まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:被害者

    1: まるっとニュー 2021/10/11(月) 22:42:54.30 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ドキュメンタリー映画「標的」で釜山映画祭を訪れた西嶋真司監督
    no title

    ▲ドキュメンタリー映画「標的」で植村隆元朝日新聞記者が弁護人らと法廷に向かっている。釜山国際映画祭提供

    植村隆元朝日新聞記者は1991年、慰安婦被害者問題を日本で最初に報道した。彼の報道後、日本メディアは先を争って慰安婦問題を扱い、1993年河野談話(日本政府の慰安婦被害者に対する謝罪)が出された。

    20年以上経って状況が変わった。植村元記者は日本で反逆者、売国奴の烙印を押された。ねつ造報道をして日本の名誉を汚したという理由からだ。日本では何が起き、植村元記者はどんな生活を送っているのか。

    第26回釜山国際映画祭に招待された日本ドキュメンタリー映画「標的」は植村元記者失脚に国家的陰謀が作用していると指摘する。10日午前、釜山海雲台区映画の殿堂で会った「標的」の西嶋真司監督は「植村非難は正常ではないと思ってこれを記録に残したかった」と話した。

    植村元記者に対する攻撃は2014年から始まった。
    (中略:経緯)

    西嶋監督は1991~1994年、東京放送JNNソウル支局長で慰安婦被害者報道をした。植村元記者と自身だけでなく多くの日本記者が同じ内容を扱った。西嶋監督は「報道当時、ねつ造どころか誤りという話も全くなかったが、20年過ぎて、ねつ造記事だと言われ不思議に思った」と話した。

    西嶋監督は映画で1997年に注目する。安倍晋三当時衆議院議員が「日本の前渡と歴史教育を考える若い議員の会」を設立し流れが変わったと見る。「同年、最も勢力が大きい右翼団体『日本会議』が作られました。『慰安婦は日本と関係ない』『河野談話を修正しなければならない』『教科書から削除しなければならない』という主張が広がりました。同時に日本メディアに慰安婦報道するな、という圧力が加えられ始めました。」

    なぜ植村元記者が「標的」になったのだろうか。西嶋監督は「朝日新聞が権力の不正腐敗を暴露して追及してきた代表的な進歩メディアだから」と見る。「日本政府批判にあって最先鋒に立っていれば、権力の強い圧力を受ける」ということだ。

    安倍晋三は総理になった後、議会の質問で植村元記者の慰安婦報道を最初から「フェイクニュース」と定義する。メディアの信頼度を引き降ろして批判の鋭鋒を鈍らせようとする戦略だ。西嶋監督は「特定新聞社を標的とみなして攻撃するのはとても危険だ。国家的陰謀だと思う」と批判した。

    植村元記者は自身の報道をねつ造だと主張した言論人を名誉毀損で告訴した。自身が居住する北海道地域の弁護士100人余りが無料弁護に出た。北海道地域の弁護士10%に当たる人数だ。しかし、日本裁判所は植村元記者の手をあげなかった。

    西嶋監督は「日本政府は慰安婦問題を戦後補償問題と見ているが、人道的な事案から接近しなければならない」と主張した。彼は「被害者を考えれば名誉回復という単語が思い出されるが、本来、日本では日本が名誉回復しなければならないという時にこの単語が使われる」と話した。

    「それが間違いだ、誤まりだと映画で言いたかったのです。本当に回復しなければならないのは慰安婦被害者ハルモニの尊厳であって加害者の名誉ではありませんから。」

    映画には慰安婦被害者キム・ハクスン(1924~1997)ハルモニの30年前の証言が何回も出てくる。西嶋監督は「日本メディアは慰安婦をダブー視して全く報道をしないから、人々が被害者の肉声を聞く機会がないので入れた」と話した。彼は「ソウルに勤めていた時の方が、韓国と日本が今より近かった」と残念がった。

    西嶋監督は「両国関係が良くなるためには歴史を互いに理解するのが第一歩」といった。「映画にも登場する南山公園‘記憶の場所’に『記憶されない歴史は繰り返される』という文面があります。不幸な歴史を記憶してこそ関係回復ができます。日本政府主導で不幸な歴史を隠そうとする認識が国全体に広がっています。このような歴史修正主義を廃止するべきだと思います。」

    釜山=ラ・ジェギ映画専門記者

    ソース:"日本名誉より慰安婦被害者名誉回復がさらに重要"
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/A2021101012310005075

    引用元: ・【慰安婦問題】 「日本の名誉より慰安婦被害者の名誉回復の方が重要」~ドキュメンタリー映画「標的」の西嶋真司監督[10/11] [蚯蚓φ★]

