのオーダーメイド型余暇のインフラ構築が必要だ」と助言した。

    ソース:ソウル新聞 2017.11.02. 03:36(韓国語)
    http://v.media.daum.net/v/20171101191104660
    前スレ
    【韓国】高齢者性売買、再び猛威。全国3年で3倍に急増。60代は若い、80代もバッカスを持ってたくさん出ている[11/05]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1509838090/

    引用元: ・【韓国】高齢者性売買、再び猛威。全国3年で3倍に急増。60代は若い、80代もバッカスを持ってたくさん出ている[11/05]★2

    【【バッカスおばあさん】高齢者性売買、再び猛威。全国3年で3倍に急増。60代は若い、80代も【韓国】】の続きを読む

    このページのトップヘ