まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:落下

    1: まるっとニュー 2019/08/14(水) 14:09:59.15 ID:CAP_USER
    機械翻訳

    束草マンションの建設現場でエレベーター墜落... 3人が死亡・3人が負傷

    [アンカー]

    今日の午前8時30分ごろ、江原道束草のアパート工事現場15階の高さから建設のエレベーターが墜落して3人が死亡、3人がケガ、事故が発生しました。

    事故現場接続します。

    パク・サンヒ記者が、今、現場の状況はどうですか?

    [レポート]

    はい、現場では事故収拾の鑑識が盛んに行われています。

    関係機関のほか、事故現場への接近は、厳格に統制されています。

    警察は、死亡者と負傷者を近くの病院に移した後、事故が起きたエレベーターを中心に、現場鑑識を行っています。

    雇用労働部と安全保健公団所属勤労監督官たちも出て事故原因などを調べています。

    事故が起きたのは、今日の午前8時28分ごろですよ。

    江原道束草市ジョヤンドンのアパート工事現場15階の高さからエレベーターが墜落した。

    今回の事故で工事用エレベーターに乗っていた労働者38歳辺某さんら3人が死亡し、23歳のワン某さんが大きくケガしました。

    また、地上での作業中だったウズベキスタンの国籍の外国人労働者2人もけがをして病院で治療を受けています。

    事故が起きたアパートは2千17年初めに着工し、今年末に竣工予定のものと把握された。

    工事中のマンションは、最大31階の高さであるが、墜落地点は15階程度伝わって約40メートルの高さでエレベーターが墜落した可能性が大きいことが知られました。

    労働者たちは、工事用エレベーター解体作業を繰り広げた中の事故に遭ったと伝えられました。

    警察は事故現場の収拾が仕上げされているように、工事現場の現場関係者などを相手に事故の経緯を調査する予定です。

    特にこの工事用エレベーターがなぜ墜落したのかと、機械的欠陥の有無などを重点調査する予定です。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%

    引用元: ・【韓国】エレベーター落下 3人死亡 3人負傷

    【韓国ではよくあること 【韓国】エレベーター落下 3人死亡 3人負傷 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/21(金) 13:42:25.83 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/pPe8qMr.jpg

    20日午前5時から6時にかけて、大邱市達西区の嶺南高校図書館3階の外壁レンガ数十枚がはがれ落ちる事故があった。レンガは1階の給食室通路に設置された日よけ用の屋根を突き抜けて落ちた。写真は同日、はがれ落ちたレンガや外装材が地面に散らばっている様子。この事故で、日よけ用の屋根30平方メートルとガラスの一部が破損した=小さい写真=。幸いなことにレンガが落ちた時間帯に生徒はいなかったため、人命被害はなかった。

     事故が起きた建物は1992年6月に完成した。今年5月に外壁のレンガがはがれ落ちて1人が死亡した釜山美術館(1993年完成)と同じく、外壁に赤レンガを貼り付ける工法で仕上げられていた。モルタルとレンガの間の接着力が弱まり、レンガが落ちた可能性が高い。大邱市教育庁と学校側は同日、レンガが落ちた壁20平方メートルを緊急補強した。学校側は「今年初めに自主的に安全診断をしたところ、耐震補強が必要だという結果が出たため、補強工事のための用役が行われていたさなかに事故が起こった」と説明している。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/21/2019062180038.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/06/21 10:10

    引用元: ・【韓国】嶺南高校図書館3階の外壁落下、けが人なし/大邱「補強工事のための用役が行われていたさなかに事故が起こった」[6/21]

    【まったくもってお粗末な連中だよ【韓国】嶺南高校図書館3階の外壁落下、けが人なし/大邱「補強工事のための用役が行われていたさなかに事故が起こった」[6/21] 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/11/15(水) 18:19:08.06 ID:CAP_USER
    ◆【ガチ悲報】来年1~3月に、中国の衛星「天宮1号」が制御不能で東京落下→日本壊滅の可能性! 欧州宇宙機関が緊急警告「100キロ級のパーツが次々落下」

    2011年に打ち上げられた中国の宇宙ステーション(軌道上実験モジュール)「天宮1号」は、2016年9月に制御不能状態に陥り、2018年の1月~3月にかけて地球に落ちてくるといわれている。
    これまで落下地点は明らかにされてこなかったが、遂に落下の危険がある範囲が特定された。
    なんと、東京にも落下する危険があるというのだ!

    ■日本列島の大部分に落下の危険

    英紙「Daily Mail」(9日付)によると、未だ詳細な落下地点は不明とのことだが、欧州宇宙開発機関(ESA)の予想では、北緯43度~南緯43度の範囲に落ちることはほぼ間違いないという。
    この範囲には、ニューヨーク、マドリッド、シドニー、ニューデリー、そして東京といった大都市が含まれている。
    さらに恐ろしいことに、日本に限って見てみれば、北海道南部から本州、沖縄まで日本列島の大部分に落下する可能性があるのだ。

    解説図:落下予測範囲
    no title

    写真:天宮1号
    no title

    no title


    天宮1号は大気圏突入時に機体がバラバラになり、一部は燃え尽きるといわれているが、100kg以上のパーツが地上に落下するとも指摘されている。
    ほとんどは海や無人の土地に落下すると楽観的な予測が立てられているものの、何度も言うように具体的な落下地点は未だ予測できていない。
    我が国にも鉄の塊が降ってくる可能性は十分にあるのだ。