    【嘘で日本を貶めておいてなにが名誉だって? 【慰安婦問題】 「日本の名誉より慰安婦被害者の名誉回復の方が重要」~ドキュメンタリー映画「標的」の西嶋真司監督[10/11] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/10/11(月) 16:18:36.71 ID:CAP_USER
    立憲民主党の生方幸夫(うぶかた・ゆきお)衆院議員(比例代表南関東ブロック)が、9月に千葉県松戸市で行った会合で、北朝鮮による日本人拉致問題について「日本から連れ去られた被害者というのはもう生きている人はいない」などと発言したとして、拉致被害者家族会と支援組織「救う会」は11日、発言の取り消しと謝罪を求める抗議声明を出した。声明では「すべての拉致被害者の救出のため心血を注いできた被害者家族、支援者、被害者自身の生命に対する重大な侮辱であり冒涜(ぼうとく)だ」と非難した。

    救う会などによると、生方氏は9月23日、松戸市での会合で拉致問題について見解を問われ、横田めぐみさん(57)=拉致当時(13)=について「横田さんが生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も」とした上で、「拉致問題、拉致被害者は今、現在はいないと捉えられる、政治家は皆そう思っているということ」などと発言した。

    また平成16年に北朝鮮が提出し、日本側が別人と鑑定しためぐみさんの偽の遺骨について「遺骨からDNAを鑑定して、それが横田さんであるのかないのかというような技術力はなかった」とした。

    死亡の根拠について問われると、「客観的情勢から考えて生きていたら(北朝鮮は横田さんを)帰す。帰さない理由はない」と説明。「生きているのだったら何かに使いたい。1回も使ったことがないですから、残念ながら亡くなってしまっているから使いようがない」などと主張した。

    一方、14年の日朝首脳会談で北朝鮮が拉致を認めて謝罪し、帰国した5人の被害者について、北朝鮮に一度返すとした約束を日本側が守らなかったとし、「首脳同士で話をして決めたことも守らないなら、それはだめなのではないか」と述べた。


    「拉致した当人は北朝鮮政府なのだから、責任を取らなきゃいけない」とする一方、「自分の意志で入ったが、もう自分の意志では出られなくなったという人を含めて行方不明者、拉致被害者というように言っている」と指摘。「日本国内から連れ去られた被害者は、生存者はいないのだと思う」と重ねて主張した。

    これに対し、家族会などによる抗議声明では「生方議員は人の命に関わる重大な人権問題について、日本政府の基本的立場を否定して、北朝鮮の主張に賛同している」と批判。生方氏が所属する立憲民主党に対し、「生方議員発言を党としてどう考えるのか、ぜひお聞かせ願いたい」としている。

    北朝鮮は14年9月の日朝首脳会談で拉致を認めて謝罪し、5人を帰国させた。だが、ほかの被害者については8人が「死亡」、4人が「未入境」と主張した。

    16年の日朝実務者協議ではめぐみさん本人のものだとする「遺骨」を提出したが、持ち帰った日本側は約1カ月かけてDNA型鑑定を進め、別人の骨であることを確認した。北朝鮮側は遺骨について「火葬した」と説明したが、通常の火葬よりも高温の1200度で焼かれていたことが判明。DNA型の検出を困難にしようとした可能性が指摘されている。

    政府は拉致被害者の「死亡」を裏付けるものが存在しないとして、北朝鮮に誠実な対応を求めてきた。岸田文雄政権も拉致被害者全員の早期帰国を最重要課題に掲げている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/865966d00892678b001c4c50a5aee3ffe0995be2

    引用元: ・「拉致被害者は生きていない」と立民・生方氏 家族会など抗議 [10/11] [昆虫図鑑★]

    【立憲民主党議員は国会議員の資格ないわ -「拉致被害者は生きていない」と立民・生方氏 家族会など抗議 [10/11] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/09/30(木) 07:31:05.84 ID:CAP_USER
     全羅南道麗水市で、30代の男が騒音問題によりマンションの上の階に住む40代夫婦を凶器で殺害した。容疑者と被害者は以前から騒音問題でもめていたことが分かった。

     麗水警察署によると、27日午前0時33分、麗水市内のマンションに住む日雇い労働者A容疑者(35)は騒音問題で上の階の住民と口論し、持っていた登山ナイフを振り回したとのことだ。

     上の階には60代の夫婦、40代の娘夫婦、孫娘2人がいたが、A容疑者の犯行により40代の娘夫婦が死亡し、60代の夫婦は重傷を負った。10代の孫娘2人は犯行当時、子ども部屋にいて難を逃れた。

     A容疑者は犯行後の同0時40分ごろ、階段で自宅に降り、警察官に「人を殺した」と言った。A容疑者は犯行時、飲酒や薬物使用などをしていない状態だった。

     A容疑者と上の階の住民は普段から騒音問題でもめていたという。A容疑者は17日にも騒音問題で悩まされていると警察に通報していた。

     麗水市内のあるインターネット・コミュニティ-・サイトには、近所の住民だというネットユーザーの証言も寄せられた。そのネットユーザーは「(騒音は)ひどくはなかった。シャワーを浴びるだけでも、あの人(A容疑者)はそう言ってきた(抗議してきた)と聞いている。『(騒音が)よほどひどかったのだろう』などと言うのはやめましょう」と投稿した。

     40代の娘夫婦は普段から知人に対し、A容疑者の抗議がつらいと吐露していたという。このため、部屋の床にマットまで敷いていたそうだ。近所の住民はTV朝鮮の取材に「(A容疑者は)しょっちゅう下の階から(抗議するために)上がってきたそうだ。『本当につらい』『敏感すぎる』と言っていた。数年前も『静かにしてほしい』としょっちゅう来ていたそうだ」と語った。

     殺害された40代の娘夫婦はマンション近くの商店街でチキン店を経営していた。事件前日は営業が終わって夜10時ごろ帰宅し、被害に遭った時は寝ようとしていたところだったという。警察はA容疑者について詳しい犯行経緯を調べた上で、逮捕状を請求する方針だ。

    キム・ソジョン記者

    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/09/29 15:23
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/29/2021092980043.html

    騒音関連
    【大韓民国】「ステイホーム」で騒音苦情6割増 喫煙は2倍以上に [9/29] [右大臣・大ちゃん之弼★]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1632920650/

    引用元: ・【韓国・麗水マンション騒音殺人事件】被害者「シャワーを浴びるだけで下の階から抗議」[9/29] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【ベニヤ板で床つくってんの? 【韓国・麗水マンション騒音殺人事件】被害者「シャワーを浴びるだけで下の階から抗議」[9/29] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/09/22(水) 16:54:07.09 ID:CAP_USER
    (黒田 勝弘)
    韓国における慰安婦反日運動はこのところ支援団体の資金不正疑惑が表面化することで勢いは大きくダウンしているが、それに追い打ちをかけるように最近、韓国で「ウソだらけの虚像を剥ぐ」として慰安婦の証言および支援救済活動に対する検証本『赤い水曜日』が出版され、注目されている。

    著者の金柄憲氏(キム・ビョンホン、52歳)は成均館大学出身で在野の歴史研究者である。これまで左翼偏向がひどく反日色の強い教科書に対する批判活動を展開してきた。特に学校教科書で慰安婦問題が日本軍による強制連行説として証拠抜きで“暴力的”に記述され、教えられていることに疑問と怒りを感じたのが慰安婦運動糾弾に乗り出した動機という。

     著者は『赤い水曜日』の「あとがき」で、韓国で定説とされている日本軍慰安婦をめぐる「強制動員説、性奴隷説、戦争犯罪説」は運動団体のウソの扇動による虚偽であると断言。「慰安婦問題の本質は貧困であり、貧しさによってもたらされた悲しくも恥ずべきわれわれの自画像である」「もう人のせいにするのはやめよう」「問題解決の前提はウソをやめ正直になることだ」と主張している。

    「日本軍慰安婦被害者にあてはまる者は一人もいない」
     慰安婦問題をめぐる虚偽は一昨年、韓国でベストセラーになった『反日種族主義』(李栄薫編著、日本語版は文藝春秋刊)で厳しく指摘されるなど、韓国内でもやっと暴露や批判がはじまっている。今回の本はその決定版のようなもので、これまで“聖域化”されてきた慰安婦問題批判のタブーはここにきて完全に崩れたかたちだ。

     著者はこれまで、慰安婦支援団体による日本大使館前のいわゆる「水曜デモ」に際しては彼らを糾弾する“対抗デモ”を続けるなど自ら直接行動してきた。そして大統領官邸や女性家族省など政府当局にも陳情や請願、情報公開請求などを繰り返し、慰安婦問題の“虚偽”を追及し、訴えてきた。本書はその戦いの記録でもある。

     本書は、日本軍慰安婦だったとして支援団体によって内外で日本糾弾の反日運動の先頭に立たされ、韓国政府から法的に生活支援を受けているいわゆる“慰安婦被害者”について、記録として残されている彼女たちの証言集を詳細に検証している。その結果、韓国の「慰安婦被害者法(日帝下日本軍慰安婦被害者に対する保護・支援及び記念事業等に関する法律)」で定義されている「日帝に強制動員され性的虐待を受け慰安婦としての生活を強要された被害者」という「日本軍慰安婦被害者にあてはまる者は一人もいない」と主張している。

    “慰安婦第1号”の証言をあらためて分析した結果は?
     本書では慰安婦証言の検証対象として内外でよく知られた代表的人物の3人がしばしば取り上げられている。一人は1991年、初めて日本軍慰安婦被害者を名乗り記者会見したことで有名な金学順。それに政府から人権活動家として勲章まで授与された金福童。もう一人は今も健在で資金疑惑を最初に問題提起し、慰安婦問題の代弁者格になっている李容洙。いずれも証言には大きなブレがあり、彼女らの経歴に日本軍による強制連行や慰安婦強制の証拠はないとしている。