    「天宮1号の軌道から、北緯43度以北、南緯43度以南にパーツが落下する可能性は排除しています。
    つまり、天宮1号の再突入はこの範囲ならどこで起こるということです。
    そして、再突入のデータ、日時、地理的な詳細などの予測は大きく不確定です。
    再突入直前でも、曖昧な落下時間と落下地点しか計算できないでしょう」(欧州宇宙開発機関のHolger Krag氏)

    欧州宇宙開発機関は今月28日に天宮1号の再突入を分析するワークショップを開くとのことだが、具体的な落下地点を予測することはやはり困難を極めることだろう。
    人口密集地域に落下しないことを祈るばかりである。

    だが、天宮1号の落下に関する不吉な滅亡予言もある。
    的中率が100%と話題のアメリカ先住民「ホピ族」の予言では、地球の未来について次のような記述がある。

    「天上にある天国の居住施設が地球に落下し衝突する。
    その時には青い星が現れて、その後、ホピ族の儀式は幕引きとなる」

    “ホピ族の儀式”が終わるということは、この世が終わるということだろうか。
    そして“天国の居住施設”とは、まさか「天宮1号」のことを示しているのだろうか?

    たとえ人口密集地域に100kg級のパーツが落下したとしても、人類が滅亡するとは思えないかもしれないが、たとえば稼働中の原発にヒットした場合などは、壊滅的な災害が引き起こされることも考えられるだろう。
    あるいは、被害を受けた国家がそれを国家的テロと見なし、中国に対し戦争を仕掛け、そのまま第3次世界大戦に突入することもあるかもしれない。

    こういった最悪のシナリオは極めて確率が低いとはいえ、的中率100%のホピ族の予言と奇妙なリンクをみせているだけに不吉である。
    今後も天宮1号の動向は逐一チェックしておいた方が良いだろう。
    いずれにせよ、無責任にもコントロール不能のスペースステーションをただ放置するばかりの中国にはため息も出ない。

    TOCANA 2017.11.15
    http://tocana.jp/2017/11/post_15085_entry.html
    http://tocana.jp/2017/11/post_15085_entry_2.html

    引用元: ・【天宮1号】来年1~3月に中国の衛星が制御不能で日本に落下…欧州宇宙機関が緊急警告「100キロ級のパーツが次々と」[11/15]

    【【未来永劫中国にたかるカード】来年1~3月に中国の衛星「天宮1号」が制御不能で日本に落下…欧州宇宙機関が緊急警告「100キロ級のパーツが次々と」【TOCANA】】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/11/08(水) 14:28:40.51 ID:CAP_USER
    ◆大韓機のゴム製の部品不明 飛行中に落下か

    7日、成田空港に到着した大韓航空機で翼に取り付けられていた長さ1メートルほどのゴム製の部品が無くなっているのがわかりました。
    国土交通省によりますと、滑走路では部品は見つからず、飛行中に落下した可能性があると見られ、航空会社が原因を調べることにしています。

    7日午後9時前、韓国のインチョン(仁川)空港から成田空港に到着した大韓航空705便、ボーイング777型機で、翼に取り付けられていたゴム製の部品1つがなくなっているのが着陸後の点検でわかりました。
    国土交通省成田空港事務所によりますと、部品の大きさは直径4センチ、長さ1メートルほどで、重さはおよそ1キロあります。
    空港会社が緊急に滑走路を調べましたが、部品は見つからず、飛行中に落下した可能性があると見られ、航空会社が原因を調べることにしています。

    航空機からの落下物を巡っては、ことし9月、成田空港を離着陸した全日空機から2度にわたってパネルが脱落し、そのうちの1つが茨城県稲敷市の会社の敷地で見つかるなどトラブルが相次いでいます。
    このため、国土交通省が有識者による会議を開き、航空会社に対して落下物の防止対策の義務づけの検討を始めています。

    NHKニュース 2017年11月8日 6時32分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171108/k10011215061000.html

    引用元: ・【国内事故】成田空港に到着した大韓航空機の部品、飛行中に落下した可能性[11/08]

    【【忘れてきたんだろ】成田空港に到着した大韓航空機の部品、飛行中に落下した可能性】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/10/07(土) 21:56:52.28 ID:CAP_USER
    月見を楽しむ中国の祝日「中秋節」の4日夜、中国南部の雲南省に隕石(いんせき)が落下した。
    中国メディアが伝えた。
    中秋の名月を撮影しようとしていた人たちが、暗闇が急に明るくなり、大きな火の玉が数秒かけて落下する様子を動画や写真に収めた。

    中国メディアが米航空宇宙局(NASA)の情報として伝えたところによると、4日午後8時過ぎ(日本時間同9時過ぎ)、地球の上空37キロの地点で小惑星が爆発し、一部が隕石となって同省内に落下した。
    落下の衝撃はTNT火薬540トンの爆発に相当し、マグニチュード2・1の地震が観測された。

    落下地点は地形が険しいため、隕石の回収は難しいという。
    死傷者や家屋損壊などの被害情報はないとしている。

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/13718438/

    引用元: ・【中国】月見の夜に隕石落下 小惑星が爆発、地震も発生[10/07]

    【【確かこれが始まりで】月見の夜に隕石落下 小惑星が爆発、地震も発生(雲南省)】の続きを読む

    このページのトップヘ