     とくに“慰安婦第1号”といわれ、その記者会見の日(8月14日)が国家指定記念日の「慰安婦を称える日」になっている金学順は、今や慰安婦問題の象徴的人物として神格化されている。日本の朝日新聞が当時、記者会見に先立ち“特ダネ”として紹介した人物でもある。今年は“初証言30周年”ということで記念行事が盛んだった。本書では、彼女が養父によって身売りのため中国に連れて行かれる際、見送りの実母から平壌駅で黄色いセーターを贈られ、中国では約3カ月間、慰安婦をした後、客として来ていた朝鮮人の商売人と駆け落ちしたという証言をあらためて引用、分析。日本軍による強制的な慰安婦生活という事実はまったくないとしている。

     こうした金学順証言をはじめ元・日本軍慰安婦たちの証言の矛盾や問題点については、日本では以前から指摘されてきたが、韓国では正面切って暴露され批判されることはなかった。今回、そのタブーが崩れたのだ。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/914b4b981f5850163d5f32fbb1886daf683e5194?page=1
    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1632275988/l50

    引用元: ・「慰安婦被害者はいない」韓国で出版された“慰安婦問題のタブーを破る本”『赤い水曜日』驚きの内容とは?★2 [9/22] [昆虫図鑑★]

    【いつ発禁にされるか見ものだな - 「慰安婦被害者はいない」韓国で出版された“慰安婦問題のタブーを破る本”『赤い水曜日』驚きの内容とは?★2 [9/22] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/09/08(水) 12:01:58.94 ID:CAP_USER
     (写真)
     no title


     韓国人女性の金学順(キムハクスン)さんが、日本軍の慰安婦だったと名乗り出たのは、30年前の夏だった。重い証言を機に、日本政府の調査や市民らの支援活動、日韓双方での研究が活発化した。

     しかし、今なおこの問題は政府間の懸案であり続け、両国間の一部で極端な言説も飛び交う対立点になっている。

     日本政府は1993年の「河野談話」で、旧日本軍の関与の下、慰安婦だった女性らの名誉と尊厳を深く傷つけたとして、反省と謝罪を表明した。政府は今も談話を堅持している。

     その後に設けられた「アジア女性基金」では日本から民間の寄付などが被害者に送られた。だが韓国では、日本政府の責任逃れだとの反発が起き、成功とは言い難い結果に終わった。

     そして6年前。日韓は慰安婦問題での政府間合意を発表した。日本政府の予算により、心の傷を癒やす措置も盛り込んだが、後任の文在寅(ムンジェイン)政権は、この合意を骨抜きにした。

     歴代の日本政府が謝罪を重ね、償いを試みたにもかかわらず、問題が前進しないのはなぜか。日韓双方はいま一度、冷静に考える必要がある。

     文政権は、合意が「被害者中心になっていない」と疑義を投げかけたが、具体的な改善策などは示していない。

     日本側でも誠意を疑わせる言動があった。安倍前首相は、被害者に手紙を送ることについて「毛頭考えていない」と国会で答弁し、韓国側を刺激した。

     そんななかでも専門家らの研究は続いており、慰安婦の実態は多様だったことがわかってきた。当時の経緯は、資料や証言に基づいてしっかり解明され、継承されるべきものだ。

     金学順さんの証言が明らかにされた際は、韓国の市民団体が大きな役割を果たした。その後も、女性の人権問題を普遍化させ、活動の幅を広げた。

     ただ、近年の政府間対話が停滞した要因には、これら市民団体の抵抗があった。日本の法的な責任追及にこだわるあまり、償いの受け入れを拒むよう女性らに働きかけることもあった。

     被害者の傷を癒やす事業への向きあい方は、当事者の意思にゆだねられるべきなのは言うまでもない。救済を最優先にする原点を、日韓両政府とも見失ってはなるまい。

     慰安婦合意はいまも破棄されていない。双方が重視する事項は、当時の両外相の発表に明記されている。負の歴史を乗り越える意思を交わした意義を、改めて認識すべきではないか。

     掘り起こされる歴史の事実を謙虚に双方で共有しつつ、和解と前進の努力を高めていく。そんな姿勢が求められている。

     ソース:朝日新聞
     https://www.asahi.com/articles/DA3S15036453.html?

    引用元: ・【朝日新聞】(社説)「慰安婦」30年 被害者の救済が原点だ[09/08] [ハニィみるく(17歳)★]

    【捏造しといてこの言い種 【朝日新聞】(社説)「慰安婦」30年 被害者の救済が原点だ[09/08] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    このページのトップヘ